ツイート シェア
  1. 那覇市議会 2019-09-02
    令和 01年(2019年) 9月定例会-09月02日-01号


    取得元: 那覇市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-12-17
    令和 01年(2019年) 9月定例会-09月02日-01号令和 元年 9月定例会             令和元年(2019年)9月那覇市議会定例会                   議事日程 第1号              令和元年9月2日(月)午前10時開議 第1 会議録署名議員の指名 第2 会期の決定 第3 議席の一部変更 第4 意見書案第12号 水源地等の有機フッ素化合物の対策に関する意見書                    (粟國 彰 議会運営委員会委員長 提出) 第5 議案第 75号 那覇市教育委員会の委員の任命について    議案第 76号 那覇市固定資産評価審査委員会の委員の選任について    議案第 77号 那覇市会計年度任用職員給与等に関する条例制定について    議案第 78号 会計年度任用職員制度の導入に伴う関係条例の整備等に関する条例制定について    議案第 79号 那覇市職員勤務時間休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例制定について    議案第 80号 那覇市市制100周年記念事業基金条例制定について    議案第 81号 那覇市附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例制定について    議案第 82号 那覇市ふるさとづくり寄附金条例の一部を改正する条例制定について    議案第 83号 那覇市手数料条例の一部を改正する条例制定について
       議案第 84号 那覇市共同利用施設条例の一部を改正する条例制定について    議案第 85号 那覇市銘苅駐車場条例制定について    議案第 86号 那覇市森林環境譲与税基金条例制定について    議案第 87号 那覇市伝統工芸館条例の一部を改正する条例制定について    議案第 88号 那覇市廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例の一部を改正する条例制定について    議案第 89号 那覇市水道給水条例の一部を改正する条例制定について    議案第 90号 令和元年度那覇市一般会計補正予算(第5号)    議案第 91号 令和元年度那覇市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)    議案第 92号 令和元年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)    議案第 93号 令和元年度那覇市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)    議案第 94号 令和元年度那覇市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)    議案第 95号 平成30年度那覇市水道事業会計利益の処分及び決算の認定について    議案第 96号 平成30年度那覇市下水道事業会計利益の処分及び決算の認定について    議案第 97号 財産の取得について(災害備蓄品(食糧品))    議案第 98号 財産の取得について(災害備蓄品(資機材))    議案第 99号 公有水面埋立免許願書に関する意見について    議案第100号 公有水面埋立承認願書に関する意見について    議案第101号 工事請負契約について(若狭市営住宅4号棟耐震改修工事)    諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて                ~~~~~~~~~~~~                会 議 に 付 し た 事 件 〇議事日程に同じ                ~~~~~~~~~~~~ 〇出席議員(39人)  1番  永 山 盛太郎 議員  2番  翁 長 雄 治 議員  3番  久 高 友 弘 議員  4番  上 原 安 夫 議員  5番  上 原 仙 子 議員  6番  坂 井 浩 二 議員  7番  中 村 圭 介 議員  8番  前 泊 美 紀 議員  9番  當 間 安 則 議員  10番  新 崎 進 也 議員  11番  上 原 快 佐 議員  12番  下 地 敏 男 議員  13番  多和田 栄 子 議員  14番  西中間 久 枝 議員  15番  古 堅 茂 治 議員  16番  湧 川 朝 渉 議員  17番  我如古 一 郎 議員  18番  前 田 千 尋 議員  19番  宮 里   昇 議員  20番  野 原 嘉 孝 議員  21番  大 城 幼 子 議員  22番  奥 間 綾 乃 議員  23番  小波津   潮 議員  24番  大 嶺 亮 二 議員  25番  吉 嶺   努 議員  26番  新 垣 淑 豊 議員  27番  清 水 磨 男 議員  28番  金 城 眞 徳 議員  29番  平 良 識 子 議員  30番  宮 平 のり子 議員  31番  32番  桑 江   豊 議員  33番  糸 数 昌 洋 議員  34番  喜舎場 盛 三 議員  35番  大 浜 安 史 議員  36番  上 里 直 司 議員  37番  仲 松   寛 議員  38番  大 山 孝 夫 議員  39番  奥 間   亮 議員  40番  粟 國   彰 議員 ──────────────────── 〇欠席議員(1人)  翁 長 俊 英 議員 ──────────────────── 〇説明のため出席した者の職、氏名  城 間 幹 子  市長  久 高 將 光  副市長  知 念   覚  副市長  渡 口 勇 人  政策統括調整監  屋比久 猛 義  総務部長  仲 本 達 彦  企画財務部長  比 嘉 世 顕  市民文化部長  名嘉元   裕  経済観光部長  玉 寄 隆 雄  環境部長  宮 城 寿満子  福祉部長  長 嶺 達 也  健康部長  末 吉 正 幸  こどもみらい部長  玉 城 義 彦  都市みらい部長  城 間   悟  まちなみ共創部長  上 原 はつみ  会計管理者  島 袋 弘 樹  消防局長総務部参事監  上 地 英 之  上下水道事業管理者  金 城 康 也  上下水道部長  田 端 一 正  教育長  山 内   健  生涯学習部長  奥 間 朝 順  学校教育部長 ──────────────────── 〇職務のため出席した事務局職員の職、氏名  小 嶺   理  局長  長 嶺   勝  次長  當 間 順 子  議事管理課長  根路銘 安 彦  副参事  山 田 裕 之  主幹  仲宗根   健  主幹  高江洲 康 之  主査  喜屋武 太 一  主査
     又 吉 明 子  調査法制課長  徳 永 周 作  主幹  中 本 順 也  主幹  宮 城 勝 哉  主幹  山 城 泰 志  主査  兼 島   理  主任主事            (午前10時1分 開会) ○久高友弘 議長   ただいまから、令和元年(2019年)9月那覇市議会定例会を開会いたします。 ○久高友弘 議長   それでは、定例会の開会に際しまして、城間幹子市長のご挨拶をお願いいたします。 ◎城間幹子 市長   ハイタイ、グスーヨー チューウガナビラ(皆さん、こんにちは)。  令和元年(2019年)9月那覇市議会定例会を開会するにあたりしまして、ご挨拶を申し上げます。  初めに、議員の皆様方には、平素から市政運営に対しまして、格別の御理解とご協力をいただいておりますことに深く感謝を申し上げます。  さて、本定例会におきましては、那覇市会計年度任用職員制度の導入に伴う関係条例の整備等に関する条例制定を初めとする、31件の案件を提出いたしております。  議案等の提案理由につきましては、各主管部長から説明をさせていただきます。  なお、平成30年度決算等を追加議案として後日提出させていただく予定でございます。  議員各位のご審議をお願い申し上げまして、開会にあたりましてのご挨拶とさせていただきます。  イッペー ニフェーデービル(どうもありがとうございます。 ○久高友弘 議長   これより、本日の会議を開きます。 ○久高友弘 議長   ここで、皆様に申し上げます。  去る8月27日から28日にかけて、九州北部を襲った記録的な豪雨により、これまでに4人の方が亡くなられ、また、福岡県佐賀県を中心に、広い範囲で河川の氾濫や床上浸水、土砂崩れなどが発生し、人的・物的な被害が多数出ている状況にあります。  ここに、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。  また、被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。 ○久高友弘 議長   諸般の報告を行います。  まず、市長から、本定例会に付議する議案等の送付並びに同説明員の委任及び嘱託通知がありましたので、タブレット端末へ配信いたしました。  次に、粟國彰議会運営委員会委員長から、水源地等の有機フッ素化合物の対策に関する意見書案が提出されておりましたので、写しは、お手元に配付しておきました。  いずれも、後刻、議題といたします。  次に、那覇市議会基本条例第18条第4項「議長は会派に属さない」の規定により、私、久高友弘は、去る8月19日付けで、自民党会派からの脱会届を提出いたしましたことをご報告いたします。  次に、会派への加入についてでありますが、去る8月19日付けで、公明党会派代表から、翁長俊英議員会派加入届出書が提出されております。  したがいまして、現在、各会派の構成員は、それぞれ、ニライ9人、日本共産党7人、公明党7人、自民党6人、なは立志会4人、維新・無所属の会2人、無所属の会2人、なはのみらい2人、となっております。  なお、会派の構成員数の変更に伴う、議席の一部変更をお手元に配布しておきましたので、後刻、議題といたします。  次に、私、久高友弘は、去る8月22日に開催されました第170回沖縄県議会議長会定期総会において、沖縄県議会議長会会長に選任されましたので、ご報告いたします。  次に、去る8月27日に教育委員会教育長から議長へ教育事務点検評価報告書(平成30年度事業)の手交がありました。  また、令和元年度市政概要を作成しましたので、それぞれタブレット端末へ配信いたしました。  以上で、諸般の報告を終わります。 ○久高友弘 議長   日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、議長において、上原安夫議員、上原仙子議員を指名いたします。 ○久高友弘 議長   日程第2、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。  本定例会会期は、本日から10月4日までの33日間といたしたいと思います。  これに、ご異議ありませんか。     (「異議なし」と言う者あり) ○久高友弘 議長   ご異議なしと認めます。  よって、会期は、本日から10月4日までの33日間と決定いたしました。  なお、会期中の会議予定につきましては、お手元に配付いたしました会期日程表のとおりであります。 ○久高友弘 議長   次に、休会の日について、お諮りいたします。  9月3日から5日までは議案研究、9月18日、20日、24日、26日、27日及び10月2日は委員会、9月19日、30日、10月1日及び3日は事務整理により、本会議休会といたしたいと思います。  これに、ご異議ありませんか。     (「異議なし」と言う者あり) ○久高友弘 議長   ご異議なしと認めます。  よって、さよう休会とすることに決しました。 ○久高友弘 議長   日程第3、議席の一部変更を議題といたします。  会派の構成員数の変更に伴い、会議規則第4条第3項の規定により、議席の一部変更をいたします。 ○久高友弘 議長   お諮りいたします。  お手元に配付の案のとおり、議席の一部を変更することに、ご異議ありませんか。     (「異議なし」と言う者あり) ○久高友弘 議長   ご異議なしと認めます。  よって、議席はお手元に配付の案のとおり変更することに決しました。 ○久高友弘 議長   それでは、ただいま決定いたしました議席にそれぞれ着席を願います。  休憩いたします。            (午前10時9分 休憩)            (午前10時9分 再開) ○久高友弘 議長   再開いたします。  日程第4、意見書案第12号、水源地等の有機フッ素化合物の対策に関する意見書を議題といたします。  提出者の説明を求めます。  粟國彰議会運営委員会委員長。 ◎粟國彰 議会運営委員会委員長   ただいま議題となりました、意見書案第12号、水源地等の有機フッ素化合物の対策に関する意見書について、提案理由をご説明申し上げます。  水道水は、市民生活にとって欠かすことのできないものであるが、沖縄県企業局の北谷浄水場の取水源から高濃度の有機フッ素化合物が検出されていることから、議会運営委員会では、市民・県民の生命安全、生活環境を守る立場から、有機フッ素化合物が及ぼす健康影響を明らかにし、早急に環境基準値や水道水質基準値等の設定、汚染原因の究明、過去も含めた汚染処理費用の補償を国に対し強く求める必要があるとの意見の一致をみましたので、ここに意見書案を提出した次第であります。  それでは、意見書の案文を朗読いたします。  水源地等の有機フッ素化合物の対策に関する意見書。  沖縄県企業局の北谷浄水場の取水源である比謝川・長田川・嘉手納井戸群等の原水から高濃度の有機フッ素化合物・PFOS、PFOA、PFHxS等が検出されている。  沖縄県などの調査結果によると、基地の排水が流入する下流側の濃度が高いこと、PFOSを含む泡消火剤を過去に米軍が使用していたことなどから、近接する米軍の嘉手納基地、普天間基地がその汚染源である可能性が高いものと推測されている。  有機フッ素化合物については、毒性及び人体への影響を踏まえ、米国では米国環境保護庁により飲料水の生涯健康勧告値が設定されているが、日本ではその水質基準値等は定められていない。  PFOS及びPFOAは「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約」で国際的にも原則として製造、使用等が禁止され、PFHxS等も規制に向けた議論がされている。  また、ドイツイギリスなどにおいても目標値等が設定されている。  沖縄県企業局は、北谷浄水場の水質管理の目標値を米国勧告値と同じ70ナノグラム/リットル以下とし、今後も定期的に水質管理及びPFOS等の吸着効果がある粒状活性炭などによる浄水処理を行っていくことと、その結果、北谷浄水場のPFOS及びPFOA濃度の合計値は平均30ナノグラム/リットル程度であり、安全なレベルに低減されているとの見解を示している。  しかしながら、PFOS、PFOA等の有機フッ素化合物は難分解性で、その汚染は長期間に及ぶことが指摘されていることから市民・県民の懸念は払拭されていない。  したがって、市民生命健康にかかわる汚染原因を究明、特定しての対策や有機フッ素化合物に係る基準値等の設定などの実施が緊急に求められている。  このことは、国・県・市町村・米軍が連携して、最優先して取り組むべき重要課題である。  よって、本市議会は、水道水が市民・県民の生活にとって欠かすことのできない極めて重要なインフラであることに鑑み、生命安全及び生活環境を守る立場から、下記の事項が速やかに実現されるよう強く要請する。  1.PFOS等に関する健康影響を明らかにし、早急に公共水域・土壌などの環境基準値及び水道水質基準値等を設定すること。
     2.PFOS等に係る汚染原因の究明のための調査を早急に実施し、調査結果に基づく適切な対策を行うこと。  3.「在日米軍施設・区域環境調査委託業務」の調査項目にPFOS等を追加した上で、米軍基地への立入調査を行い、その結果を米軍基地における過去のPFOS等の使用状況も含めて公表し、汚染が確認された場合は適切な措置を講じること。  4.沖縄県や関係市町村が実施する調査、粒状活性炭処理を初めPFOS等対策に係る費用を負担すること。  また、過去のPFOS等対策に要した費用を補償すること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  令和元年(2019年)9月2日・那覇市議会。  あて先は、内閣総理大臣外務大臣厚生労働大臣環境大臣防衛大臣沖縄及び北方対策担当大臣となっております。  議員各位のご賛同を、よろしくお願いいたします。 ○久高友弘 議長   これより質疑に入ります。      (「なし」と言う者あり) ○久高友弘 議長   これにて質疑を終結いたします。 ○久高友弘 議長   これより討論に入ります。      (「なし」と言う者あり) ○久高友弘 議長   これにて討論を終結いたします。 ○久高友弘 議長   これより、意見書案第12号、水源地等の有機フッ素化合物の対策に関する意見書について、採決いたします。  ただいまの意見書案第12号は、原案のとおり決することに、ご異議ありませんか。     (「異議なし」と言う者あり) ○久高友弘 議長   ご異議なしと認めます。  よって、意見書案第12号は、原案のとおり可決されました。 ○久高友弘 議長   日程第5、議案第75号、那覇市教育委員会の委員の任命についてから、諮問第2号、人権擁委員候補者の推薦につき意見を求めることについてまでの28件の事件を、一括して議題といたします。 ○久高友弘 議長   順次、提案者の説明を求めます。  屋比久猛義総務部長。 ◎屋比久猛義 総務部長   ハイサイ、議案第75号、那覇市教育委員会の委員の任命について、提案理由をご説明申し上げます。  令和元年10月4日付けで、本市教育委員会委員の本仲範男氏が任期満了になることに伴い、その後任について、慎重に人選を進めましたところ、同氏を再任することが最適であると思料いたしますので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき議会の同意を得るため、この案を提出いたします。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第76号、那覇市固定資産評価審査委員会の委員の選任について、提案理由をご説明申し上げます。  令和元年10月27日付けで、本市固定資産評価審査委員会委員の竹内優志氏が任期満了することに伴い、その後任について慎重に人選をすすめましたところ、同氏を再任することが最適であると思料いたしますので、地方税法第423条第3項の規定に基づき議会の同意を得るため、この案を提出いたします。よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第77号、那覇市会計年度任用職員の給与等に関する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴い会計年度任用職員の給与等について必要な事項を定めるため、那覇市会計年度任用職員の給与等に関する条例を制定するものであります。  条例案の概要といたしましては、これまで任用していた臨時・非常勤職員の任用について、任用根拠の明確化・適正化を図り、新たに創設される会計年度任用職員制度に移行するものであります。  この会計年度任用職員は、改正法により「一会計年度を超えない範囲内で置かれる非常勤の職」と定義されており、勤務時間に応じてフルタイムとパートタイムの2つの類型が設けられております。本案は、当該2類型の職についての給与等に関する規定を整備するものであります。  具体的には、フルタイム会計年度任用職員については、給料のほか、諸手当が、パートタイム会計年度任用職員については、報酬及び費用弁償のほか、新たに期末手当が支給されることとなります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第78号、会計年度任用職員制度の導入に伴う関係条例の整備等に関する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴い会計年度任用職員等に係る規定を整備する必要があることから、関係する条例のうち8つを一括して改正するものでございます。  条例案の概要としましては、那覇市報酬及び費用弁償等に関する条例那覇市職員退職手当支給条例外国地方公共団体機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例那覇市公益法人等への職員の派遣等に関する条例及び那覇市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例について、各条例会計年度任用職員制度に係る規定の整備を行います。  また、那覇市下水道局企業職員の給与の種類及び基準を定める条例那覇市職員の給与に関する条例及び那覇市現業職員の給与の種類及び基準を定める条例について、会計年度任用職員の給与等の支給に関し規定するため、改正を行うものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第79号、那覇市職員の勤務時間休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、人事院規則の改正にあわせ職員に対する時間外命令勤務の上限時間を設定するとともに、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴い会計年度任用職員等に関する規定を整備するため、条例を改正するものです。  条例案の概要としましては、国家公務員の超過勤務命令の上限時間を定めた人事院規則の改正に伴い、地方公務員法第24条第4項の均衡の原則から、本市職員についても時間外勤務命令の上限時間に係る必要な事項を定めるとともに、これまでの臨時・非常勤職員の制度から、新たに創設される会計年度任用職員制度への移行に伴い、会計年度任用職員の勤務時間休日及び休暇について必要な事項を規定するため、改正を行うものでございます。よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   仲本達彦企画財務部長。 ◎仲本達彦 企画財務部長   議案第80号、那覇市市制100周年記念事業基金条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本市は、令和3年(2021年)5月20日に市制施行100周年を迎えるに際し、「時代をつなぐ」「世代をつなぐ」「心をつなぐ」の3つの「つなぐ」をキーワードとした基本方針に基づき、那覇市市制100周年記念事業を実施してまいります。  本案は、当該記念事業を実施するにあたり、寄附金や協賛金など幅広く資金を募り、これを積み立てるための那覇市市制100周年記念事業基金を設置するため、那覇市市制100周年記念事業基金条例を制定するものでございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第81号、那覇市附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  地方版総合戦略を策定するよう努めるものとされた、まち・ひと・しごと創生法により、本市においては、平成28年3月に、今年度を終期とする「那覇市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。  今般、令和元年6月21日に閣議決定された、まち・ひと・しごと創生基本方針2019において、地方においても切れ目ない取り組みを進めるため、次期地方版総合戦略の策定を進める必要があるとされたところでございます。  本案は、本市の次期総合戦略の策定等に関し、必要な事項を審議する附属機関として、有識者で構成する那覇市まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会を設置するものでございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第82号、那覇市ふるさとづくり寄附金条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本市は、令和3年(2021年)5月20日に市制施行100周年を迎えるに際し、「時代をつなぐ」「世代をつなぐ」「心をつなぐ」の3つの「つなぐ」をキーワードとした基本方針に基づき、那覇市市制100周年記念事業を実施してまいります。  当該記念事業を実施するにあたりましては、その基本構想において、寄附金や協賛金など幅広く事業資金を募ることとしており、本案は、那覇市ふるさとづくり寄附金条例に基づく寄附金について、那覇市市制100周年記念事業の財源として指定することを可能とするため、同条例の一部を改正する条例を制定するものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   比嘉世顕市民文化部長。 ◎比嘉世顕 市民文化部長   ハイサイ、議案第83号、那覇市手数料条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案による改正としましては、一つ目に、「住民基本台帳法」の一部改正に伴い新設された、住民票及び戸籍の附票に係る除票の写し等の交付について、手数料の規定を明文化するものであります。  二つ目に、「建築物エネルギー消費性能の向上に関する法律」の一部改正に伴い、複数の建築物に係るエネルギー消費性能向上計画の認定申請が可能となることから、所要の規定を整備するものでございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第84号、那覇市共同利用施設条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、(仮称)大嶺コミュニティセンターの建設に伴い、那覇市共同利用施設である那覇市大嶺自治会館を廃止するため、那覇市共同利用施設条例の一部を改正するものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   名嘉元裕経済観光部長。 ◎名嘉元裕 経済観光部長   ハイサイ。議案第85号、那覇銘苅駐車場条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、本年度に完成予定のナハメカルパーキング、隣接するなは市民協働プラザ地下駐車場及び那覇市IT創造館一般駐車場を一体的に、効率かつ効果的に管理運営し、供用時間や駐車料金等、駐車場の管理運営に関する必要な事項を定めるため、新たな条例を制定する必要があることから、この案を提出するものです。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第86号、那覇市森林環境譲与税基金条例の制定について、提案理由をご説明申し上げます。  「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」が平成31年に施行されたことにより、本市に譲与される森林環境譲与税を同法に定める木材の利用、森林の整備の促進等に要する費用の財源に充てることを目的とした基金を設置するものでございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第87号、那覇市伝統工芸館条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、那覇市伝統工芸館の休館日及び利用時間に係る規定を整備するものであります。  改正の内容としましては、まず、休館日について、これまで1月1日及び12月31日のみであったものを、一部施設を除き、12月29日から翌年1月3日まで及び週1日で規則で定める日といたします。  次に、利用時間について、施設ごとの利用実態等に鑑み、条例で定める時間の範囲内で規則で定めるものとして、施設保守保全や展示物の入れかえ等の時間を確保するとともに、運営の効率化を図るものでございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   玉寄隆雄環境部長。 ◎玉寄隆雄 環境部長   議案第88号、那覇市廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、本市が収集する一般廃棄物のうち、燃やすごみの処理に係る指定ごみ袋に「取っ手付きごみ袋」の種類を拡充し、大及び小の規格手数料を設定するため、那覇市廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例の一部を改正するものであります。よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   金城康也上下水道部長。 ◎金城康也 上下水道部長   議案第89号、那覇市水道給水条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、水道法の一部改正により指定給水装置工事事業者の指定に係る更新制が導入されたことに伴い、当該更新に係る手数料を定め、併せて字句の整理を行うものであります。
     主な改正内容につきましては、現行の指定給水装置工事事業者制度は、指定の有効期間が設けられていないため、事業者の廃止や休止などの実態が反映されづらく、無届工事や不良工事も生じております。  そのため、指定給水装置工事事業者の資質が継続して保持されるよう、水道法の一部改正により、5年ごとの更新制が導入されることとなりました。これを踏まえ、那覇市水道給水条例第30条において、当該更新に係る手数料を定めることとするものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   仲本達彦企画財務部長。 ◎仲本達彦 企画財務部長   議案第90号、令和元年度那覇市一般会計補正予算(第5号)について、提案理由をご説明申し上げます。  今回の補正は、前年度決算剰余金の処分、普通交付税及び臨時財政対策債発行可能額の確定、既定の予算に追加その他の変更を加える必要が生じたことにより、歳入歳出予算をそれぞれ42億5,463万1,000円増額補正するものであります。  これにより、補正後の一般会計予算額は、歳入歳出それぞれ1,518億9,344万9,000円となります。  まず、歳入予算の概要をご説明申し上げます。  第11款地方交付税は、17億2,167万1,000円の増額補正で、普通交付税の増額によるものでございます。  第15款国庫支出金は、3億6,035万1,000円の増額補正で、児童扶養手当負担金等の増額によるものであります。  第16款県支出金は、6,276万7,000円の増額補正で、子育てのための施設等利用給付交付金等の増額等によるものであります。  第20款繰越金は、22億3,227万6,000円の増額補正で、平成30年度決算に伴う剰余金によるものであります。  第22款市債は、9億8,820万円の増額補正で、臨時財政対策債等の増額によるものであります。  次に歳出予算の概要をご説明申し上げます。  第2款総務費は、32億4,043万9,000円の増額補正で、財政調整基金積立金等の増額等によるものであります。  第3款民生費は、8億6,894万4,000円の増額補正で、施設等利用給付費(特定子ども・子育て支援施設)等の増額によるものであります。  第7款商工費は、6,064万7,000円の増額補正で、なは産業支援センター機能強化事業(駐車場整備)等の増額によるものであります。  第10款教育費は、1,704万8,000円の増額補正で、学校パソコン整備事業等の増額によるものであります。  そのほか、繰越明許費については第2表、債務負担行為については第3表、地方債については第4表のとおりでございます。  以上が、議案第90号、令和元年度那覇市一般会計補正予算(第5号)の概要でございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   長嶺達也健康部長。 ◎長嶺達也 健康部長   ハイサイ。議案第91号、令和元年度那覇市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について、提案理由をご説明申し上げます。  今回の補正は、歳入歳出ともに229万7,000円増額し、補正後の歳入歳出予算の総額を、それぞれ390億4,595万7,000円とするものでございます。  まず、歳入予算の主なものについてご説明いたします。  第7款繰越金は、2億9,241万9,000円の増額で、平成30年度決算に基づく剰余金の繰り越しによるものでございます。  第8款諸収入は、2億9,012万2,000円の減額で、今回の歳入歳出予算の補正に対応する必要があるため、歳入欠かん補填収入において減額を行うものでございます。  次に、歳出予算の主なものについてご説明いたします。  第9款諸支出金は、229万7,000円の増額となってございます。これは平成30年度分の一般会計から繰り入れしたものを精算した結果、過大となった繰入金を一般会計へ返還するものでございます。  以上が、議案第91号令和元年度那覇市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)の概要でございます。よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   宮城寿満子福祉部長。 ◎宮城寿満子 福祉部長   ハイタイ。議案第92号、令和元年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由をご説明申し上げます。  今回の補正は、前年度決算剰余金の処分、決算に伴う国県等への償還などにより補正の必要が生じましたので、歳入歳出予算をそれぞれ9億5,837万6,000円増額するものであります。  補正後の歳入歳出予算額は、それぞれ281億2,660万3,000円となります。  それでは、歳入予算の主なものをご説明申し上げます。  第8款繰越金は9億235万2,000円の増額補正で、平成30年度の決算に伴う剰余金であります。  次に、歳出予算の主なものをご説明申し上げます。  第1款総務費は2,287万7,000円の増額補正で、主に福祉空間整備事業費及び地域医療介護施設整備等助成事業の増によるものであります。  第4款基金積立金は5億8,459万1,000円の増額補正で、平成30年度の決算剰余金を介護給付費等準備基金に積み立てることによるものであります。  第6款諸支出金は3億5,090万8,000円の増額補正で、平成30年度の決算に伴う国県等への償還金及び一般会計への繰出金であります。  以上が、議案第92号、令和元年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)の概要であります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   長嶺達也健康部長。 ◎長嶺達也 健康部長   議案第93号、令和元年度那覇市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について、提案理由をご説明申し上げます。  今回の補正は、歳入歳出ともに2,350万5,000円を増額し、補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ34億2,059万6,000円とするものでございます。  まず、歳入予算についてご説明いたします。  第4款繰越金は、2,350万5,000円の増額で、平成30年度後期高齢者医療特別会計決算に基づく剰余金の繰越によるものでございます。  次に、歳出予算についてご説明いたします。  第2款後期高齢者医療広域連合納付金は、2,200万5,000円の増額で、平成30年度に徴収した保険料等を過年度分として、沖縄県後期高齢者医療広域連合へ負担金として支出するものでございます。  第3款繰出金は、150万円の増額で、平成30年度後期高齢者医療特別会計決算の結果、事務費等の剰余金を一般会計へ繰り出すものでございます。  以上が、議案第93号、令和元年度那覇市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の概要でございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   末吉正幸こどもみらい部長。 ◎末吉正幸 こどもみらい部長   ハイサイ、議案第94号、令和元年度那覇市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由をご説明申し上げます。  今回の補正は、歳入歳出予算をそれぞれ3,706万5,000円減額し、補正後の予算総額を1億4,122万8,000円とするものであります。  初めに、歳入予算の概要をご説明申し上げます。  第1款繰入金は、2,959万5,000円の減額補正で、事務費繰入金の増額分と貸付実績を考慮した貸付金繰入金の減額分の差額を補正するものでございます。  第3款繰越金は、5,253万円の増額で、平成30年度決算剰余金を繰り入れるためのものであります。  第4款市債は、6,000万円の減額で、貸付実績を考慮した補正であります。  次に、歳出予算の概要をご説明申し上げます。  第1款民生費は、3,706万5,000円の減額補正で、貸付実績を考慮した貸付金の減額分と未収金回収業務委託料などに充てるための増額分の差額を補正するものであります。  以上が、令和元年度那覇市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)の概要であります。よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   金城康也上下水道部長。 ◎金城康也 上下水道部長   議案第95号、平成30年度那覇市水道事業会計利益の処分及び決算の認定について、ご説明申し上げます。  初めに、利益の処分については、平成30年度那覇市水道事業剰余金処分計算書(案)のとおり、未処分利益剰余金のうち10億3,306万7,625円を建設改良積立金へ積み立てるものであります。  次に、決算について、平成30年度那覇市水道事業決算報告書のとおり、収益的収支における水道事業収益の決算額は82億9,435万6,805円、水道事業費用の決算額は71億9,414万8,595円となっており、純利益は税抜きで10億3,306万7,625円となっております。  資本的収支における資本収入決算額は3億863万円、資本的支出の決算額は14億7,084万1,692円となっており、資本収入額が資本的支出額に不足する額は、建設改良積立金等で補てんしております。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第96号、平成30年度那覇市下水道事業会計利益の処分及び決算の認定について、ご説明申し上げます。  初めに、利益の処分については、平成30年度那覇市下水道事業剰余金処分計算書(案)のとおり、未処分利益剰余金のうち4億9,023万6,001円を減債積立金に積み立てるものであります。  次に、決算について、平成30年度那覇市下水道事業決算報告書のとおり、収益的収支における下水道事業収益の決算額は54億6,406万4,098円、下水道事業費用の決算額は49億3,947万9,175円となっており、純利益は税抜きで4億9,023万6,001円となっております。  また、資本的収支における資本収入決算額は13億5,220万7,433円、資本的支出の決算額は23億2,908万3,452円となっており、資本収入額が資本的支出額に不足する額は、減債積立金等で補てんしております。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   屋比久猛義総務部長。 ◎屋比久猛義 総務部長   議案第97号、財産の取得について、災害備蓄品(食糧品)の提案理由をご説明申し上げます。  この案は、議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条に規定する予定価格3,000万円以上の動産を取得するため、提出するものでございます。  今回の災害備蓄品(食糧品)の購入については、国の「沖縄観光防災力強化支援事業費補助金」を活用し、飲料水、レトルト食品・パン、ミルクなどを整備するものでございます。  この契約につきましては、令和元年8月8日に7者応札による制限付一般競争入札を実施した結果、契約金額5,459万4,000円でアースウイング株式会社と令和元年8月9日付けで仮契約締結いたしましたので、議会議決をもって本契約となるものでございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第98号、財産の取得について、災害備蓄品(資機材)の提案理由をご説明申し上げます。  この案は、議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条に規定する予定価格3,000万円以上の動産を取得するため、提出するものでございます。  今回の災害備蓄品(資機材)の購入については、国の「沖縄観光防災力強化支援事業費補助金」を活用し、毛布、自動ラップ式トイレ、紙オムツなどを整備するものでございます。  この契約につきましては、令和元年8月8日に7者応札による制限付一般競争入札を実施した結果、契約金額5,885万円出アースウイング株式会社と令和元年8月9日付けで仮契約締結いたしましたので、議会議決をもって本契約となるものでございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   玉城義彦都市みらい部長
    ◎玉城義彦 都市みらい部長   議案第99号、公有水面埋立免許願書に関する意見について、提案理由をご説明申し上げます。  那覇港港湾管理者から、令和元年7月12日那覇港管理組合諮問第1号により、那覇港(新港ふ頭地区)の公有水面埋立について意見が求められています。  公有水面埋立免許願書に関する意見については、公有水面埋立法第3条第1項の規定及び港湾法第58条第2項により、那覇港港湾管理者は、埋立区域に係る市町村長である那覇市長の意見を求めることとなっております。  那覇市長の意見については、公有水面埋立法第3条第4項の規定により市議会議決を経て行うことから、この案を提案するものであります。  今回の埋立計画は、那覇港(新港ふ頭地区)において、第2クルーズバースの岸壁背後のふ頭用地を那覇港管理組合が整備するものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第100号、公有水面埋立承認願書に関する意見について、提案理由をご説明申し上げます。  那覇港港湾管理者から、令和元年7月12日那覇港管理組合諮問第2号により、那覇港(新港ふ頭地区)の公有水面埋立について意見が求められています。  公有水面埋立承認願書に関する意見については、公有水面埋立法第3条第1項の規定及び港湾法第58条第2項により、那覇港港湾管理者は、埋立区域に係る市町村長である那覇市長の意見を求めることとなっております。  那覇市長の意見については、公有水面埋立法第3条第4項の規定により市議会議決を経て行うことから、この案を提案するものであります。  今回の埋立計画は、那覇港(新港ふ頭地区)において、第2クルーズバースの岸壁及びふ頭用地を内閣府沖縄総合事務局が整備するものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   城間悟まちなみ共創部長。 ◎城間悟 まちなみ共創部長   ハイサイ。議案第101号、工事請負契約について、提案理由をご説明申し上げます。  この案は、若狭市営住宅4号棟耐震改修工事工事請負契約であります。  工事内容は、若狭市営住宅4号棟の安全性向上を図るために耐震改修工事を施工するものであります。  構造は鉄骨鉄筋コンクリート造で、延べ床面積2,597㎡、地上10階建の規模となっております。  工事請負契約といたしましては、令和元年7月26日開札の制限付一般競争入札の結果、請負金額1億5,361万5,000円で、株式会社平川建設代表取締役平川公市が落札し、令和元年8月13日付けで仮契約締結いたしました。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   比嘉世顕市民文化部長。 ◎比嘉世顕 市民文化部長   諮問第2号、人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて、諮問理由をご説明申し上げます。  本市の人権擁護委員19人の委員中、令和元年12月31日に任期満了を迎えます委員が3人おりますが、1人が再任を辞退したため別紙のとおり再任者2人の方が適任と思料されますので、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、候補者を推薦するにあたり、議会の意見を求めるため、本案を諮問いたします。  よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。 ○久高友弘 議長   以上で、提案理由の説明は終わりました。 ○久高友弘 議長   諸般の報告を行います。  監査委員から、水道事業会計下水道事業会計及び一般会計特別会計の令和元年度7月分の例月現金出納検査結果についての報告書の提出が、また、8月30日付けで、市長から地方自治法第243条の3第2項に基づき、地方独立行政法人那覇市病院決算に係る平成30年度の財務諸表及び令和元年度の年度計画の提出がありましたので、それぞれ、タブレット端末へ配信いたしました。 ○久高友弘 議長   次に、代表質問の発言通告書の提出期限についてでございますが、まず、9月6日・金曜日に割り当てられた、ニライ、日本共産党の発言通告書の提出期限につきましては、9月3日・火曜日でございます。  また、9月9日・来週月曜日に割り当てられた、公明党、自民党、なは立志会、なはのみらい、維新・無所属の会無所属の会の発言通告書の提出期限につきましては、9月4日・水曜日でございます。  いずれも、午後2時までに提出をお願いいたします。 ○久高友弘 議長   最後に申し上げます。  9月10日・火曜日から行われる一般質問の発言順位の抽選を、この後に開催されます全員協議会の終了後、事務局において行いますので、ご協力をお願いいたします。  これで諸般の報告を終わります。 ○久高友弘 議長   以上で本日の日程は、すべて終了いたしました。 ○久高友弘 議長   次回は、9月6日・金曜日、午前10時に本会議を開き、代表質問を行います。  休憩いたします。            (午前10時58分 休憩)            (午前10時59分 再開) ○久高友弘 議長   再開いたします。 ○久高友弘 議長   本日は、これにて散会いたします。            (午前10時59分 散会) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  上記のとおり会議録を調製し、署名する。   令和元年(2019年)9月2日     議  長  久 高 友 弘     署名議員  上 原 安 夫     署名議員  上 原 仙 子...