81件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-12月12日-01号

◎障がい福祉課長(松元通彦)  そういうコンサルにニーズ調査とか、その関係を委託するための事業費でございます。 ○委員長(坂井浩二)  湧川朝渉委員。 ◆委員(湧川朝渉)  僕は、今2019年だけど、この4年間だけでも事業料ってすごい伸びではないかと、事業費ね。そう思うんですが、どうですか。過去5年、ざっくりでいいよ。 ○委員長(坂井浩二)  松元課長

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日総務常任委員会(総務分科会)−12月12日-01号

平和交流・男女参画課長(濱川毅)  まず、委託先でございますけども、昭和株式会社というコンサルでございます。  次に今年度の業務内容でございますが、地権者等との合意形成活動ということで次世代の会という、地権者の次の世代の方のメンバーで、月に一度の定例会をやっております。それに加えて県外視察ということで今年度は神戸のほうのハーバーランド視察をしてございます。 ○委員長(上里直司)  野原委員。

那覇市議会 2019-03-06 平成 31年(2019年) 3月 6日総務常任委員会(総務分科会)−03月06日-01号

防災危機管理課長(平良厚)  特に今、仕様書というのは、まだ作成しておりませんけど、そういう計画のコンサルの業者のほうにお願いして、プレゼンしていただいて、プロポーザルでの方向で今調整を行っているところでございます。 ○委員長(我如古一郎)  大浜委員。 ◆委員(大浜安史)  本会議のほうでも、喜舎場議員とかうちの若い議員が、いろいろ要支援の避難者の方々の配慮とかですね、細かい。

那覇市議会 2019-03-06 平成 31年(2019年) 3月 6日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月06日-01号

あるいは医療系のコンサルを入れてやるのかやらないのかとかも含めて、主体的に発注もあるし、那覇市のほうがいろんな他の部署の純粋な工事の発注という点においては経験もありますし、そういったのもあるわけですよね。  そしてまた、那覇市でやったときには、議決権が市民代表たる議会責任を持って議決をする。そういったチェック機能が生じてくると。  

那覇市議会 2019-02-22 平成 31年(2019年) 2月定例会-02月22日-06号

12年ぶりのコンサルに依頼しての全面見直しということで、一般的な委託業務のスケジュールだと、担当部署と業者とのやりとり、それから庁内ワークショップというのがあるんですけれども、これぜひ広く市民の関心、それから周知を図る観点から、市民ワークショップの開催等ができないのかどうか、お尋ねします。 ○金城眞徳 副議長   渡口勇人総務部長。

那覇市議会 2018-12-17 平成 30年(2018年)12月17日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−12月17日-01号

その置いたことによって、あり方検討というのはいろんな検討もできるし、いろんなコンサル入れることができるし、ピンからキリまでこの委託というのはできるわけじゃないですか。  皆さん、この4月から12月まで、どういう検討を踏んだ上で、今回の予算額を上げてあり方を検討するってなったのかというを、ちょっと根拠が余り見えないものですから。 ○委員長(平良識子)  高宮修一課長

沖縄市議会 2018-10-19 10月19日-11号

定める条例の一部を         改正する条例         (教育福祉委員長 報告)第 2 議案第4号  財産の購入について         (教育福祉委員長 報告)第 3 議案第2号  沖縄建築基準法施行手数料徴収条例の一部を改正する条例         (建設委員長 報告)第 4 議案第3号  財産の購入について         (建設委員長 報告)第 5 議案第13号 沖縄こどもの国サル

那覇市議会 2018-09-18 平成 30年(2018年) 9月18日教育福祉常任委員会−09月18日-01号

皆さんその危ない箇所っていうのは、ほとんどコンサルは終わっていますか。 ○委員長(多和田栄子)  内間課長。 ◎生涯学習参事施設課長(内間章)  今回のこのブロック塀の点検につきましては、まず学校の報告を受けて私どもの技術職員が現場、学校に出向いていきまして確認してございます。 ○委員長(多和田栄子)  粟國委員。

那覇市議会 2018-06-13 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月13日-06号

再度建築確認申請を行うのか、またコンサル代金は発生するのか、見解を伺います。 ○翁長俊英 議長   徳盛仁市民文化部長。 ◎徳盛仁 市民文化部長   お答えいたします。  現在、不調の原因について検証作業を進めているところです。現時点では建築基準法上の変更を想定しておりません。  また、業務委託料、いわゆる設計コンサル料の追加についても、現時点では想定しておりません。

那覇市議会 2018-06-11 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月11日-04号

例えばそこでもいいですし、そういった観点から、那覇市の子どもたちの放課後の過ごし方は大丈夫なのかというような調査を、シンクタンクなり、いろんなコンサルなり、委託でもいいと思います。いろんな形も踏まえてこういった調査を全庁的にやるべきだと思うのですが、城間市長、いかがでしょうか。 ○翁長俊英 議長   奥間朝順教育委員会学校教育部長

那覇市議会 2018-03-12 平成 30年(2018年) 3月12日厚生経済常任委員会−03月12日-01号

参考人1   これは私もその実行委員の中に入っていましたけれども、あるコンサル会社につくってもらったんですけれども、やっぱり僕らとしても糸満移転なしにはそういう構想は、僕は無理なのかなと、この青写真を見てね。もしそういうのがつくれるんだったら、全然問題ないんですけども、やっぱりそこには狭隘の問題が出てくるわけですよ。

那覇市議会 2018-03-08 平成 30年(2018年) 3月 8日総務常任委員会(総務分科会)−03月08日-01号

◆委員(清水磨男)  今、それにかわってスライドをホームページに掲載して、それで実際の映像が載った画面を出してると思うんですけれども、何が言いたいかというと、確かに地権者との合意形成をやる上で、それは予算がかかったり、資料提供とかしっかりやっていただければいいんですけど、必要のないものと必要あるものについてはしっかり精査していただかないと、コンサルが言ったからとか、必要だからといってつくっていくと、

那覇市議会 2018-03-01 平成 30年(2018年) 3月 1日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月01日-01号

我々が気になるのは、30年度の、これもいわゆるコンサルみたいなものを先に、要するに事業の委託するところをまず決めて、それからまた事業者を決めるという仕組みですよね。その最初の事業者を皆さんが委託をするときに、今、課長がおっしゃったように大きく分けると2つで、29年度のものを生かしながら、そういったコンセプトで進めるのか。

那覇市議会 2018-02-28 平成 30年(2018年) 2月28日建設常任委員会(建設分科会)−02月28日-01号

それに対しまして、国からの補助金の額が減額になりましたので、その減額の中で今年度コンサル委託もしながら、このネットワーク計画についてはまとめてあります。 ○委員長(上原快佐)  前泊委員。 ○副委員長(前泊美紀)  では、結果的にいくらですか。 ○委員長(上原快佐)  知花課長

那覇市議会 2017-12-14 平成 29年(2017年)12月定例会-12月14日-07号

この考え方も、専門性の高いものであったら例えば企業のコンサルの報酬相当と考えるとか、行政職員の給与水準を参考にしたほうがいいもの、社会一般の給与水準を参考にしたほうがいいもの、いろいろあると思うんです。この辺もぜひ指針に書き込むかも含めて検討いただきたいと思います。  今の余剰の話なんですけども、2分の1ということをおっしゃいましたが、その根拠は何ですか。

那覇市議会 2017-09-28 平成 29年(2017年) 9月28日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)−09月28日-01号

◆委員(當間安則)  1点だけちょっと聞きたいんですけど、この発注者側の管理体制なんですけど、やはり民間のコンサル等などに委託して行うような感じになりますかね。 ○委員長(多和田栄子)  内間課長。 ◎生涯学習参事施設課長(内間章)  管理につきましては、管理業者を民間の設計事務所に委託して管理することになります。 ○委員長(多和田栄子)  當間委員。

那覇市議会 2017-09-26 平成 29年(2017年) 9月26日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月26日-01号

市内の観光施設等も含めて、ユニバ-サルデザイン化を促進してまいります。また、MICE等の関連で、県、関係市町村と連携し、那覇の魅力向上もあわせて整備してまいりたいと考えております。  3.安全安心、快適なまちづくりでございますが、観光危機管理計画を策定し、観光客の安全安心についての体制整備をしてまいります。