8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那覇市議会 2018-04-23 平成 30年(2018年) 4月23日建設常任委員会−04月23日-01号

世界の3大宗教というのは、キリスト、それから、イスラム教仏教ってありますよね。中国における3大宗教、俗に宗教と言われているのが儒教仏教、道教とか言われているんですけれども。  ただ、日本のいろんな学術的なものを見ると、儒教というこの教えを孔子が体系化した思想となっているわけですね、宗教じゃなくてね。

那覇市議会 2005-09-16 平成 17年(2005年) 9月定例会−09月16日-06号

琉球大学跡地、キリスト短期大学、それぞれ取り壊しに際してはアスベストが論議されました。  琉球政府時代、市役所のすぐ隣の第2庁舎といわれたものですが、取り壊しの際も大騒動であった。アスベスト騒動から20年経過しました。今日、新都心周辺に、例えば首里地区、そして宇栄原地区、新都心から遠いところですね。

宜野湾市議会 2003-10-07 10月07日-10号

今日これから私たちは近隣市町村の動向を見ながら新たな枠組みづくり、あるいは広域的な合併についてまた考え直す時期に来ている面もございますが、やはりこの間、この3市町村で調査研究をした部分につきまして、例えば琉大を核としたこの3市町村を結合するエリアの可能性、含めて宜野湾市の沖縄国際大学を含めて、キリスト短期大学を含めて学園文化都市、このような考え方のもとで一定の魅力あるまちづくりということを志向したわけでございます

那覇市議会 2003-06-12 平成 15年(2003年) 6月定例会−06月12日-05号

東欧は宗教の信者が多いんだから、キリスト、マホメット教、たくさんいますね。これは全部国外に逃亡した。国は小さい国がますます人口が減少して大変なことになった。経済が崩壊した。そこで国は考えたんです。戦前も日本はありましたが、産めよ・増やせよという政策をとって、ようやく国が立ち直ったんですね。  東欧のアルバニア。こういう産めよ・増やせよということですね。

那覇市議会 2001-06-06 平成 13年(2001年) 6月定例会-06月06日-02号

そして、キリスト短期大学がなくなりました。関連しますので、沖縄水産高校の事例を述べますと、水産関係者からこういう話を聞かされました。那覇には、安謝や若狭やそして垣花、泊、本当にウミンチュがたくさん生活していると。生活の基盤として那覇を起点としていると。そういう子どもたちが、前は泊にある水産高校に通って、後継者になっていったと。

那覇市議会 2000-09-19 平成 12年(2000年) 9月定例会−09月19日-06号

そして、キリスト短期大学も那覇にありました。すべて教育の中心は、革新市政の始まるころに、革新市政の中にはすべて県都の那覇市でありました。教育も中心でありました。しかし、現在は琉球大学沖縄での最高学府と言われています琉球大学教育の中心になるべきものは西原に移転しております。それから、キリスト短大も移転しております。  さらに、そういう意味からすると、文化を見てまいりましょう。

那覇市議会 2000-03-02 平成 12年(2000年) 2月定例会-03月02日-03号

琉球大学キリスト短期大学那覇市から出ていきまして、今、残されているのは沖縄大学と、いわば沖縄女子短期大学の2校という形になっております。今、沖縄女子短期大学もほかの市町村から勧誘を受けておりまして、移転をするかどうしようか今検討している段階だということでございます。そこらへんを鑑みまして、質問に入りたいと思います。  

那覇市議会 1998-12-09 平成 10年(1998年)12月定例会-12月09日-05号

それから、終点駅の石嶺からの延伸でございますけれども、仲村議員からは、琉大・沖国大・キリスト短期大学まで計画を延伸すべきではないかというご質問でございますけれども、沖縄都市モノレールの延伸につきましては、平成4年3月に策定されております沖縄県総合交通体系基本計画において、中南部圏域における都市交通の基幹交通軸としての、中部地域への延伸を検討するということになっておりますけれども、ご質問の延伸の地域

  • 1