16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那覇市議会 2019-12-20 令和 01年(2019年)11月定例会-12月20日-付録

以下、伺う  │ │ │       │ 向けて   │(1) 首里城火災による再建の寄附金について、│ │ │       │       │  那覇市は、火災翌日の11月1日にふるさと納 │ │ │       │       │  税クラウドファンディング沖縄シンボル│ │ │       │       │  『首里城』再建支援プロジェクト」を開設 │ │ │       │       

那覇市議会 2019-12-18 令和 01年(2019年)12月18日予算決算常任委員会−12月18日-01号

同委員から、ふるさと納税について、首里城火災の件も踏まえた歳入予測について質疑があり、当局から、首里城火災によってさらに収納率が上がっており、クラウドファンディングが始まるにあたって、本市の歳入のふるさと納税も、通常11月で1,000万円ほどの納付だが、今年度は6,000万円入ってきているので、2月補正でさらに増額して、2億2,000万円と考えている、との答弁がありました。  

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日総務常任委員会(総務分科会)−12月12日-01号

首里城の1日も早い再建、復旧復興に向けて寄附の問い合せが県内外から本市にも多数寄せられておりまして、これに対応するためにふるさと納税を活用したクラウドファンディングウェブサイト、首里城再建支援プロジェクトの開設をするための経費となっております。開設のための経費です。  次に2ページ目をご覧ください。第2表繰越明許費の補正であります。

那覇市議会 2019-12-11 令和 01年(2019年)11月定例会−12月11日-07号

(2)本市のふるさと納税を活用したクラウドファンディングの今後の取り組みの見解を伺う。  (3)クラウドファンディングの受け付けは令和2年3月までと述べているが、延長できないか見解を伺う。  続いて、2.泊ふ頭開発について。  沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハを運営するかりゆしに対し、賃貸料の増額を求める訴訟が起こっています。それについて伺います。  3.福祉行政について。  

那覇市議会 2019-12-06 令和 01年(2019年)11月定例会−12月06日-04号

首里城の火災に際しましては、その日のうちに、県内はもとより全国各地から、お見舞いや励ましの言葉とともに、寄附を申し出る声が多く寄せられ、これらの声を受け、本市ではいち早く、本庁舎への募金箱の設置を始め、クラウドファンディングや口座振込による寄附の受付を開始いたしました。  寄附金総額は、12月2日時点で、約8億6,000万円となっております。  

那覇市議会 2019-12-05 令和 01年(2019年)11月定例会-12月05日-03号

これを受け、本庁舎への募金箱の設置をはじめ、翌11月1日には、クラウドファンディングと口座振り込みによる寄附の受付を開始いたしました。寄附金総額は、12月2日現在、約8億6,000万円となっております。  なお、寄附金の受付につきましては、現時点で、令和2年3月31日まで継続してまいりたいと考えております。  

那覇市議会 2019-12-04 令和 01年(2019年)11月定例会-12月04日-02号

那覇市は、火災翌日の11月1日に、ふるさと納税クラウドファンディング沖縄シンボル首里城再建支援プロジェクトを開設し、わずか2日余りで当初設定目標額の1億円を達成しました。その他の寄附も合わせて寄附額は伸び続けております。現在の寄附総額及び当該寄附金を今後どのように対応する予定か伺います。  (2)消防行政について。  

那覇市議会 2019-09-20 令和 01年(2019年) 9月20日予算決算常任委員会−09月20日-01号

100周年記念を利用してイベントをする場合は、この事業に限ってクラウドファンディングにより、3カ月期限を設けて別に寄附金を募るという形を考えている、との答弁がありました。  なお、その他関係分及び議案第102号についても、当局の説明に対し、各委員から多くの質疑がなされ、審査を終了しております。  以上、総務分科会の審査報告といたします。 ○委員長(清水磨男)  前泊美紀都市建設環境分科会委員長。

那覇市議会 2019-09-17 令和 01年(2019年) 9月17日総務常任委員会(総務分科会)−09月17日-01号

先ほど、委員からご提案がありましたこの100周年記念を利用してイベントをしたいとなった場合は、事業の寄附金を募るという形でクラウドファンディングっていう手法がございまして、この事業に限って寄附金を求める。また、期限を設ける必要がありますので3カ月期限を設けてこの事業のために寄附金を募るっていう形の寄附金がございますので、そういった形の寄附を考えております。

那覇市議会 2019-02-19 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月19日-03号

対応施策案としては、リスクマネーやクラウドファンディング等を活用した多様な資金調達方法が挙げられておりますが、支援策自体の認知度を向上させる取り組みも必要であると考えております。 ○翁長俊英 議長   新里博一健康部長。 ◎新里博一 健康部長   喜舎場盛三議員代表質問の3番目、市立病院の建て替えについてのご質問に順次お答えいたします。  

那覇市議会 2018-03-15 平成 30年(2018年) 3月15日予算決算常任委員会-03月15日-01号

従前の返礼品だけではなく、クラウドファンディング的な対応も現行の寄附サイトにあるので、そのかかわりも踏まえながら、より寄附者の皆様への訴求力を高めるという観点も大事にしていきたい、との答弁がありました。  それを受け委員から、次年度でホームページがある程度更新のめどがつく。どのようになるか、とても注目している。

那覇市議会 2018-03-01 平成 30年(2018年) 3月 1日総務常任委員会(総務分科会)-03月01日-01号

また、ありましたとおり、従前の返礼品だけではなくて、クラウドファンディング的な対応も今やっておりまして、これもまた、現行の寄附サイトにもそういうコーナーもございますので、そのあたりとのかかわりも踏まえながら、より返礼品目当て以外の部分の皆様への訴求力を高めるという観点も、そちらを大事にしていきたいと思っております。 ○委員長(我如古一郎)  中村委員。 ○副委員長(中村圭介)  わかりました。

那覇市議会 2018-02-26 平成 30年(2018年) 2月定例会−02月26日-07号

しかしながら、本市といたしましては、課題解決であるクラウドファンディングとか、そういった方法もございますので、新たな取り組み方法として事業の内容を具体的に明示して、寄附を募る方法についても模索していきたいというふうに考えております。以上でございます。 ○翁長俊英 議長   糸数昌洋議員。 ◆糸数昌洋 議員   これは一応提案でありますので、ぜひ、ご検討をお願いしたいと思います。  

那覇市議会 2018-02-19 平成 30年(2018年) 2月定例会-02月19日-02号

既に民間においては、資金調達の手法の1つとしてクラウドファンディング等も活発に行われておりますが、当該事業により新たなビジネスの展開及び雇用の創出、就業者の所得向上にも寄与するものと考えております。  また、本事業の実施につきましては、企画提案型の公募により委託事業者の選定を行う予定のため、内容の詳細は今後確定してまいります。  

  • 1