44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-03-08 平成 31年(2019年) 3月 8日建設常任委員会(建設分科会)-03月08日-01号

道路管理課長(知花豊)  泉崎7号につきましては、役所と県庁の間にありますコミュニティ道路となっております。 ○委員長(上原快佐)  仲松委員。 ◆委員(仲松寛)  歳入歳出一緒なんですけども、委託費が歳出で出てるんだけども、これは昨年の料金収入というのが、全くそのまま歳入ということで載っているんでしょうか。 ○委員長(上原快佐)  知花課長

那覇市議会 2017-06-13 平成 29年(2017年) 6月定例会−06月13日-06号

第4次那覇市総合計画では、人に優しい道づくりのため、段差の解消などバリアフリーに配慮した整備を進める、歩行者などの安全性、快適性を確保するため、コミュニティー道路などの整備を進める、街路樹などの道路の緑化を進め、緑陰の確保や良好な景観の形成を図ると位置づけられております。  また、身近な道路の快適さ、使いやすさについて、2017年までに市民の満足度50%を目指しております。  

那覇市議会 2014-02-28 平成 26年(2014年) 2月定例会−02月28日-06号

本市では現在、泉崎周辺への自動二輪車によるアクセス性の向上と違法駐輪対策として、本庁舎と県議会棟の間のコミュニティー道路、市道泉崎7号において、平成25年11月から平成26年1月までの3カ月間、自動二輪車駐車場実証実験を実施しております。  無人の機械管理による自動二輪車駐車場を22台設置し、11月は423台、12月は539台、1月は704台の利用者があり、徐々に利用者数も増えてきております。  

那覇市議会 2013-03-26 平成 25年(2013年) 2月定例会−03月26日-付録

このような中、今後の計画│ │ │       │       │について伺う                │ │ │       │       │(1) 新庁舎開設に伴うコミュニティ道路(泉崎│ │ │       │       │  7号)に自動二輪車駐車場の計画はどのよう│ │ │       │       │  になっているか伺う           │ │ │       │       

那覇市議会 2013-02-28 平成 25年(2013年) 2月定例会-02月28日-05号

本市では、これまで若狭、泊などのコミュニティ道路や新都心地区で施工しております。  路面標示による注意喚起は、交差点においてスピードを減速させる効果がありますので、今後も優先道路のわかりにくい交差点につきましては、公安委員会と協議を行いながら、わかりやすい路面表示などにより、安全対策に努めていきたいと考えております。 ○翁長俊英 副議長   亀島賢二郎議員

那覇市議会 2013-02-25 平成 25年(2013年) 2月定例会-02月25日-02号

(1)新庁舎開設に伴うコミュニティ道路、これは新庁舎の隣の横の県議会棟と庁舎の間の道路の泉崎7号に自動二輪車駐車場の計画はどのようになっているか伺います。  (2)中心市街地、特に国際通り周辺の整備は早急に改善する必要があると思われますが、本市の見解を伺います。  (3)モノレール駅の特におもろまち駅、県庁前駅の2駅の駐車実態は早急に改善する必要があると思いますが、本市の見解を伺います。  

那覇市議会 2012-09-13 平成 24年(2012年) 9月定例会−09月13日-05号

公共施設としましては、本市の骨格となる幹線道路として、国際通りと県道真地・久茂地線を連結する都市計画道路牧志壺屋線及びコミュニティー道路としての神里原線の整備を行い、円滑な交通安全で快適な歩行者空間の確保や、地域連携強化と回遊性の向上を図ります。  次に、2点目の現在の進捗状況と今後のスケジュールについてお答えします。  

那覇市議会 2012-06-15 平成 24年(2012年) 6月定例会−06月15日-06号

今後の事業展開ということでございますけれども、今後は役所の前のコミュニティ道路、市道泉崎7号ですとか、市道久茂地9号、国場組ビルの後ろ側のところですけれども、現在、県警において設置されているパーキングメーターの設置場所がありますけれども、その一部を活用して自動二輪駐車場社会実験を実施の可能性も含めて、NPO法人のモーターサイクル普及協会を主体として、県警、それから本市の関係機関とも連携を進めながら

那覇市議会 2009-09-18 平成 21年(2009年) 9月定例会−09月18日-付録

       │ │ │       │       │(2) 新庁舎建設にはオートバイ専用の駐輪場 │ │ │       │       │  は、当然、時代の要求として配慮されている│ │ │       │       │  と思うが、実際はどうか         │ │ │       │       │(3) 当面の問題として、県庁舎と市庁舎の間 │ │ │       │       │  のコミュニティー

那覇市議会 2009-09-09 平成 21年(2009年) 9月定例会−09月09日-04号

3つ目の質問、当面の身近な問題として、県庁舎と市庁舎間のコミュニティ道路自動車コインパーキング。これをオートバイの駐輪場にしてはどうか提言をします。どうですか。いい考えだとは思いませんでしょうか。答弁をお願いします。  通告書にあります2つ目の質問。先ほど議長から皆様方のお手元に配られました写真のことでございますが、河川行政について質問をいたします。  

那覇市議会 2008-12-09 平成 20年(2008年)12月定例会-12月09日-03号

現庁舎と県庁舎の間のコミュニティー道路、そして南側の道路が、いずれにしても狭い2車線、1車線ですよね。それに、現在の駐車台数よりも増やすと思います。  そういうアクセス問題をやっぱり懸念するので、私は駐車場というのが、あえてコストをかけて地下までやっていいのかどうか。  駐車問題について、実は図面で見る限り、かなりオープンな半地下という説明がありました。  

那覇市議会 2008-09-18 平成 20年(2008年) 9月定例会−09月18日-04号

平成10年に着工した壺屋牧志コミュニティー道路工事及び照明灯設置工事通称やちむん通りができてから、今月で10年が経過しました。  やちむん通りの現況はどうなっているのか、5点ほど質問したいと思います。  (1)平成10年にやちむん通りは整備されました。完成と同時に従前の車両相互通行を一方通行に変更しており、ことしで10年目を迎えております。  

那覇市議会 2006-09-14 平成 18年(2006年) 9月定例会−09月14日-05号

当該道路は、平成9年度にコミュニティ道路として整備を行っており、その際、交差点部をインターロッキングブロック舗装としております。  議員ご指摘のとおり、当該道路は新都心地区からの迂回路となっており、交差点部において損傷が激しい箇所があることを確認しております。  当該箇所につきましては、今年度、維持補修工場を行う予定で、現在、工事発注の準備を行っているところです。  

那覇市議会 2001-03-07 平成 13年(2001年) 2月定例会−03月07日-07号

質問の庁舎前泉崎7号は、昭和58年にコミュニティ道路として改修した道路であります。コミュニティ道路は、地域や沿道の状況等に応じ、歩車道分離を図るだけでなく、自動車の走行速度を抑え、人と車との調和により歩行者の安全を図るとともに、植栽等にも配慮した潤いのある快適な歩行者空間の形成を図ることを目的に、交通安全事業として行われる事業であります。  

那覇市議会 2000-03-06 平成 12年(2000年) 2月定例会-03月06日-05号

この報告書に基づき、コミュニティ道路の整備や平和通りからのネットワークを図る導線部分の街路整備を行ったところではございますが、国際通り等周辺部の商店街からは断片的な案内板しかなく、分かりづらいという状況にございますので、現在策定をしておりますTMO構想の中でも、壺屋のそういう案内看板、サインネットワークの充実に取り組む予定をしております。