346件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-11 令和 01年(2019年)11月定例会−12月11日-07号

議員紹介ロボット技術は、障がいのある方など、ご自身のかわりに、本人が出かけたり旅行したい場所へロボットを配置することにより、インターネット技術で在宅にいながら旅行先の映像や音声がリアルタイムで確認でき、現地の人と会話をしたり、さらに自身の意思ロボットを移動させたり表情を変えたりすることが可能だとのことで、これまでの電話やメールなどとは違ったコミュニケーションツールとなっているようです。  

那覇市議会 2019-12-09 令和 01年(2019年)11月定例会-12月09日-05号

ぜひこの学校との密なコミュニケーションをとっていただきたい。今回これがなかった。学校給食センターとしては最大限の配慮をされたという話も聞いておりますけれども、例えばそこに今後炊き出し用の食材を使うとか、防災食とか賞味期限が近いものとか、こういったものを使うことで、防災の件もお話しながら、学校給食の提供もできるというようなこともあるかと思いますけれども、その点についていかがでしょうか。

那覇市議会 2019-12-05 令和 01年(2019年)11月定例会-12月05日-03号

本市の児童生徒による暴力行為、いじめの平成30年度の現状は、小学校での暴力行為は409件、中学校における暴力行為は125件、小学校でのいじめの認知件数は4,397件、中学校でのいじめの認知件数は218件となっております。  暴力行為の課題としましては、仲間とのコミュニケーションがうまくできずに暴力行為に及んでしまうことが挙げられます。  また、いじめの課題としては、スマートフォン等を介したいじめが増

那覇市議会 2019-10-04 令和 01年(2019年) 9月定例会−10月04日-付録

建て替えに際して、磁気ループシ│ │ │       │       │  ステムやUDトークなどの音声認識ソフト │ │ │       │       │  ウェア、文章音声化コミュニケーション支援│ │ │       │       │  ソフトの導入などは検討されているか伺う │ │ │       │       │(2) 災害拠点病院の指定について      │ │ │       │

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日総務常任委員会(総務分科会)-09月26日-01号

市民課長(堀川恭俊)  まず原因といたしましては、当課職員1名、採用されて3年目になるんですけども、もともと悪い職員ではなくて、非常にコミュニケーション能力が高くて、非常に評価はしていたところなですけども、かなりメンタルが弱いなと感じていたところなんですけど、その職員がことし、かなり状態が悪くなりまして、5月ぐらいから休みが多くなりまして、それで療養をとることになりました。  

那覇市議会 2019-09-12 令和 01年(2019年) 9月定例会-09月12日-06号

建て替えに際して、磁気ループシステムやUDトークなど音声認識ソフトウェア、文章音声化コミュニケーション支援ソフトの導入などは検討されているか、伺います。  (2)災害拠点病院の指定について。  那覇市病院の建て替えに伴い、同病院災害拠点病院として指定する申請を県に対して行う予定はあるか、伺います。  5.環境行政について。  那覇空港の騒音対策について伺います。  

那覇市議会 2019-09-09 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月09日-03号

翻訳アプリの機能は、救急現場で使用頻度が高い会話内容を定型文として登録し、外国語による音声と画面の文字により円滑なコミュニケーションを図ることが可能となっております。  定型文以外の会話でも音声翻訳が可能となっており、対応言語は15カ国語でございます。 ○久高友弘 議長   長嶺達也健康部長

那覇市議会 2019-06-24 令和 01年(2019年) 6月24日総務常任委員会(総務分科会)−06月24日-01号

◎納税課主幹(佐々木一肇)  職員のレベルアップと、コミュニケーション能力というのはとても大事だと考えておりまして、納税課に配属されたときに4月にも研修はしますし、出納整理期間が終わって時間がとれるようになったときは、3日間かけて研修をするということもありますし、何度も説明をするということがとても大事ですので、徴税吏員の説明に加えて、班長も窓口に同席させていただいて、必要に応じて担当副参事まで出ていただく

那覇市議会 2019-06-20 令和 01年(2019年) 6月定例会−06月20日-07号

市民広場として、緑化活動、コミュニケーションの場、交流の場となることを提案といたします。  次に移ります。交通行政についてでございます。  首里石嶺駅周辺、10月1日よりモノレール供用開始に伴い、交通渋滞が予想される。交通安全対策が必要との声が多くあります。  資料をお願いします。        

那覇市議会 2019-03-07 平成 31年(2019年) 3月 7日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−03月07日-01号

こういった場所に駐車場を置くことが可能かどうかというところもありますし、そこら辺はしっかりコミュニケーションを取りながら進めていかないといけないというふうに思っておりますので、まずは今回図面が出た部分について、どう補助が使えるのか、具体的な図として今回示されましたので、それをまず取りかかりながら流通の皆様に関しましては、移転後、更地にして、その後の利活用ということでの求めというふうに考えておりますので

那覇市議会 2019-03-06 平成 31年(2019年) 3月 6日教育福祉常任委員会−03月06日-01号

そこから教室に入るというところの、次の段階のステップとしての一旦の居場所、子供たちのですね、無理強いしてもなかなか入れるものではなくて、また逆に登校渋りにつながってしまう場合もありますので、そこら辺は子供たちとコミュニケーションをとりながら、促していく、支援していくというような形をとっております。  また、教育相談支援員は専門職ではございません。

那覇市議会 2019-02-28 平成 31年(2019年) 2月28日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−02月28日-01号

◎商工農水課長(下地広樹)  三線が国の伝統的工芸品に加わったということろで、三線の実施主体組合等ともコミュニケーションをとるところは、これまで進めさせていただきました。三線を伝統的工芸品に認めてもらう前段階のほうから、私たちが、このシンポジウムに参加をしたり、そういった中で、三線が伝統的工芸品になる部分について、これまで後押しをしてきたというところであります。  

那覇市議会 2019-02-22 平成 31年(2019年) 2月定例会-02月22日-06号

5・6年の外国語科では、聞くこと・話すことを通して、実際のコミュニケーションにおいて活用できる基礎的な技能を身につけることをねらいとしております。  さらに、発達の段階に応じた文字指導を読むこと・書くことに加えて、総合的・系統的に扱う教科学習となっております。また、中学校への接続を図ることも重視されております。 ○金城眞徳 副議長   喜舎場盛三議員

那覇市議会 2019-02-20 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月20日-04号

家族からすると、送迎の問題であったりですとか、受け入れ体制の問題は事業所のほうだと思うんですけれども、また地域とのコミュニケーションなどそういったところで生活のクオリティ オブ ライフをどう上げていくかというところで、さまざま、まだまだできることがあろうかなというふうに思います。  

那覇市議会 2019-02-18 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月18日-02号

具体的には、年齢発達過程を踏まえた人格形成に最も必要な非認知能力コミュニケーション能力の向上を図り、健康、表現、言葉、人間関係環境の5つの領域の総合的な教育活動の展開が、教育保育基礎になるものと考えております。  園ごとの特色のある教育保育活動につきましては、その基礎の上に展開されているものと認識しております。