54件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-10-02 令和 01年(2019年)10月 2日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)-10月02日-01号

133ページに地域の将来像ということで、公共交通を中心とした歩いて暮らせるまちづくりを推進し、住宅の中高層化の誘導によるアメニティの高い都市住宅地の形成を図る。  国際通り、平和通りなど、沖縄独特の雰囲気を生かした回遊性のある観光商業地の形成を進め、「出会い」「ふれ合い」「にぎわい」のあるまちの形成を進めますというような記述をしております。  

那覇市議会 2019-08-26 令和 01年(2019年) 8月26日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−08月26日-01号

若狭バースの周辺や福州園、中心市街地までのアメニティ空間の創出などを基本的な方針としております。  155ページ、例えばこれは下のほう、交流スポットという項目の中に、旅客船バースの記述がされております。若狭クルーズバースは多くの観光客が訪れる玄関口であり、周辺の土地利用の誘導や景観形成、緑陰の創出などにより、魅力的な交流拠点の形成を目指します。

那覇市議会 2018-12-12 平成 30年(2018年)12月定例会-12月12日-05号

2016年6月定例会において、小禄金城地域の住民から提出された、ガジャンビラ公園の眺望景観の確保に関する陳情に対する私の質問に対して、当時の部長は、「ガジャンビラ公園は、小禄地域高台のガジャンビラに位置することから、那覇港や御物城、市街地等が一望できる眺望に優れた公園であり、眺望景観については、那覇市都市計画マスタープランにおいて、ガジャンビラの眺望景観の確保が小禄地域アメニティー景観形成方針

那覇市議会 2018-09-18 平成 30年(2018年) 9月定例会−09月18日-08号

老朽化やアメニティー設備が若干影響があるものと考えられております。  次に、診療報酬制度への適切な対応についてですが、1点目として現在、入院診療報酬は、傷病名ごとの包括診療報酬制度、いわゆるDPC制度となっておりますが、この制度の適正化に努めるために、専門性を高めるコーディング委員会を年4回開催し、DPC、コーディングの適正化に努め増収を図っております。  

那覇市議会 2018-06-14 平成 30年(2018年) 6月定例会-06月14日-07号

都市計画マスタープランにおきましては、識名霊園周辺の環境改善を地域課題の1つとして記述しているほか、真和志地域の「アメニティ景観形成方針」において「未整備区域の改善を図るとともに、周辺環境に配慮した整備を推進する」と位置づけております。  しかしながら、都市計画墓園の区域である約35ヘクタールのうち、本市が整備し、管理を行っている区域は約3.92ヘクタールとなっております。  

那覇市議会 2018-06-13 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月13日-06号

那覇都市計画マスタープランでは、斜面緑地等の自然緑地景観について、本市固有の景観づくりの基盤となる重要な景観資源として積極的に保全・育成するとして、小禄地域におけるアメニティ景観形成方針におきましても、先ほど議員からのご紹介がありましたとおり、御嶽と一体になった緑やガジャンビラ(フデカケ山)などの緑地の保全を基本的な方針の1つとして位置づけております。  

那覇市議会 2017-06-07 平成 29年(2017年) 6月定例会-06月07日-02号

(2)の今後の取り組みにつきましては、那覇市病院の一部の建物に耐震性が不足しているという調査結果を踏まえ、築後37年を経過し施設設備の考朽化が進んでいること、病室やトイレ等のアメニティ環境の課題があること、また、沖縄県が策定した地域医療構想などを総合的に勘案し、建て替えについて引き続き検討しているところでございます。以上でございます。 ○翁長俊英 議長   玉寄隆雄環境部長。

那覇市議会 2016-06-10 平成 28年(2016年) 6月定例会−06月10日-02号

市立病院のトイレなどのアメニティ施設も拝見させていただきましたが、和式トイレを洋式化にかえたくてもできないほどの狭さの現状であることがわかりました。設備関係の老朽化とともに、このようなアメニティ施設の改善も急務だと思われますが、建て替えるまでの間、その対策をどうするのか、お伺いします。 ○金城徹 議長   大城弘明健康部長。 ◎大城弘明 健康部長   再質問にお答えいたします。  

那覇市議会 2014-02-24 平成 26年(2014年) 2月定例会−02月24日-02号

那覇市都市計画マスタープランにおける中心市街地の位置づけは、「住宅の中高層化の誘導によるアメニティの高い都市住宅地の形成を図るとともに、国際通りや平和通りなどの沖縄独特の雰囲気を生かした回遊性のある観光商業地の形成を進め、出会い、ふれあい、にぎわいのある国際商業観光都心の形成を目指す」地域としております。

那覇市議会 2012-06-12 平成 24年(2012年) 6月定例会−06月12日-03号

道路交通形成方針においては「松山通りを旅客船バースと中心市街地を結ぶシンボルロードとしての整備を図る」としており、アメニティ景観形成方針においては「福州園や天妃宮などを核として歴史性を生かしたクニンダのまちづくり」を掲げております。  これまでに、福州園の設置や「くにんだなかみち」の整備など、地域の特性を生かしたまちづくりを地域の方々との協力により進めてきたところであります。  

那覇市議会 2011-09-27 平成 23年(2011年) 9月定例会−09月27日-付録

│ │ │       │       │のと考えられ、観光客にとって魅力的なまちづく│ │ │       │       │りが求められている             │ │ │       │       │ 那覇市都市計画マスタープランにおいては、国│ │ │       │       │際通りを含む那覇中心地域において、住宅の高層│ │ │       │       │化の誘導によるアメニティ

那覇市議会 2011-06-17 平成 23年(2011年) 6月定例会-06月17日-02号

この計画の5つの事業方針の中に、災害に強いまちづくり、都市基盤整備、そしてアメニティ空間の確保、都市計画複合生活拠点、中心市街地の活性化という5つの事業方針が進められてきて、そして、完成しています。  この本当に夢のあるようなまちづくり、これが一緒になって本当に重なったときは、先ほど市長の答弁にありました、国際通りの東側の重要拠点であると思っております。

那覇市議会 2011-02-23 平成 23年(2011年) 2月定例会−02月23日-04号

具体的には、土地の利用方針として、モノレール安里駅周辺の商業環境の更新等、市街地の修復と保全の方針では、良好な集落環境の保全等、道路交通形成方針では、生活道路における安全で快適な歩行者空間の確保等、アメニティ景観形成方針では水と緑の骨格を際立たせるまちづくりなどを定めております。 ○金城徹 議長   渡慶次克彦企画財務部長

那覇市議会 2008-04-01 平成 20年(2008年) 4月臨時会−04月01日-01号

また、地域医療機関と連携して、患者の病状に適した医療機関への紹介を推進することとし、その推進のために数値目標を定めて取り組んでいくことや、診療待ち時間の改善、患者アメニティの向上など、患者の視点に立ったきめ細かなサービス向上のための、様々な取り組みが定められております。  

那覇市議会 2007-06-15 平成 19年(2007年) 6月定例会−06月15日-06号

私は10%程度ということですが、実際にはもう少し予算は縮小して、今いうように、近隣公園だけでもこのようにあるわけですが、こういった管理予算公園だけじゃなくて道路にしろ何にしろ、那覇市にとっては非常に頭の痛い問題なんですが、ただ、市民にとってはこの公園、大変期待が高いといいますか、アメニティに対するニーズは高いものがあります。