70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

沖縄市議会 2020-09-25 09月25日-05号

本市では平成13年に沖縄戦歴史などの史実を次世代へ継承し、戦争の悲惨さ、命の大切さ、平和の尊さを広めていくため、平和ガイド養成講座修了証を交付された方々で構成される沖縄平和ガイドネットワークを発足しております。沖縄平和ガイドネットワークの主な活動講演会企画開催をはじめ、市内外の小中学校や高等学校、教職員への平和学習本市平和月間への協力などとなっております。

与那原町議会 2019-06-13 06月13日-04号

現在、私は与那観と言っていますが、与那原観光まちづくりネットワークといって、ちょっと長たらしいんですけれども、与那観ガイド養成講座をやっておりまして、ガイドの全10回やっております。きょうが6回目で、賀数仁然さんということで皆さんよく御存じと思いますけれども、きょうは東御廻いを回っていると思います。私もそちらのほうに行きたかったんですが、議会を優先してということで、それは当然ですけれども。

沖縄市議会 2018-12-14 12月14日-03号

また沖縄観光物産振興協会ガイド養成講座の中で、文化財を含めた沖縄市の歴史を取り上げ、まち歩きガイドメニューとして観光客を案内しております。課題といたしましては、文化財に対する観光客ニーズ把握ができていないことなどが挙げられますけれども、これまでの取り組みの中からは具体的には課題がまだ検証できていないというのが正直なところでございます。 ○小浜守勝議長 高橋 真議員

嘉手納町議会 2018-09-05 09月05日-02号

これまでさまざまな業務委託プロポーザル方式にて委託してきておりますが、過去2年間の業務実績といたしましては、第5次嘉手納総合計画基礎調査業務、また第7期嘉手納老人福祉計画策定委託業務、母子及び父子家庭等医療費助成システム改修業務、また民俗資料館等基本構想策定業務、また嘉手納観光情報発信事業、また嘉手納観光ガイド養成講座委託業務、第2次嘉手納観光振興基本計画策定支援業務、また嘉手納例規サポートシステム

うるま市議会 2018-09-03 09月03日-03号

事業は、住民主体となった地域おこし活動へのサポート組織づくり目的とし、民泊研修会体験プログラム開発ガイドマップ作成ガイド養成講座などといった、津堅ツーリズム推進クリーンアップ活動などの環境美化推進、さらには津堅ニンジン活用した特産品ブランドづくりへの支援などを行いました。 

うるま市議会 2017-12-11 12月11日-03号

津堅島におきましては、過疎化対策の一環として平成24年度から平成27年度にかけて津堅島島おこし支援事業に取り組み、民泊研修会体験プログラム開発ガイドマップ作成ガイド養成講座などといった津堅ツーリズム推進クリーンアップ活動などの環境美化推進、さらには津堅ニンジン活用した特産品ブランドづくり支援などを実施してまいりました。

うるま市議会 2017-09-21 09月21日-06号

事業住民主体となった地域おこし活動へのサポートや、組織づくり目的とし、民泊研修会体験プログラム開発ガイドマップ作成ガイド養成講座などといった津堅ツーリズム推進クリーンアップ活動などの環境美化推進、さらには津堅ニンジン活用した特産品ブランドづくりへの支援などを実施しております。

嘉手納町議会 2017-03-22 03月22日-05号

2つ目観光ガイド養成講座2期生へのコース案内3つ目、世界のカデナーンチュ大会への受け入れ対応4つ目修学旅行生受け入れ5つ目県内雑誌に紹介など活動をいただいております。 質問事項2(3)についてお答えをいたします。平成28年度ガイド事業におきましては、ガイドとして活躍できる人材養成するため、座学実地研修先進地視察等、全20回の観光ガイド養成講座実施しております。

豊見城市議会 2016-09-27 09月27日-03号

平成26年度沖縄振興特別推進市町村交付金により実施した観光ボランティアガイド養成講座については、受講生12名に対し、急増する中華圏観光客に対応できる人材としての中国語語学研修と、地元学等研修実施しました。本事業終了後の受講生は、ボランティアガイドとして観光協会に登録していますが、ガイドとしての活用は残念ながら至っておりません。 

うるま市議会 2016-09-20 09月20日-02号

従来の保存管理計画においては、活用については触れられてなく、既に行っている肝高の阿麻和利、ぐしく島唄あしび民泊受け入れ式、市民ガイド養成講座中高校生によるガイド体験発掘調査出土品展等活動を含めて、グスクへの理解を深める学習の場としての活用、地域のシンボルとしての活用観光交流の場としての活用等を幅広い年代の方々に利用できるような方向性を明確に示しております。

豊見城市議会 2015-09-16 09月16日-03号

沖縄振興特別推進交付金では、観光ボランティアガイド養成講座実施し、急増する外国人観光客をやさしく迎え入れるための本市歴史・自然・文化に精通し、中国語が話せる人材育成を図りました。また、平成27年度の観光振興等支援事業の中で、補助金を受けた団体が独自に医療専門用語に対応できる人材育成に取り組んでおります。

うるま市議会 2015-09-14 09月14日-02号

平成26年度は議員の皆様にも配付させていただきましたが、ガイドブックの作成ガイド養成講座実施環境美化活動実施などに取り組むことで、自治会長をリーダーとして協力体制が構築できつつあることから、事業の成果があったものと考えております。以上です。 ○議長大屋政善) 建設部長。 ◎建設部長宮城吉和) お答えいたします。 

北谷町議会 2015-03-19 03月19日-06号

育成プログラムにつきましては、平成14年度にはガイド養成講座を当時の中央公民館が主催した経緯がございます。 今後、戦争や平和に関することのみならず、歴史文化さらには、産業・観光なども絡めた北谷町の総合案内ガイド必要性につきましても、関係各課、並びに関係団体と連携を図りながら調査研究したいと考えております。 ○田場健儀議長  伊波興繁住民福祉部長

沖縄市議会 2015-03-17 03月17日-05号

続きまして、同ページの7款1項3目説明1.観光宣伝事業について、これまで予算化されたものとの違いということでございますが、平成27年度当初予算にて計上されておりますけれども、これまで実施されている主な観光宣伝事業修学旅行等誘致活動や、街歩き体験メニューの政策、それからガイド養成講座などの支援及び観光情報紙等の制作、配布に取り組んでおります。