宜野湾市議会 > 2012-09-07 >
平成24年  9月 定例会(第371回)-09月07日−01号

ツイート シェア
  1. 宜野湾市議会 2012-09-07
    平成24年  9月 定例会(第371回)-09月07日−01号


    取得元: 宜野湾市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-11-25
    平成24年  9月 定例会(第371回) − 09月07日−01号 平成24年  9月 定例会(第371回)         第371回宜野湾市議会定例会会期日程                +自 平成24年9月7日              会期|             (21日間)                +至 平成24年9月27日 月日曜日種別内容97金本会議案件上程、説明98(土)休会 99(日)休会 910月休会議案研究911火本会議上程案件に対する質疑、委員会付託(一般質問通告締め切り)912水休会委員会活動@913木休会委員会活動A914金休会委員会活動B915(土)休会 916(日)休会 917(月)休会(敬老の日)918火休会事務整理919水本会議一般質問@920木本会議一般質問A921金本会議一般質問B922(土)休会(秋分の日)923(日)休会 924月本会議一般質問C925火本会議一般質問D926水本会議一般質問E927木本会議委員長報告、表決                      本会議 9日   休会12日     第371回宜野湾市議会定例会付議事件一覧及びその結果 事件番号事件名提出者議決年月日議決結果議案第47号平成24年度宜野湾市一般会計補正予算(第2号)市長平成24.9.27原案可決議案第48号平成24年度宜野湾市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)市長平成24.9.27原案可決議案第49号平成24年度宜野湾市下水道事業特別会計補正予算(第1号)市長平成24.9.27原案可決議案第50号平成24年度宜野湾都市計画宇地泊第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)市長平成24.9.27原案可決議案第51号平成24年度宜野湾都市計画佐真下第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)市長平成24.9.27原案可決議案第52号平成24年度宜野湾市介護保険特別会計補正予算(第1号)市長平成24.9.27原案可決議案第53号平成24年度宜野湾市介護老人福祉施設等特別会計補正予算(第1号)市長平成24.9.27原案可決議案第54号平成24年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)市長平成24.9.27原案可決議案第55号宜野湾市防災会議条例及び宜野湾市災害対策本部条例の一部を改正する条例について市長平成24.9.27原案可決議案第56号宜野湾市企業立地促進条例の一部を改正する条例について市長平成24.9.27原案可決議案第57号宜野湾市火災予防条例の一部を改正する条例について市長平成24.9.27原案可決議案第58号はごろも小学校屋内運動場新築工事(建築)請負契約について市長平成24.9.27同意議案第59号はごろも小学校校舎・水泳プール・地域学校連携施設新築工事(建築第1工区)請負契約について市長平成24.9.27同意議案第60号市道の認定について市長平成24.9.27原案可決議案第61号固定資産評価審査委員会委員の選任について市長平成24.9.27同意議案第62号平成23年度宜野湾市水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定について市長−閉会中の継続審査議案第63号嘉数小学校屋内運動場増改築工事(建築)請負契約について市長平成24.9.27同意議案第64号はごろも小学校校舎・水泳プール・地域学校連携施設新築工事(建築第2工区)請負契約について市長平成24.9.27同意認定第1号平成23年度宜野湾市一般会計歳入歳出決算の認定について市長−閉会中の継続審査認定第2号平成23年度宜野湾市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について市長−閉会中の継続審査認定第3号平成23年度宜野湾市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について市長−閉会中の継続審査認定第4号平成23年度宜野湾都市計画宇地泊第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について市長−閉会中の継続審査認定第5号平成23年度宜野湾都市計画佐真下第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について市長−閉会中の継続審査認定第6号平成23年度宜野湾市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について市長−閉会中の継続審査認定第7号平成23年度宜野湾市介護老人福祉施設等特別会計歳入歳出決算の認定について市長−閉会中の継続審査認定第8号平成23年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について市長−閉会中の継続審査報告第10号平成23年度宜野湾市の健全化判断比率及び資金不足比率の報告について市長平成24.9.11報告報告第11号平成23年度宜野湾市土地開発公社事業報告及び決算報告について市長平成24.9.11報告報告第12号平成23年度宜野湾市育英会の業務報告について市長平成24.9.7報告決議案第10号MV−22オスプレイの配備撤回を求める抗議決議議員平成24.9.27原案可決決議案第11号米兵による強制わいせつ致傷事件に対する抗議決議議員平成24.9.27原案可決決議案第12号在沖米国総領事の発言に対する抗議決議議員平成24.9.27原案可決意見書第13号MV−22オスプレイの配備撤回に関する意見書議員平成24.9.27原案可決意見書第14号米兵による強制わいせつ致傷事件に関する意見書議員平成24.9.27原案可決意見書第15号沖縄戦遺族のDNA鑑定実施を求める意見書議員平成24.9.27原案可決陳情第36号沖縄戦遺族のDNA鑑定実施の国への要請沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」平成24.9.27採択陳情第37号住宅防音工事規定の見直し作業についての要請住宅防音対策地域連絡会平成24.9.27採択陳情第41号「こころの健康を守り推進する基本法」の制定を求める意見書採択のお願い沖縄精神障害者福祉会連合会−閉会中の継続審査陳情第42号「しまくとぅば」の普及促進に関する宣言決議要請について那覇市文化協会・他2団体平成24.9.27採択陳情第43号地元産品推奨及び地元企業優先使用に関する要請宜野湾市商工会平成24.9.11採択陳情第44号県産品の優先使用について沖縄県工業連合会・他4団体平成24.9.11採択陳情第45号女性の人材育成と積極的登用について宜野湾市女性団体連絡協議会−閉会中の継続審査陳情第46号地球温暖化対策に関する「地方財源の確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書採択について全国森林環境税創設促進議員連盟−閉会中の継続審査陳情第47号建設工事に伴う基礎工事において県内企業の下請最優先活用について沖縄基礎工業協同組合平成24.9.27採択 閉会中の継続審査申し出について 認定第1号 平成23年度宜野湾市一般会計歳入歳出決算の認定について 陳情第20号 宜野湾市入札制度に関する見直しについての要請 陳情第38号 住民の安全・安心を支える公務・公共サービスの体制・機能の充実を求める陳情 陳情第45号 女性の人材育成と積極的登用について総務常任委員会平成24.9.27承認 閉会中の継続審査申し出について 議案第62号 平成23年度宜野湾市水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定について 認定第3号 平成23年度宜野湾市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について 認定第4号 平成23年度宜野湾都市計画宇地泊第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について 認定第5号 平成23年度宜野湾都市計画佐真下第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について 陳情第31号 宜野湾市発注に係る公共工事に使用される生コンクリートについての「官公需適格組合」並びに「品質管理監査合格工場」への優先使用に関する陳情 陳情第46号 地球温暖化対策に関する「地方財源の確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書採択について経済建設常任委員会平成24.9.27承認 閉会中の継続審査申し出について
    認定第2号 平成23年度宜野湾市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について 認定第6号 平成23年度宜野湾市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について 認定第7号 平成23年度宜野湾市介護老人福祉施設等特別会計歳入歳出決算の認定について 認定第8号 平成23年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について 陳情第19号 離婚後の親子の面会交流に関する法整備と支援を求める意見書の提出について 陳情第21号 就学援助制度の周知・拡充を求める陳情 陳情第22号 離島におけるがん患者支援対策推進を求める意見書の採択と県への働きかけを求める要請 陳情第28号 「幼稚園・就学前教育」準義務教育化・無償化要請制度設計の意見書提出に関する陳情 陳情第29号 「30名以下学級」早期完全実現に関する陳情 陳情第30号 学校給食センター移設統合反対に関する緊急要請 陳情第33号 平成24年度福祉施策及び予算の充実について 陳情第35号 大幅増員と夜勤改善で安全・安心の医療・介護を求める陳情 陳情第39号 「子ども・子育てシステム」に基づく保育制度改革に反対する意見書提出を求める陳情 陳情第41号 「こころの健康を守り推進する基本法」の制定を求める意見書採択のお願い福祉教育常任委員会平成24.9.27承認               一般質問通告書           第371回宜野湾市議会定例会  (平成24年9月19日・20日・21日・24日・25日・26日)               宜野湾市議会 (注) 要旨欄中、※番号の事項についての質問は行われなかった。 通告順質問者質問事項及び質問要旨16番 佐喜真 進 (P.85〜) 1.公共火葬場の建設について  2.愛知区の住居表示実施について  3.字神山173−2番地付近の浸水対策について  4.福寿園の民営化について  5.障がい者の雇用支援について   (1) 市職員採用について   (2) 身体障がい者福祉協会への支援について224番 大城政利 (P.98〜) 1.本市の「ひきこもり」の現状と対策について  2.空き家等の管理のあり方について  3.ごみ減量化等の取り組みについて  4.指名業者の選定のあり方について  5.職員の資質向上のための人事考課制度導入について  6.待機児童解消に向けたプロジェクトチームの早期立ち上げと対策について35番 桃原 朗 (P.116〜) 1.基地問題の取り組みについて   (1) オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会について   (2) 普天間飛行場の現状固定化に反対する取り組みについて   (3) 防音工事対象エリアの拡大について   (4) (仮称)普天間飛行場跡地利用夢委員会について   (5) 政府に対する防衛予算の拡充について  2.自治会育成及び会員加入促進強化の状況について  3.学力向上対策の成果について  4.指定管理者制度の拡大と民営化の取り組みについて425番 伊波一男 (P.129〜) 1.小中学校でのいじめ問題と対策について  2.児童虐待防止の取り組みについて  3.中原進入路の早期整備について ※4.市道宜野湾11号の進捗状況と宜野湾中学校グラウンドの拡張について  5.宜野湾海浜公園及びいこいの市民パークの開園時間について ※6.市長の公約について  ※(1) 公立小学校の学校給食費無料化について  ※(2) 小学校6年生までの医療費無料化(通院費)について526番 岸本一徳 (P.149〜) 1.市民便利帳の発行及び市ホームぺージのリニューアルについて  2.交通安全対策について   (1) 上大謝名から真栄原への市道真栄原13号と交差する地点への信号機、横断歩道の設置について   (2) 市内各交差点の横断歩道の白線引き直し方について ※3.地域防災計画について ※4.救急医療情報キットの無料配付について ※5.ドクターカーの運用開始に伴う効果について  6.特定健診事業の取り組みについて  7.新設学校給食センター建設事業及び公立学校給食費の無料化について  8.小中学校及び市立保育所等の給食アレルギー対策について  9.市道大山7号の進捗状況について63番 宮城 司 (P.165〜) 1.雇用の創出について ※2.地域防災計画について  3.環境行政(ごみ、悪臭等)について  4.市道大山1号と伊佐15号の連結橋梁について  5.市の広報としてのフェイスブック活用について  6.市民図書館の運営及び施設整備について727番 我如古盛英 (P.177〜) 1.自治会育成と会員加入状況について  2.道路行政について   (1) 市道長田・19区線の我如古地域への延伸について   (2) 人材育成交流センターめぶき前道路と志真志雨水幹線ボックスカルバート道路敷を利用した道路整備について  3.市長の選挙公約について   (1) 公立学校給食費の無料化について   (2) 市長給与の減額について  4.長田小学校区への児童センター設置について  5.太陽光発電設備の設置促進について82番 宮城 克 (P.189〜) 1.公立学校給食費の無料化について  2.コミュニティバス運行事業の取り組みについて  3.市道宜野湾11号の進捗状況及び市道宜野湾6号、7号の道路整備について  4.障がい児に対する支援のあり方について  5.市役所本庁舎中庭の有効活用について  6.市民広場の整備について928番 知念吉男 (P.203〜) 1.基地行政について   (1) 普天間飛行場へのMV−22オスプレイ配備反対について   (2) 普天間飛行場の固定化阻止及び撤去について  2.入札制度について  3.市道の維持管理について  4.沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)の活用について1015番 呉屋 等 (P.213〜) 1.本市ホームページのフェイスブック化とバナー広告の実施について  2.普天間飛行場(普天満宮)周辺まちづくり事業の今後の取り組みについて
     3.本市西海岸地域のサンゴ礁群の保全と観光振興について  4.私立幼稚園3歳児の就園奨励費補助金について  5.公立学校給食費の段階的無料化実施について  6.市民会館におけるバリアフリー化の取り組みについて1114番 知名康司 (P.230〜) 1.通称「真栄原新町」の現状とまちづくりの取り組みについて  2.市道真栄原11号の整備について  3.自治会育成と加入促進について  4.自治会公民館バリアフリー化について1216番 比嘉憲康 (P.239〜) 1.沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)について   (1) 本市の事業内容と財政への影響について   (2) 10年後を見据えた広域連合体としての共同事業の推進について   (3) 10年後の自立自治体としてのビジョンについて  2.真志喜中学校屋内運動場整備の進捗状況と周辺整備について  3.仮設避難港の整備と周辺整備(遊歩道)について  4.大謝名交差点信号機の右折矢印標示について  5.都市機能用地第3街区の駐車場整備と公募について  6.市立野球場の整備について  7.本市の交通体系(道路)の整備について1317番 森田 進 (P.257〜) 1.オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会について  2.沖国大ヘリ墜落事故から8年経過後の市の対応について  3.宜野湾市の振興に関する協議会の進捗状況について  4.沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)の事業採択状況について ※5.水道行政について  ※(1) 災害時の際の給水確保について  ※(2) 水道事業会計の資産運用(受取利息)のあり方について  6.赤道闘牛場跡地の活用(駐車場)について1412番 上地安之 (P.269〜) 1.普天間第二小学校の騒音問題について  2.喜友名・上大謝名区の学習等供用施設の整備について  3.行財政改革について   (1) 市長の公約実現に向けての財政シミュレーションについて   (2) 歳入確保に向けての取り組みについて   (3) 収納業務一元化体制について   (4) 職員定数適正化について ※4.指定管理者制度の活用について  ※(1) 学校給食センターについて  ※(2) 福寿園について  ※(3) 老人福祉センターについて  ※(4) 市立保育所について  5.喜友名地内の交通安全対策について ※6.災害時要援護者の登録について ※7.宜野湾中学校グラウンドの防球ネットについて1518番 喜舍場 保 (P.283〜) 1.基地行政について   (1) MV−22オスプレイ配備等の反対について   (2) 在沖米国総領事の発言について  2.小中学校でのいじめ問題と対策について  3.住宅リフォーム支援制度の導入について  4.(通称)普天間第二小学校サブグラウンドの整備について  5.新設学校給食センターの進捗状況と普天間中学校区への学校給食センター建設計画について1619番 桃原 功 (P.297〜) 1.基地行政について   (1) オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会について   (2) 普天間飛行場の枯葉材等の汚染について   (3) 在沖米国総領事の発言について ※2.小中学校でのいじめ問題について ※3.入札制度について ※4.大謝名交差点及び宇地泊交差点交通渋滞対策について ※5.水道事業管理者の交代について1710番 玉元一恵 (P.311〜) 1.はごろも小学校建設の進捗状況と児童センター設置計画について  2.高齢者等への住宅改修工事の助成状況について  3.母子家庭の入居施設設置及び就労支援等について  4.男女共同参画はごろもぷらんの進捗状況について ※5.小学校6年生までの医療費無料化について  6.小中学校でのいじめ問題と対策について  7.市道真志喜9号、26号の道路整備について ※8.オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会後の本市の取り組みについて1820番 伊波秀男 (P.324〜) 1.コミュニティバス運行事業の進捗状況について  2.市道嘉数2号の一方通行への変更について  3.市立グラウンドのトラックレーンの増設について  4.本市の奨学金制度のあり方について199番 米須清正 (P.337〜) 1.オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会後の本市の取り組みについて  2.市内公共施設のトイレ改修工事及びトロピカルビーチのバリアフリー化について  3.国道330号沿い大久保給油所前道路の冠水原因及び市道長田1号沿い雨水排水路の危険防止対策について  4.防犯灯電気料金の全額補助について  5.長田小学校体育館の窓設置の進捗状況及び職員室へのテレビ設置について  6.ハンタ道の下水道及び側溝整備について2021番 仲村春松 (P.353〜) 1.市道宜野湾11号の進捗状況について  2.中原進入路の早期整備について ※3.市報の全戸配布状況について  4.入札制度について ※5.市政推進室の設置について2122番 伊佐光雄 (P.361〜) 1.沖縄西海岸道路の浦添市側への整備について  2.都市機能用地第3街区への企業誘致について  3.入札制度について  4.キャンプ瑞慶覧の返還と跡地利用対策について ※5.大山地区土地区画整理事業について227番 宮城勝子 (P.374〜) 1.市道宜野湾11号の進捗状況について  2.市民会館の改装工事とバリアフリー化について  3.市役所構内駐車場の拡充について  4.ごみ減量化対策の推進について
     5.通称「真栄原新町」の現況と跡地利用について  6.いこいの市民パークの整備について ※7.市内の美化、花いっぱいの運動の推進について                諸般の報告              (平成24年6月13日〜平成24年9月6日)                      第371回宜野湾市議会定例会                            議長  呉屋 勉                        平成24年9月7日(金) 平成24年  6月    13日 第2回宜野湾市制施行50周年記念事業実行委員会    13日 普天間飛行場へのオスプレイ配備等に反対し、固定化を許さず早期閉鎖・返還を求める「宜野湾市民大会」幹事会及び記者会見    15日 2012はごろもカップ港ふれあいフェスティバル実行委員会    15日 平成24年度宜野湾市建設業者会通常総会懇親会    17日 普天間飛行場へのオスプレイ配備等に反対し、固定化を許さず早期閉鎖・返還を求める「宜野湾市民大会」    18日 オスプレイ配備等に反対する宜野湾市民大会決議にかかる県内要請行動(沖縄防衛局・四軍調整官事務所・在沖米国総領事館外務省沖縄事務所)    20日 琉球村開村30周年記念祝賀会(祝電対応)    24日 2012はごろもカップ港ふれあいフェスティバル表彰式    27日 プロ野球公式戦 東京ヤクルトスワローズVS横浜DeNAベイスターズ観戦(セルラースタジアム)    29日 ユニット型特別養護老人ホーム白浜の里愛誠園竣工式典・祝賀会    29日 在沖縄米軍総領事館第236回米国独立記念日式典・祝賀会(ハーバービューホテル)    30日 廈門市政府訪問団市長主催夕食会  7月     1日 宜野湾市制施行50周年記念式典・祝賀会     2日 宜野湾市制施行50周年記念植樹式     2日 サンエー宜野湾コンベンションシティ落成及び開店披露祝賀会     2日 宜野湾市商工会県産品に係る「地元産品奨励及び地元企業優先使用の要請行動」     3日 米軍基地普天間飛行場へのMV−22オスプレイの配備に断固反対する県内要請     3日 法務大臣メッセージ等伝達式     5日 普天間飛行場へのオスプレイ配備等に反対し、固定化を許さず早期閉鎖・返還を求める「宜野湾市民大会」実行委員会県外要請行動(東京都)6日まで     8日 宜野湾市制施行50周年記念事業「宝くじスポーツフェア」ドリームベースボール開会式     8日 「第3回歌謡・民謡絆フェスタ」     9日 県産品優先使用の要請    12日 平成24年度第22回宜野湾市「少年の主張大会」    17日 全国介護長寿大会役員来訪    18日 平成24年度第15回宜野湾市中学生スクールサミット    18日 中部市議会議長会事務引き継ぎ(浦添市議会)    20日 普天間飛行場へのオスプレイ配備等に反対し、固定化を許さず早期閉鎖・返還を求める「宜野湾市民大会」実行委員会幹事会    20日 平成24年度「青少年の深夜はいかい防止」「未成年者飲酒防止」県民一斉行動宜野湾市民大会    23日 平成24年第65回中部広域市町村圏事務組合議会(臨時会)    23日 中部市議会議長会臨時総会    25日 自由民主党全国青年部青年局有志会来訪    25日 大山陸上クラブ表敬訪問    29日 大山区大綱引き    29日 宜野湾区大綱引き    30日 第24回ぎのわん車いすマラソン大会実行委員の委嘱並びに第1回実行委員会  8月     1日 第149回沖縄県市議会議長会臨時総会(サザンプラザ海邦)     1日 宜野湾市女性団体連絡協議会表敬訪問    11日 宜野湾市制施行50周年記念第35回宜野湾はごろも祭り祈願祭・オープニングセレモニー    16日 2012年宜野湾市健康・福祉都市づくりフェア実行委員会    17日 沖縄県農業協同組合宜野湾支店 「事業報告会並びに感謝の集い」    24日 第150回沖縄県市議会議長会定期総会(てだこホール)    24日 平成24年度第3回宜野湾市育英会理事会第2回総会    31日 「オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会」宜野湾市実行委員会幹事会及び宜野湾市実行委員会総会  9月     4日 バイオ燃料協議会表敬訪問    平成24年第371回宜野湾市議会定例会会議録(第1日目)                        午前10時02分(開会時刻)             平成24年9月7日(金)                        午後2時28分(散会時刻) 1.出席議員(27名)      議席番号   氏名    議席番号   氏名        2   宮城 克     3   宮城 司        4   濱元朝晴     5   桃原 朗        6   佐喜真 進    7   宮城勝子        8   屋良千枝美    9   米須清正       10   玉元一恵    11   呉屋 勉       12   上地安之    13   島 勝政       14   知名康司    15   呉屋 等       16   比嘉憲康    17   森田 進       18   喜舍場 保   19   桃原 功       20   伊波秀男    21   仲村春松       22   伊佐光雄    23   平良眞一       24   大城政利    25   伊波一男       26   岸本一徳    27   我如古盛英       28   知念吉男 2.欠席議員(なし) 3.説明のために出席した者       職名       氏名     職名       氏名      市長       佐喜眞 淳  副市長      松川正則      教育長      宮城茂雄   水道事業管理者  外間伸儀      総務部長     宮城 聡   企画部長     和田敬悟      基地政策部長   比嘉秀夫   福祉保健部長   玉那覇豊子      市民経済部長   宮城豊信   教育部長     宮里幸子      指導部長     古堅宗篤   消防長      大嶺清光      会計管理者    國吉秀子   建設部次長    石原昌恵 4.議会事務局出席者       職名       氏名     職名       氏名      事務局長     島袋幸盛   課長       瀬名波 稔      議事係長     伊禮理子   主事       野嶋博司      主事       宮城顕治   主事       中村 誠 5.会議に付した事件は議事日程第1号のとおりである。               議事日程第1号          平成24年9月7日(金)午前10時開会     諸般の報告  日程第1 会議録署名議員の指名について  日程第2 会期の決定について  日程第3 報告第12号 平成23年度宜野湾市育英会の業務報告について  日程第4 認定第1号 平成23年度宜野湾市一般会計歳入歳出決算の認定について
     日程第5 認定第2号 平成23年度宜野湾市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について  日程第6 認定第3号 平成23年度宜野湾市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について  日程第7 認定第4号 平成23年度宜野湾都市計画宇地泊第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について  日程第8 認定第5号 平成23年度宜野湾都市計画佐真下第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について  日程第9 認定第6号 平成23年度宜野湾市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について  日程第10 認定第7号 平成23年度宜野湾市介護老人福祉施設等特別会計歳入歳出決算の認定について  日程第11 認定第8号 平成23年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について  日程第12 議案第62号 平成23年度宜野湾市水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定について  日程第13 議案第55号 宜野湾市防災会議条例及び宜野湾市災害対策本部条例の一部を改正する条例について  日程第14 議案第56号 宜野湾市企業立地促進条例の一部を改正する条例について  日程第15 議案第57号 宜野湾市火災予防条例の一部を改正する条例について  日程第16 議案第58号 はごろも小学校屋内運動場新築工事(建築)請負契約について  日程第17 議案第59号 はごろも小学校校舎・水泳プール地域学校連携施設新築工事(建築第1工区)請負契約について  日程第18 議案第60号 市道の認定について  日程第19 議案第47号 平成24年度宜野湾市一般会計補正予算(第2号)  日程第20 議案第48号 平成24年度宜野湾市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)  日程第21 議案第49号 平成24年度宜野湾市下水道事業特別会計補正予算(第1号)  日程第22 議案第50号 平成24年度宜野湾都市計画宇地泊第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)  日程第23 議案第51号 平成24年度宜野湾都市計画佐真下第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)  日程第24 議案第52号 平成24年度宜野湾市介護保険特別会計補正予算(第1号)  日程第25 議案第53号 平成24年度宜野湾市介護老人福祉施設等特別会計補正予算(第1号)  日程第26 議案第54号 平成24年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号) ○議長(呉屋勉君) ただいまから第371回宜野湾市議会定例会を開会いたします。(開会時刻 午前10時02分)  直ちに本日の会議を開きます。 ○議長(呉屋勉君) 日程打ち合わせのため休憩いたします。(休憩時刻 午前10時02分) ○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前10時13分)  本日の日程は、お手元に配付してあります議事日程表第1号のとおり進めてまいります。  日程第1.会議録署名議員の指名を行います。  今期定例会の会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において2番 宮城克議員、28番 知念吉男議員を指名します。  日程第2.会期の決定についてを議題といたします。  今期定例会の会期は、本日から9月27日までの21日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。      (「異議なし」という者あり) ○議長(呉屋勉君) 御異議ありませんので、さよう決定いたしました。  なお、お諮りいたします。議事の都合により、9月10日、12日、13日、14日及び18日は休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。      (「異議なし」という者あり) ○議長(呉屋勉君) 御異議ありませんので、さよう決定いたしました。  日程第3.報告第12号 平成23年度宜野湾市育英会の業務報告についてを議題といたします。  本件に対する理事者の報告を求めます。教育部長。 ◎教育部長(宮里幸子君) おはようございます。では、お手元で別冊になっております報告第12号をお願いいたします。  報告第12号 平成23年度宜野湾市育英会の業務報告について。宜野湾市育英資金拠出条例第4条第2項の規定により、関係書類を添えて報告します。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  では、早速でありますが、2ページをお願いいたします。貸借対照表になります。平成24年3月31日現在となっております。資産の部、現金及び預金2,403万2,694円、概要といたしましては、定期預金に700万円、普通預金は2つの銀行に預けておりますが、ゆうちょ銀行に757万6,000円、JAおきなわさんのほうに945万6,694円となっております。次に、貸付金でございますが、8,354万5,000円、備品3万7,700円、合計が1億761万5,394円となっております。右の表になりますが、負債及び資本の部で、資本の部、基金1億725万1,290円、当期運営剰余金36万4,104円、合計1億761万5,394円となっております。  次、3ページ、損益計算書になります。収益の部、費用の部、それぞれ39万5,764円となっております。  4ページ、財産目録ですが、4ページのほうお願いします。資産の部、流動資産、その他資産、合計で1億761万5,394円。右の表になりますが、資本の部では1億761万5,394円、内訳といたしましては、基金が1億725万1,290円、内訳といたしまして、市拠出金は前年比200万円増の5,211万1,500円、松岡育英資金は同額となっておりまして134万2,000円です。一般寄附金は前年度比68万円増で5,379万7,790円となっております。負債及び資本の部合計1億761万5,394円、差引正味財産1億761万5,394円となっております。  次に、資料といたしまして、5ページに基金等に関する調書、6ページに監査報告書を添付してございます。5ページの基金に関する調書では、平成23年度一般寄附金68万円は、個人6名と有限会社1社様からの御寄附となっております。また、平成23年度貸付金910万円は、新規8名、継続15名の合計23名への貸し付け事業でございます。償還金1,064万7,000円は、全額償還13名を含む71名からの償還があったという内容でございます。また、後ほど、詳しく御参照ください。  なお、育英会の決算につきましては、8月24日の理事会総会で御承認をいただいているところでございます。  以上で、平成23年度宜野湾市育英会業務報告を終わらせていただきます。 ○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前10時19分) ○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前10時19分)  日程第4.認定第1号 平成23年度宜野湾市一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。企画部長。 ◎企画部長(和田敬悟君) おはようございます。黄色表紙の決算書、お手元に御準備していただきたいと思います。ページをあけていただきまして、1ページお開きいただきたいと思います。  ただいま上程されました認定第1号について御説明いたします。認定第1号 平成23年度宜野湾市一般会計歳入歳出決算の認定について。地方自治法第233条第3項の規定により、平成23年度宜野湾市一般会計歳入歳出決算を、別添監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  内容について御説明申し上げます。歳入の部で6ページをお開きいただきたいと思います。6ページ、歳入合計といたしまして、予算現額336億4,566万3,831円に対しまして、調定額349億8,385万2,647円で、収入済額として332億5,254万5,969円となっております。予算に対する収納率、これ98.8%でございます。次の不納欠損額につきましては5,195万4,649円で、予算額に占める割合といたしましては0.15%でございます。次の収入未済額につきましては17億594万8,608円でございまして、予算に対する割合といたしましては5.1%となってございます。  引き続き、歳出の部でございますが、10ページをお開きいただきたいと思います。10ページ、歳出合計、予算現額336億4,566万3,831円に対しまして、支出済額が321億3,878万3,419円でございまして、執行率といたしましては95.5%となってございます。次の翌年度繰越額につきましては8億9,615万8,265円でございまして、これは6月議会で御報告をいたしました、平成23年度から平成24年度への繰り越し事業で19事業分の繰り越し事業費でございます。不用額につきましては6億1,072万2,147円となってございまして、予算に対する割合といたしましては1.8%となってございます。  次の11ページに、一般会計、歳入における歳入歳出決算総括表がございます。11ページをお開きいただきたいと思います。区分の1、予算現額336億4,566万3,831円に対しまして、区分2の歳入総額332億5,254万5,969円で、区分3、歳出総額321億3,878万3,419円となってございます。区分4、歳入歳出差引額は歳入総額から歳出総額を差し引いた、いわゆる形式収支でございますが、11億1,376万2,550円となってございます。  また、実質収支につきましては、282ページをちょっとお開きいただきたいと思います。282ページ、実質収支に関する調書がございます。その表の中の区分3でございます。歳入歳出差引額11億1,376万2,550円から区分4の翌年度へ繰り越すべき財源、これの合計欄1億8,315万4,765円を差し引いた額が実質収支ということでございまして9億3,060万7,785円、これが平成23年度歳計剰余金として平成24年度の予算に繰り越される金額となってございます。これ今回補正2号で出してございます繰越額と合致するものでございます。  以上、歳入歳出決算について概略を御説明いたしましたが、監査委員から提出されております意見書も御参考にしていただきながら、あわせて平成23年度の主要施策の成果説明書等も御参照いただきながら、平成23年度一般会計歳入歳出決算について御審議のほど、よろしくお願いいたします。以上でございます。 ○議長(呉屋勉君) 日程第5.認定第2号 平成23年度宜野湾市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。福祉保健部長。 ◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) おはようございます。決算書の288ページをお開きください。ただいま上程されました認定第2号について御説明申し上げます。  認定第2号 平成23年度宜野湾市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について。地方自治法第233条第3項の規定により、平成23年度宜野湾市国民健康保険特別会計歳入歳出決算を、別添監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  それでは、歳入歳出決算の概要について御説明申し上げます。291ページをお開きください。歳入の合計欄をごらんください。歳入合計は調定額が124億9,062万8,738円、収入済額は118億2,698万4,308円でございますが、その中に還付未済額が256万8,700円が含まれております。不納欠損額が7,403万2,737円の主な理由は、国民健康保険税の時効完成によるものでございます。収入未済額の5億9,218万393円は、国民健康保険税の未納によるものでございます。平成23年度の一般被保険者の収納については91.8%でございます。昨年度より0.54%伸びている状況でございます。  次に、294ページをお開きください。歳出の合計欄をごらんください。支出済額116億1,891万4,573円、翌年度繰越額はございません。不用額が3億5,917万1,427円の主な理由でございますが、保険給付費が見込み額より減少したことによるものでございます。これにつきましては、292ページで御確認をお願いしたいと思います。  次に、324ページをお開きください。実質収支に関する調書でございます。歳入総額が118億2,698万4,308円、歳出総額が116億1,891万4,573円、歳入歳出差引額が2億806万9,735円、翌年度へ繰り越すべき財源はございません。実質収支額が2億806万9,735円で、黒字決算となっております。この金額につきましては、議案第48号 平成24年度宜野湾市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)で繰越金として予算計上してございます。  以上、平成23年度宜野湾市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の概要について御説明を申し上げまして、詳細につきましては、301ページからの歳入歳出決算事項別明細書及び監査委員の審査意見書を御参考の上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(呉屋勉君) 日程第6.認定第3号 平成23年度宜野湾市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。建設部次長。 ◎建設部次長(石原昌恵君) おはようございます。それでは、決算書の325ページをお願いいたします。  認定第3号 平成23年度宜野湾市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について御説明申し上げます。地方自治法第233条第3項の規定により、平成23年度宜野湾市下水道事業特別会計歳入歳出決算を、別添監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  決算書の327ページと328ページをお願いいたします。歳入歳出決算書の歳入合計の欄ですが、予算現額16億6,705万9,000円、調定額16億8,713万4,651円、収入済額が16億6,510万1円、不納欠損額が38万9,420円、収入未済額が2,164万5,230円、予算現額と収入済額との比較がマイナス195万8,999円となっております。  あと歳出のほうですけれども、329ページをお願いいたします。歳出合計欄の予算現額16億6,705万9,000円、歳出済額16億1,934万8,421円、翌年度繰越額2,400万円、不用額2,371万579円、予算現額と支出済額との比較が4,771万579円となっております。  あと347ページをお願いいたします。実質収支に関する調書の欄でございます。歳入総額が16億6,510万1円、歳出総額が16億1,934万8,421円、歳入歳出差引額が4,575万1,580円、翌年度に繰り越すべき財源といたしましてゼロ円、実質収支額が4,575万1,580円となっております。  以上が、平成23年度宜野湾市下水道事業特別会計歳入歳出決算の内容となっております。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○議長(呉屋勉君) 日程第7.認定第4号 平成23年度宜野湾都市計画宇地泊第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。建設部次長。 ◎建設部次長(石原昌恵君) 決算書の348ページをお願いいたします。  認定第4号 平成23年度宜野湾都市計画宇地泊第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について御説明申し上げます。地方自治法第233条第3項の規定により、平成23年度宜野湾都市計画宇地泊第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算を、別添監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  それでは、歳入歳出決算書の350ページをお願いいたします。歳入歳出決算書、歳入合計の欄ですけれども、予算現額が8億1,724万3,600円、調定額7億9,039万2,580円、収入済額が7億9,039万2,580円、不納欠損額がゼロ円、収入未済額もゼロ円、予算現額と収入済額との比較がマイナス2,685万1,020円となっております。  あと歳出のほうですけれども、351ページをお願いいたします。歳出合計欄ですけれども、予算現額が8億1,724万3,600円、支出済額6億4,529万7,424円、翌年度繰越額1億4,068万400円、不用額が3,126万5,776円、予算現額と支出済額との比較が1億7,194万6,176円となっております。  あと367ページの実質収支に関する調書をごらんください。歳入総額7億9,039万2,580円、歳出総額6億4,529万7,424円、歳入歳出差引額が1億4,509万5,156円、翌年度に繰り越すべき財源として1億4,068万400円、実質収支額が441万4,756円となっております。  以上が、平成23年度宜野湾都市計画宇地泊第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の内容となっております。御審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(呉屋勉君) 日程第8.認定第5号 平成23年度宜野湾都市計画佐真下第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。建設部次長。 ◎建設部次長(石原昌恵君) 決算書の368ページをお願いいたします。  認定第5号 平成23年度宜野湾都市計画佐真下第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について御説明申し上げます。地方自治法第233条第3項の規定により、平成23年度宜野湾都市計画佐真下第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算を、別添監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  それでは、決算書の370ページと371ページをお願いいたします。歳入歳出決算書、歳入合計の欄ですけれども、予算現額が5億4,952万300円、調定額4億1,292万9,365円、収入済額が4億1,292万9,365円、不納欠損額はゼロ円、収入未済額もゼロ円、予算現額と収入済額との比較がマイナス1億3,659万935円となっております。  あと歳出のほうですけれども、372ページをお願いいたします。歳出合計欄でございますけれども、予算現額が5億4,952万300円、支出済額が3億9,267万8,417円、翌年度繰越額1億5,178万3,400円、不用額が505万8,483円、予算現額と支出済額との比較が1億5,684万1,883円となっております。  あと387ページをお願いいたします。歳入合計額4億1,292万9,365円、歳出総額3億9,267万8,417円、歳入歳出差引額が2,025万948円、翌年度に繰り越すべき財源といたしまして1,878万3,400円、実質収支額が146万7,548円となっております。  以上が、平成23年度宜野湾都市計画佐真下第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の内容となっております。御審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(呉屋勉君) 日程第9.認定第6号 平成23年度宜野湾市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。福祉保健部長。 ◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) ただいま上程されました認定第6号について御説明申し上げます。決算書の388ページをお開きください。  認定第6号 平成23年度宜野湾市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について。地方自治法第233条第3項の規定により、平成23年度宜野湾市介護保険特別会計歳入歳出決算を、別添監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  それでは、歳入歳出決算の概要について御説明申し上げます。391ページをお開きください。歳入合計の欄をごらんください。調定額が43億9,697万9,581円、収入済額が43億2,496万2,931円、そのうち還付未済額が248万1,225円が含まれております。不納欠損額が1,709万7,000円、これは保険料の時効完成によるものでございます。収入未済額が5,740万875円、これにつきましては保険料の未納によるものでございます。  次に、393ページをお開きください。歳出合計の欄をごらんください。支出済額43億63万5,868円、翌年度繰越額がございません。不用額が2,487万7,132円の主な理由でございますが、保険給付費が見込み額より減少したことによるものでございます。詳しくは後ほど397ページを御参照ください。  次に、420ページをお開きください。実質収支に関する調書でございます。歳入総額が43億2,496万2,931円、歳出総額が43億63万5,868円、歳入歳出差引額が2,432万7,063円でございます。翌年度へ繰り越すべき財源はございません。実質収支額が2,432万7,063円でございます。この金額につきましては、議案第52号 平成24年度宜野湾市介護保険特別会計補正予算(第1号)で繰越金として予算計上してございます。  以上、平成23年度宜野湾市介護保険特別会計歳入歳出決算の概要について御説明申し上げまして、詳細につきましては、398ページからの歳入歳出決算事項別明細書及び監査委員の審査意見書を御参考の上、御審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○議長(呉屋勉君) 日程第10.認定第7号 平成23年度宜野湾市介護老人福祉施設等特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。福祉保健部長。 ◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) ただいま上程されました認定第7号について御説明申し上げます。決算書の421ページをお開きください。
     認定第7号 平成23年度宜野湾市介護老人福祉施設等特別会計歳入歳出決算の認定について御説明申し上げます。地方自治法第233条第3項の規定により、平成23年度宜野湾市介護老人福祉施設等特別会計歳入歳出決算を、別添監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  それでは、歳入歳出決算の概要について御説明申し上げます。423ページをお開きください。歳入合計の欄をごらんください。調定額が3億4,212万6,600円、収入済額が3億4,204万9,968円、不納欠損額はございません。収入未済額が7万6,632円で、平成20年度7月、8月分の施設介護サービス費の自己負担金の収入未済によるものでございます。  次に、424ページをお開きください。支出済額が3億2,816万5,482円、翌年度繰越額がゼロ円でございます。不用額が614万4,518円で、この主な理由は、サービス事業費が見込み額より減少したことによるものでございます。詳しくは428ページを御参照ください。  次に、443ページをお開きください。実質収支に関する調書でございます。歳入総額が3億4,204万9,968円、歳出総額が3億2,816万5,482円、歳入歳出差引額が1,388万4,486円、翌年度へ繰り越すべき財源はございません。実質収支額につきましては1,388万4,486円となっております。平成23年度から、待機入所者の調査のための職員を強化したことから収入の増額になっております。この金額につきましては、今議会の議案第53号 平成24年度宜野湾市介護老人福祉施設等特別会計補正予算(第1号)にて繰越金として計上してございます。  以上、平成23年度宜野湾市介護老人福祉施設等特別会計歳入歳出決算の概要について御説明申し上げます。  なお、詳細につきましては、429ページからの歳入歳出決算事項別明細書及び監査委員の審査意見書を御参考の上、よろしく御審議をお願いしたいと思います。よろしくお願いします。 ○議長(呉屋勉君) 日程第11.認定第8号 平成23年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。福祉保健部長。 ◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) ただいま上程されました認定第8号について御説明申し上げます。決算書の444ページをお願いいたします。  認定第8号 平成23年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について御説明を申し上げます。地方自治法第233条第3項の規定により、平成23年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算を、別添監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。平成24年9月7日提出。宜野湾市長、佐喜眞淳。  それでは、歳入歳出決算の概要について御説明を申し上げます。446ページをお開きください。歳入合計の欄をごらんください。調定額が6億8,831万3,430円、収入済額が6億6,840万7,778円、その中に84万6,913円の還付未済額が含まれております。不納欠損額の225万6,093円の主な理由でございますが、後期高齢者医療保険料の時効完成によるものでございます。  また、収入未済額の1,849万6,472円につきましては、後期高齢者医療保険料の未納によるものでございます。平成23年度の後期高齢者医療保険料の収納率につきましては97.58%で、昨年度より0.38%伸びております。  次に、447ページをお開きください。歳出合計の欄をごらんください。支出済額の6億4,363万8,857円、翌年度繰越額はございません。不用額が2,415万5,143円の主な理由でございますが、後期高齢者医療広域連合納付金が見込み額より減少したことによるものでございます。詳しくは451ページをごらんください。  次に、462ページをお開きください。実質収支に関する調書でございます。歳入総額が6億6,840万7,778円、歳出総額が6億4,363万8,857円、歳入歳出差引額が2,476万8,921円、翌年度へ繰り越すべき財源はございません。実質収支額が2,476万8,921円でございます。この金額につきましては、今議会の議案第54号 平成24年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)において繰越金として計上してございます。  以上、平成23年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の概要について御説明申し上げます。  なお、詳細につきましては、452ページからの歳入歳出決算事項別明細書及び監査委員の審査意見書を御参考の上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(呉屋勉君) 日程第12.議案第62号 平成23年度宜野湾市水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。水道事業管理者。 ◎水道事業管理者(外間伸儀君) では、若干上程の前に、今回、従前は水道事業のほうも決算認定の形で上程されていたかと思います。今回は、議案の形として提案を申し上げております。これにつきましては、多分12月議会で、いろいろ皆さん方議論なされたかと思いますけれども、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関連法律の整備に関する法律というのがありまして、その施行に伴いまして地方公営企業法の一部が改正になりました。その内容は、後で議案を上程後に申し上げますけれども、従前、法定積立金は、その事業管理者のほうで判断しておりましたけれども、この法定積立剰余金が議会の議決を経て積み立てしなさいというようなことになった関係上、今回の決算の形が、この処分のあり方と、そして認定という形になったことから調整しまして、最終的に議案と、決算だけの認定ではございませんよという形の上程のあり方にいたしました。  では、議案第62号 平成23年度宜野湾市水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定について御説明申し上げます。  議案第62号 平成23年度宜野湾市水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定について。地方公営企業法第32条第2項の規定に基づき、平成23年度宜野湾市水道事業会計決算に伴う剰余金を剰余金処分計算書(案)のとおり処分し、併せて同法第30条第4項の規定に基づき、平成23年度宜野湾市水道事業会計決算を監査委員の意見を付けて議会の認定に付する。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  では、決算認定についての内容について御説明申し上げます。お手元にお配りの平成23年度決算書をお開き願いたいと思います。1ページと2ページにつきましては、水道事業の収益的収入及び支出の状況でございます。収入総額が20億3,703万4,891円、事業費用総額が19億242万8,940円となっております。  次に、資本的収入でございますけれども、決算額が、資本的収入が7,509万9,780円、資本的支出が2億5,595万7,969円、差し引き1億8,085万8,189円の不足となっております。これにつきましては、3ページ、4ページの欄外にありますように過年度分の損益勘定留保資金で充当をしております。  次に、損益の状況ですけれども、5ページをお開き願いたいと思います。この中の収益の部が、1番の営業収益、3番の営業外収益、それに5番の特別利益が入ってきたお金です。そして、支払った金が営業費用として2番です。それから、4番の営業外費用、それに特別損失ということで、営業総収益と費用額を差し引いた額の1億2,481万288円が純利益となっております。これに、年度末におきましては、前年度の未処分利益剰余金を合わせまして、1億2,508万8,681円の剰余金となっております。それにつきましては、先ほど御説明申し上げましたように、当該年度の剰余金については議会の議決を経て処分しなさいということになっておりますので、これにつきましては、6ページに剰余金計算書がございまして、8ページのほうに処分内容を載せてあります。  当該年度、平成23年度末、未処分利益剰余金の総額は1億2,508万8,681円でございます。この処分につきましては、減債積立金のほうに700万円、それから建設改良積立金のほうに1億1,800万円、端数のほう8万8,681円を翌年度の繰越利益剰余金として処分をしたいと。これについては、議決内容でございまして、先ほど言いましたように、議案という形で今年度から上程するということになっております。  さらに、決算の審議資料といたしまして、水道事業の概況であるとか工事の内容、あるいは業務会計内容を記した附属資料、さらに平成23年度収益費用明細書、固定資産明細書、企業債明細書、それから34ページから50ページにかけては決算説明資料を添付してございます。  さらに、後ろのほうには、監査委員からの決算審査意見書を添付してございますので、よろしく御審議のほどお願いいたします。 ○議長(呉屋勉君) 暫時休憩いたします。(休憩時刻 午前11時05分) ○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時18分)  休憩前に引き続き会議を進めてまいります。  日程第13.議案第55号 宜野湾市防災会議条例及び宜野湾市災害対策本部条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。総務部長。 ◎総務部長(宮城聡君) それでは、議案書の1ページをお願いしたいと思います。  議案第55号 宜野湾市防災会議条例及び宜野湾市災害対策本部条例の一部を改正する条例について。宜野湾市防災会議条例及び宜野湾市災害対策本部条例の一部を次のように改正したいので、地方自治法第96条第1項の規定により、議会の議決を求める。平成24年9月7日提出。宜野湾市長、佐喜眞淳。  提案理由。災害対策基本法の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、当該条例の一部を改正する必要があるからでございます。  背景といたしまして、当該条例の上位法である災害対策基本法が今回一部改正されております。その内容といたしましては、東日本大震災から得られた教訓を今後に生かし、災害対策の強化を図るため、4項目の課題が課せられております。その中の一つといたしまして、国・地方公共団体の防災会議と災害対策本部の役割の見直しが図られております。  今回の条例改正は、その他の国・地方公共団体の防災会議と災害対策本部の役割の見直しにかかわる部分の改正となっております。  2ページをごらんください。2ページでは、宜野湾市防災会議条例及び宜野湾市災害対策本部条例の一部を改正する条例の内容となっております。条文の整理を行うとともに、上位法である国の災害対策基本法の一部改正に伴う関連する本市の条例部分の改正内容を列記してございます。詳細につきまして、新旧対照表の御説明で行いたいと思いますので、別冊新旧対照表をお願いしたいと思います。  新旧対照表の1ページですけれども、第1条の改正といたしまして、まず現行の宜野湾市防災会議条例第2条所掌事務の第1項本文中の字句を削除し、条文の整理を行っております。  次に、第2条第2号におきましては、防災会議と災害対策本部の役割の見直しを図る趣旨から、防災会議の所掌事務とされている応急対策に係る部分については災害対策本部に一元化し、防災会議については、平時における防災に関する諮問的機関としての機能強化を図るという意図から、それによりまして第2条第2号を市長の諮問に応じて、市の地域に係る防災に関する重要事項を審議することに全部改正しております。  第2条第3号の「前号に規定する重要事項に関し、市長に意見を述べること。」を新設いたしまして、号を追加しております。それに伴いまして、改正前の第2条第3号を第4号に繰り下げるとともに、字句を「第2号」から「第3号」と改めております。  次に、第3条会長及び委員の条項では、第5項本文中の字句を削除し、条文の整理を行っております。新旧対照表の2ページでは、第3条第5項第8号については、地域防災計画の策定等に当たり、多様な主体の意見を反映できるよう、「自主防災組織を構成する者又は学識経験のある者」を号の新設として行い、追加しておるという状況ではございます。それに伴いまして、改正前の第3条第5項第8号を9号に繰り下げ、第3条第6項につきましても、同条第5項の改正に伴いまして、「、第8号及び第9号」に字句を改める内容となっております。  続きまして、新旧対照表の3ページをお願いいたします。3ページでは、宜野湾市災害対策本部条例第1条、目的につきまして、上位法である「災害対策基本法第23条第7項」が、「同法第23条の2第8項」に置きかえられたことによる字句の改めとなっております。  以上が、宜野湾市防災会議条例及び宜野湾市災害対策本部条例の一部を改正する条例の改正内容となっております。御審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(呉屋勉君) 日程第14.議案第56号 宜野湾市企業立地促進条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。市民経済部長。 ◎市民経済部長(宮城豊信君) おはようございます。それでは、議案書の3ページをお開きください。  議案第56号 宜野湾市企業立地促進条例の一部を改正する条例について。宜野湾市企業立地促進条例の一部を次のように改正したいので、地方自治法第96条第1項の規定により、議会の議決を求める。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  提案理由でございますが、沖縄振興特別措置法が改正されることに伴う規定の整備及び字句の整理をするため、当該条例の一部を改正する必要があるためでございます。  宜野湾市企業立地促進条例は、平成10年に制定された沖縄振興特別措置法に基づき、同年に制定しております。本条例は、沖振法で指定される3つの地域、産業高度化地域、情報通信産業振興地域、観光振興地域、この3つの地域内において進出する企業に対し、課税の免除等を行うことで企業誘致を促進し、本市の産業振興に寄与することを目的として制定しております。  今回の条例改正は、沖縄振興特別措置法がことしの4月に改正され、産業の振興の分野において新たな地域制度の創設、拡充が行われたことを受けて行うものであります。  主な改正内容でございますが、まず1点目として、産業高度化地域が産業高度化事業革新促進地域として新たな制度が制定されました。これまでは、大山7丁目を中心とした準工業地域、これは大山、伊佐、大謝名の一部でございますが、この地域指定をされておりましたが、新制度では市内全域が指定地域となりました。また、これまで1,000万円を超えるものの、設備投資固定資産税の減免対象としておりましたけれども、この減免対象が500万円に緩和されております。  次に、2点目として、情報通信産業振興地域は、従来から市内全域が対象地域になっておりまして、指定地域減免要件等に変更はございません。しかしながら、対象業種にインターネット付随サービス業が新たに追加されております。  次に、3点目として、観光振興地域が観光地形成促進地域として新たな制度が制定されました。これまでは本市西海岸地域が対象地域として指定されておりましたけれども、新制度では市内全域が指定地域となっております。減免の対象要件等の変更はございません。  以上が主な改正点になりますけれども、4ページから5ページにかけては改正内容でございますけれども、改正内容につきましては、別冊の新旧対照表の4ページから8ページにかけて現行と改正後案を示しております。  まず、第1条、第2条は、沖縄振興特別措置法の改正に伴い、引用する条、項、号を及び指定地域の名称の改めをしております。それから、第4条、第5条、第6条は、各指定地域における課税免除の規定をしておりまして、制度の適用期間の改正で平成29年3月31日までの5年間としております。  今回の沖振法の改正によりまして、国が沖縄振興基本方針を策定し、県が沖縄振興計画を策定することになりました。これによりまして、適用期間の開始の日を、これまで主務大臣が指定、あるいは同意としていたものを、計画の提出日、指定日に改めております。  また、第4条の産業高度化事業革新促進地域における課税免除ですが、新制度では、税制優遇措置の対象要件として、機械及び装置等に係る最低取得価格が引き下げられ、これまでの1,000万円から500万円に緩和されておりますので、それについての条文を改めております。  以上、御説明申し上げます。御審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(呉屋勉君) 日程第15.議案第57号 宜野湾市火災予防条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。消防長。 ◎消防長(大嶺清光君) おはようございます。ただいま上程されました議案第57号について御説明、提案いたします。議案書の6ページ目をお開きください。  議案第57号 宜野湾市火災予防条例の一部を改正する条例について。宜野湾市火災予防条例の一部を次のように改正したいので、地方自治法第96条第1項の規定により、議会の議決を求める。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  提案理由といたしましては、対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部を改正する省令が公布されたことに伴い、当該条例の一部を改正する必要があるということでございます。  改正箇所は新旧対照表で御説明いたしますので、新旧対照表の9ページ目をお開きください。それでは、改正箇所を御説明いたします。第11条変電設備に、「及び次条に掲げるもの」の字句を追加しております。追加内容は、変電設備の基準から次条、いわゆる、第11条の2の急速充電設備を除く、とうたっております。  次に、第11条の次に1条「急速充電設備の条文第11条の2」を追加しており、追加内容につきましては、まずは急速充電設備を定義し、第1項第1号から第14号まで、対照表9ページから11ページまでは、急速充電設備の位置、構造及び管理に関する事項を加えてあります。第2項については、第11条変電設備の準用規定となっています。  次に、11ページ目をごらんください。現行の段で、第12条の2項3行目の「前条第1項」を、右の改正案では、第12条の2項3行目の「第11条第1項」とする字句の改めでございます。  次に、12ページ目をごらんください。現行の段で、第12条3項3行目の「前条第1項第3号の2」を、右の改正案では、第12条3項3行目の「第11条第1項第3号の2」とする字句の改めでございます。  次に、現行の段で、第12条4項6行目の「前条第1項第7号」を、右の改正案では、第12条4項6行目の「第11条第1項第7号」とする字句の改めでございます。  以上で説明を終わり、御審議のほどをよろしくお願いいたします。 ○議長(呉屋勉君) 日程第16.議案第58号 はごろも小学校屋内運動場新築工事(建築)請負契約についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。総務部長。 ◎総務部長(宮城聡君) それでは、議案書の9ページをお願いいたします。  議案第58号 はごろも小学校屋内運動場新築工事(建築)請負契約について。はごろも小学校屋内運動場新築工事(建築)について、次のように工事請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項の規定により、議会の議決を求める。  契約の目的、はごろも小学校屋内運動場新築工事(建築)。契約の方法、指名競争入札。契約金額、4億805万1,000円。契約の相手方、請負者、前田建設株式会社株式会社島仲建設建設工事共同企業体。代表者、所在地、沖縄県宜野湾市真栄原1丁目9番20号。商号、前田建設株式会社、氏名、代表取締役、仲地政和。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  提案理由。はごろも小学校屋内運動場新築工事(建築)の請負契約の締結については、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を得る必要があるためでございます。  10ページをお願いいたします。10ページから11ページ、12ページ、13ページにかけては、議案第58号の資料といたしまして、10ページに入札者及び入札結果経緯一覧表、11ページが工事請負仮契約書の写し、12ページ、13ページが工事請負契約者(案)となっております。参照の上、御審議をよろしくお願いしたいと思います。 ○議長(呉屋勉君) 日程第17.議案第59号 はごろも小学校校舎・水泳プール・地域学校連携施設新築工事(建築第1工区)請負契約についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。総務部長。 ◎総務部長(宮城聡君) それでは、続きまして議案書の14ページをお願いしたいと思います。  議案第59号 はごろも小学校校舎・水泳プール・地域学校連携施設新築工事(建築第1工区)請負契約について。はごろも小学校校舎・水泳プール・地域学校連携施設新築工事(建築第1工区)について、次のように工事請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項の規定により、議会の議決を求める。  契約の目的、はごろも小学校校舎・水泳プール・地域学校連携施設新築工事(建築第1工区)。契約の方法、指名競争入札。契約金額、11億6,991万円。契約の相手方、請負者、アメリカンエンジニアコーポレイション・株式会社シンセイ建設工事共同企業体。代表者、所在地、沖縄県宜野湾市大山7丁目8番13号。商号アメリカンエンジニアコーポレイション、氏名、代表取締役、リチャード・ジ・ブウドロウ。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  提案理由。はごろも小学校校舎・水泳プール・地域学校連携施設新築工事(建築第1工区)の請負契約の締結については、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を得る必要があるためでございます。  15ページをお願いいたします。15ページ以降は議案第59号の資料となっております。15ページに入札者及び入札結果(経緯)一覧表を添付してございます。  16ページをお願いいたします。16ページには、工事請負仮契約書の写しを添付してございます。  17ページから18ページにかけては、工事請負契約書(案)を添付してございます。御参照の上、御審議をよろしくお願いいたしたいと思います。 ○議長(呉屋勉君) 日程第18.議案第60号 市道の認定についてを議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。建設部次長。 ◎建設部次長(石原昌恵君) それでは、議案書の19ページをお願いいたします。  議案第60号 市道の認定について御説明申し上げます。道路法第8条の規定により、次のとおり市道の路線を認定する。今回4路線ございます。1番目の路線といたしまして、路線番号1046、路線名、野嵩1区10号、起点、終点とも野嵩3丁目、経過地も野嵩3丁目でございます。2番目の路線といたしまして、路線番号18022、路線名が我如古22号、起点、終点とも我如古2丁目で、経過地も我如古2丁目でございます。3番目の路線といたしまして、路線番号18023、路線名が我如古23号、起点、終点とも我如古1丁目で、経過地も我如古1丁目でございます。4番目の路線といたしまして、路線番号18024、路線名が我如古24号、起点、終点とも我如古1丁目で、経過地も我如古1丁目でございます。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  提案理由といたしまして、市道の路線を認定するには、道路法第8条第2項の規定により、議会の議決を得る必要があるということでございます。  それでは、お手元の20ページから23ページの図面を御参照ください。野嵩1区10号、我如古22号、我如古23号の3路線につきましては、民間の開発行為によって設置された開発道路でございます。  20ページの野嵩1区10号は、既存道路、野嵩第一公園進入路を起点に、延長約100メートル、幅員6メートルでございます。  21ページの我如古22号は、市道我如古11号を起点に、延長約91.6メートル、幅員6メートルでございます。  22ページの我如古23号は、市道我如古宜野湾線を起点に、延長約65.3メートル、幅員6メートルでございます。  3路線とも開発道路で、市道認定基準に適合しておりますので、路線の認定を行うものでございます。  我如古24号につきましては、23ページの図面を御参照ください。国道330号我如古交差点改良事業において中央分離帯が設置されることから、我如古1丁目や我如古公民館等への車両の進行が限定されることから、道路利用者の利便性を確保するため、新規補助事業において道路整備を行うものでございます。起点は国道330号中部商業高校前交差点から、終点は市道我如古宜野湾線までの延長約115メートル、幅員5メートルで、国道取りつけ部分につきましては、幅員10メートルを整備する予定であります。  以上の内容をもちまして市道認定を行うものでございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(呉屋勉君) 日程第19.議案第47号 平成24年度宜野湾市一般会計補正予算(第2号)を議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。企画部長。
    ◎企画部長(和田敬悟君) ただいま上程されました議案第47号につきまして御説明をさせていただきます。お手元の別冊補正予算書をごらんになっていただきたいと思います。  議案第47号 平成24年度宜野湾市一般会計補正予算(第2号)。平成24年度宜野湾市の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ9億9,277万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ353億985万4,000円とする。第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。債務負担行為の補正、第2条、債務負担行為の追加及び変更は、「第2表 債務負担行為補正」による。地方債の補正、第3条、地方債の追加及び変更は、「第3表 地方債補正」による。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  歳入歳出予算につきましては、後ほど事項別明細書で御説明をさせていただきます。  まず、6ページお開きいただきたいと思います。第2表、債務負担行為の補正でございます。1の追加、これは新たに設定するものでございますが、4項目ございます。例規集追録及び電子情報作成業務委託料、これは次年度から5年間、改定時期に来てございますので、債務負担行為を設定させていただきたいということでございます。下の3本、宜野湾ベイサイド情報センター、宜野湾マリン支援センター、宜野湾海浜公園、それぞれ指定管理を行うための債務負担行為の設定でございます。  2項目めの変更、これは既に債務負担行為を設定しているものの変更でございます。新設学校給食センター建設事業。これは、建設工事が1年延びたことによりまして債務負担行為を1年延ばすという内容でございます。下の震災等緊急雇用対応事業、これは6月に補正を出しましたIT関連の16名程度の雇用分に係る予算を計上させていただきましたが、これが開始時期が2カ月延びたということと、それから新たに、今度高齢者対策を今回補正で上げてございます。そのための債務負担行為の補正でございます。  第3表、次のページの7ページ、第3表、地方債補正。1項目めの追加、総務債、これは男女共同参画支援センターの整備建設事業ということで、国費の裏負担、地方債分でございます。ちなみにこの事業につきましては、県分の一括交付金を充てるといったような事業になってございます。2項目めの変更でございますが、臨時財政対策債、これ算定結果に伴いまして増額ということになってございます。  それでは、歳入歳出予算の説明をさせていただきます。まず、11ページ、お開きいただきたいと思います。10款1項1目の地方交付税、1億7,443万3,000円の増額でございますが、これは交付税の算定結果に伴うものでございますが、主に社会福祉の単位費用などの増加に伴いまして増額補正をするということでございます。  次の12ページをお開きいただきたいと思います。14款1項1目2節の児童福祉費、児童扶養手当給付費、これは428万6,000円でございますが、父子手当に係る増額分でございまして、約50世帯ぐらいが増加になるという見込みで今回補正を上げてございます。これは、制度の周知徹底によりまして当初予算をはるかに上回る増額となったためで、市内全域で約200名弱だというふうに聞いてございます。  次の13ページ、14款2項2目民生費国庫補助金、母子家庭自立支援給付費、これはひとり親家庭の親御さんに資格を取得させて生活の向上を図るといった内容でございまして、高等技能訓練促進給付費のこれの対象、当初8名ほど計上してございますが、12名、4名増ということで今回補正をさせていただきます。歳出予算といたしましては、36ページ、3款2項1目児童福祉総務費の説明欄03に歳出予算を計上してございます。  14ページ、お開きいただきたいと思います。15款2項1目総務費県補助金、そのうち下の丸の男女共同参画支援センター整備費1億7,055万2,000円でございますが、先ほど少し説明いたしましたが、これは当初、内閣府の交付金事業で計画しておりましたが、全て内閣府の交付金は一括交付金に置きかえられるといったことで、しかもこれはうちの一括交付金ではなくて、中部地区の核施設ということで沖縄県の一括交付金をいただいて整備しようといったことで、予算としては県補助金に入ってございます。  15款2項2目、その下の民生費県補助金でございますが、1節の社会福祉費、障害者自立支援対策臨時特例基金特別対策補助金254万1,000円。これは、当初予算では計上してございませんでした。実は、予算編成時、去年の11月には、県のほうから方針がまだ示されていなかったものでございまして、実は事業としては4月から走っている事業でございまして、この補正の前に、事象については予備費で対応させていただいてございます。これは、10月以降に発生する分として計上している部分でございまして、報酬額につきまして、月額から日額に算定方法が変わるということで、報酬の90%をまず保障して、県が4分の3、市が4分の1負担をするといった内容でございます。歳出予算としましては、35ページ、3款1項8目障害者福祉費、説明欄の04に計上してございます。  それから、15款2項2目2節児童福祉費、上の丸の放課後児童対策事業費440万6,000円。これでございますが、これは沖縄県放課後子どもプラン事業費県補助金要綱の単価の改正がございまして、今回増額ということになってございます。歳出予算といたしましては、歳出予算、38ページの3款2項3目児童厚生施設費、その説明欄04に計上してございます。同じく2節の新すこやか保育事業費1,852万8,000円、これにつきましては県補助率の改定がございました。  それと、県の児童対策特別事業といたしまして3点ほど追加改正がございます。補助対象実施日数、これが従来20日間でございますが、それが24日間ということで4日ふえると。それと、賠償責任保険料の項目の追加がございます。  3点目に、先ほど申しました補助率の変更がございます。この補助率の変更が、県2分の1、市2分の1の補助率から、県が10分の9負担するといった内容でございます。歳出予算としましては、38ページ、3款2項2目児童措置費の説明欄07に計上してございます。  それから、15款2項3目、これは児童の医療費助成事業費145万1,000円の補正でございますが、これも県の補助要綱の改正がございまして、入院の補助金が就学前から中学卒業までと対象年齢が拡大されてございます。それから、所得制限の撤廃がございまして、6歳から15歳までの入院分、これはことしの10月から施行されるという見込みになってございます。歳出予算といたしましては、40ページ、4款1項1目保健衛生総務費、説明欄02に計上してございます。  それから、15款2項4目の震災等緊急雇用対応事業、これは高齢者の能力活用促進事業といたしまして、今回3名分、シルバー人材センターへ派遣するということでございまして、対応期間がことしの12月から来年の11月末までということで、債務負担行為でも少し触れましたが、そういった内容の予算でございます。  あと、次のページの15款3項1目、この経済センサスですが、それぞれの統計調査が実績が出ておりますので、その分の落としということでございます。  それから、次のページの16款1項2目、これは基金利子が発生しておりますので、その利子分の補正でございます。  17款1項1目、17ページでございますが、一般寄附金、これはサンエーさんから80万円、一般個人の方から香典返しとして3万円の寄附、既に納入済みでございまして、サンエーさんからいただいた80万円につきましては、勤労者青少年ホームですか、あそこのテーブルとか椅子の備品を購入するということで歳出補正を組んでございます。  次のページ、18ページの18款1項基金繰入金でございますが、1目の財政調整基金、11目の退職手当基金繰入金、15目の市債管理基金繰入金、これにつきましては、それぞれ当初予算で当て込んでございましたが、今回不用額が出たということで、これを繰り入れるのを少し戻していくということでございます。  14目のDVの防止及び被害者支援対策基金繰入金、72万4,000円の補正がございますが、これは公民館等での出前講座などの経費で、今年度が最終年度となった基金による事業でございます。  19ページ、18款2項特別会計繰入金、7つ項目がございますが、これは各特別会計の決算剰余金が出たため一般会計に繰り入れるという事業でございます。  20ページ、繰越金、これは前年度繰越金でございまして、9億3,060万6,000円ということでございます。  あとは諸収入ですので、22ページです。市債でございますが、1目の総務債につきましては、男女共同参画支援センターの裏負担分の地方債と。  それから、10目の臨時財政対策債につきましては、東日本大震災の被災地への重点配分ということで、地方財政計画ベースでかなり交付税特会が落ち込むと、その補填分をこの地方債で充てるといった内容でございます。算定結果に基づきまして、今回3,021万2,000円増額ということになります。  続きまして、歳出のほうに移らせていただきます。歳出は、各款人件費がかなり組まれてございますが、1月1日時点で予算化する項目でございまして、4月1日の定期人事異動で人事異動がございましたので、その分の整理をしてございます。  24ページをお開きいただきたいと思います。2款1項1目一般管理費の説明欄02、これは小さい数字でございますが、特別職出張事業といたしまして特別旅費を39万2,000円計上してございますが、これは8月10日に、宜野湾市の振興に関する協議会というものが、国・県・市で構成されるメンバーでキックオフできたと。その協議会、宜野湾市から副市長が協議会のメンバーになってございまして、その分、4回分の旅費ということになります。  その下のほうの04行財政改革事業、これは今回行政診断を入れましょうということで計上してございます。  それから、05の上大謝名地区学習等供用施設建設事業254万5,000円計上してございますが、これは国税の事業認定を受けるための事業認定委託料でございます。  06の我如古地区学習等供用施設修繕事業583万8,000円ございますが、これは、去年の台風2号でしたか、台風2号によりまして、我如古の公民館、防水シートの剥離とか雨漏りが生じてございまして、その分、今年度改修していこうということでございます。  それから、同じページの2款1項5目財産管理費、02の管財事務運営事業1,313万8,000円、これは赤道にあります旧闘牛場、そこを整備しまして駐車場をつくりたいといった内容で今回補正をしてございます。  27ページあけていただきまして、2款1項6目、説明欄08真栄原地区まちづくり検討事業589万5,000円計上してございますが、これは旧真栄原新町地区、非常にゴーストタウン化して、ちょっと表現悪いのですが、非常に危険なまちになっている。それを今後、どの区域をどのような手法で、どうやってこのまちをつくっていくかと、いわゆるまちづくりの検討をコンサル委託してやっていきたいという内容でございます。  それから、29ページお開きいただきたいと思います。2款3項1目戸籍住民基本台帳費、説明欄03愛知地区住居表示整備事業、19区の区名が愛知区に変更されまして、唯一、本市で地域として住居表示がされていない地域で、この事業を今年度進めていきたいということでございます。  少し飛びまして、43ページをお開きいただきたいと思います。5款1項2目の説明欄01震災等緊急雇用対応事業と、これは委託料でございますが、先ほどちょっと歳入でも触れましたが、高齢者能力開発事業促進事業としまして、高齢者に対する就労の創出、これをシルバーに委託してやろうということで、3名分、期間としては、ことしの12月から来年の11月末までということでございます。  あと、50ページをお開きいただきたいと思います。8款3項5目、02の海浜公園施設整備事業、493万3,000円計上してございますが、これは海浜公園内の電気配線が、絶縁体が剥離をして放電をしているという箇所が見つかりまして、そこの修繕をしたいという内容でございます。  それから、あと57ページをお開きいただきたいと思います。10款5項3目文化費、説明欄で01無形文化財育成事業。これは、第54回九州地区民俗芸能大会に本市の無形民俗文化財に指定してございます我如古スンサーミー、これをそこでお披露目したいというものの派遣費でございます。  それから、10款5項4目図書館費でございますが、02の図書館施設維持管理事業、これは大きな予算が入ってございますが、1,254万8,000円。このうちの1,207万5,000円につきましては、これは火災のときにガスを噴射して鎮火するというハロンボンベというのがついてございますが、それがもう機能しなくなっているということで、その取りかえ費用と。それと、一部建物の東側、地下におりるところに柵がないということで、その危険箇所を回避するために47万円程度、柵をつくる経費ということでございます。  あと、予備費につきましては、予算調整といたしまして1,006万1,000円計上してございます。  あと、巻末に給与費明細書と地方債に関する調書をつけてございますので、御参照をいただきたいと思います。  以上、説明を終えまして、御審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後0時05分) ○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後0時05分)  午前の会議はこの程度にとどめ、残りは午後2時から行います。暫時休憩いたします。(休憩時刻 午後0時06分) △午後の会議 ○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後2時00分)  午前に引き続き、午後の会議を進めてまいります。  日程第20.議案第48号 平成24年度宜野湾市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。福祉保健部長。 ◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) こんにちはになりましたけれども、進めていきたいと思います。別冊の議案第48号をよろしくお願いいたします。議案第48号 平成24年度宜野湾市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。  第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5億2,003万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ129億6,090万9,000円とする内容でございます。  それでは、予算に関する説明書により、歳入から御説明申し上げます。5ページをお開きください。3款1項2目の療養給付費等負担金7,756万1,000円の減額につきましては、平成24年4月1日施行の国民健康保険法の改正によりまして、国の負担率が34%から32%へ変更されたことが主な理由でございます。  次に、6ページをお開きください。3款2項1目の財政調整交付金1億8,078万6,000円の減額につきましては、主に退職者分の振りかえに伴うものでございます。  次に、7ページの4款1項1目の療養給付費等交付金の2億2,649万4,000円の増額につきましては、現年度及び過年度分において一般から退職者分へ振りかえたことによる交付金の増額分でございます。  次に、8ページお願いいたします。8ページの5款1項1目前期高齢者交付金1,988万5,000円の増額につきましては、社会保険診療報酬支払基金からの今年度確定通知に基づくものでございます。  次に、9ページの6款1項2目県財政調整交付金の1億9,251万6,000円の増額につきましては、国民健康保険法の改正によりまして、国の負担率の減額に対して、県調整交付金の算定対象額が7%から9%へ変更されることに伴うものでございます。  次に、10ページをお開きください。10款1項1目、説明欄のその他一般会計繰入金1億2,957万6,000円の増額につきましては、歳出事業費の伸びによりまして、歳出が歳入を上回る分を一般会計から繰り入れて財源の調整をしてございます。  次に、11ページの11款1項2目その他繰越金2億806万8,000円につきましては、平成23年度決算による余剰額でございます。  次に、歳出について御説明申し上げます。13ページお開きください。1款1項1目の説明欄01一般管理費事業1億9,745万6,000円の増額につきましては、主に下段の一般会計繰出金として、平成23年度決算による余剰額を繰り出すものでございます。  次に、15ページから16ページにつきましては、国庫負担金の2%減額、県普通財政調整交付金の2%の増額、さらに一般から退職者への振りかえによる交付金の増減等、説明欄の事業に対してそれぞれ充当する財源の組み替え額となっております。  次に、17ページから20ページまでにつきましては、社会保険診療報酬支払基金からの今年度確定通知に基づく補正でございます。  次に、22ページをお願いいたします。10款1項3目の説明欄01償還金事業、2億632万8,000円の増額につきましては、平成23年度事業の実績報告によりまして、一般から退職者分へ振りかえたことに伴う返還金でございます。この返還分につきましては、先ほど申し上げました7ページの一般から退職者分へ振りかえたことによります療養給付費等交付金の歳入増額でほとんどが相殺となります。  以上、国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げまして、御審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○議長(呉屋勉君) 日程第21.議案第49号 平成24年度宜野湾市下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。建設部次長。 ◎建設部次長(石原昌恵君) それでは、別冊となっております議案第49号をお願いいたします。議案第49号 平成24年度宜野湾市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。  歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,575万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ16億4,521万8,000円とする内容になっております。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  それでは、歳入歳出補正事項別明細書の5ページをお願いいたします。歳入の5款1項1目の繰越金ですけれども、これにつきましては平成23年度の決算を行った結果、4,575万1,000円の繰越金が生じております。この金額を増額補正するものでございます。  次の6ページをお願いいたします。歳出の1款1項1目の一般管理費で4,881万7,000円の増額補正を行っております。内容ですけれども、説明欄01で職員給与58万4,000円の減額で、人事異動に伴う給与手当負担金の減額でございます。説明欄02の下水道管理運営事業で4,940万1,000円の増額。これは、消費税及び地方消費税の前年度決算の確定によるもので、365万5,000円と一般会計繰出金4,575万1,000円の合計でございます。  次に、2目の維持管理費で244万9,000円の減額補正でございます。内容ですけれども、雨水ポンプ施設の修繕費の417万6,000円の増額と、維持管理委託料については国道330号我如古交差点改良事業に伴うもので、汚水管布設工事が次年度以降になったため662万5,000円の減額で、その差し引きでございます。  次に、7ページをお願いします。2款1項1目の下水道事業費ですが、156万1,000円の増額補正となっております。内容は、説明欄01の人事異動に伴う給与手当の増額でございます。  8ページをお願いいたします。3款1項1目の元金は財源組み替えを行っております。2目の利子ですが、内容は説明欄01公債利子償還事業217万8,000円の減額補正となっております。これは、償還利子率が平成23年度建設事業費及び県建設負担金の額の確定に伴い、当初予算見込みより下がったための減額でございます。  以上が、下水道事業補正予算(第1号)の主な内容でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(呉屋勉君) 日程第22.議案第50号 平成24年度宜野湾都市計画宇地泊第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。建設部次長。 ◎建設部次長(石原昌恵君) それでは、別冊となっております議案第50号をお願いいたします。議案第50号 平成24年度宜野湾都市計画宇地泊第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。  歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ484万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億9,351万5,000円とする内容となっております。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  それでは、歳入歳出予算補正事項別明細書の5ページをお願いいたします。歳入の5款1項1目の一般会計繰入金ですけれども、職員の定期人事異動に伴う増額で43万4,000円でございます。  次の6ページをお願いいたします。6款1項1目の繰越金ですけれども、これは平成23年度の決算を行った結果、441万4,000円の繰越金が生じており、この金額を増額するものでございます。  それから、次の7ページをお願いします。歳出の1款1項1目総務管理費で、484万8,000円の増額補正でございます。説明欄の01のほうですが、事務運営費といたしまして94万7,000円の増額で、定期人事異動による職員手当43万4,000円と、平成23年度決算に伴う繰越剰余金で、一般会計繰出金51万3,000円との合計になります。02基金積立事業390万1,000円は、基金及び保留地処分金の剰余金となっております。  以上が、宇地泊第二土地区画整理事業の補正予算(第1号)の主な内容でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後2時14分) ○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後2時14分)  日程第23.議案第51号 平成24年度宜野湾都市計画佐真下第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。建設部次長。 ◎建設部次長(石原昌恵君) それでは、別冊となっております議案第51号をお願いいたします。議案第51号 平成24年度宜野湾都市計画佐真下第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。  歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ160万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5億3,901万円とする内容となっております。平成24年9月7日提出、宜野湾市長、佐喜眞淳。  それでは、歳入歳出予算補正事項別明細書の5ページをお願いいたします。歳入の4款1項1目の一般会計繰入金ですけれども、職員の定期人事異動に伴う職員手当で、13万4,000円の増額でございます。  次の6ページをお願いします。5款1項1目の繰越金ですけれども、これは平成23年度の決算を行った結果、146万8,000円の繰越金が生じており、この金額を増額補正するものでございます。  歳出のほうですが、7ページをお願いいたしします。1款1項1目総務管理費で、160万2,000円の増額補正でございます。説明欄01ですが、事務運営費として149万9,000円の増額で、定期人事異動による職員手当13万4,000円と、平成23年度決算に伴う繰越剰余金で、一般会計繰出金136万5,000円との合計でございます。説明欄02のほうで、基金積立金のほうに10万3,000円増額するものでございます。これは基金剰余金でございます。  以上が、佐真下第二土地区画整理事業の補正予算(第1号)の主な内容でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(呉屋勉君) 日程第24.議案第52号 平成24年度宜野湾市介護保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。福祉保健部長。 ◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) 議案第52号 平成24年度宜野湾市介護保険特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。  第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,373万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ46億6,598万円とする内容となっております。  それでは、予算に関する説明書により御説明を申し上げます。まず、歳入について御説明申し上げます。6ページから11ページまでの国庫支出金、支払基金交付金、繰入金等の介護給付費負担金や地域支援事業交付金につきましては、保険給付費及び地域支援事業費歳出の増額に伴う各ルール分の歳入補正でございますので、個別の説明は省かせていただきます。  それでは、13ページをお開きください。10款1項1目繰越金2,432万7,000円の増額につきましては、平成23年度決算に伴う余剰額の繰り越し分でございます。  次に、歳出について御説明申し上げます。14ページをお開きください。1款1項1目、説明欄の01一般管理費事業413万8,000円の増額につきましては、平成24年度職員人事異動に伴いまして、人件費の増額分でございます。  次に、15ページをお願いいたします。2款2項2目01介護予防福祉用具購入事業64万9,000円の増額補正につきましては、福祉用具購入のニーズが増加しているためでございます。  次に、17ページをお願いいたします。3款1項1目01介護予防事業の68万円の増額につきましては、2次予防事業への継続対象者の増加に伴いまして、筋力向上トレーニング教室をふやしたいと考えております。  次に、18ページをお願いいたします。5款1項1目01介護給付費準備基金積立事業の1,607万6,000円の増額につきましては、平成23年度決算に伴いまして、精算の一部を基金に積み立てるものでございます。
     次に、19ページをお願いいたします。7款1項2目01の償還金事業824万6,000円の増額につきましては、平成23年度決算に係る国庫支出金、支払基金、県支出金への返還金として計上してございます。  最後に、20ページをお開きください。7款2項1目01の一般会計繰出事業393万5,000円の増額補正につきましては、平成23年度の決算に係る介護給付費等の精算に伴う市負担分の返還、また総務費に係る一般会計繰入金の精算に伴う返還が生じましたことから、一般会計繰出金として計上してございます。  以上、平成24年度宜野湾市介護保険特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げまして、皆様の御審議をよろしくお願い申し上げます。 ○議長(呉屋勉君) 日程第25.議案第53号 平成24年度宜野湾市介護老人福祉施設等特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。福祉保健部長。 ◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) 議案第53号 平成24年度宜野湾市介護老人福祉施設等特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。  第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,431万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億6,964万3,000円とする内容でございます。  それでは、予算に関する説明書により御説明を申し上げます。まず、歳入から御説明申し上げます。5ページをお開きください。歳入の3款1項1目の一般会計繰入金43万5,000円の増額につきましては、福寿園本体の施設修繕等に係る費用につきまして、一般会計から繰り入れて対応するものでございます。  次に、6ページをお願いいたします。4款1項1目繰越金1,388万4,000円の増額につきましては、平成23年度決算による余剰額の繰り越し分でございます。  次に、歳出について御説明申し上げます。7ページをごらんください。1款1項1目説明欄の01一般管理費事業の一般会計繰出金1,388万4,000円の増額につきましては、平成23年度決算による余剰額でございます。次に、02の福寿園、デイサービス施設維持管理事業の修繕費43万5,000円の増額につきましては、福寿園本体施設の空調設備等の修繕が主な内容でございます。  以上の御説明を申し上げまして、あとは御審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○議長(呉屋勉君) 日程第26.議案第54号 平成24年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。  本件に対する理事者の提案趣旨説明を求めます。福祉保健部長。 ◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) 議案第54号 平成24年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。  第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,612万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6億8,730万2,000円とする内容でございます。  それでは、予算に関する説明書により御説明を申し上げます。まず、歳入から御説明申し上げます。6ページをお開きください。4款1項1目の繰越金2,476万8,000円の増額につきましては、平成23年度の決算に伴う余剰額でございます。  次の7ページの5款2項1目保険料特別還付金90万2,000円と2目の還付加算金の15万4,000円の増額につきましては、保険料の減額更正によるものでございます。この金額につきましては、後期高齢者医療広域連合からの交付予定でございます。  次に、8ページをお願いいたします。次に、歳出について御説明申し上げます。1款2項1目の説明欄01徴収事業135万7,000円につきましては、督促状の送付のための通信運搬費並びにコンビニ収納取扱手数料等の増額によるものでございます。さらに、後期高齢者医療保険料特別還付補てん金につきましては、保険料の減額更正によるものでございます。  9ページお願いいたします。2款1項1目の01後期高齢者医療広域連合納付金事業2,004万7,000円の増額につきましては、後期高齢者保険料の前年度出納整理機関で徴収をいたしました保険料で、広域連合へ負担金として納付するための計上でございます。  次に、10ページお願いいたします。3款2項1目の01一般会計繰出事業472万1,000円につきましては、平成23年度の決算に伴う精算の一部を一般会計繰出金として計上するものでございます。  以上、平成24年度宜野湾市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について御説明を申し上げまして、御審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○議長(呉屋勉君) 以上をもちまして本日の全日程が終了いたしましたので、本日の会議を閉議いたします。なお、次の本会議は9月11日午前10時から会議を開きます。本日はこれにて散会いたします。御苦労さまでございました。(散会時刻 午後2時28分)...