31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

那覇市議会 2018-06-11 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月11日-04号

大会開催時は、泊大橋、曙交差点、若狭インターチェンジ、久米郵便局前交差点明治橋、そしてフィニッシュ地点のうみそら公園周辺地域交通規制が実施されます。  交通規制及び競技の実施にあたりましては、約250人のボランティアスタッフ及び民間警備員を配置し、十分な安全対策を図ることを予定しております。 ○金城眞徳 副議長   下地敏男議員。 ◆下地敏男 議員   ありがとうございます。  

那覇市議会 2016-12-08 平成 28年(2016年)12月定例会−12月08日-03号

当該道路は、那覇市港町を起点とし、泊漁港上空を高架橋で通過し、若狭インターチェンジに至る延長約2.2キロメートル代表幅員28メートル自動車専用道路として、平成25年に都市計画決定されております。  また、当該道路と国道58号を結ぶ新都心地区の中環状線に接続する上之屋インターチェンジの設置も計画されております。  

那覇市議会 2015-09-11 平成 27年(2015年) 9月定例会-09月11日-06号

当該箇所につきましては、那覇新都心地区から沖縄自動車道那覇インターチェンジを結ぶ道路が構想されており、市道松島松川線との交差箇所として、真嘉比古島第2土地区画整理事業において、先行して整備をしたものでございます。 ○金城徹 議長   新垣昌秀建設管理部長。 ◎新垣昌秀 建設管理部長   野原嘉孝議員の一般質問の4番目の交通行政についての2点目、交差点の信号機の調整についてお答えします。  

那覇市議会 2011-09-05 平成 23年(2011年) 9月定例会-09月05日-01号

この案は、国が公有水面埋立法第42条の規定に基づき、沖縄西海岸道路「那覇西道路」と市道松山線及び那覇港臨港道路1号線に接続する若狭インターチェンジを築造したため、那覇市若狭一丁目102番地先において、23,728.74㎡の土地があらたに生じたので、地方自治法第9条の5第1項の規定に基づき、議会議決を得て土地を確認する必要があるので、この案を提案するものであります。  

那覇市議会 2011-06-27 平成 23年(2011年) 6月定例会-06月27日-07号

さて、4番目の那覇空港自動車道でありますが、これは沖縄自動車道の南風原南インターチェンジから那覇空港に至る道路ですが、現在、豊見城市名嘉地インターチェンジまで全線暫定使用されていて、小禄道路だけを残すのみとなり、市民から早急な整備が求められています。  那覇空港自動車道・小禄道路については、平成23年度から、新規事業化された事業であり、小禄道路の現在の進捗状況について当局の所見を求めます。  

那覇市議会 2011-06-21 平成 23年(2011年) 6月定例会−06月21日-04号

唐真議員のご指摘のとおり、古島インターチェンジ内の法面で雑草が繁茂しております。  国道330号古島インターチェンジモノレール路線でもあり、市民観光客の目に触れやすい区間であることから、道路の管理者である南部国道事務所及び南部土木事務所に、優先的に雑草の処理をしていただけるよう要請していきたいと考えております。 ○金城徹 議長   大城弘明環境部長。

那覇市議会 2010-06-17 平成 22年(2010年) 6月定例会−06月17日-06号

沖縄自動車道における社会実験の概要は、沖縄総合事務局に確認いたしましたところ、平成22年6月28日午前0時より、平成23年3月31日までの期間において、那覇インターチェンジから許田インターチェンジの区間において実施されます。曜日や時間帯の設定はなく、24時間実施であり、ETC搭載等の条件もないとのことであります。  また、平成23年4月以降の対応については、現時点では未定とのことです。  

那覇市議会 2010-02-23 平成 22年(2010年) 2月定例会-02月23日-03号

しかしながら、沖縄自動車道交通量が増加すると、新たに沖縄自動車道本線やインターチェンジの出入口付近に渋滞が発生することや、また、他の交通手段から自動車に切り替えることにより、さらに自動車交通が増加することが懸念されます。そのため、国土交通省では、社会実験を通して、これらの影響などについて調査・分析を実施するものと理解しております。  続きまして、5.鉄軌道の導入についてお答えいたします。  

那覇市議会 2005-09-15 平成 17年(2005年) 9月定例会−09月15日-05号

(3)首里駅から県道82号線を通り、那覇インターチェンジにつなぐ、これらを軸に調査を進める意向と報道しています。  このように政府沖縄県が延長、延伸に向けて動き出したことは石嶺地域をはじめ、市民、県民の期待が高まっています。同時にコース選定については不安も少なからずあります。  そこで、モノレールの延長・延伸を市民、県民の立場から積極的に推進するために次のことを質問します。  

那覇市議会 2005-06-13 平成 17年(2005年) 6月定例会-06月13日-07号

末吉郵政団地方面など北側からモノレール古島駅へ向かう場合、モノレールは開業しましたが古島駅へ向かう歩行者のルートが改善されてなく、一旦インターチェンジを降りてから陸橋を登ったりと、遠回りし不便なため、国道330号線の車道を歩いて駅に向かったり、ガードレールをまたいで道を横断したりと大変危険な状態になっています。  

那覇市議会 2003-02-28 平成 15年(2003年) 2月定例会-02月28日-03号

那覇中環状線と真和志地域を通り、沖縄自動車道の那覇インターチェンジまでを結ぶ那覇インターアクセスの道路及び那覇中環状線と沖縄西海岸道路を結ぶ道路については、沖縄県に問い合わせたところ、那覇都市圏の主要な幹線道路として、沖縄県の総合交通体系調査において位置づけられており、整備方針や整備手法を関係機関と協議・検討しているとのことであります。  

那覇市議会 2003-02-21 平成 15年(2003年) 2月定例会-02月21日-01号

今回の埋立ては、平成13年5月に那覇市地方港湾審議会の議を経て、同年7月に交通政策審議会港湾分科会の議を経た、那覇港港湾計画の一部変更に基づき、沖縄西海岸道路の若狭インターチェンジ建設するものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○高里鈴代 副議長   砂辺長盛土木部長

那覇市議会 2000-09-27 平成 12年(2000年) 9月定例会-09月27日-付録

につ│ 那覇空港規格道路が、いよいよ豊見城村から那覇市内に│ │ │       │ いて     │計画が進んで来ると思うが、同路線の市内の線引き計画はど│ │ │       │        │うなっているか                    │ │ │       │        │ 国道・県道・市道との接続点はどうか         │ │ │       │        │ インターチェンジ

那覇市議会 1998-12-09 平成 10年(1998年)12月定例会-12月09日-05号

南風原町インターチェンジか、あるいは西原町まで足を伸ばして向こうから入る。  ですから、高規格道路ができますと、那覇市南部、特に小禄、島尻、ほとんどこの高規格道路、豊見城から空港までつながれると、今、ほとんど豊見城は、土地買収はほぼ終わっているのではないかと思います。と言うのは、銀行に金がたまっているというから、土地代を取ったのではないかと、このように考えています。  

  • 1
  • 2