那覇市議会 > 2018-12-03 >
平成 30年(2018年)12月定例会-12月03日-目次
平成 30年(2018年)12月定例会-12月03日-01号

ツイート シェア
  1. 那覇市議会 2018-12-03
    平成 30年(2018年)12月定例会-12月03日-01号


    取得元: 那覇市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-11
    平成 30年(2018年)12月定例会-12月03日-01号平成30年12月定例会  平成30年(2018年)12月那覇市議会定例会                  議事日程 第1号              平成30年12月3日(月)午前10時開議 第1 会議録署名議員の指名 第2 会期の決定 第3 議案第115号 那覇市指定介護サービス事業者の指定に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について    議案第116号 那覇市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について    議案第117号 那覇市介護医療院の人員、施設及び設備並びに運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について    議案第118号 那覇市養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について    議案第119号 那覇市こども発達支援センター条例制定について    議案第120号 那覇市立幼稚園を幼保連携型認定こども園に移行するための那覇市立学校設置条例等の一部を改正する等の条例制定について    議案第121号 那覇市緑化センター条例の一部を改正する条例制定について    議案第122号 那覇市営住宅条例の一部を改正する条例制定について    議案第123号 那覇市火災予防条例の一部を改正する条例制定について    議案第124号 那覇市消防手数料条例の一部を改正する条例制定について    議案第125号 平成30年度那覇市一般会計補正予算(第5号)
       議案第126号 平成30年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)    議案第127号 平成30年度那覇市水道事業会計補正予算(第1号)    議案第128号 平成30年度那覇市下水道事業会計補正予算(第1号)    議案第129号 工事請負契約について(那覇市新文化芸術発信拠点施設建設工事(舞台照明))    議案第130号 工事請負契約について(那覇市新文化芸術発信拠点施設建設工事(舞台音響))    議案第131号 那覇市パレット市民劇場及び那覇市民ギャラリーにおける指定管理者の指定について    議案第132号 那覇市ぶんかテンブス館の指定管理者の指定について    議案第133号 那覇市・南風原町環境施設組合規約の変更について    議案第134号 那覇市総合福祉センターの指定管理者の指定について    議案第135号 那覇市末吉老人福祉センターの指定管理者の指定について    議案第136号 那覇市壺川老人福祉センターの指定管理者の指定について    議案第137号 那覇市辻老人憩の家の指定管理者の指定について    議案第138号 那覇市障がい者福祉センターの指定管理者の指定について    議案第139号 那覇市久場川児童館の指定管理者の指定について    議案第140号 那覇市大名児童館の指定管理者の指定について    議案第141号 那覇市小禄児童館及び老人福祉センターの指定管理者の指定について    議案第142号 那覇市識名児童館及び老人福祉センターの指定管理者の指定について    議案第143号 那覇市緑化センターの指定管理者の指定について    議案第144号 那覇市立森の家みんみんの指定管理者の指定について    議案第145号 那覇市営奥武山体育施設の指定管理者の指定について    議案第146号 工事請負契約について(神原中学校校舎改築工事(建築))    議案第147号 平成30年度那覇市一般会計補正予算(第6号)                ~~~~~~~~~~~~                会 議 に 付 し た 事 件 〇議事日程に同じ                ~~~~~~~~~~~~ 〇出席議員(40人)  1番  永 山 盛太郎 議員  2番  翁 長 雄 治 議員  3番  翁 長 俊 英 議員  4番  上 原 安 夫 議員  5番  上 原 仙 子 議員  6番  坂 井 浩 二 議員  7番  中 村 圭 介 議員  8番  前 泊 美 紀 議員  9番  當 間 安 則 議員  10番  新 崎 進 也 議員  11番  上 原 快 佐 議員  12番  下 地 敏 男 議員  13番  多和田 栄 子 議員  14番  西中間 久 枝 議員  15番  古 堅 茂 治 議員  16番  湧 川 朝 渉 議員  17番  我如古 一 郎 議員  18番  前 田 千 尋 議員  19番  宮 里   昇 議員  20番  野 原 嘉 孝 議員  21番  大 城 幼 子 議員  22番  奥 間 綾 乃 議員  23番  小波津   潮 議員  24番  大 嶺 亮 二 議員  25番  吉 嶺   努 議員  26番  新 垣 淑 豊 議員  27番  清 水 磨 男 議員  28番  金 城 眞 徳 議員  29番  平 良 識 子 議員  30番  宮 平 のり子 議員  31番  喜舎場 盛 三 議員  32番  桑 江   豊 議員  33番  糸 数 昌 洋 議員  34番  大 浜 安 史 議員  35番  上 里 直 司 議員  36番  仲 松   寛 議員  37番  大 山 孝 夫 議員  38番  奥 間   亮 議員  39番  粟 國   彰 議員  40番  久 高 友 弘 議員 ──────────────────── 〇欠席議員(0人) ──────────────────── 〇説明のため出席した者の職、氏名  城 間 幹 子  市長  久 高 將 光  副市長  知 念   覚  副市長  上 地 英 之  政策統括調整監  渡 口 勇 人  総務部長  仲 本 達 彦  企画財務部長  徳 盛   仁  市民文化部長  名嘉元   裕  経済観光部長  玉 寄 隆 雄  環境部長  長 嶺 達 也  福祉部長  新 里 博 一  健康部長  末 吉 正 幸  こどもみらい部長  玉 城 義 彦  都市みらい部長  城 間   悟  まちなみ共創部長  上 原 はつみ  会計管理者  島 袋 弘 樹  消防局長兼総務部参事監  兼 次 俊 正  上下水道事業管理者  金 城 康 也  上下水道部長  田 端 一 正  教育長  屋比久 猛 義  生涯学習部長  奥 間 朝 順  学校教育部長 ──────────────────── 〇職務のため出席した事務局職員の職、氏名  小 嶺   理  局長  長 嶺   勝  次長  當 間 順 子  議事管理課長  根路銘 安 彦  副参事  山 田 裕 之  主幹  仲宗根   健  主幹
     玉 城 紀 子  主査  喜屋武 太 一  主査  又 吉 明 子  調査法制課長  宮 城 勝 哉  主幹  中 本 順 也  主幹  山 城 泰 志  主査  高江洲 康 之  主査  兼 島   理  主事            (午前10時1分 開会) ○翁長俊英 議長   ただいまから、平成30年(2018年)12月那覇市議会定例会を開会いたします。 ○翁長俊英 議長   それでは、定例会の開会に際しまして、城間幹子市長のご挨拶をお願いいたします。 ◎城間幹子 市長   ハイタイ グスーヨー チューウガナビラ(皆さん、こんにちは)。平成30年(2018年)12月那覇市議会定例会の開会に当たりまして、私の市政運営に関する思いと基本的な考え方について申し述べまして、議員各位並びに市民の皆様方のご理解とご協力を賜りたいと存じます。  「やさしく、温かく、こまやかに、心をひらく、未来をひらく」これが私の信念でございます。  そしてその中には、「人材こそ全てに共通する財産」であるという強い思いを込めてございます。  この思いの源は、私が三十年余にわたる教職の経験や、組織の長として人とのかかわりという経験の蓄積により培われたものでございます。  今から220年前の第15代琉球国王・尚温も、四方を海に囲まれた小さな島国では人材育成が肝要だということ、そういう思いを「海邦養秀」という言葉で表しております。  このたびの公約でも、本市の未来を担う人材である子どもたちのため、子ども・子育て支援政策、待機児童の解消・子どもの貧困対策を市政運営の柱として、主要政策を掲げました。  特に、子どもとのかかわりは、次代を担う人材育成の出発点であり、これをなくして県都・那覇の発展はあり得ません。  また、いにしえの時代より受け継がれてきた伝統文化を継承・発信し、未来へつなぐとともに、市民の暮らしの向上推進、さらに本市の発展を支える企業や産業を支援する経済振興政策を「稼ぐ力」を高める視点をもって取り組んでまいります。  そして私は市長就任当初から、那覇市が沖縄県のフロントランナーとなる上で大切にしなければならないのは、県都として備えた「求心力」であると申し上げてまいりました。  求心力があるところに人が集まり、そこで人々が交差し、文化・伝統が育まれ、産業が生まれる。その求心力という財産をより大きなものにするには、人を引き付ける魅力を、那覇市内の地域、地域につくり上げていく。そしてそこに活気が生まれ、その集合体が那覇らしい活力となって沖縄県をけん引していく、そう信じております。  今年度からスタートした第5次那覇市総合計画に掲げたまちづくりの将来像「なはで暮らし、働き、育てよう 笑顔広がる元気なまちNAHA~みんなでつなごう市民力~」の実現に向け、情熱と覚悟を持って全力で取り組んでいく、そして32万市民の選択に責任を果たし、いつまでも那覇に住み続けたいと市民に思っていただける「風格ある県都」をつくり上げていく決意でございます。  輝かしい那覇市の発展につながる全ての政策を実現へと導き、本市の未来を拓いていくためにも、市民の皆様、そして市民の皆様から負託を受けられた那覇市議会の皆様のご理解、ご協力を賜りながら、一層力を合わせて政策を力強く推進してまいりたい、そう強く願っております。  ユタサルグトゥ ウニゲーサビラ(どうぞよろしくお願いいたします)。  さて、本議会に上程しております諸議案の提案理由につきましては、各主管部長から説明をさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、開会の挨拶といたします。  平成30年12月3日。那覇市長 城間幹子。  イッペー ニフェーデービル(ありがとうございます)。 ○翁長俊英 議長   これより、本日の会議を開きます。 ○翁長俊英 議長   この際、諸般の報告を行います。  まず、市長から、本定例会に付議する議案等の送付並びに同説明員の委任及び嘱託通知がありましたので、タブレット端末へ配信をいたしました。  本件につきましては、後刻、議題といたします。  次に本会議で一括採決を行うことにつきましては、去る11月27日の議会運営委員会において協議をした結果、各常任委員会の審査で意見の一致をみた案件については、一括採決を行うこととし、意見が分かれる場合には、従来どおり日程を分け採決を行うこと。  また、一括採決について、1人でも異議が出た場合には、従来どおり採決を分けて行うこととし、今12月定例会から取り入れることに決定しましたので、お知らせいたします。  以上で、諸般の報告を終わります。 ○翁長俊英 議長   日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、議長において、多和田栄子議員、西中間久枝議員を指名いたします。 ○翁長俊英 議長   日程第2、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。  本定例会の会期は、本日から12月26日までの24日間といたしたいと思います。  これに、ご異議ございませんか。     (「異議なし」と言う者あり) ○翁長俊英 議長   ご異議なしと認めます。  よって、会期は、本日から12月26日までの24日間と決定いたしました。  なお、会期中の会議予定につきましては、お手元に配付いたしました会期日程表のとおりでございます。 ○翁長俊英 議長   次に、休会の日についてお諮りいたします。  12月4日から6日までは議案研究、12月18日及び21日は委員会、12月19日、20日及び25日は事務整理により、本会議を休会といたしたいと思います。  これに、ご異議ございませんか。     (「異議なし」と言う者あり) ○翁長俊英 議長   ご異議なしと認めます。  よって、さよう休会とすることに決しました。 ○翁長俊英 議長   日程第3、議案第115号、那覇市指定介護サービス事業者の指定に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定についてから、議案第147号、平成30年度那覇市一般会計補正予算(第6号)までの33件の事件を、一括して議題といたします。 ○翁長俊英 議長   順次、提案者の説明を求めます。  長嶺達也福祉部長。 ◎長嶺達也 福祉部長   ハイサイ、グスーヨー チューウガナビラ。議案第115号、那覇市指定介護サービス事業者の指定に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本市の指定介護サービス事業者の指定に関する基準については、介護保険法施行規則に基づいて条例を定めておりますが、同規則の一部改正にて地域密着型サービスにおける看護小規模多機能型居宅介護の申請者にかかる資格要件の拡大が行われました。  これまで申請者は法人に限られておりましたが、同規則において医療法上の許可を受けた診療所の開設者を含めるものとされたところでございます。  背景としましては、在宅医療の充実が求められていることを踏まえ、医療ニーズの高い方々への支援にかかるサービス供給量を増やす観点から、地域の利用者と顔の見える関係をつくる診療所について参入を進めるように基準が緩和されたところでございます。介護と医療の連携を行える施策を推進するに当たり、所要の改正を行うものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第116号、那覇市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本市の指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準については、厚生労働省令に準じて条例を定めておりますが、介護事業所におけるさらなる人材確保の必要性を踏まえ、同省令の改正において訪問介護員資格の履修研修課程に生活援助従事者研修が創設されました。  しかしながら、家事手伝いを中心とする生活援助従事者研修のみでは、地域密着型サービスにおける定期巡回・随時対応型訪問介護看護及び夜間対応型訪問介護の提供時において、身体介護に係る支援を十分に行えない可能性があるため、省令改正においては、同サービスに限り、介護職員初任者研修課程を修了したものに限るとされました。 本市条例においても所要の整備を行い、あわせて字句の整備を行うものでございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  議案第117号、那覇市介護医療院の人員、施設及び設備並びに運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  介護医療院は、介護保険法に基づく施設となっておりますが、医療法上での医療提供施設として投薬や注射・検査等の医療行為が提供され、その報酬は介護報酬から支払われております。  ただし、病院や診療所といった医療法上での医療機関という位置づけではないため、直接医療法を適用せず介護医療院に係る厚生労働省令で医療法を読み替えて適用しております。  本市の介護医療院の人員、施設及び設備並びに運営に関する基準については、厚生労働省令に準じて条例を定めておりますが、医療法等の改正に伴い同省令の読み替え規定も改正されため、本市条例についても所要の整備を行うものでございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  議案第118号、那覇市養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について、提案理由を申し上げます。  本案は、厚生労働省令である養護老人ホームの設備及び運営に関する基準の一部改正に伴い、那覇市養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正するものであります。  主な改正点は、サテライト型養護老人ホームを設置することができる本体施設として養護老人ホームを追加し及びサテライト型養護老人ホームにおける主任生活相談員等の配置基準を常勤換算方法で1人以上とし、あわせて関係規定の整備を行うものでございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   末吉正幸こどもみらい部長。 ◎末吉正幸 こどもみらい部長   ハイサイ。議案第119号、那覇市こども発達支援センター条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  平成24年の児童福祉法改正において、障がいのある児童が身近な地域で適切な支援が受けられるよう施設体系が一元化され、児童発達支援は主に障がいのある児童を対象に適切な支援を提供することとされ、そのための地域の中核的な児童福祉施設として、主に未就学児を対象とした児童発達支援センターが位置づけられました。  このような法改正の趣旨及び支援を要する児童が近年増加傾向にある状況に鑑み、既存の療育センターを児童福祉法に基づく児童発達支援センターへ移行することとし、名称を「那覇市こども発達支援センター」へ変更いたします。  また、平成29年に厚生労働省が策定した児童発達支援ガイドラインに基づき、保育所などの児童福祉施設を利用する発達支援児及び発達の気になる子を対象とした地域支援を、事業の骨格の一つとして明記するなどの変更をいたします。  そのため、現在の那覇市療育センター条例の全部を改正し、所要の規定を整備するため、この案を提出するものです。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第120号、那覇市立幼稚園を幼保連携型認定こども園に移行するための那覇市立学校設置条例等の一部を改正する等の条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、平成31年4月1日より、現在の那覇市立幼稚園14園全てを幼保連携型認定こども園に移行するため、これらの幼稚園を廃止するとともに、那覇市立幼保連携型認定こども園として新たに8園を設置し、あわせて那覇市立幼稚園保育料等条例の廃止等、関係する条例の規定の整備等を行うものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。
    ○翁長俊英 議長   玉城義彦都市みらい部長。 ◎玉城義彦 都市みらい部長   ハイサイ。議案第121号、那覇市緑化センター条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、利用料金を見直すため、那覇市緑化センター条例の一部を改正するものであります。  具体的な内容といたしましては、「受益者負担の適正化(使用料の見直し)に関する指針」に基づき、公平な受益者負担という観点から、営利目的で利用する場合の利用料金の区分を新たに設けるものであります。  また、緑化センターの利用実績及び収支計算書から利用料金を算定し、1時間当たりの上限額の改正を行うものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   城間悟まちなみ共創部長。 ◎城間悟 まちなみ共創部長   ハイサイ。議案第122号、那覇市営住宅条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  平成29年4月26日に公布された「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」に基づく公営住宅法の一部改正に伴い、公営住宅に入居する認知症患者等の収入申告義務が緩和されたことにより、市が官公署の書類の閲覧等により把握する収入状況に基づき家賃が決定できることとする等、所要の規定を整備し、あわせて字句の整理を行うため、この案を提案するものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   島袋弘樹消防局長兼総務部参事監。 ◎島袋弘樹 消防局長兼総務部参事監   ハイサイ。議案第123号、那覇市火災予防条例の一部を改正する条例制定について提案理由をご説明申し上げます。  本案の具体的な改正内容としましては、消防用設備等の設置基準のうち、自動火災報知設備や誘導灯に非常用分電盤を設けるとする規定について、近年の配電盤の性能や施工技術の向上により必要な電源が確保されることから、当該規定を削除いたします。  次に、避難口誘導灯について、避難口を容易に見通し、かつ、識別できる防火対象物では消防法施行規則の定めに準じて誘導灯の設置を要さない場合であっても、災害時に避難が困難となるおそれのある防火対象物には設置を必要とする旨の規定について、防火対象物の他の設備等の性能向上や防火管理体制の向上が図られている現状に鑑み、当該規定を削除いたします。  また、通路誘導灯の等級規格に係る規定について、機器の性能向上により必要な照度が確保できていることから、当該規定を削除いたします。  よろしくご審査くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第124号、那覇市消防手数料条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案の改正内容としましては、那覇市火災予防条例第56条に基づき、防火管理業務等の受託者が、防火教育担当者及び防災教育担当者を選任するに当たり必要となる、防火・防災教育担当者講習についての手数料の区分を新たに規定し、あわせて字句の整理を行うものであります。  よろしくご審査くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   仲本達彦企画財務部長。 ◎仲本達彦 企画財務部長   議案第125号、平成30年度那覇市一般会計補正予算(第5号)について、提案理由をご説明申し上げます。  今回の補正は、既定の予算に追加その他の変更を加える必要が生じましたので、歳入歳出予算をそれぞれ13億2,714万2,000円増額補正するものであります。  補正後の一般会計予算額は、歳入歳出それぞれ1,516億1,633万2,000円となります。  まず主な歳入予算の概要をご説明申し上げます。  第14款国庫支出金は、9,533万3,000円の増額補正で、ブロック塀・冷房設備対応臨時特例交付金の増額等によるものです。  第15款県支出金は、3,375万7,000円の減額補正で、沖縄振興特別推進交付金の減額等によるものです。  第19款繰越金は、10億4,944万3,000円の増額補正で、平成29年度決算に伴う剰余金であります。  第21款市債は、1億8,020万円の増額補正で、学校教育施設債の増額等によるものです。  次に主な歳出予算の概要をご説明申し上げます。  第2款総務費は、8億4,830万8,000円の増額補正で、税額更正特別事業(陸自・空自用地)の増額等によるものです。  第6款農林水産業費は、1,734万7,000円の増額補正で、那覇空港南側船揚場整備事業の増額等によるものです。  第9款消防費は、7,512万9,000円の増額補正で、職員給与費の増額等によるものです。  第10款教育費は、3億686万4,000円の増額補正で、小学校施設、中学校施設及び認定こども園等のブロック塀対策事業等の増額等によるものです。  そのほか、繰越明許費については第2表、債務負担行為につきましては第3表、地方債につきましては第4表のとおりでございます。  以上が議案第125号、平成30年度那覇市一般会計補正予算(第5号)の概要でございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   長嶺達也福祉部長。 ◎長嶺達也 福祉部長   議案第126号、平成30年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由をご説明申し上げます。  今回の補正は、職員の人事異動や財産処分に係る返還金、還付加算金の増など当初予算編成後の新たな状況の変更により補正の必要が生じましたので、歳入歳出予算をそれぞれ2,047万9,000円増額するものであります。  補正後の歳入歳出予算額は、それぞれ269億4,281万5,000円となります。  初めに歳入予算の主なものをご説明申し上げます。  第1款介護保険料は402万5,000円の増額補正で、主に第1号被保険者保険料還付金の増額によるものであります。  第7款繰入金は937万3,000円の増額補正で、職員給与費の増によるものであります。  第9款諸収入は501万4,000円の増額補正で、補助金により取得した財産を処分制限期間内に処分した団体からの返還金によるものであります。  次に、歳出予算の主なものをご説明申し上げます。  第1款総務費は1,128万9,000円の増額補正で、職員給与費及び福祉空間整備事業の増によるものであります。  第6款諸支出金は919万円の増額補正で、第1号被保険者保険料還付金の増額及び財産処分に伴う国への補助金返還金であります。  以上が、議案第126号、平成30年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)の概要であります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   金城康也上下水道部長。 ◎金城康也 上下水道部長   議案第127号、平成30年度那覇市水道事業会計補正予算(第1号)について、提案理由をご説明申し上げます。  今回の補正は、厚生労働省が新たに公表した「重要給水施設管路の耐震化計画策定の手引き」において、震災時の給水が特に必要な医療機関、避難所等の重要給水施設に供給する管路の耐震化について規定されたことから、那覇市水道施設更新(耐震化)基本計画の改定を行う必要があり、債務負担行為を追加するものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして議案第128号、平成30年度那覇市下水道事業会計補正予算(第1号)について、提案理由をご説明申し上げます。  今回の補正は、台風などの影響により、維持管理業務の予算に不足が見込まれるため、下水道事業収益及び下水道事業費用それぞれ314万円の増額を行うものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   徳盛仁市民文化部長。 ◎徳盛仁 市民文化部長   ハイサイ。議案第129号、工事請負契約について、提案理由をご説明申し上げます。  この案は、那覇市新文化芸術発信拠点施設建設工事(舞台照明)の工事請負契約であります。  工事内容は、新文化芸術発信拠点施設の舞台照明設備工事を施工するものであります。  建物の構造は、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造で、延べ床面積1万4,582.13㎡、地上6階・地下2階建の規模となっております。  工事請負契約につきましては、平成30年11月1日開札の制限付一般競争入札の結果、請負金額4億7,520万円で、松村電機製作所沖縄営業所・南西電設・新共電気工業共同企業体 受注代表者 株式会社松村電機製作所沖縄営業所所長 上原康幸が落札し、平成30年11月14日付けで仮契約を締結致しました。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第130号、工事請負契約について、提案理由をご説明申し上げます。  この案は、那覇市新文化芸術発信拠点施設建設工事(舞台音響)の工事請負契約であります。  工事内容は、新文化芸術発信拠点施設の舞台音響設備工事を施工するものであります。  建物の構造は鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造で、延べ床面積1万4,582.13㎡、地上6階・地下2階建の規模となっております。  工事請負契約につきましては、平成30年11月1日開札の制限付一般競争入札の結果、請負金額4億9,572万円で、ヤマハサウンドシステム・沖縄パナソニック特機・興洋電子共同企業体 受注代表者 ヤマハサウンドシステム株式会社 代表取締役 武田信次郎が落札し、平成30年11月19日付けで仮契約を締結致しました。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第131号、那覇市パレット市民劇場及び那覇市民ギャラリーにおける指定管理者の指定について、提案理由をご説明申し上げます。  この案は、指定管理者の指定について地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を必要とするため提出するものであります。  指定管理者につきましては、公募による募集を行いましたところ1団体から応募がございました。  選定に当たりましては、文化行政審議会に諮問し、平成30年11月1日付け答申を受け、パレットグループを指定管理者として提案するものであります。  なお、指定期間は平成31年4月1日から平成36年3月31日の5年間となっております。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。以上でございます。 ○翁長俊英 議長   名嘉元裕経済観光部長。 ◎名嘉元裕 経済観光部長   ハイサイ。議案第132号、那覇市ぶんかテンブス館の指定管理者の指定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を必要とするため、提出するものでございます。  新たな指定管理者について、那覇市ぶんかテンブス館運営審議会に諮問したところ、株式会社沖縄コングレ・株式会社PBコミュニケーションズ共同企業体を指定管理予定候補者として選定する答申がなされております。  この答申を踏まえ、那覇市ぶんかテンブス館の指定管理者に当該団体を指定してまいりたいと考えております。  指定期間は平成31年4月1日から平成34年3月31日まででございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   玉寄隆雄環境部長。
    ◎玉寄隆雄 環境部長   ハイサイ。議案第133号、那覇市・南風原町環境施設組合規約の変更について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、那覇市・南風原町環境施設組合が平成26年度から整備しております還元施設「環境の杜ふれあい公園」、所在地沖縄県島尻郡南風原町字新川605番1を平成31年4月に一部供用開始することに伴い、那覇市・南風原町環境施設組合規約の変更を行うため、同組合より、地方自治法第286条第1項の規定により本市と南風原町との協議の依頼がございます。  協議につきましては同法第290条の規定により、議会の議決を要するものとなっております。  規約の変更箇所は、共同処理する事務の対象として規定している公園の名称を変更すること、また、管理運営負担金の対象施設として当該公園を追加することでございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   長嶺達也福祉部長。 ◎長嶺達也 福祉部長   議案第134号、那覇市総合福祉センター指定管理者の指定について、提案理由をご説明いたします。  同センターは、地域福祉の向上と福祉団体の活動拠点となることを目的に設置された施設であり、平成18年度から指定管理者が管理運営を行っております。  平成31年3月31日で現在の指定管理者の指定管理期間(3年間)が満了することに伴い、改めて指定管理者の指定を行うものであります。  指定管理者の選定に至る経緯につきましては、公募を行い、那覇市社会福祉審議会にて審査を行った結果、社会福祉法人那覇市社会福祉協議会を指定管理者として提案するものであります。指定管理期間は平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間となっております。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第135号、那覇市末吉老人福祉センターの指定管理者の指定について、提案理由をご説明申し上げます。  この案は、現在の那覇市末吉老人福祉センターを管理しております指定管理者の指定期間が平成31年3月31日までであることから、新たに同施設の管理運営を行わせる指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を必要とするため提出するものであります。  指定管理者の選定に当たり公募を行ったところ、1団体から応募がございました。  適正な選定を行うため、那覇市社会福祉審議会に対し指定管理予定候補者の選定について諮問を行い、平成30年10月25日付けで、社会福祉法人 陽風会を選定する旨の答申を受けたことから、同法人を指定管理者として提案するものであります。  指定期間は、平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間であります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第136号、那覇市壺川老人福祉センターの指定管理者の指定について、提案理由をご説明申し上げます。  この案は、現在の那覇市壺川老人福祉センターを管理しております指定管理者の指定期間が平成31年3月31日までであることから、新たに同施設の管理運営を行わせる指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を必要とするため提出するものであります。  指定管理者の選定に当たり公募を行ったところ、1団体から応募がございました。適正な選定を行うため、那覇市社会福祉審議会に対し指定管理予定候補者の選定について諮問を行い、平成30年10月25日付けで、社会福祉法人陽風会を選定する旨の答申を受けたことから、同法人を指定管理者として提案するものであります。  指定期間は、平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間であります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  議案第137号、那覇市辻老人憩の家の指定管理者の指定について、提案理由をご説明申し上げます。  この案は、現在の那覇市辻老人憩の家を管理しております指定管理者の指定期間が平成31年3月31日までであることから、新たに同施設の管理運営を行わせる指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を必要とするため提出するものであります。  指定管理者の選定に当たり公募を行ったところ、1団体から応募がございました。  適正な選定を行うため、那覇市社会福祉審議会に対し指定管理予定候補者の選定について諮問を行い、平成30年10月25日付けで、社会福祉法人陽風会を選定する旨の答申を受けたことから、同法人を指定管理者として提案するものであります。  指定期間は、平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間であります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  議案第138号、那覇市障がい者福祉センターの指定管理者の指定について提案理由をご説明いたします。  同センターは、障がいのある方々の身体機能の訓練及び創作活動等を通じて、自立と社会参加を促進し、福祉増進を図ることを目的として設置された施設であり、平成18年度から指定管理者が管理運営を行っております。  平成31年3月31日で現在の指定管理者の指定管理期間(5年間)が満了することに伴い、改めて指定管理者の指定を行うものであります。  指定管理者の選定に至る経緯につきましては、公募を行い、那覇市社会福祉審議会にて審査を行った結果、一般社団法人那覇市身体障害者福祉協会を指定管理者として提案するものであります。  指定管理期間は平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間となっております。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   末吉正幸こどもみらい部長。 ◎末吉正幸 こどもみらい部長   議案第139号、那覇市久場川児童館の指定管理者の指定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、現在、那覇市久場川児童館を管理しております指定管理者の指定期間が平成31年3月31日までであることから、新たに同児童館の管理を行わせる指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を必要とするため提出するものでございます。  指定管理者の選定に当たり公募を行ったところ、1団体から応募がございました。適正な選定を行うため、那覇市こども政策審議会に対し指定管理予定候補者の選定について諮問を行い、平成30年10月15日付けで、社会福祉法人わかめ福祉会を選定する旨の答申を受けたことから、同法人を指定管理者として提案するものであります。  指定管理期間は平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間であります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第140号、那覇市大名児童館の指定管理者の指定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、雨漏りによる改修工事で平成30年4月1日から平成30年12月31日まで休館している那覇市大名児童館の指定管理期間を平成31年1月1日から新たに同児童館の管理を行わせる指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を必要とするため提出するものであります。  指定管理者の選定に当たり公募を行ったところ、1団体から応募がございました。適正な選定を行うため、那覇市こども政策審議会に対し指定管理予定候補者の選定について諮問を行い、平成30年10月15日付けで、社会福祉法人若杉福祉会を選定する旨の答申を受けたことから、同法人を指定管理者として提案するものでございます。  指定管理期間は平成31年1月1日から平成36年3月31日までの5年3カ月間でございます。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第141号、那覇市小禄児童館及び老人福祉センターの指定管理者の指定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、現在、那覇市小禄児童館及び老人福祉センターを管理しております指定管理者の指定期間が平成31年3月31日までであることから、新たに同児童館及び老人福祉センターの管理を行わせる指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を必要とするため提出するものでございます。  指定管理者の選定に当たり公募を行ったところ、1団体から応募がありました。適正な選定を行うため、那覇市こども政策審議会に対し指定管理予定候補者の選定について諮問を行い、平成30年10月15日付けで、社会福祉法人那覇市社会福祉協議会を選定する旨の答申を受けたことから、同法人を指定管理者として提案するものであります。  指定期間は平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間であります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第142号、那覇市識名児童館及び老人福祉センターの指定管理者の指定について、提案理由をご説明申し上げます。  本案は、現在、那覇市児童館及び老人福祉センターを管理しております指定管理者の指定期間が平成31年3月31日までであることから、新たに同児童館及び老人福祉センターの管理を行わせる指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を必要とするため提出するものであります。  指定管理者の選定に当たり公募を行ったところ、1団体から応募がありました。適正な選定を行うため、那覇市こども政策審議会に対し指定管理予定候補者の選定について諮問を行い、平成30年10月15日付けで、社会福祉法人那覇市社会福祉協議会を選定する旨の答申を受けたことから、同法人を指定管理者として提案するものでございます。  指定期間は平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間であります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   休憩いたします。            (午前10時46分 休憩)            (午前10時46分 再開) ○翁長俊英 議長   再開いたします。  末吉正幸こどもみらい部長。 ◎末吉正幸 こどもみらい部長   ただいまの議案第142号の提案理由の説明の中で、「那覇市識名児童館及び老人福祉センター」と申し上げるところ、「那覇市児童館及び老人福祉センター」と申し上げてしまいました。訂正しておわび申し上げます。 ○翁長俊英 議長   玉城義彦都市みらい部長。 ◎玉城義彦 都市みらい部長   議案第143号、那覇市緑化センターの指定管理者の指定について、提案理由をご説明申し上げます。  この案は、那覇市緑化センターの管理・運営を行わせる指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を必要とするため、提出するものであります。  本施設は、緑化の推進及び地域の活性化を図ることを目的に、新都心公園内に設置した施設であります。  本施設の指定管理者制度につきましては、平成19年度から導入しており、現指定管理者は、平成31年3月31日をもって指定期間が終了することから、公募による募集を行ったところ、2団体からの申請がありました。  選定に当たりましては、平成30年10月18日に那覇市都市みらい部及びまちなみ共創部指定管理者選定委員会へ諮問し、同年10月31日に答申を受け、有限会社三崎工業を指定管理者として提案するものであります。  なお、指定期間は、平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間となっております。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   屋比久猛義教育委員会生涯学習部長。 ◎屋比久猛義 教育委員会生涯学習部長   ハイサイ。議案第144号、那覇市立森の家みんみんの指定管理者の指定について、提案理由をご説明申し上げます。  この案は、指定管理者の指定について地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を必要とするため提出するものであります。  指定管理者につきましては、公募による募集を行いましたところ2団体から応募がございました。  選定に当たりましては、那覇市社会教育委員の会議に諮問し、平成30年10月2日付け答申を受け、沖縄自然環境ファンクラブを指定管理者として提案するものであります。  指定期間は平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間となっております。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第145号、那覇市営奥武山体育施設の指定管理者の指定について、提案理由をご説明申し上げます。  この案は、指定管理者の指定について地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を必要とするため提出するものであります。  指定管理者につきましては、公募による募集を行いましたところ1団体から応募がございました。  選定に当たりましては、那覇市スポーツ推進審議会に諮問し、平成30年10月24日付け答申を受け、特定非営利活動法人那覇市体育協会を指定管理者として提案するものであります。  指定期間は平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間となっております。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第146号、工事請負契約について、提案理由をご説明申し上げます。  この案は、神原中学校校舎改築工事(建築)の工事請負契約でございます。  工事内容は、老朽化している中学校校舎の改築を施工するものであります。  構造及び階数は、鉄筋コンクリート造3階建て、床面積は770㎡となっております。  工事請負契約につきましては、平成30年11月1日の制限付一般競争入札の結果、請負金額2億4,764万4,000円で、株式会社丸元建設 代表取締役社長 糸数幸恵が落札し、平成30年11月14日付けで仮契約を締結いたしました。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。
    ○翁長俊英 議長   仲本達彦企画財務部長。 ◎仲本達彦 企画財務部長   議案第147号、平成30年度那覇市一般会計補正予算(第6号)について、提案理由をご説明申し上げます。  今回の補正は、沖縄県が制定した辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票条例に基づき、県民投票に係る投開票事務執行が予定されていることに伴い既定の予算に追加する必要が生じましたので、歳入歳出予算をそれぞれ5,898万9,000円増額補正するものであります。  これにより、補正後の一般会計予算額は、歳入歳出それぞれ1,516億7,532万1,000円となります。  歳入につきましては、第15款県支出金が、歳出につきましては、第2款総務費が県民投票執行事業としてそれぞれ5,898万9,000円増額となっております。  以上が、議案147号、平成30年度那覇市一般会計補正予算(第6号)であります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   以上で、提案理由の説明は終わりました。 ○翁長俊英 議長   この際、諸般の報告を行います。  まず、市長から、去る9月定例会において採択された陳情の処理経過及び結果報告書が、また、監査委員から、水道事業会計、下水道事業会計及び一般会計・特別会計の平成30年度10月分の例月現金出納検査結果についての報告書の提出がありましたので、それぞれ、タブレット端末へ配信いたしました。 ○翁長俊英 議長   次に、代表質問の発言通告書の提出期限についてでございますが、まず、12月7日・金曜日に割り当てられた、ニライ、日本共産党の発言通告書提出期限につきましては、12月4日・火曜日でございます。  また、12月10日・来週月曜日に割り当てられました自民党、公明党、なは立志会、維新・無所属の会、無所属の会、なはのみらいの発言通告書提出期限につきましては、12月5日・水曜日でございます。  いずれも、午後2時までに提出をお願いいたします。 ○翁長俊英 議長   最後に申し上げます。12月11日・火曜日から行われます一般質問の発言順位の抽選を、本会議終了後、事務局において行いますので、ご協力をお願いいたします。  これで諸般の報告を終わります。 ○翁長俊英 議長   以上で本日の日程は、全て終了いたしました。 ○翁長俊英 議長   次回は、12月7日・金曜日、午前10時に本会議を開き、代表質問を行います。 ○翁長俊英 議長   休憩いたします。            (午前10時56分 休憩)            (午前10時56分 再開) ○翁長俊英 議長   再開いたします。 ○翁長俊英 議長   本日は、これにて散会いたします。            (午前10時56分 散会) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  上記のとおり会議録を調製し、署名する。   平成30年(2018年)12月3日     議  長  翁 長 俊 英     署名議員  多和田 栄 子     署名議員  西中間 久 枝...