19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那覇市議会 2020-12-22 令和 02年(2020年)11月定例会−12月22日-付録

─────┤ │7│上 里 直 司 │1 庁内組織体│ 行政の需要が旺盛な本市において、一つの課に│ │ │(なは立志会│ 制について │業務が集中しないよう、庁内全体で体制を考えな│ │ │       │       │ければならないのではないか、見解を伺う   │ │ │質問方式   │       │                      │ │ │一問一答方式 │2 子ども行政│ スタディクーポン

那覇市議会 2020-12-14 令和 02年(2020年)12月14日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)−12月14日-01号

また、本事業とは異なりますが、4年生以降の放課後の過ごし方の選択肢の一つとしまして、今年度からですけれども、学び格差解消を目的とする那覇スタディクーポンモデル事業。これはクーポンを活用して学習塾等で利用できるものでございますが、その事業もスタートしております。モデル事業としまして来年度まで含めて検証していくことになっておりますが、それらも含めて小学校保育学びの場の確保。

那覇市議会 2020-12-04 令和 02年(2020年)11月定例会-12月04日-04号

年度からスタートいたしましたスタディクーポン事業の進捗と課題についてお尋ねいたします。 ○桑江豊 副議長   末吉正幸こどもらい部長。 ◎末吉正幸 こどもらい部長   那覇スタディクーポンモデル事業は、学習塾等で利用可能なクーポンを発行する令和3年度までの2年間のモデル事業として、今年8月1日から開始した事業です。  

那覇市議会 2020-06-08 令和 02年(2020年) 6月定例会-06月08日-03号

また、今年度事業開始予定スタディクーポン事業は、こども政策課が窓口となっております。  なお、本市では、今般の新型コロナウイルス対策として、経済的な影響を受けたひとり親家庭に対して緊急に対応するため、児童扶養手当を受給する約4,700世帯対象子供1人につき1万円、合計で約7,200人の臨時給付金を支給しました。  

那覇市議会 2020-03-18 令和 02年(2020年) 2月定例会-03月18日-付録

以下│ │ │       │       │事業取り組み及び課題について伺う    │ │ │       │       │(1) 消防職員等感染防止事業について    │ │ │       │       │(2) 認可外保育施設等の環境整備事業について│ │ │       │       │(3) 那覇スタディクーポン事業について  │ │ │       │       │(4)

那覇市議会 2020-03-05 令和 02年(2020年) 3月 5日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-03月05日-01号

№24、那覇スタディクーポンモデル事業につきましては、次年度からの新規事業になりまして、経済的な理由で塾などの学校外教育を受けることができない子どもたちに、塾などで利用できるクーポンを提供し、学力向上を目指す事業となっております。  対象につきましては、学力の差が生じ始める4年生から6年生を対象という学年といたしまして、対象世帯につきましては生活保護世帯

那覇市議会 2020-03-02 令和 02年(2020年) 3月 2日総務常任委員会(総務分科会)-03月02日-01号

そこの管理運営事業であるとか、あとは住民異動受付支援のシステムの導入であり、また那覇市のスタディクーポンモデル事業が1,000万余り中学校部活動指導員配置事業のほうで1,000万余り等を新たな事業として計上しています。  減額となった事業につきましては、事業廃止により沖縄モノレールへの延長事業は皆減になりました。農連市場整備が進みまして19億余りの減となっております。

那覇市議会 2020-02-19 令和 02年(2020年) 2月定例会-02月19日-03号

総合計画のもと、さまざまな施策を展開しておりますが、中でもSDGsとの関連の深い事業として、大災害時に備えた避難行動支援者対策事業子ども貧困対策事業学び機会格差解消するスタディクーポンモデル事業重度心身障害児通学支援を含めた移動支援事業等が挙げられます。  

那覇市議会 2020-02-18 令和 02年(2020年) 2月定例会-02月18日-02号

(3)那覇スタディクーポン事業について伺います。  (4)認定こども園遊具整備事業について伺います。  (5)小学校施設等ブロック塀対策事業について伺います。  (6)在宅医療介護連携推進事業について伺います。  (7)認知症初期集中支援事業について伺います。  (8)離島漁業再生支援事業について伺います。  最後に、(9)シンボルロード景観整備事業について伺います。  

那覇市議会 2019-12-20 令和 01年(2019年)11月定例会-12月20日-付録

早急に検討すべきだと思うが見解を伺う  │ │ │       │       │                      │ │ │       │10 子育て支援│ 新規事業の「那覇スタディクーポン事業」の│ │ │       │ について  │概要を伺う                 │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       

那覇市議会 2019-12-05 令和 01年(2019年)11月定例会-12月05日-03号

実施計画において那覇スタディクーポン事業が盛り込まれていますが、その対象についてお尋ねします。  残り質問席よりさせていただきます。 ○久高友弘 議長   城間幹子市長。 ◎城間幹子 市長   上里直司議員代表質問1番目(3)のご質問に私のほうからお答えをいたします。  沖縄県は火災を受け、火災当日に知事がいち早く首里城火災対策等本部を立ち上げ、「必ず復元する。

那覇市議会 2019-12-04 令和 01年(2019年)11月定例会-12月04日-02号

那覇市の新規事業那覇スタディクーポン事業概要をお伺いいたします。  残り時間は質問席にて行います。 ○久高友弘 議長   城間幹子市長。 ◎城間幹子 市長   喜舎場盛議員代表質問10、那覇スタディクーポン事業概要について、私のほうからお答えいたします。  私は、これまで待機児童解消を初めとする子育て支援の充実を政策の一丁目1番地に据えて、取り組んでまいりました。  

糸満市議会 2018-12-13 12月13日-04号

まず件名1、子供貧困対策についてですけれども、その再質問をする前にちょっと御紹介させていただきたいんですけれども、スタディクーポン・イニシアチブという活動がありまして、これは平たく言いますと、寄附を募って、その寄附原資貧困家庭子供たちに対してクーポンをお渡しして、子供たちがそのクーポンを使って塾に行く。

南城市議会 2018-12-11 12月11日-04号

以前の一般質問でも取り上げた、スタディクーポンそれにも共通しております。 スタディクーポンとは、経済的な困難を抱える子供たちに対して塾や習い事、また、体験活動等のみで利用できる教育サービスに特化したクーポン券を提供する取り組みでございます。これは、個人、企業から寄附を募り、そして、教育サービスに限定したクーポンを発行して、そのクーポン子供たちが使用するという流れでございます。 

那覇市議会 2018-12-10 平成 30年(2018年)12月定例会-12月10日-03号

これは放課後格差解消する支援なんですけれども、私は2月定例会でもそういう放課後支援を行うために、いわゆるスタディクーポンというクーポン券を発給するか否かは別として、他の地域で先行的に取り組んでいるところがあると申し上げて、皆さんも研究するとおっしゃっていましたけれども、その後の研究の成果というのを教えていただけますか。 ○翁長俊英 議長   末吉正幸こどもらい部長

那覇市議会 2018-03-19 平成 30年(2018年) 2月定例会-03月19日-付録

       │       │  ① 平成28年度、29年度利用者について │ │ │       │       │  ② 対象児童に対する割合について    │ │ │       │       │  ③ 利用推進のための課題について    │ │ │       │       │(3) 学童クラブへの支援に加えて、学校外での│ │ │       │       │  学び支援するスタディクーポン

  • 1