那覇市議会 > 2015-09-28 >
平成 27年(2015年) 9月定例会-09月28日-付録
平成 27年(2015年) 9月定例会−09月28日-08号

ツイート シェア
  1. 那覇市議会 2015-09-28
    平成 27年(2015年) 9月定例会-09月28日-付録


    取得元: 那覇市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-11
    平成 27年(2015年) 9月定例会-09月28日-付録平成27年 9月定例会 △発言通告書    平成27年(2015年)9月那覇市議会定例会                 発 言 時 間 割 表 1. 代表質問〔割当時間(答弁を除く):5分×会派員数〕  ○ 1日目 9月7日(月) ┌────┬───────┬──────┬────────┬────────────┐ │ 順 位 │ 会 派 名 │構 成 人 員 │ 割 当 時 間  │  発 言 通 告 期 限   │ ├────┼───────┼──────┼────────┼────────────┤ │  1 │ 新 風 会 │  7 人  │   35分   │            │ ├────┼───────┼──────┼────────┤            │ │  2 │ 公 明 党 │  7 人  │   35分   │   9月2日(水)  │ ├────┼───────┼──────┼────────┤            │ │  3 │社社市民ネット│  6 人  │   30分   │    午後2時    │ ├────┴───────┴──────┼────────┤            │ │       合   計       │   100分   │            │ │                   │ (1時間40分) │            │ └───────────────────┴────────┴────────────┘
     ○ 2日目 9月8日(火) ┌────┬───────┬──────┬────────┬────────────┐ │ 順 位 │ 会 派 名 │構 成 人 員 │ 割 当 時 間  │  発 言 通 告 期 限   │ ├────┼───────┼──────┼────────┼────────────┤ │  1 │ 日本共産党 │  5 人 │   25分   │            │ ├────┼───────┼──────┼────────┤            │ │  2 │ 自 民 党 │  4 人 │   20分   │            │ ├────┼───────┼──────┼────────┤            │ │  3 │ひやみかち那 │  3 人 │   15分   │   9月3日(木)  │ │    │覇・無所属の会│      │        │            │ ├────┼───────┼──────┼────────┤    午後2時    │ │  4 │ なは民主  │  2 人 │   10分   │            │ ├────┼───────┼──────┼────────┤            │ │  5 │ 無所属の会 │  2 人 │   10分   │            │ ├────┴───────┴──────┼────────┤            │ │        合   計      │   80分   │            │ │                   │ (1時間20分) │            │ └───────────────────┴────────┴────────────┘ 2. 一般質問〔割当時間(答弁を除く):1人当たり15分間〕 ┌────────────┬──────┬───────┬─────────────┐ │    発 言 日    │  順 位  │  割当時間  │  発 言 通 告 期 限   │ ├────────────┼──────┼───────┼───────┬─────┤ │1日目(9月9日・水) │  1~10番 │ 2時間30分 │9月4日(金)│     │ ├────────────┼──────┼───────┼───────┤     │ │2日目(9月10日・木) │ 11~20番 │ 2時間30分 │9月7日(月)│     │ ├────────────┼──────┼───────┼───────┤ 午後2時 │ │3日目(9月11日・金) │ 21~30番 │ 2時間30分 │9月8日(火)│     │ ├────────────┼──────┼───────┼───────┤     │ │4日目(9月14日・月) │ 31~38番 │  2時間  │9月9日(水)│     │ └────────────┴──────┴───────┴───────┴─────┘ ※「一般質問」の発言順位を決める抽選が、9月1日(火)の本会議終了後、議会事務局議事管理課で行われます。             平成27年(2015年)9月那覇市議会定例会              代 表 質 問 時 間 割 表                       ※割当時間(答弁を除く):5分×会派員数 ┌──────┬────────┬──┬───┬───────────┬──────┐ │ 発 言 日 │ 会 派 名   │構成│割 当│ 順 位 ・ 質 問 者 │ 発言通告 │ │      │        │人員│時 間│           │ 期  限 │ ├──────┼────────┼──┼───┼───────────┼──────┤ │      │        │ 人│  分│           │      │ │      │新 風 会   │ 7 │ 35 │① 知 念   博   │      │ │      │        │  │   │② 平 良 仁 一   │      │ │  1日目  ├────────┼──┼───┼───────────┤ 9月2日 │ │ 9月7日 │公 明 党   │ 7 │ 35 │③ 野 原 嘉 孝   │ ( 水 ) │ │ ( 月 ) │        │  │   │④ 喜舎場 盛 三   │ 午後2時 │ │      ├────────┼──┼───┼───────────┤      │ │      │社社市民ネット │ 6 │ 30 │⑤ 多和田 栄 子   │      │ │      │        │  │   │⑥ 平 良 識 子   │      │ ├──────┼────────┼──┼───┼───────────┼──────┤ │      │日本共産党   │ 5 │ 25 │① 湧 川 朝 渉   │      │ │      │        │  │   │② 前 田 千 尋   │      │ │      ├────────┼──┼───┼───────────┤      │ │      │自 民 党   │ 4 │ 20 │③ 金 城 敏 雄   │      │ │  2日目  ├────────┼──┼───┼───────────┤ 9月3日 │ │ 9月8日 │ひやみかち那覇・│ 3 │ 15 │④ 屋 良 栄 作   │ ( 木 ) │ │ ( 火 ) │無所属の会   │  │   │⑤ 瀬 長   清   │ 午後2時 │ │      ├────────┼──┼───┼───────────┤      │ │      │なは民主    │ 2 │ 10 │⑥ 花 城 正 樹   │      │ │      │        │  │   │⑦ 清 水 磨 男   │      │ │      ├────────┼──┼───┼───────────┤      │ │      │無所属の会   │ 2 │ 10 │⑧ 前 泊 美 紀   │      │ └──────┴────────┴──┴───┴───────────┴──────┘         平成27年 (2015年) 9月那覇市議会定例会             一 般 質 問 発 言 順 位 表                        ※1人当たり 15分間(答弁を除く) ┌─┬───────┬─┬───────┬─┬───────┬─┬───────┐ │発│9月9日(水)│ │9月10日(木)│ │9月11日(金)│ │9月14日(月)│ │言│       │ │       │ │       │ │       │ │日│ 【1日目 】 │ │ 【2日目】 │ │ 【3日目】 │ │ 【4日目】 │ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │期│9月4日(金)│ │9月7日(月)│ │9月8日(火)│ │9月9日(水)│ │限│ 午 後 2 時 │ │ 午 後 2 時 │ │ 午 後 2 時 │ │ 午 後 2 時 │ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 1│高 良 正 幸│ 1│中 村 圭 介│ 1│大 城 幼 子│ 1│金 城 眞 徳│ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 2│翁 長 大 輔│ 2│上 原 快 佐│ 2│翁 長 俊 英│ 2│山 城 誠 司│ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 3│坂 井 浩 二│ 3│宮 平 のり子│ 3│桑 江   豊│ 3│金 城 敏 雄│ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 4│我如古 一 郎│ 4│花 城 正 樹│ 4│前 田 千 尋│ 4│喜舎場 盛 三│ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 5│奥 間   亮│ 5│糸 数 昌 洋│ 5│仲 松   寛│ 5│平 良 識 子│ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 6│湧 川 朝 渉│ 6│屋 良 栄 作│ 6│宮 城 恵美子│ 6│清 水 磨 男│ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 7│粟 国   彰│ 7│大 浜 安 史│ 7│亀 島 賢二郎│ │       │ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 8│下 地 敏 男│ 8│前 泊 美 紀│ 8│多和田 栄 子│ │       │ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ │       │ │       │ 9│野 原 嘉 孝│ │       │ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ │       │ │       │ │       │ │       │ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │時│  2時間  │ │  2時間  │ │ 2時間15分 │ │ 1時間30分 │ │間│       │ │       │ │       │ │       │
    └─┴───────┴─┴───────┴─┴───────┴─┴───────┘             平成27年(2015年)9月那覇市議会定例会               代表質問発言通告書(1日目)                 平成27年9月7日(月)                               ┌新風会     35分                     割当時間(答弁を除く)┤公明党     35分                               └社社市民ネット 30分 ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│知 念  博 │1 市長の政治│(1) 安全保障関連法案について       │ │ │(新 風 会) │ 姿勢について│  ① 本市議会でも去る6月定例会にて「日本│ │ │       │       │   国憲法第9条を守り、安全保障関連法案の│ │ │       │       │   廃案を求める意見書」を採択した。国会で│ │ │       │       │   は、衆議院にて強行採決が行われ、現在参│ │ │       │       │   議院にて再審議が行われている。市長の安│ │ │       │       │   保関連法案に対する見解と、9月中旬の採│ │ │       │       │   決を目指している安倍政権の取り組みに対│ │ │       │       │   する見解を伺う            │ │ │       │       │  ② 同法案に反対する市民団体の国会前での│ │ │       │       │   8月30日の集会では、雨の中、主催者によ│ │ │       │       │   ると12万人もの参加があったとのことであ│ │ │       │       │   る。また一斉行動として、全国200カ所以 │ │ │       │       │   上でデモや集会が実施されたとのことであ│ │ │       │       │   る。ここ沖縄においても「戦争法案廃案!│ │ │       │       │   辺野古新基地建設断念! 安倍政権退陣!  │ │ │       │       │   8.30沖縄大行動」が与儀公園で開催され │ │ │       │       │   2500人が参加したとのことである。大学生│ │ │       │       │   を中心とする若者達のグループ「シールズ│ │ │       │       │   琉球」によるラップコールで声を合わせ、│ │ │       │       │   県庁までデモ行進したが、「シールズ」の│ │ │       │       │   自由と民主主義のための学生緊急行動や、│ │ │       │       │   「法案に反対するママの会」等若者達の行│ │ │       │       │   動が、全国的に拡がりつつあるが、これに│ │ │       │       │   対する市長の見解を伺う        │ │ │       │       │(2) 辺野古問題に関する政府と県の集中協議に│ │ │       │       │  ついて、政府は名護市辺野古への新基地建設│ │ │       │       │  作業を一時中断し、県と集中的に協議する場│ │ │       │       │  を設け、協議が行われているところだが、市│ │ │       │       │  長の見解を伺う             │ │ │       │       │  ① 第1回協議では、普天間問題の原点は │ │ │       │       │   「住民がいない間に強制収容された」点に│ │ │       │       │   あると知事は指摘したが、菅官房長官は │ │ │       │       │   ‘96年の日米合意を議論の原点にしたいと│ │ │       │       │   述べている。政府の認識について市長の見│ │ │       │       │   解を伺う               │ │ │       │       │  ② 第2回目の協議で、普天間飛行場の5年│ │ │       │       │   以内の運用停止について「地元の協力がな│ │ │       │       │   ければ難しい」と辺野古への移設が条件と│ │ │       │       │   の考えを示し、それが条件だという政府の│ │ │       │       │   姿勢について市長の見解を伺う     │ │ │       │       │(3) 沖縄「建白書」を実現し、未来を拓く島ぐ│ │ │       │       │  るみ会議と辺野古基地反対協議会が、辺野古│ │ │       │       │  基金を活用し、8/30地元の沖縄タイムス・ │ │ │       │       │  琉球新報2紙へ1ページ大の辺野古移設反対│ │ │       │       │  キャンペーンの意見広告を掲載している。 │ │ │       │       │  全国の協賛者からの寄付金は4億3千万円、│ │ │       │       │  件数5万5千件を超え、県内の活動団体の支│ │ │       │       │  援や、ビラ作成等に活用されていたが、いよ│ │ │       │       │  いよ全国の新聞への掲載や雑誌等への意見広│ │ │       │       │  告等と実施される。辺野古基金について、市│ │ │       │       │  長の見解を伺う             │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 教育行政に│(1) 全国学力テストについて、4月実施した全│ │ │       │ ついて   │  国学力、学習状況調査の結果が公表され、県│ │ │       │       │  内の小学校は、全教科(国・算・理)を合わ│ │ │       │       │  せた総合の平均正解率は、昨年の24位から更│ │ │       │       │  に順位を上げ20位になったとのことである。│ │ │       │       │  中学校においては、全教科とも最下位であっ│ │ │       │       │  たが、多くの教科で全国平均との差が縮小し│ │ │       │       │  たとのことである。これに対する教育長の見│ │ │       │       │  解を伺う                │ │ │       │       │(2) 本市に特別支援学校を設置するための陳情│ │ │       │       │  書について               │ │ │       │       │  ① 本市の特別支援学校に通学する幼児、児│ │ │       │       │   童生徒、高校生は何名程か       │ │ │       │       │  ② 通学状況はどうなっているのか    │ │ │       │       │  ③ 保護者の負担についてどう把握している│ │ │       │       │   のか                 │ │ │       │       │  ④ 課題は何か             │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 待機児童対│ 待機児童解消は城間市長にとって1丁目1番地│ │ │       │ 策について │の課題と考えるが、現在の施設整備等の進捗状況│ │ │       │       │はどうなっているのか伺う          │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 マイナンバ│ 本年10月からマイナンバー制度が導入されると│ │ │       │ ー制度につい│のことだが、市民は何がどう変わるのか、不安を│ │ │       │ て     │抱いているのが現状である          │ │ │       │       │(1) 「通知カード」及び「マイナンバーカー │ │ │       │       │  ド」とは何か              │ │ │       │       │(2) 市民にとってのメリット、デメリットは何│ │ │       │       │  か                   │ │ │       │       │(3) 今後のスケジュールはどうなっているのか│
    │ │       │       │(4) 個人情報漏えい対策はどうなっているのか│ │ │       │       │(5) マイナンバーカードの交付方法について伺│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │(6) 課題は何か伺う            │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 経済観光行│ 第3次那覇市水産業振興基本計画(案)につい│ │ │       │ 政について │て                     │ │ │       │       │(1) 本計画策定の趣旨・目的について    │ │ │       │       │(2) 本計画の概要について、課題は何か、その│ │ │       │       │  対策は                 │ │ │       │       │(3) 取組スケジュールについて伺う     │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ 代表質問(1日目) 平成27年9月7日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│平 良 仁 一  │1 第一牧志公│(1) 牧志公設市場が開設された経緯及びその意│ │ │(新 風 会) │ 設市場再整備│  義と目的について伺う          │ │ │       │ 事業について│(2) 牧志公設市場の再整備事業は、なぜ必要な│ │ │       │       │  のか伺う                │ │ │       │       │(3) 牧志公設市場の再整備事業に対する基本構│ │ │       │       │  想を伺う                │ │ │       │       │(4) 建て替え位置と事業スケジュールについて│ │ │       │       │  見解を伺う               │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 健康行政 │(1) 「健康なは21」第一次計画(平成17年度~│ │ │       │ 「健康なは │  26年度)の目標指標に対する、目標値と評価│ │ │       │ 21」について│  を伺う                 │ │ │       │       │(2) 「健康なは21」第一次計画で、目標指標の│ │ │       │       │  中で達成目標値の低かった項目があるがその│ │ │       │       │  原因を伺う               │ │ │       │       │(3) 「健康なは21」第二次計画(平成28年度~│ │ │       │       │  34年度)は、第一次計画で達成できなかった│ │ │       │       │  課題も含めての計画だと思うが、その基本方│ │ │       │       │  針と重点プランを伺う          │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 環境行政 │(1) 一般廃棄物(粗大ごみ)収集処理手数料が│ │ │       │ 「那覇市廃棄│  現行から改正されるとのことだが、どのよう│ │ │       │ 物の減量化の│  に改正されるのか伺う          │ │ │       │ 推進及び適正│(2) 改正される収集・処理手数料は、どのよう│ │ │       │ 処理に関する│  に設定され適正な料金か伺う       │ │ │       │ 条例の一部改│(3) 今までスプリング入りマットレス及びソ │ │ │       │ 正」について│  ファーは、適正処理困難廃棄物として収集し│ │ │       │       │  なかった。今回条例を一部改正して、収集・│ │ │       │       │  処理に至った経緯を伺う         │ │ │       │       │(4) 市民に周知させなければならないと思う │ │ │       │       │  が、周知の方法を伺う          │ │ │       │       │(5) いつから施行するのか伺う       │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ 代表質問(1日目) 平成27年9月7日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │3│野 原 嘉 孝  │1 平和行政に│ 先日、「平和学の世界的権威」のヨハン・ガル│ │ │(公 明 党) │ ついて   │トゥング博士を招いて「戦後70年 ガルトゥング│ │ │       │       │氏が語る『積極的平和』と沖縄」と題した講演会│ │ │       │       │が開催された。博士からは平和構築のアプローチ│ │ │       │       │として「北東アジア共同体」の創設とその本部を│ │ │       │       │沖縄に置くことを主張してはどうかとの具体的な│ │ │       │       │提案があった                │ │ │       │       │ 公明党那覇市議団は、これまで沖縄の地理的優│ │ │       │       │位性を活かして国連アジア本部または国際機関の│ │ │       │       │誘致を目指し、特にその拠点として那覇市が積極│ │ │       │       │的に手を挙げるよう求めてきた。今回のガルトゥ│ │ │       │       │ング博士の提案と併せ、改めて当局の見解を伺う│ │ │       │       │                      │ │ │       │2 保育行政に│ 4月より「子ども・子育て支援新制度」がスタ│ │ │       │ ついて   │ートした。待機児童解消への対策、保育環境の充│ │ │       │       │実を図るなど大きな期待が寄せられているが、本│ │ │       │       │市における取り組みについて以下伺う     │ │ │       │       │(1) 待機児童数の推移の総括        │ │ │       │       │(2) 待機児童対策の概要及び定員増加計画  │ │ │       │       │(3) 預かり保育の状況(過去3年間の推移) │ │ │       │       │(4) 5歳児保育の課題について       │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 教育行政に│(1) 那覇市放課後子ども総合プラン行動計画が│ │ │       │ ついて   │  策定されたが、放課後子ども教室の実施状況│ │ │       │       │  及び今後の整備計画について伺う     │ │ │       │       │(2) ユネスコスクールの加盟状況と参加推進の│ │ │       │       │  取り組みについて伺う          │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 障がい福祉│ 2月より障がい福祉サービス受給者証等の障害│ │ │       │ 行政について│種別の分類表記が変更されたが、その背景と理由│ │ │       │       │を伺う(知的障害:知的→知障、身体障害:身体│ │ │       │       │→身障など)                │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 マイナンバ│ いよいよ10月よりマイナンバー制度の事業がス│ │ │       │ ー制度につい│タートするが、来年1月の運用開始に向けて以下│
    │ │       │ て     │伺う                    │ │ │       │       │(1) 事業の概要と市民サービス       │ │ │       │       │(2) 年金事業との連携はどうなるのか    │ │ │       │       │(3) 情報漏えい・セキュリティー対策と予算 │ │ │       │       │  措置                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │6 不発弾処理│ 沖縄戦の負の遺産・不発弾は、未だにその多く│ │ │       │ 及び磁気探査│が地中に眠っている。その対策に関しては戦後処│ │ │       │ 事業について│理事業として国の責任で行うべきであることを訴│ │ │       │       │えてきたが、現状について以下伺う      │ │ │       │       │(1) これまで処理されてきた件数      │ │ │       │       │(2) 不発弾処理事業と磁気探査事業の予算負担│ │ │       │       │  の推移                 │ │ │       │       │(3) 消防樋川出張所(仮称)新築工事における│ │ │       │       │  磁気探査事業の概要と予算について    │ │ │       │       │                      │ │ │       │7 奥武山サッ│(1) 当初計画からの流れと現時点の事業計画 │ │ │       │ カー球技場建│(2) 県との連携について          │ │ │       │ 設計画につい│(3) サブ競技場の設置計画はあるか     │ │ │       │ て     │(4) 陸上競技場との兼ね合いについて    │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ 代表質問(1日目) 平成27年9月7日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │4│喜舎場 盛 三 │1 子育て支援│(1) 本年4月から本格実施された「子ども・子│ │ │(公 明 党) │ について  │  育て支援新制度」で、放課後児童クラブの施│ │ │       │       │  策はどう変ったのか伺う         │ │ │       │       │(2) 平成26年度における本市の放課後児童クラ│ │ │       │       │  ブの登録数が2,890人であるのに対し、「子 │ │ │       │       │  ども・子育て支援新制度」に基づくニーズ調│ │ │       │       │  査での児童クラブの市民ニーズは約4,000人 │ │ │       │       │  であった。本市の「子ども・子育て支援事業│ │ │       │       │  計画」では、不足する約1,000人の受け入れ │ │ │       │       │  をどのようにしていくのか伺う      │ │ │       │       │(3) 9月補正予算で児童クラブ運営補助金が、│ │ │       │       │  2億2,507万8,000円計上されているが、その│ │ │       │       │  目的を伺う               │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 介護行政に│(1) 介護保険法の改正により、介護予防給付の│ │ │       │ ついて   │  一部が新しい介護予防・日常生活支援総合事│ │ │       │       │  業へ移行することになるが、その目的と現行│ │ │       │       │  との違いを伺う             │ │ │       │       │(2) 本市における新しい総合事業の内容とその│ │ │       │       │  実施に向けての取り組みを伺う      │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 教育行政に│(1) いじめの問題について         │ │ │       │ ついて   │  ① 本市教育委員会では、本年9月を「いじ│ │ │       │       │   め防止啓発月間」として位置づけ、いじめ│ │ │       │       │   問題対策に取り組むようだが、その内容を│ │ │       │       │   伺う                 │ │ │       │       │  ② 本市の小・中学校における、いじめの直│ │ │       │       │   近の認知件数を伺う          │ │ │       │       │  ③ 文部科学省は、都道府県教育委員会から│ │ │       │       │   報告があった2014年度分のいじめの状況に│ │ │       │       │   ついて、再調査を求める通知を出した13年│ │ │       │       │   度のいじめ調査で都道府県の1,000人当た │ │ │       │       │   りの認知件数に最大約83倍の開きがあった│ │ │       │       │   ことから、「調査は実態を正確に反映して│ │ │       │       │   いるとは考えがたい」としている。当局の│ │ │       │       │   見解を伺う              │ │ │       │       │(2) 学校における運動時のけが問題について │ │ │       │       │  ① 平成26年度の学校での児童生徒の運動時│ │ │       │       │   におけるけが等の発生件数を伺う    │ │ │       │       │  ② 平成24年9月に文部科学省から「学校に│ │ │       │       │   おけるスポーツ外傷等による脳脊髄液減少│ │ │       │       │   症への適切な対応について」という事務連│ │ │       │       │   絡があったが、各学校で徹底されているか│ │ │       │       │   伺う                 │ │ │       │       │(3) 学力の問題について          │ │ │       │       │  小学6年生と中学3年生を対象に実施された│ │ │       │       │  2015年度の全国学力・学習状況調査の結果が│ │ │       │       │  発表された               │ │ │       │       │   沖縄県の小学生は昨年の全国24位から20位│ │ │       │       │  まで上昇し、中学生は最下位ながらも全国平│ │ │       │       │  均との差を縮め全体的に底上げが進んでいる│ │ │       │       │  ようである本市の結果と、学力向上推進の全│ │ │       │       │  体的な取り組み、それぞれの学校の特色ある│ │ │       │       │  取り組みを伺う             │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 環境行政に│(1) 台風時のごみ収集の取り組みを伺う   │ │ │       │ ついて   │(2) 台風が通過した後のごみ収集の取り組みを│ │ │       │       │  伺う                  │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ 代表質問(1日目) 平成27年9月7日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤
    │5│多和田 栄 子 │1 市長の政治│ 辺野古新基地建設について、政府は8月10日か│ │ │(社社市民  │ 姿勢について│ら9月9日までの1カ月間、すべての作業を中断│ │ │   ネット)│       │し、辺野古新基地建設について沖縄県との協議を│ │ │       │       │行うとし、現在4回の協議が終了している   │ │ │       │       │ 菅官房長官は、「辺野古が唯一の解決策だ」と│ │ │       │       │する主張を繰り返すだけで県民の声に耳を傾ける│ │ │       │       │姿勢は見えない。それどころか、単なるポーズ、│ │ │       │       │アリバイ作りではないかとも言われている。さら│ │ │       │       │に、9月10日から工事を再開するとしている。翁│ │ │       │       │長県知事を支える那覇市長としての見解を伺う │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 認定こども│ 那覇市が初の認定こども園を実施する自治体と│ │ │       │ 園移行につい│して、県内から大きく注目されている。そのこと│ │ │       │ て     │を踏まえて、以下伺う            │ │ │       │       │(1) 現行の幼稚園教育の高い質の継承はどのよ│ │ │       │       │  うに行っていくのか           │ │ │       │       │(2) 公立型の認定こども園に移行する園の労働│ │ │       │       │  条件、人員配置はどのように検討されている│ │ │       │       │  か                   │ │ │       │       │(3) 公私連携型の認定こども園移行に4園、識│ │ │       │       │  名、若狭、さつき、銘苅幼稚園が挙げられて│ │ │       │       │  いる。公立型認定こども園についての候補は│ │ │       │       │  どこか伺う               │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 学校におけ│ 厚生労働省が推奨する「フッ化物洗口」、子ど│ │ │       │ るフッ化物洗│ものむし歯予防に賛否が問われている。安全性は│ │ │       │ 口について │いまだ検証段階であるとのこと。微量であれば大│ │ │       │       │きな害はないが、多量だと人体にとって毒性の強│ │ │       │       │い化学物質である。取り扱いを間違えると危険で│ │ │       │       │あると言われている。そこで以下伺う     │ │ │       │       │(1) フッ化物洗口導入は、学校現場に「医療行│ │ │       │       │  為」を持ち込むことであると反対の声があ │ │ │       │       │  り、陳情書も出ている。このことについての│ │ │       │       │  教育長の見解を伺う           │ │ │       │       │(2) 9月から天妃小学校が「フッ化物洗口」を│ │ │       │       │  スタートするとのことである。どのような経│ │ │       │       │  緯で実施するのか伺う          │ │ │       │       │(3) フッ化物洗口を導入し、事故が発生した場│ │ │       │       │  合、公的賠償の対象となりうるか。また、責│ │ │       │       │  任はどこにあるのか、当局の見解を伺う  │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ 代表質問(1日目) 平成27年9月7日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│平 良 識 子  │1 平和行政に│(1) 沖縄戦後70年那覇市長平和メッセージにつ│ │ │(社社市民  │ ついて   │  いて                  │ │ │   ネット)│       │   沖縄戦は、那覇市における10.10空襲から │ │ │       │       │  始まったといっても過言ではない。本市は、│ │ │       │       │  沖縄戦終結50年に那覇市平和宣言をした。 │ │ │       │       │  沖縄戦後70年を迎えた今、10月10日に城間幹│ │ │       │       │  子那覇市長・戦後70年談話を発表し、県内、│ │ │       │       │  国内、国際社会に向けて、那覇市から平和メ│ │ │       │       │  ッセージを発信する機会にすることを提案す│ │ │       │       │  る。市長の見解を伺う          │ │ │       │       │(2) 「東アジア共同体」本部の沖縄設置につい│ │ │       │       │  て                   │ │ │       │       │   「平和学の父」ヨハン・ガルトゥング氏 │ │ │       │       │  が、沖縄は、日本・ロシア・韓国・北朝鮮・│ │ │       │       │  中国・台湾の6カ国による北東アジアにおい│ │ │       │       │  て、非常に地理的に重要な位置にあると指摘│ │ │       │       │  し、東アジアの平和構築に向け、「東アジア│ │ │       │       │  共同体の本部機関を沖縄に置くべきだ」と提│ │ │       │       │  案した。市長の見解を伺う        │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 新文化芸術│ 久茂地小学校跡地における新市民会館建設整備│ │ │       │ 発信拠点施設│事業について                │ │ │       │ 整備事業につ│ 基本構想段階において、併設施設として地域コ│ │ │       │ いて    │ミュニティづくりに資する交流スペース等を想定│ │ │       │       │し、困難な場合は周辺への整備連携を検討すると│ │ │       │       │していたが、現在どのように検討されているの │ │ │       │       │か、伺う                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 子ども子育│(1) 本市における待機児童数及び待機児童に数│ │ │       │ て支援につい│  えられない「隠れ待機児童」数について伺う│ │ │       │ て     │(2) 保育料における市の1人当たりの政策的負│ │ │       │       │  担額について、公立保育所、認可保育園、認│ │ │       │       │  可外保育園にそれぞれ幾ら助成しているか伺│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │(3) 多子世帯の負担軽減と支援のため、認可外│ │ │       │       │  保育園に対しても、第2子、第3子の保育料│ │ │       │       │  を助成する多子世帯負担軽減支援事業を創設│ │ │       │       │  するべきである。実施予定について伺う  │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘             平成27年(2015年)9月那覇市議会定例会                代表質問発言通告書(2日目)                 平成27年9月8日(火)
                                   ┌日本共産党   25分                                │自民党     20分                     割当時間(答弁を除く)┤ひやみかち那覇                                │・無所属の会  15分                                │なは民主    10分                                └無所属の会   10分 ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│湧 川 朝 渉  │1 安倍政権に│(1) 本市議会は、議会の権限・意見表明権を使│ │ │(日本共産党)│ ついて   │  い、7月8日、「日本国憲法第9条を守り、│ │ │       │       │  安全保障関連法案の廃案を求める意見書」を│ │ │       │       │  採択した。国会では、安保関連法案の審議が│ │ │       │       │  進めば進むほど、日本が武力攻撃を受けてい│ │ │       │       │  ないのに、海外での武力行使に道を開き、憲│ │ │       │       │  法9条を根底から破壊する憲法違反の戦争法│ │ │       │       │  案であることが明白となり、政府は、戦争法│ │ │       │       │  案の根幹部分、立法の根拠=立法事実が総崩│ │ │       │       │  れになり、100回を超えて審議が中断するな │ │ │       │       │  ど整合的な答弁ができなくなっている。  │ │ │       │       │   マスコミの世論調査では、戦争法案反対が│ │ │       │       │  過半数を超え、安倍政権が国民に法案を「十│ │ │       │       │  分説明しているとは思わない」が8割にも達│ │ │       │       │  し、民主主義立憲主義をじゅうりんする安│ │ │       │       │  倍政権の強引なやり方に怒りと批判が高まっ│ │ │       │       │  ている。8月30日には、「戦争させない・9│ │ │       │       │  条壊すな!総がかり行動実行委員会」の呼び│ │ │       │       │  かけで、国会周辺で12万人、全国1000カ所以│ │ │       │       │  上で「戦争法案、絶対廃案!」「憲法9条守│ │ │       │       │  れ」「殺し、殺される日本への逆行を絶対に│ │ │       │       │  許してはならない」と、60年安保闘争以来、│ │ │       │       │  最大規模の集会、デモ、宣伝が展開されるな│ │ │       │       │  ど、平和と憲法の危機に全国津々浦々で多く│ │ │       │       │  の国民が世代を超えて立ち上がっている。安│ │ │       │       │  倍政権は、「戦争法案廃案」を求める国民の│ │ │       │       │  圧倒的な声を聞き、戦争法案強行をきっぱり│ │ │       │       │  断念すべきである。市長の見解を問う   │ │ │       │       │(2) 参院安保法制特別委員会で、8月11日、防│ │ │       │       │  衛省が、国会の審議も始まってない中で戦争│ │ │       │       │  法案の成立を前提に、自衛隊の部隊編成運用│ │ │       │       │  計画まで記載している統合幕僚監部の内部資│ │ │       │       │  料が明らかにされ、政府もその存在を認め │ │ │       │       │  た。9月2日には、「政治的中立性」が厳し│ │ │       │       │  く問われるべき自衛隊のトップである河野克│ │ │       │       │  俊統合幕僚長が2014年12月の総選挙直後、米│ │ │       │       │  軍に対して戦争法案の成立時期を「来年夏ま│ │ │       │       │  でに」と伝達、「オスプレイの不安全性をあ│ │ │       │       │  おるのは一部の活動家だけだ」「新基地の強│ │ │       │       │  力推進」を述べていたことが、自衛隊内部文│ │ │       │       │  書によって暴露された。国会も国民も無視 │ │ │       │       │  し、県内全市町長、全議会議長が署名し安倍│ │ │       │       │  首相らに手交した「建白書」も否定する自衛│ │ │       │       │  隊の暴走、対米従属の実態が再び明らかにな│ │ │       │       │  った。市長の見解を問う         │ │ │       │       │(3) 戦後70年にあたっての「安倍談話」は、 │ │ │       │       │  「侵略」「植民地支配」「反省」「お詫び」│ │ │       │       │  などの文言がちりばめられているが、日本が│ │ │       │       │  「国策を誤り」、「植民地支配と侵略」を行│ │ │       │       │  ったという「村山談話」に示された歴史認識│ │ │       │       │  はまったく語られてない。「反省」と「お詫│ │ │       │       │  び」も過去の歴代政権が表明したという事実│ │ │       │       │  に言及しただけで、首相自らの言葉としては│ │ │       │       │  語らないという欺瞞に満ちたものである。沖│ │ │       │       │  縄タイムス社説では、「侵略や植民地支配と│ │ │       │       │  も主語がはっきりせず、加害者としての立場│ │ │       │       │  を意図的にぼかしていると言わざるを得な │ │ │       │       │  い。」、琉球新報社説では「率直に加害の過│ │ │       │       │  去を反省し、アジアにわびる言葉がなかった│ │ │       │       │  点など評価できない。」と批判している。見│ │ │       │       │  解を問う                │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 新基地建設│(1) 9月5日、新基地建設ストップ!名護市辺│ │ │       │ 問題について│  野古現地集会が開催され、多くの県民が新基│ │ │       │       │  地建設阻止へ屈しない決意を確認した   │ │ │       │       │   7月16日、県第三者委員会は、前知事の埋│ │ │       │       │  め立て承認に「法律的瑕疵が認められる」と│ │ │       │       │  した報告書を翁長知事に提出した。「あらゆ│ │ │       │       │  る手法を駆使して新基地は造らせない」との│ │ │       │       │  公約を掲げて当選した翁長知事は報告書を │ │ │       │       │  「最大限尊重する」としており、前知事の承│ │ │       │       │  認を取り消せば、政府は新基地建設の法的根│ │ │       │       │  拠を一切失うことになる。市長の見解を問う│ │ │       │       │(2) 翁長知事のぶれないがんばり、県民のたた│ │ │       │       │  かいに追いつめられている政府は、工事を中│ │ │       │       │  断し、県と集中協議に臨んでいるしかし、政│ │ │       │       │  府は「辺野古が唯一の解決策」とする固定観│ │ │       │       │  念を捨てきれず、菅官房長官が協議終了後の│ │ │       │       │  工事再開を明言した。市長の見解を問う  │ │ │       │       │(3) 沖縄振興予算(補正後)は、1995年度から│ │ │       │       │  2002年度まで3千億円台が続いたが、2003年│ │ │       │       │  度に3千億円割れし、再び3千億円台に乗せ│ │ │       │       │  たのは2013年度である。政府は、新基地建設│ │ │       │       │  問題を絡めて沖縄だけが振興予算で特別に手│ │ │       │       │  厚くもてなしているようにみせかける印象操│ │ │       │       │  作を企てている。振興予算の中身は他県も受│ │ │       │       │  け取っている国庫支出金が主で、沖縄は厚遇│ │ │       │       │  されてない。そこで、1995年度と比較した沖│
    │ │       │       │  縄振興予算、政府全体予算の伸び率、本県と│ │ │       │       │  他府県の国からの財政移転の比較を問う  │ │ │       │       │(4) 辺野古新基地建設予定地の名護市の稲嶺市│ │ │       │       │  長は、市の広報紙『市民のひろば』(2011年│ │ │       │       │  2月号・配布資料参照)で「再編交付金にた│ │ │       │       │  よらないまちづくりに邁進します」と宣言 │ │ │       │       │  し、米軍基地再編交付金を拒否し、市政運営│ │ │       │       │  を進めている。名護市の今年度一般会計当初│ │ │       │       │  予算は、自民・保守市政時代よりも、96億 │ │ │       │       │  円、30%も増え、建設事業費、基金積立額も│ │ │       │       │  増加している              │ │ │       │       │   そこで、米軍基地再編交付金にたよらない│ │ │       │       │  稲嶺名護市長の取り組みへの見解を問う  │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 米軍ヘリ墜│ 8月12日、うるま市沖の太平洋上で訓練してい│ │ │       │ 落事故につい│た米本国のフォート・キャンベル陸軍航空基地所│ │ │       │ て     │属、第160特殊作戦航空連隊の特殊作戦ヘリ・M │ │ │       │       │H60Mブラックホークが米海軍大型輸送艦レッ │ │ │       │       │ド・クラウへの着艦に失敗し、墜落する重大事故│ │ │       │       │が発生した。今回の外来機の事故は、テロリスト│ │ │       │       │など武装勢力に乗っ取られた船に特殊部隊員がヘ│ │ │       │       │リから降下し、奪還するという想定の訓練中で、│ │ │       │       │ヘリ乗員17人中、陸上自衛隊の特殊作戦部隊の隊│ │ │       │       │員2人を含む7人が負傷した。この事故によっ │ │ │       │       │て、新ガイドライン(日米軍事協力の指針)と戦│ │ │       │       │争法案を先取りし、国際法と他国の主権を侵害す│ │ │       │       │る、海外での秘密作戦を任務にした米軍特殊作戦│ │ │       │       │部隊と、自衛隊特殊作戦部隊との共同訓練が常態│ │ │       │       │化していることも明らかになった       │ │ │       │       │ 本市議会は、今回のヘリ墜落事故に関し、9月│ │ │       │       │1日、住宅地と漁場上空での飛行停止や外来機の│ │ │       │       │訓練中止など実効ある再発防止策を講ずることな│ │ │       │       │どを求める意見書、抗議決議を全会一致で採択し│ │ │       │       │た                     │ │ │       │       │ 政府は、米陸軍トップのオディエルノ参謀総長│ │ │       │       │が「一つの事故で大騒ぎをするつもりはない」 │ │ │       │       │「残念だが事故は時々起こる」と述べたことや、│ │ │       │       │原因究明や再発防止策が講じられないなかで、同│ │ │       │       │型機を飛行再開させた米軍に対し抗議もせず、米│ │ │       │       │国追随、県民の生命の安全より米軍を優先する姿│ │ │       │       │勢に終始している。見解を問う        │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 児童クラブ│ 担当部署と関係者の努力もあり児童クラブが増│ │ │       │ の施策拡充に│えていることを評価する。児童クラブの現状  │ │ │       │ ついて   │(数、人員、保育料、減免措置、指導員の待遇)│ │ │       │       │の中核市との比較を問う           │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 消防体制の│(1) 救急隊の現状と救急出場回数の推移を問う│ │ │       │ 拡充について│(2) 救急隊の全隊出場の回数と発生した問題を│ │ │       │       │  問う                  │ │ │       │       │(3) 市民と観光客などの生命、身体及び財産を│ │ │       │       │  守るためにも、全国の中核市で一番少ない消│ │ │       │       │  防職員の増員と救急隊の増隊を急ぐべきであ│ │ │       │       │  る。見解を問う             │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ 代表質問(2日目) 平成27年9月8日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│前 田 千 尋  │1 待機児童解│ 8月21日、那覇市認定こども園キックオフ宣│ │ │(日本共産党)│ 消に向けて │言を城間市長が行った。待機児童解消へ期待され│ │ │       │       │ているが、公立幼稚園の幼保連携型認定こども園│ │ │       │       │移行の進捗を問う              │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 命を守る取│ 今年、県内でも幼児が虐待によって死亡する事│ │ │       │ り組みについ│件が起こった。この事件では、母親もDV被害を│ │ │       │ て     │受けており、多様な対応と支援が必要であること│ │ │       │       │も明らかになった              │ │ │       │       │ 子どもへの虐待や配偶者などからのDV被害に│ │ │       │       │対する本市の取り組みの概要と課題について問う│ │ │       │       │                      │ │ │       │3 子どもの貧│ いじめや虐待、深夜徘回など、こどもを取り巻│ │ │       │ 困対策の充実│く環境において、いつでも相談できる人と場所が│ │ │       │ を     │重要である                 │ │ │       │       │(1) 那覇市内のいじめ、不登校、深夜徘回の実│ │ │       │       │  態と対応を問う             │ │ │       │       │(2) 市内小中学校のスクールソーシャルワー │ │ │       │       │  カーの役割と配置について問う      │ │ │       │       │(3) こどもの居場所づくりの取り組みについて│ │ │       │       │  問う                  │ │ │       │       │(4) 地域の見守りの要となる民生委員、児童委│ │ │       │       │  員の役割は重要である。那覇市の実態を問う│ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ 代表質問(2日目) 平成27年9月8日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │3│金 城 敏 雄  │1 行政サービ│ 平成24年12月、那覇市役所が新しく建設された│
    │ │(自 民 党) │ スについて │が、「現在までタクシー乗り場が設置されていな│ │ │       │       │い」との利用者からの苦情の声と意見がある  │ │ │       │       │ 那覇市役所(本庁)には、多くの市民の方が訪│ │ │       │       │れているが、特に交通弱者の高齢者や障がい者の│ │ │       │       │利便性を高めるためにも、一日でも早く設置が必│ │ │       │       │要である。今後の対応、取り組みについて以下伺│ │ │       │       │う                     │ │ │       │       │(1) 那覇市役所前タクシー乗り場の駐停車場 │ │ │       │       │  設置について              │ │ │       │       │(2) 現在の総合案内でのタクシー利用者への │ │ │       │       │  対応について              │ │ │       │       │(3) 総合案内での介添等を希望の市民(お客 │ │ │       │       │  様)、その他お困りの市民(お客様)につい│ │ │       │       │  てどのように対応しているかについて(車イ│ │ │       │       │  スなど)                │ │ │       │       │(4) バリアフリー法・福祉のまちづくり条例に│ │ │       │       │  よる「認定特定建築物」適合証について  │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 福祉行政に│ 団塊の世代が75歳以上となる2025(平成37)年│ │ │       │ ついて   │を見据え、重度な要介護状態となっても住み慣れ│ │ │       │       │た地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続け│ │ │       │       │ることができるよう、医療・介護・予防・住まい│ │ │       │       │・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシ│ │ │       │       │ステムの構築を目指す            │ │ │       │       │(1) 介護保険制度改正について伺う     │ │ │       │       │(2) 組織体制について           │ │ │       │       │  新たに「介護制度改革課」設置の考えはない│ │ │       │       │  か伺う(地域支援事業の拡充に向けて)  │ │ │       │       │(3) 新しい「介護予防・日常生活支援総合事 │ │ │       │       │  業」を実施すると何が変わるのか伺う   │ │ │       │       │(4) 市民への周知について伺う(介護保険制度│ │ │       │       │  改正 特集号の計画など)        │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 行政指導に│ 石嶺在、砂販売所の事業に起因する騒音、振 │ │ │       │ ついて   │動、粉じん、悪臭等が発生し、居住環境が著しく│ │ │       │       │阻害されていることについて伺う       │ │ │       │       │(1) 事業者に是正指導などどのように行ってい│ │ │       │       │  るかを伺う               │ │ │       │       │(2) 事業場移転に向けて沖縄県等と連携、対応│ │ │       │       │  について伺う              │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 ぶんかテン│ 那覇市ぶんかテンブスサテライトスタジオの新│ │ │       │ ブス館の利用│しい条例及び規則を改正後の利用状況について伺│ │ │       │ について  │う                     │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ 代表質問(2日目) 平成27年9月8日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │4│屋 良 栄 作  │1 学力テスト│(1) 2015年度全国学力・学習状況調査(全│ │ │(ひやみかち那│ について  │  国学力テスト)の那覇市内の学校における結│ │ │覇・無所属の会)│       │  果はどうなっているか伺う        │ │ │       │       │(2) 中学校の結果が小学校に比べて芳しくない│ │ │       │       │  のはなぜか。また、県内外の私立中学へ進学│ │ │       │       │  する生徒の数はどうなっているか、その因果│ │ │       │       │  関係はあるか伺う            │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 歯科保健行│(1) 策定予定の(第2次)健康なは21におい │ │ │       │ 政について │  て、歯科保健行政の位置づけはどうなってい│ │ │       │       │  るか伺う                │ │ │       │       │(2) 歯の衛生状況が、子どもの学力にどのよう│ │ │       │       │  な影響を与えているのか伺う       │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 家庭訪問に│ 本市の小中学校における家庭訪問の目的及び実│ │ │       │ ついて   │施状況はどうなっているか伺う        │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 不登校対策│(1) 本市の小中学校における不登校対策はどう│ │ │       │ について  │  なっているか伺う            │ │ │       │       │(2) 全国の先進的な事例ドキュメンタリー映画│ │ │       │       │  「みんなの学校」で全国に紹介された大阪市│ │ │       │       │  立大空小学校等と比べて、足りない部分があ│ │ │       │       │  るか伺う                │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 青少年の深│(1) 青少年の深夜徘回の状況はどうなっている│ │ │       │ 夜徘回につい│  か伺う。特に午前0時以降には、どのような│ │ │       │ て     │  対策を講じているか伺う         │ │ │       │       │(2) 大阪市での中1男女殺人事件から得られる│ │ │       │       │  教訓は何か伺う             │ │ │       │       │                      │ │ │       │6 自転車保険│ 本市の小中学校における児童・生徒の自転車所│ │ │       │ について  │有の状況及び自転車保険の加入状況はどうなって│ │ │       │       │いるか伺う                 │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ 代表質問(2日目) 平成27年9月8日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │5│瀬 長  清 │1 子ども行政│(1) 待機児童対策としての19人以下の小規模保│
    │ │(ひやみかち那│ について  │  育の促進について            │ │ │覇・無所属の会)│       │   政府は「待機児童解消加速化プラン」の中│ │ │       │       │  で2017年度末までの5年間で保育施設の定員│ │ │       │       │  を40万人分増やし、待機児童をなくす目標を│ │ │       │       │  掲げている               │ │ │       │       │   その目標達成の一環として、特に都市部を│ │ │       │       │  中心に定員19人以下の「小規模保育」の整備│ │ │       │       │  を促進するための支援を行うとしている。そ│ │ │       │       │  こで、那覇市における「小規模保育」への取│ │ │       │       │  り組みについて、当局の所見を求めます  │ │ │       │       │  ① 那覇市は、待機児童対策としての小規模│ │ │       │       │   保育事業について、どのような認識をもっ│ │ │       │       │   ているか               │ │ │       │       │  ② 小規模保育事業の認可基準はどのような│ │ │       │       │   ものか                │ │ │       │       │  ③ 施設の整備や運営費について、どのよう│ │ │       │       │   な助成があるのか           │ │ │       │       │  ④ 他市町村では「小規模保育」はなされて│ │ │       │       │   いるのに、那覇市でなされていないのは、│ │ │       │       │   何か課題があるのか          │ │ │       │       │  ⑤ 那覇市は、今後小規模保育にどのように│ │ │       │       │   取り組んでいくのか          │ │ │       │       │(2) 待機児童対策としての国有財産の活用につ│ │ │       │       │  いて                  │ │ │       │       │   財務省は、先月利用されていない国有地の│ │ │       │       │  保育所開設を希望する自治体や社会福祉法人│ │ │       │       │  に売却、又は、貸し出すとともに、国家公務│ │ │       │       │  員宿舎の空き屋を保育ママ事業として貸し出│ │ │       │       │  すことにより、待機児童の解消を図っていく│ │ │       │       │  ことを明らかにした。そこで、那覇市におけ│ │ │       │       │  る国有財産の活用について、当局の所見を求│ │ │       │       │  める                  │ │ │       │       │  ① 待機児童解消の一環として、那覇市にお│ │ │       │       │   ける国有財産の活用について、これまでど│ │ │       │       │   のような取り組みが行われ、その活用の内│ │ │       │       │   容はどのようなものか         │ │ │       │       │  ② 那覇市は今後、国有財産の活用につい │ │ │       │       │   て、どのように取り組んでいくのか   │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 教育行政に│ 小中学校における不登校の実態とその対応につ│ │ │       │ ついて   │いて                    │ │ │       │       │ 文部科学省は、2014年度の小中学校不登校者│ │ │       │       │数は、前年度より3,285人増の12万2,902人で2年│ │ │       │       │連続増加したと明らかにした。又、同調査で、沖│ │ │       │       │縄県の1,000人当たりの不登校者数は、小学校で │ │ │       │       │全国の3.6人に対し、沖縄県は、4.2人、中学校で│ │ │       │       │全国の26.9人に対し、沖縄県は31.7人高くなって│ │ │       │       │おり、特に中学校は過去最高になっている。  │ │ │       │       │ そこで、那覇市の小中学校における不登校の実│ │ │       │       │態とその対応について、当局の所見を伺う   │ │ │       │       │(1) 那覇市の小中学校における不登校の平成23│ │ │       │       │  年度から平成26年度までの実態はどうなって│ │ │       │       │  いるのか                │ │ │       │       │(2) 不登校が出る背景や要因にはどのようなこ│ │ │       │       │  とが考えられますか。また、那覇市の特徴と│ │ │       │       │  して、どのような事があるのか      │ │ │       │       │(3) 不登校の対応として、どんな取り組みが必│ │ │       │       │  要と考えるのか             │ │ │       │       │(4) これまでの那覇市不登校への取り組みと│ │ │       │       │  今後の対応について伺う         │ │ │       │       │(5) 自立支援教室「きら星学級」の活動内容に│ │ │       │       │  ついて伺う。              │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ 代表質問(2日目) 平成27年9月8日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│花 城 正 樹  │1 真和志南地│(1) 基本設計について進捗を伺う      │ │ │(なは民主) │ 区活き活き人│(2) 事業を進めていく上での課題点と事業実現│ │ │       │ 材育成支援施│  の見通しについて伺う          │ │ │       │ 設(仮称)つ│                      │ │ │       │ いて    │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 第一牧志公│ 今後の方向性と課題について伺う      │ │ │       │ 設市場再整備│                      │ │ │       │ 事業について│                      │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ 代表質問(2日目) 平成27年9月8日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │7│清 水 磨 男  │ 生活困窮者自│ 法制化作業からの懸念と、その現状について伺│ │ │(なは民主) │立支援法につい│う                     │ │ │       │て      │                      │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘
    代表質問(2日目) 平成27年9月8日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │8│前 泊 美 紀  │1 人口減少時│ 国立社会保障・人口問題研究所の「日本の地域│ │ │(無所属の会)│ 代への本市の│別将来推計人口(平成25年3月推計)」によれ │ │ │       │ 対応について│ば、2040年の本市の人口は29万800人と、2010年 │ │ │       │       │の92%まで減少すると予測されている。また、そ│ │ │       │       │の中で、年少人口と生産年齢人口は減少する一方│ │ │       │       │で、老齢人口は17.9%から31.5%へ増加すること│ │ │       │       │が予測されている              │ │ │       │       │ 本市の人口減少時代の課題をどうとらえている│ │ │       │       │か見解と対応を問う             │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 女性がより│(1) 女性の登用を促すため、大企業や国、地方│ │ │       │ 活躍できる社│  自治体に数値目標の設定を義務付ける「女性│ │ │       │ 会を目指す取│  の職業生活における活躍の推進に関する法 │ │ │       │ り組みについ│  律」が成立した             │ │ │       │ て     │   報道では「(この)新法を単なる働き手の│ │ │       │       │  確保」の手段にしてはならない」とし、経営│ │ │       │       │  者や職場での男性優位意識を変えていくこと│ │ │       │       │  や、社会全体での働き方の改革、子育てしや│ │ │       │       │  すい環境の整備の必要性が指摘されている │ │ │       │       │   市の見解を問う            │ │ │       │       │(2) 市が発注する公共工事に関し、女性技能者│ │ │       │       │  ・技術者の働きやすい職場づくりに向けた取│ │ │       │       │  り組みについて、本市の現状把握を問う  │ │ │       │       │(3) ひとり親家庭を対象とした「学習支援ボラ│ │ │       │       │  ンティア事業」「ひとり親家庭高等学校卒業│ │ │       │       │  程度認定試験合格支援事業」について、市長│ │ │       │       │  の見解を問う              │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 総合計画と│(1) 第5次那覇市総合計画の策定スケジュール│ │ │       │ 協働によるま│  を問う                 │ │ │       │ ちづくりにつ│(2) 第4次那覇市総合計画の検証をどのように│ │ │       │ いて    │  行い、第5次総計に生かすか       │ │ │       │       │(3) 第4次総計中の施策「税金の一部の使い方│ │ │       │       │  を決められる仕組みをつくる」について、現│ │ │       │       │  状と見解を問う             │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘             平成27年(2015年)9月那覇市議会定例会                一般質問発言通告書(1日目)                 平成27年9月9日(水)                           ※1人当たり15分間(答弁を除く) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│高 良 正 幸  │1 教育行政に│ 鏡原中学校改築事業について        │ │ │(新 風 会) │ ついて   │(1) 鏡原中学校改築の施設概要について伺う │ │ │       │       │(2) 事業スケジュールを伺う        │ │ │  質問方式  │       │                      │ │ │総括質問方式 │2 公園行政に│ 山下町第一洞穴遺跡公園について      │ │ │(演壇・質問席)│ ついて   │(1) 山下町第一洞穴遺跡公園の意義とこれまで│ │ │       │       │  の経緯を伺う              │ │ │       │       │(2) 現在の進捗状況を伺う         │ │ │       │       │(3) 今後の施設の活用と管理方法を伺う   │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 交通行政に│ 自転車の安全利用について         │ │ │       │ ついて   │(1) 最近数年の自転車事故の概要を伺う   │ │ │       │       │(2) 6月1日からの改正道路交通法の施行に伴│ │ │       │       │  い、自転車運転者講習制度が始まる。その内│ │ │       │       │  容を伺う                │ │ │       │       │(3) 自転車保険について伺う        │ │ │       │       │(4) 市内の小中学校現場において、自転車の安│ │ │       │       │  全利用に関する指導を行っている学校数と指│ │ │       │       │  導内容を伺う              │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成27年9月9日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│翁 長 大 輔  │1 自殺対策の│(1) 本市における自殺者数の推移と特徴。県・│ │ │(日本共産党)│ 拡充について│  国内との比較、諸外国との比較について問う│ │ │       │       │(2) 本市における自殺対策の取り組みについて│ │ │  質問方式  │       │  問う                  │ │ │一問一答方式 │       │(3) 学校現場での悩みを抱える児童生徒の支援│ │ │(質問席のみ)│       │  について問う              │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 交通行政に│ 那覇市立病院から松川にかけての市道で、サン│ │ │       │ ついて   │エー食品館真嘉比店前の右折用の車線はあるが、│ │ │       │       │矢印信号などが設けられていないために、右折が│ │ │       │       │大変困難との相談を受けた。黄色や赤信号時に、│
    │ │       │       │強引に交差点へ進入しなければならない現状が見│ │ │       │       │られ、改善すべきである。見解を問う     │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成27年9月9日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │3│坂 井 浩 二  │1 子ども行政│ 子ども達の健全育成及び安心・安全な子育て環│ │ │(ひやみかち那│ について  │境整備について伺う             │ │ │覇・無所属の会)│       │(1) 幼保連携の新たな形態として認定子ども園│ │ │       │       │  がスタートするが、以下伺う       │ │ │  質問方式  │       │  ① 従来の受け入れ体制で実行できなかった│ │ │総括質問方式 │       │   新たなサービス提供として、どのような充│ │ │(演壇・質問席)│       │   実が図れるか。公私連携型、公立型それぞ│ │ │       │       │   れのメリットを伺う          │ │ │       │       │  ② 公私連携型移行に伴う現幼稚園教諭の処│ │ │       │       │   遇は、どのようになるか        │ │ │       │       │(2) 認可外保育施設を利用する「ひとり親保 │ │ │       │       │  育」への支援に対して、さらなる充実を図る│ │ │       │       │  べきである。本市内における支援状況はどの│ │ │       │       │  ようになっているのか          │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 協働のまち│(1) 今年度協働のまちづくりの拠点として新た│ │ │       │ づくりについ│  に開所した「市民協働プラザ」の施設利活用│ │ │       │ て     │  状況について、以下伺う         │ │ │       │       │  ① 入居団体の総数と、外部からの利用団体│ │ │       │       │   ・個人数はそれぞれいくらか伺う    │ │ │       │       │  ② 駐車場の運用状況はどうなっているか │ │ │       │       │  ③ これまでの会議室の利用状況はどうなっ│ │ │       │       │   ているか               │ │ │       │       │(2) 市民協働プラザの活用策として児童・生徒│ │ │       │       │  の学習支援も行うべきであると考えるが、当│ │ │       │       │  局の見解を伺う             │ │ │       │       │(3) 那覇北・新港周辺地域への生涯学習施設と│ │ │       │       │  しての拠点整備は、今後の計画としてどうな│ │ │       │       │  っているか伺う             │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 中心商店街│ 平和通りにおいてトイレの貸し出し及び観光情│ │ │       │ 活性化と利活│報の発信拠点として開所したまちぐゎー案内所 │ │ │       │ 用について │「ゆっくる」について、以下伺う       │ │ │       │       │(1) 「ゆっくる」開所に伴うこれまでの利用効│ │ │       │       │  果及び今後の課題を伺う         │ │ │       │       │(2) 高齢化社会に伴う、お年寄りにやさしいま│ │ │       │       │  ちづくりが求められる。いわゆる買い物弱者│ │ │       │       │  対策、例えば買い物代行サービス等の連携施│ │ │       │       │  設として「ゆっくる」を活用してはどうか、│ │ │       │       │  当局の見解を伺う            │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成27年9月9日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │4│我如古 一 郎 │1 国保行政に│(1) 2018年度の県単位化実施が、現状と変わら│ │ │(日本共産党)│ ついて   │  ない、あるいは市町村と国保加入者の負担増│ │ │       │       │  になるような仕組みになってはならない。制│ │ │  質問方式  │       │  度設計に対する本市の見解を問う     │ │ │総括質問方式 │       │(2) 今回の保険者支援制度の財政支援拡充策 │ │ │(質問席のみ)│       │  で、本市にいくら交付されるか。また、支援│ │ │       │       │  拡充後の本市の国保財政はどうなるのか  │ │ │       │       │(3) 現状の保険税率で、均等割は同居家族が多│ │ │       │       │  い低所得者ほど保険税負担が重くなってい │ │ │       │       │  る。国保加入者で、夫婦子供2人、給与収入│ │ │       │       │  300万円の世帯の税額と負担率を問う    │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 住宅リフォ│(1) 住宅リフォーム助成制度の実施を提案して│ │ │       │ ーム助成制度│  きたが、現在の検討状況を問う      │ │ │       │ について  │(2) 住宅リフォーム助成制度については、政府│ │ │       │       │  の新型交付金「地域消費喚起・生活支援型」│ │ │       │       │  を活用している自治体があった。本市の同交│ │ │       │       │  付金の事業採択の考え方はどうであったか。│ │ │       │       │  見解を問う               │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 地域排水路│(1) 認可保育園、あさひ保育園に隣接する排水│ │ │       │ について  │  路は、以前にも改善するよう指摘したが、そ│ │ │       │       │  の後の対応を問う            │ │ │       │       │(2) この排水路は、南風原町とあさひ保育園の│ │ │       │       │  境界にある排水路の、雨水のほとんどは南風│ │ │       │       │  原町側から流れ込む。しかし、排水路の断面│ │ │       │       │  が小さすぎるために、たびたび氾濫し不安を│ │ │       │       │  与えている。保育園の建て替えを機に、排水│ │ │       │       │  路の改善の要望があるが、対応を問う   │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 環境保全対│ 識名霊園の周辺地域で、清明祭や七夕のお墓掃│ │ │       │ 策について │除で出されるごみの対策と、不法投棄や放置車両│ │ │       │       │についての対策を問う            │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │
    └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成27年9月9日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │5│奥 間  亮 │1 子どもの貧│(1) 「子どもの貧困問題」への対策をさらに推│ │ │(自 民 党) │ 困対策につい│  進すべきである。本市は「こどもの貧困問 │ │ │       │ て     │  題」に対して、これまでどのような対策を行│ │ │  質問方式  │       │  ってきたのか。また、今後はどのような対策│ │ │総括質問方式 │       │  を行っていくのか伺う          │ │ │(演壇・質問席)│       │(2) 貧困の負の連鎖を断ち切るための対策、教│ │ │       │       │  育支援、学習支援等に力を入れて、充実させ│ │ │       │       │  るべきである。見解を伺う        │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 那覇空港滑│(1) 「2020年オリンピック・パラリンピック東│ │ │       │ 走路増設事業│  京大会」開催を見据え、那覇空港第二滑走路│ │ │       │ について  │  を工期内に完成させ、早期供用開始を実現さ│ │ │       │       │  せるよう那覇市からも強く要請すべきであ │ │ │       │       │  る。見解を伺う             │ │ │       │       │(2) 滑走路増設事業について、現場での工事環│ │ │       │       │  境はいかがか伺う            │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 バリアフリ│ 本市も「バリアフリー基本構想」を策定し、重│ │ │       │ ー化の推進に│点整備地区等を定める等、さらにバリアフリー化│ │ │       │ ついて   │を進めるべきである。見解を伺う       │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 少年補導活│ 子ども達が事件・事故に巻き込まれることを防│ │ │       │ 動の推進につ│ぐため、本市も少年補導活動にさらに協力して取│ │ │       │ いて    │り組むべきである。見解を伺う        │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 特別支援学│ 本市には、知的障がいを持つ児童生徒等が通う│ │ │       │ 校の設置につ│特別支援学校がない。よって那覇市の300名以上 │ │ │       │ いて    │の児童生徒が、他の市町村にある特別支援学校に│ │ │       │       │通っているという実態がある。これは特別支援学│ │ │       │       │校の定員2校分に相当する          │ │ │       │       │ 生徒や保護者の負担を軽減するためにも、この│ │ │       │       │ような特別支援学校を本市に設置すべきである。│ │ │       │       │見解を伺う                 │ │ │       │       │                      │ │ │       │6 SNSを活│ 行方不明者の手配情報をSNSで共有する等、│ │ │       │ 用した事件・│県警と連携し、本市はSNSを活用した事件事故│ │ │       │ 事故防止、安│防止、安心安全なまちづくりを推進すべきであ │ │ │       │ 心・安全な街│る。見解を伺う               │ │ │       │ づくりの推進│                      │ │ │       │ について  │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │7 北朝鮮によ│ 警察庁が公表している「北朝鮮による拉致の可│ │ │       │ る拉致問題に│能性を排除できない事案に係る方々」は877名お │ │ │       │ ついて   │り、そのうち沖縄県には32名の行方不明者が把握│ │ │       │       │されている。その中には那覇市民も多くいる  │ │ │       │       │ 拉致問題や特定失踪者、行方不明者の情報に関│ │ │       │       │する担当課を定め、広報活動など拉致問題解決に│ │ │       │       │寄与する取り組みを推進すべきである。見解を伺│ │ │       │       │う                     │ │ │       │       │                      │ │ │       │8 多子世帯へ│ 多子世帯(子どもの多い世帯)への子育てに係│ │ │       │ の保育政策の│る負担をできるだけ軽減し保育政策を拡充すべき│ │ │       │ 充実について│である。見解を伺う             │ │ │       │       │                      │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成27年9月9日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│湧 川 朝 渉  │1 生活保護の│(1) 生活保護の住宅扶助(家賃)の上限が7月│ │ │(日本共産党)│ 住宅扶助(家│  から引き下げられた。その概要について問う│ │ │       │ 賃)について│(2) 住宅扶助(家賃)については、厚生労働省│ │ │  質問方式  │       │  が示した経過措置の「通達」に基づいた対応│ │ │一問一答方式 │       │  が必要である。当局の見解を問う     │ │ │(質問席のみ)│       │                      │ │ │       │2 教育行政に│ 小・中学校のクーラー設置の進捗状況について│ │ │       │ ついて   │問う                    │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 健康なは21│ 那覇市の健康課題と対策について、当局の見解│ │ │       │ (第2次)に│を問う                   │ │ │       │ ついて   │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 特別養護老│ 地域密着型・特別養護老人ホームの取り組みの│ │ │       │ 人ホームにつ│スケジュールについて問う          │ │ │       │ いて    │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 中心市街地│ 中心市街地活性化基本計画での牧志公設市場の│ │ │       │ 活性化基本計│位置づけについて問う            │ │ │       │ 画について │                      │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成27年9月9日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐
    │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │7│粟 國  彰 │1 空き家対策│ 空き家対策特別設置法が施行され、持ち主に管│ │ │(自 民 党) │ について  │理を促すのが狙いの制度だが、県内は10軒の内1│ │ │       │       │軒が空き家となっていると調査で分かった   │ │ │  質問方式  │       │ 台風で瓦が落ちないか、火事が起きないか、心│ │ │一問一答方式 │       │配はつきもので、放置していると重い賠償責任を│ │ │(質問席のみ)│       │負いかねない。例えば、空き家が崩壊し、隣家を│ │ │       │       │押しつぶし、住んでいた家族3人死亡した場合、│ │ │       │       │損害賠償額2億円に上るケースもある     │ │ │       │       │ また、家、マンション、ビルの外壁が落ち、歩│ │ │       │       │いている人が死亡した場合は、約5,600万円請求 │ │ │       │       │されることも起きる。放置していると、固定資産│ │ │       │       │税の税収も変わる。空き家を更地にした場合、仮│ │ │       │       │に1軒10万円の固定資産税が5倍の50万円となる│ │ │       │       │ 危険な空き家対策について伺う       │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 地方創生基│ 地方創生基本方針、まち・ひと・しごと創生基│ │ │       │ 本方針につい│本方針2015がスタートしている        │ │ │       │ て     │ 各自治体は、多様に取り組んでいるかと思う │ │ │       │       │が、プレミアム商品券やプレミアム宿泊券等、各│ │ │       │       │自治体によって違うが、基本方針が掲げた主な政│ │ │       │       │策は、働く場づくり、新たな人の流れ、結婚出 │ │ │       │       │産、子育て、地域連携、例えば、観光ブランド、│ │ │       │       │水産業、農業などが加工製品戦略を担う新しい政│ │ │       │       │策も提示しているようである。そこで、本市の新│ │ │       │       │しい政策戦略など伺う            │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 建設行政に│ 県発注建設工事の最低制限価格、つまり予定価│ │ │       │ ついて   │格70%~90%の見直し、検討の必要性があるとい│ │ │       │       │う意見が相次ぐようである。理由は、受注した業│ │ │       │       │者の4割が赤字となったようである。原因は、人│ │ │       │       │件費や材料費高騰が上げられている      │ │ │       │       │ 見直しの必要性は、人手不足の解消や安全対策│ │ │       │       │面の経済削減防止などの観点から引き上げを必要│ │ │       │       │と示した、本市2014年度事業について伺う   │ │ │       │       │(1) 沖縄県が2014年度に受注業者へ行ったアン│ │ │       │       │  ケートについて、何件の事業が赤字であった│ │ │       │       │  か伺う                 │ │ │       │       │(2) 本市において2014年に受注業者が決まらな│ │ │       │       │  い、つまり、入札が不調となった工事は何件│ │ │       │       │  あったか伺う              │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成27年9月9日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │8│下 地 敏 男  │1 施政方針に│ 昨年11月に城間市政が誕生し、やがて1年目を│ │ │(社社市民  │ ついて   │迎える。この間、城間市長は全力で市政運営に取│ │ │   ネット)│       │り組んでいる。一年間を振り返ってどのような感│ │ │       │       │想を持つか伺う。              │ │ │  質問方式  │       │                      │ │ │総括質問方式 │2 動物愛護行│ 犬、猫の遺棄、虐待をなくし殺処分ゼロにする│ │ │(演壇・質問席)│ 政について │ことは、命を大切にする豊かな心を涵養する。こ│ │ │       │       │れまで以上の啓蒙は動物愛護行政の推進にとって│ │ │       │       │喫緊の課題である。26年度の殺処分数と犬、猫に│ │ │       │       │係る予算額について伺う           │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 NAHAマ│ 本年度の応募状況及び運営体制は万全か伺う │ │ │       │ ラソンについ│                      │ │ │       │ て     │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 観光行政に│ 国際通りはこれまでにない国内外の多くの観光│ │ │       │ ついて   │客でにぎわい、歩道は時間帯によっては肩が触れ│ │ │       │       │合うほど混雑する活況を呈している。国際通り一│ │ │       │       │極集中の感さえする。こうした状況を改善し、ゆ│ │ │       │       │ったりと観光を楽しむ街づくりが問われている。│ │ │       │       │方策を伺う                 │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 市民情報保│ 本市の情報流出の対策については平成23年12月│ │ │       │ 護について │議会で質問した。その後年金機構の情報流出が発│ │ │       │       │生、今の情報社会では自治体が有する大量の市民│ │ │       │       │の個人情報の保護に対策強化は最重要課題であ │ │ │       │       │る。本市はどのような対策があるか伺う    │ │ │       │       │                      │ │ │       │6 教育行政に│ 本市の公立小・中学校の敷地内を平日休日昼夜│ │ │       │ ついて   │関係なく、授業中でも一般人が通行できる学校は│ │ │       │       │あるか伺う                 │ │ │       │       │                      │ │ │       │7 本庁舎地下│ 地下駐車場内と隣接する市道での物損事故、人│ │ │       │ 駐車場利用者│身事故、床上での転倒によるけが等の件数を伺う│ │ │       │ 安全確保につ│                      │ │ │       │ いて    │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │8 協働プラザ│ 本年度の駐車場利用状況及び受益者負担の原則│ │ │       │ 駐車場利用料│に照らした有料無料についての考え方を伺う  │ │ │       │ 金について │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │9 本市職員の│ これまでの人事評価制度と今回の同制度の相違│ │ │       │ 人事評価制度│点は何か。職員への周知は先に行われた人事評価│ │ │       │ 導入について│研修で十分だと考えるか。職員組合との交渉は十│ │ │       │       │分になされているか。以上伺う        │
    │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘             平成27年(2015年)9月那覇市議会定例会               一般質問発言通告書(2日目)                 平成27年9月10日(木)                           ※1人当たり15分間(答弁を除く) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│中 村 圭 介  │1 新文化芸術│(1) 新文化芸術発信拠点施設(新市民会館)建│ │ │(無所属の会)│ 発信拠点施設│  設予定地の久茂地小学校跡地周辺を対象に3│ │ │       │ について  │  回行われた「まちづくりワークショップ」の│ │ │  質問方式  │       │  参加人数は何人だったのか問う      │ │ │一問一答方式 │       │(2) 久茂地小学校の廃校の件で地域住民は疲弊│ │ │(質問席のみ)│       │  しており新市民会館について関わりにくい状│ │ │       │       │  況が見受けられる。地域住民の積極的な関わ│ │ │       │       │  りをつくる方法についてはどのように考えて│ │ │       │       │  いるのか問う              │ │ │       │       │(3) 周辺道路の整備や公園整備など、市民ワー│ │ │       │       │  クショップのような市民参加の機会も増える│ │ │       │       │  と考えられる。同時進行でワークショップが│ │ │       │       │  立て続けになり参加者の負担が大きくなれば│ │ │       │       │  想定していた成果を出せないことが考えられ│ │ │       │       │  る。当局の見解を問う          │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 第一牧志公│(1) 市場建て替えに関する外部委員会の目的と│ │ │       │ 設市場の建て│  内容について問う            │ │ │       │ 替えについて│(2) 建て替えに係る費用の概算は仮店舗を作ら│ │ │       │       │  ない現地建て替え(24億円)、にぎわい広場│ │ │       │       │  へ仮店舗を作って現地建て替え(35億円)、│ │ │       │       │  にぎわい広場へ移設(19億円)となっている│ │ │       │       │  がその根拠を問う            │ │ │       │       │(3) 民間のマンションなどとの複合化の検討も│ │ │       │       │  されているようだが、建設費を抑えて管理コ│ │ │       │       │  ストを下げるべきだと考える。当局の見解を│ │ │       │       │  問う                  │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成27年9月10日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│上 原 快 佐  │1 道路行政に│(1) 市道松島松川線・県道那覇糸満線の交差点│ │ │(社社市民  │ ついて   │  及び市道松島松川線・真嘉比山川線の交差点│ │ │   ネット)│       │  の信号機の右折矢印等について伺う    │ │ │       │       │(2) 真嘉比小学校校門前・市道真嘉比53号交差│ │ │  質問方式  │       │  点の横断歩道の設置について伺う     │ │ │一問一答方式 │       │                      │ │ │(演壇・質問席)│2 本庁舎及び│(1) 市庁舎の緑化について伺う       │ │ │       │ なは市民協働│(2) 本庁舎及びなは市民協働プラザの駐車場の│ │ │       │ プラザの利活│  現状について伺う            │ │ │       │ 用について │(3) なは市民協働プラザの民間利用スペースの│ │ │       │       │  状況について伺う            │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 障がい者に│(1) 本市観光の障がい者に対する取り組みの現│ │ │       │ 対する観光行│  状と課題について伺う          │ │ │       │ 政について │(2) 障がい者への観光情報の提供について伺う│ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成27年9月10日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │3│宮 平 のり子 │1 市長の政治│ 7月16日、名護市辺野古の新基地埋立承認につ│ │ │(社社市民  │ 姿勢について│いて、第三者委員会は“埋立申請書は法の要件を│ │ │   ネット)│       │満たさず、承認した手続きに法的瑕疵がある”と│ │ │       │       │翁長県知事に報告している。翁長知事は内容を精│ │ │  質問方式  │       │査、報告書を尊重するとコメントされ、8月中に│ │ │総括質問方式 │       │も承認の取り消しまたは撤回を判断する見通しと│ │ │(演壇・質問席)│       │伝えられていた。しかしながらこの時期、8月10│ │ │       │       │日から9月9日まで1月間、工事を停止し、集中│ │ │       │       │協議を行うとしたが、全くの平行線である。沖縄│ │ │       │       │県民の沖縄県知事に対する信頼期待は高まり、県│ │ │       │       │民は知事の「埋立承認の取消、撤回」の決断を待│ │ │       │       │っている状況にある。市長の見解を伺う    │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 介護行政に│(1) この8月、介護保険利用者の負担割合が一│ │ │       │ ついて   │  部2割になったが、2割負担の要件と、那覇│ │ │       │       │  市内の介護保険負担割合2割の人数と割合に│ │ │       │       │  ついて伺う               │ │ │       │       │(2) 2割負担の上限額などについて、どのよう│ │ │       │       │  な周知をしてきたか伺う         │
    │ │       │       │                      │ │ │       │3 医療費助成│(1) 子ども医療費の現物給付について、中核市│ │ │       │ について  │  の状況、那覇市の課題は何か伺う     │ │ │       │       │(2) 母子及び父子家庭等医療費助成事業の自動│ │ │       │       │  償還払いの現状について伺う       │ │ │       │       │(3) 母子及び父子家庭等医療費助成事業の自動│ │ │       │       │  償還払いの目途について伺う       │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 教育行政に│(1) 出席名簿の男女混合名簿の推進について教│ │ │       │ ついて   │  育長の見解を問う            │ │ │       │       │(2) 「誰もが自分らしく生きやすい社会の実 │ │ │       │       │  現」を願って、那覇市はこの7月LGBT支│ │ │       │       │  援宣言「性の多様性を尊重する都市・なは」│ │ │       │       │  宣言を行った。男と女だけではない性自認が│ │ │       │       │  あり、自分の性別や性的指向違和感を持つの│ │ │       │       │  は13人にひとりともいわれている。社会が変│ │ │       │       │  わり、誰もが生きやすくしようというもの。│ │ │       │       │  しかしながら、学校生活では男女の二つの性│ │ │       │       │  が前提にされ、性的少数者はおのずと見えな│ │ │       │       │  い存在にされ、最たるものは出席名簿の男女│ │ │       │       │  別名簿である。那覇市内で、出席名簿を混合│ │ │       │       │  名簿にしている学校名を伺う       │ │ │       │       │(3) 出席名簿の男女混合名簿の実施について │ │ │       │       │  は、この3月、県教育長からも「男女混合名│ │ │       │       │  簿導入の推奨について」(依頼)が届いてい│ │ │       │       │  る。教育現場で本腰を入れる必要が用意ある│ │ │       │       │  と思うが、教育長の見解を伺う      │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成27年9月10日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │4│花 城 正 樹  │1 これまでの│(1) 横綱白鵬がご来庁の際の状況について  │ │ │(なは民主) │ 外交(応接)│(2) 飲食を伴う接待のケースと判断基準につい│ │ │       │ について  │  て                   │ │ │  質問方式  │       │                      │ │ │一問一答方式 │2 公設市場の│ 現時点で、どのような空間をイメージしている│ │ │(質問席のみ)│ 跡地利用計画│のか見解を伺う               │ │ │       │ について  │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 生涯教育、│ 映画がもたらすプラスの影響について、見解を│ │ │       │ 情操教育につ│伺う                    │ │ │       │ いて    │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 自動車ナン│ 平成20年までに全国19地域で新たな地域名表示│ │ │       │ バーについて│による「ご当地ナンバー」が導入された。全国各│ │ │       │       │地から改めて強い要望があり、平成25年に第2弾│ │ │       │       │の追加導入が国交省から示された       │ │ │       │       │ 以下、伺う                │ │ │       │       │(1) ご当地ナンバーの導入メリットについて │ │ │       │       │(2) 導入する場合の基準について      │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成27年9月10日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │5│糸 数 昌 洋  │1 観光行政に│ 魅力的な観光交流都市を目指すとした「那覇市│ │ │(公 明 党) │ ついて   │観光基本計画」が本年6月に策定された。計画策│ │ │       │       │定に先立ち、本年4月には議会発議による「めん│ │ │  質問方式  │       │そーれ那覇市観光振興条例」が制定されている。│ │ │一問一答方式 │       │今後は、行政、市民、民間事業者そして議会がそ│ │ │(質問席のみ)│       │れぞれに連携協働して取り組むことになるが、ど│ │ │       │       │のように周知を図り推進していくのか、見解を問│ │ │       │       │う                     │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 災害時の対│(1) 台風時における市役所開庁または閉庁の判│ │ │       │ 応について │  断について               │ │ │       │       │   台風15号の暴風警報発令時における8月24│ │ │       │       │  日の市役所業務について、路線バスの終日運│ │ │       │       │  休が決まったにもかかわらず、「暴風警報が│ │ │       │       │  午後3時15分までに解除される場合は業務再│ │ │       │       │  開を予定している」との判断がなされた。周│ │ │       │       │  辺自治体が早い段階で閉庁を決める中で、こ│ │ │       │       │  のような判断をした理由について問う   │ │ │       │       │(2) 災害時のエリアメールについて     │ │ │       │       │   緊急速報「エリアメール」は、気象庁が配│ │ │       │       │  信する緊急地震速報や自治体が配信する災害│ │ │       │       │  ・避難情報を携帯電話事業者が無料で提供す│ │ │       │       │  るサービスであり、本市でも2008年から配信│ │ │       │       │  が開始されている。本市におけるエリアメー│ │ │       │       │  ルへの対応について、市民からどのような声│ │ │       │       │  や反応があるのか問う          │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 情報政策に│ 先の日本年金機構における大量の個人情報流出│ │ │       │ ついて   │問題を受けて、総務省は去る6月12日に「社会保│ │ │       │       │障・税番号制度の準備に伴う既存住基システム及│ │ │       │       │び団体内統合宛名システムにおける個人情報の標│ │ │       │       │的型攻撃対策の徹底について」と題する通知を各│
    │ │       │       │自治体宛に行った。その後、8月7日には、同シ│ │ │       │       │ステムのインターネットを介した不特定の外部と│ │ │       │       │の通信について、至急講ずべき対策の通知を行っ│ │ │       │       │ている                   │ │ │       │       │ 以下、本市における自治体情報のセキュリティ│ │ │       │       │対策について問う              │ │ │       │       │(1) 具体的にどのような対策を行っているの │ │ │       │       │  か、説明を求める            │ │ │       │       │(2) 市民サービスへの影響はないのか。例え │ │ │       │       │  ば、インターネットを活用する公共施設予約│ │ │       │       │  システムや電子入札システム等への対応はど│ │ │       │       │  うなるのか               │ │ │       │       │(3) 職員の業務への影響について      │ │ │       │       │   庁舎全体でインターネットが利用できる端│ │ │       │       │  末は何台になるのか。職員の端末のインター│ │ │       │       │  ネット利用が制限されることで業務への支障│ │ │       │       │  が生じるか思うが、どのように対応していく│ │ │       │       │  のか                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 経営改革に│ 昨年4月、那覇市経営改革大綱が改定され、平│ │ │       │ ついて   │成26年度から29年度までの4年間の具体的な取り│ │ │       │       │組みを示した第4次那覇市経営改革アクションプ│ │ │       │       │ランがスタートした。本年7月には、26年度アク│ │ │       │       │ションプランの組織目標達成状況が公表されると│ │ │       │       │同時に、27年度の組織目標が示されている、以下│ │ │       │       │問う                    │ │ │       │       │(1) 組織目標の達成率が第3次の期間に比べ10│ │ │       │       │  ポイント以上低くなっている理由を問う  │ │ │       │       │(2) 第4次プランから「AP組織目標管理シー│ │ │       │       │  ト」が導入されているが、活用状況(現場の│ │ │       │       │  感想や課題含め)はどうか        │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成27年9月10日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│屋 良 栄 作  │1 Airbn│(1) Airbnb(エアービーアンドビー)の│ │ │(ひやみかち那│ b(エアー │  存在を認識しているか伺う        │ │ │覇・無所属の会)│ ビーアンド │(2) 県内主要都市、特に本市においてAirb│ │ │       │ ビー)の旅館│  nbのサイトが数多く開設され、宿泊客を募│ │ │  質問方式  │ 業法上の取り│  っているという事実を認識しているか伺う │ │ │一問一答方式 │ 扱いについて│(3) マンションや一軒家の空き部屋が有料で貸│ │ │(質問席のみ)│       │  し出され、宿泊させているというサービスに│ │ │       │       │  ついて、無許可で営業できるものか伺う  │ │ │       │       │(4) 無許可で営業できない場合、宿泊を生業と│ │ │       │       │  して行うには、どのような許可が必要か伺う│ │ │       │       │(5) Airbnbは、旅館業法許認可、規制│ │ │       │       │  の対象となるのか伺う          │ │ │       │       │(6) 旅館業の許可は簡単に取得できるものか伺│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │(7) Airbnbについての法律上の問題点に│ │ │       │       │  ついて、沖縄県厚生労働省と連携して対応│ │ │       │       │  すべきと考えるが、見解を伺う      │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 総理大臣談│ 8月14日に行われた、戦後70年内閣総理大臣談│ │ │       │ 話について │話への見解(評価)を伺う          │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成27年9月10日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │7│大 浜 安 史  │1 教育行政に│(1) ICT教育の環境整備は、「生きる力」 │ │ │(公 明 党) │ ついて   │  「学習力」を高める上で重要である本市で │ │ │       │       │  は、小中学校にPC教室(ノートパソコン)、│ │ │  質問方式  │       │  電子黒板(全中学校・全小学6年生)、タブ│ │ │一問一答方式 │       │  レット端末の配付(小学校3校、中学校3 │ │ │(質問席のみ)│       │  校)、無線LAN等が整備されているが、以│ │ │       │       │  下の点について伺う           │ │ │       │       │   ① 小学校(1学年~5学年)への電子黒│ │ │       │       │    板導入計画について伺う       │ │ │       │       │   ② タブレット端末を活用している学校で│ │ │       │       │    の成果と課題について伺う      │ │ │       │       │   ③ ICTを利活用する授業をサポートす│ │ │       │       │    るIT専門支援員の導入について伺う │ │ │       │       │(2) 今年度予定している「那覇市の情報化推進│ │ │       │       │  計画」の進捗状況について伺う      │ │ │       │       │(3) 教員のICT教育の研修等も行っている、│ │ │       │       │  教育研究所の移転計画について伺う    │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 社会教育施│(1) 中央図書館は「琉米文化会館」として昭和│ │ │       │ 設について伺│  44年に建設され、昭和50年に教育委員会へ移│ │ │       │ う     │  管して46年目を経過している。老朽化に伴う│ │ │       │       │  建替計画について伺う          │ │ │       │       │(2) 中央公民館・図書館の老朽化の整備につい│ │ │       │       │  ては「那覇市人材育成施設(社会教育施設 │ │ │       │       │  等)整備基本構想」の中で「市の中心部に建│ │ │       │       │  設することが望ましい」とある      │ │ │       │       │   県立図書館は2018年度開業予定の那覇バス
    │ │       │       │  ターミナル地区(那覇市泉崎)の複合施設へ│ │ │       │       │  新県立図書館として移転する方向で調整が進│ │ │       │       │  んでいる。現県立図書館を市へ移管し利用す│ │ │       │       │  る計画はないか伺う           │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 環境行政に│ 地球温暖化対策として、本市では、公共施設、│ │ │       │ ついて   │各家庭への再生エネルギーエコキュート・コー│ │ │       │       │ジェネレーション・ソーラー温熱器等)の導入を│ │ │       │       │推進している。大都市への電力・節電効果として│ │ │       │       │注目されている「スマートコミュニティー事業」│ │ │       │       │について、本市でもエネルギー節電効果対策とし│ │ │       │       │ての導入をすべきと考えるが見解を伺う    │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 道路行政に│(1) 大名沢岻線は、大名小学校通学路で交通量│ │ │       │ ついて   │  も多く、安全対策として滑り止めされてはい│ │ │       │       │  るが、古くなり、一部滑り止め舗装がはがれ│ │ │       │       │  ている。道路整備が必要と思うが、滑り止め│ │ │       │       │  再舗装と道路補修について伺う      │ │ │       │       │(2) 石嶺中学校・城東小学校への通学路で石嶺│ │ │       │       │  団地線のローソン前交差点でたびたび交通事│ │ │       │       │  故が発生している。安全対策として一時停止│ │ │       │       │  の路面標示や立体表示等、安全対策をすべき│ │ │       │       │  と考えるが、当局の見解を伺う      │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成27年9月10日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │8│前 泊 美 紀  │1 図書館行政│(1) 文部科学省が示す「図書館の設置及び運営│ │ │(無所属の会)│ について  │  上の望ましい基準」には、市町村立図書館の│ │ │       │       │  サービスとして、利用者及び住民の生活や仕│ │ │  質問方式  │       │  事に関する課題や地域の課題の解決に向けた│ │ │総括質問方式 │       │  活動を支援する「地域課題に対応したサービ│ │ │(質問席のみ)│       │  ス」に努めるよう記されている      │ │ │       │       │   公民館と図書館の併設は本市の特徴であ │ │ │       │       │  り、協働によるまちづくりの観点からも、望│ │ │       │       │  ましいものと考える           │ │ │       │       │   「地域課題解決型図書館」について、見解│ │ │       │       │  と取り組みを問う            │ │ │       │       │(2) 第4次那覇市経営改革アクションプランの│ │ │       │       │  平成27年度AP組織目標について     │ │ │       │       │    平成27年度の新規目標として「図書館 │ │ │       │       │   サービスの充実と利用者アンケートによる│ │ │       │       │   満足度を高める」ことを掲げているが、そ│ │ │       │       │   の背景と具体的な取り組みを問う    │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 那覇市立幼│ 「那覇市立幼稚園の今後のあり方について」の│ │ │       │ 稚園の今後の│基本方針について、以下を問う        │ │ │       │ あり方につい│(1) 市民の多様な保育・教育ニーズに応えるこ│ │ │       │ て     │  とは重要なことである。また、ワークライフ│ │ │       │       │  バランスや家庭の教育力の重要性も指摘され│ │ │       │       │  ている。両者のバランスについて、市の見解│ │ │       │       │  を問う                 │ │ │       │       │(2) 切れ目のない保育事業を達成するための │ │ │       │       │  「4月1日受入れ」について「臨時的任用職│ │ │       │       │  員が約4割を占める実態から、不安定な職場│ │ │       │       │  環境で計画どおり定数を確保できるのか」、│ │ │       │       │  「30人学級の実現」について「クラス増の人│ │ │       │       │  員増に対応できるマンパワーを確保できるの│ │ │       │       │  か」との声が寄せられている。市の見解を問│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │(3) 公私連携幼保連携型認定こども園の園長の│ │ │       │       │  あり方について             │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 文化行政と│(1) 那覇市と川崎市の友好と文化的交流親善を│ │ │       │ 観光振興・地│  記念し川崎市から贈られた佐藤惣之助詩歌碑│ │ │       │ 域活性化につ│  は現在、首里赤平町の虎瀬公園にあるが、も│ │ │       │ いて    │  ともと設置されていた首里城に近隣する場所│ │ │       │       │  への移設が望ましいとの声もある     │ │ │       │       │   市は、平成24年6月定例会において「首里│ │ │       │       │  城への移設については、詩碑建立当時の場所│ │ │       │       │  への設置は困難と考えられることから、首里│ │ │       │       │  城に近接し多くの方々の目に触れる場所への│ │ │       │       │  移設について、関係機関と調整を図っていき│ │ │       │       │  たいと考えている」と答弁しているその後の│ │ │       │       │  動きについて問う            │ │ │       │       │(2) インターネットゲームをきっかけに、日本│ │ │       │       │  刀にはまる「刀剣女子」が増えているという│ │ │       │       │  歴史好きな女性を指す「歴女」ブームの際は│ │ │       │       │  その経済効果が注目されたことから、今回の│ │ │       │       │  「刀剣女子」ブームを、市民等が歴史を知る│ │ │       │       │  とともに観光振興や地域経済活性化に寄与す│ │ │       │       │  るチャンスとして捉えられないかとの観点か│ │ │       │       │  ら、以下を問う             │ │ │       │       │  ① 琉球の名刀の特徴と価値、企画展の開催│ │ │       │       │   について               │ │ │       │       │  ② IT関連産業と連携したゲームアプリ開│ │ │       │       │   発等の可能性について         │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘
                平成27年(2015年)9月那覇市議会定例会               一般質問発言通告書(3日目)                平成27年9月11日(金)                           ※1人当たり15分間(答弁を除く) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│大 城 幼 子  │1 健康行政に│(1) 高齢者の肺炎球菌ワクチン接種について │ │ │(公 明 党) │ ついて   │  ① 那覇市における65歳以上の肺炎による死│ │ │       │       │   亡者数について過去3年間の推移について│ │ │  質問方式  │       │   伺う                 │ │ │総括質問方式 │       │  ② 高齢者の肺炎球菌ワクチン接種事業の概│ │ │(質問席のみ)│       │   要について伺う            │ │ │       │       │  ③ 定期接種になった平成26年度の那覇市に│ │ │       │       │   おける対象者数と接種率について伺う。ま│ │ │       │       │   た、全国の中核市では、本市の接種率は何│ │ │       │       │   位か伺う               │ │ │       │       │(2) ロタウィルスワクチン接種について以下伺│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │  ① 那覇市の6歳未満人口        │ │ │       │       │  ② ロタウィルス胃腸炎で外来受診した那覇│ │ │       │       │   市の6歳未満の患者数         │ │ │       │       │  ③ 那覇市への助成導入について見解を伺う│ │ │       │       │                      │ │ │       │2 ひとり親家│(1) ひとり親家庭等認可外保育施設利用補助事│ │ │       │ 庭支援につい│  業について政策説明資料によると、今年度の│ │ │       │ て     │  対象者数は48名が見込まれているが、今後、│ │ │       │       │  待機となる児童が出てくる可能性はないか伺│ │ │       │       │  う。また、次年度以降の取り組みはどうなる│ │ │       │       │  のか伺う                │ │ │       │       │(2) ひとり親家庭学習支援ボランティア事業の│ │ │       │       │  意義について伺う            │ │ │       │       │(3) 那覇市母子寡婦福祉会が行っているパソコ│ │ │       │       │  ン講習会の充実をもっと図ることができない│ │ │       │       │  か伺う                 │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 市長への手│ 本市では毎年9月を「市長へ手紙を出す特別月│ │ │       │ 紙について │間」としている。10年前に市長へ手紙を書いた方│ │ │       │       │から相談を受けた。その方は、昭和19年の十・十│ │ │       │       │空襲に、県外から那覇の子どもたちへ義援金が贈│ │ │       │       │られたことについて、「那覇市として謝意を表し│ │ │       │       │てはどうか」という提案をし、本市からは「どの│ │ │       │       │ように謝意を伝えることができるか検討していき│ │ │       │       │たい」との回答だったという。その後の対応につ│ │ │       │       │いて伺う                  │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成27年9月11日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│翁 長 俊 英  │1 教育行政に│(1) 特別支援学校の本市への設置について  │ │ │(公 明 党) │ ついて   │  ① 県との話し合いの進捗状況について問う│ │ │       │       │  ② 課題と今後の取り組みについて問う  │ │ │  質問方式  │       │(2) ティーボールとは何か         │ │ │一問一答方式 │       │  ① 学校指導要領におけるティーボールの位│ │ │(質問席のみ)│       │   置付けを問う             │ │ │       │       │  ② 有効性を問う            │ │ │       │       │  ③ 本市における実施状況を問う     │ │ │       │       │  ④ 今後の取り組みについて問う     │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 港湾行政に│(1) クルーズ船受け入れの状況と今後の対応を│ │ │       │ ついて   │  問う                  │ │ │       │       │(2) 大型船の航行によって航空機の待機が急増│ │ │       │       │  している状況と対策について問う     │ │ │       │       │(3) 那覇軍港移設場所の浦添案について城間市│ │ │       │       │  長の見解を問う             │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成27年9月11日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │3│桑 江  豊 │1 環境行政に│ 「住宅騒音防止対策事業」について以下伺う │ │ │(公 明 党) │ ついて   │(1) 住民説明会及び希望届出の提出状況   │ │ │       │       │(2) 市内業者への対応及びその選定     │ │ │  質問方式  │       │(3) 申請状況及び未申請者への対応     │ │ │総括質問方式 │       │                      │ │ │(質問席のみ)│2 経済観光行│ 「那覇市プレミアム付商品券」事業について以│ │ │       │ 政について │下伺う                   │ │ │       │       │(1) 1次販売の結果            │ │ │       │       │(2) 2次販売の状況            │ │ │       │       │(3) 観光客向け販売の状況         │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │
    └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成27年9月11日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │4│前 田 千 尋  │1 待機児童の│(1) 待機児童解消のために必要な保育士は何人│ │ │(日本共産党)│ 解消と保育士│  かを問う                │ │ │       │ 確保について│(2) 保育士の確保や待遇改善のために「保育士│ │ │  質問方式  │       │  住居支援制度」を導入するべきである。見解│ │ │一問一答方式 │       │  と対応を問う              │ │ │(質問席のみ)│       │                      │ │ │       │2 第一牧志公│ 2014年3月に第一牧志公設市場再整備合意形成│ │ │       │ 設市場再整備│推進事業基本構想を策定したが、その中で示され│ │ │       │ 事業について│た3案から今回の候補地へ絞り込むために、市場│ │ │       │       │事業者及び周辺事業関係者等との合意形成を図る│ │ │       │       │取り組みをどう進めてきたかを問う      │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 OKICA│ 6月議会において、県内バスモノレール料金│ │ │       │ の充実につい│が支払えるICカード・OKICA(オキカ) │ │ │       │ て     │について、回数券に比べて割引率が低く、生活を│ │ │       │       │圧迫するなど市民から不安の声があり、安全・安│ │ │       │       │心して利用できる公共交通の充実のために改善を│ │ │       │       │求めた。その後の那覇市の対応を問う     │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 信号設置に│ 国際通りと農連市場地域を結ぶ「牧志壺屋線」│ │ │       │ ついて   │は、以前より信号機の早期の設置を要望している│ │ │       │       │が、なかなか実現していない。計画はどうなって│ │ │       │       │いるのかを問う               │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成27年9月11日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │5│仲 松  寛 │1 雇用対策に│ 若年者の雇用対策について         │ │ │(新 風 会) │ ついて   │ 県の労働力調査によると、県内の完全失業率 │ │ │       │       │は、年代別で15~29歳の若年層が9.4%と最も高 │ │ │  質問方式  │       │く、他の年代と比べて突出している。ついては、│ │ │総括質問方式 │       │次の事項について伺う            │ │ │(質問席のみ)│       │(1) 本市の失業状況は、どのようになっている│ │ │       │       │  か                   │ │ │       │       │(2) 本市における若年層の雇用対策及び課題に│ │ │       │       │  ついて伺う               │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 周辺離島支│ 本市周辺離島、渡嘉敷村、座間味村、渡名喜 │ │ │       │ 援について │村、粟国村、久米島町は、那覇空港、泊港を通じ│ │ │       │       │て本市とつながっており、本市にも多くの周辺離│ │ │       │       │島出身者が居住している。ついては、次の事項に│ │ │       │       │ついて伺う                 │ │ │       │       │(1) 離島支援連携事業(島たび事業)をどのよ│ │ │       │       │  うに総括しているのか          │ │ │       │       │(2) 活用した市民からどのような評価を受けて│ │ │       │       │  いるのか                │ │ │       │       │(3) 周辺離島の抱える課題にはどのような事が│ │ │       │       │  あるか                 │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 パークゴル│ パークゴルフは、芝で覆われたコースでクラブ│ │ │       │ フ場について│でボールを打ちカップインするまでの数を競い合│ │ │       │       │うスポーツである。ルールは、シンプルで子供か│ │ │       │       │らお年寄りまで誰もが楽しめ、健康増進とコミュ│ │ │       │       │ニケーションを図るために役立っている。ついて│ │ │       │       │は、次の事項について伺う          │ │ │       │       │(1) 本県におけるパークゴルフ場の設置状況に│ │ │       │       │  ついて                 │ │ │       │       │(2) パークゴルフによる効果について    │ │ │       │       │(3) 本市へのパークゴルフ場の導入について │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成27年9月11日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│宮 城 恵美子 │1 平和行政に│ 国の戦災調査に沖縄戦被害の記述がないことが│ │ │(社社市民  │ ついて   │わかった。総務省が1977~2009年度まで日本戦災│ │ │   ネット)│       │遺族会に委託して作成した「全国戦災実態調査報│ │ │       │       │告書」で、沖縄戦の被害についての記述がない。│ │ │  質問方式  │       │また1949年に政府の経済安定本部がまとめた「太│ │ │総括質問方式 │       │平洋戦争による我国の被害総合報告書」でも盛り│ │ │(演壇・質問席)│       │込まれていないとのことである        │ │ │       │       │ 先の戦争で地上戦のあった沖縄こそ最も調査す│ │ │       │       │べき対象のはずである。那覇市も「10・10空襲」│ │ │       │       │や「対馬丸学童疎開」、そして首里城司令壕陥 │ │ │       │       │落、小禄から南部へと連なる戦争被害等を那覇市│ │ │       │       │がトップランナーとして記述の要請行動を起こす│ │ │       │       │事で、各市町村へ波及することの意義は大きいと│ │ │       │       │考える。沖縄戦の実態を国自ら調査するように、│ │ │       │       │那覇市からも国に提言する必要があるのではない│
    │ │       │       │か。見解を伺う               │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 観光行政と│ クルーズ船による外国人観光客は、ここ数年急│ │ │       │ クルーズ船客│速な伸びを示している。東アジアの急激な発展の│ │ │       │ について  │影響が沖縄にも押し寄せている状況であると考え│ │ │       │       │る。観光客受け入れ体制については、スムーズに│ │ │       │       │観光できるための環境を整えることが、観光立県│ │ │       │       │の将来を築く上で重要な時期だと考えるが、心配│ │ │       │       │な要素も伺われる。そこで以下質問する    │ │ │       │       │(1) 那覇港に入ったクルーズ船の乗客の2012年│ │ │       │       │  から今年までの各年の客数は幾らか    │ │ │       │       │   那覇港に入ったクルーズ船が2012年から今│ │ │       │       │  年まで各年、何隻入港したか       │ │ │       │       │(2) クルーズ船が寄港を申し込んでも断られた│ │ │       │       │  船があると聞く。今年になって断った船の数│ │ │       │       │  は何隻か                │ │ │       │       │(3) 7月28日に3隻同時入港したが、どの埠頭│ │ │       │       │  に停泊したか。旅客専用の第二番目のバース│ │ │       │       │  の需要は非常に高いものがあるので、早急に│ │ │       │       │  着工する必要があるのではないか。その検討│ │ │       │       │  内容について伺う            │ │ │       │       │(4) 第二バースの着工から供用開始までの期間│ │ │       │       │  はおよそ幾らか。供用開始までの期間に、7│ │ │       │       │  月28日に生じたようなお客に待ち時間を作ら│ │ │       │       │  せないこと等、岸壁にまで観光バスが近づけ│ │ │       │       │  るようにする等、観光客がスムーズに観光に│ │ │       │       │  出られるようにする対策が必要ではないか伺│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 子どもの学│(1) 学力テスト対策が「過去問」を解くことを│ │ │       │ ぶ意欲の充実│  「補習」の名のもとに実施する時間帯が、学│ │ │       │ について  │  校現場のいろんな時間を使って行われている│ │ │       │       │  という。時間捻出の影響で従来取り組まれて│ │ │       │       │  きた学芸会を隔年開催や時間短縮したり、家│ │ │       │       │  庭訪問を短縮、「子ども日記」廃止したり │ │ │       │       │  と、寸暇を惜しんで過去問対策をすることが│ │ │       │       │  小学校で広がっているという。この事態を受│ │ │       │       │  けてアンケート調査が取り組まれ、その報告│ │ │       │       │  はシンポジウムなどで公表されている。見解│ │ │       │       │  を伺う                 │ │ │       │       │(2) WEBテストが毎月プリント配信され、印│ │ │       │       │  刷、試験、採点して結果を報告することも負│ │ │       │       │  担が大きいとの現場教員の声がある。教員の│ │ │       │       │  忙殺化を招いていないか、見解を伺う   │ │ │       │       │   学テ対策は、次年度からは小学1年生にも│ │ │       │       │  及ぶとのことであるが、授業への影響と子ど│ │ │       │       │  もの発達への影響について、また教員への影│ │ │       │       │  響、学校全体への影響についてはどのような│ │ │       │       │  ものか、見解を伺う           │ │ │       │       │(3) なぜ国は学力テストを始めたのか。テスト│ │ │       │       │  によって子どもの学びの意欲との関連性はど│ │ │       │       │  のようになっているのか伺う       │ │ │       │       │(4) OECDによるPISAで総合で好成績の│ │ │       │       │  フィンランドの教育についての分析で、多く│ │ │       │       │  の識者は、競争原理を学校から取り除く努力│ │ │       │       │  を行い、子ども同士の協同の学びあいを推進│ │ │       │       │  していること、赤ちゃん時期からの本の読み│ │ │       │       │  聞かせで、世界一読書好きな国民性になって│ │ │       │       │  いることがあること、学校は、「義務教育と│ │ │       │       │  いう船に乗っている子どもは一人の落ちこぼ│ │ │       │       │  れも出さない」とのスタンスで点数の低い子│ │ │       │       │  ども程丁寧に教育する体制が作られたこと │ │ │       │       │  等、地域分権主義、学校現場主義、子ども中│ │ │       │       │  心主義といった点を上げている。これらの見│ │ │       │       │  解についてどう考えるか         │ │ │       │       │(5) 日本の文科省は、国際的順位に注目して、│ │ │       │       │  日本の順位を上げることに力点が置かれてい│ │ │       │       │  るのではないか。教師・子どもにとって、県│ │ │       │       │  別順位はどの程度意味を持つものなのか、見│ │ │       │       │  解を伺う                │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成27年9月11日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │7│亀 島 賢二郎 │1 児童のスポ│ 児童のスポーツ県外派遣補助金事業について、│ │ │(無 所 属) │ ーツ県外派遣│以下伺う                  │ │ │       │ 支援について│(1) 26年度補助金対象者、団体、競技種目  │ │ │  質問方式  │       │(2) 補助金の対象となる大会及び選定方法につ│ │ │総括質問方式 │       │  いて                  │ │ │(質問席のみ)│       │                      │ │ │       │2 公園行政に│ 天久緑地について、進捗状況を伺う     │ │ │       │ ついて   │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 防災行政に│ 津波避難ビル建設事業の進捗状況について  │ │ │       │ ついて   │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 入札のあり│(1) 26年度不落になった入札件数      │ │ │       │ 方について │(2) 26年度公共工事の入札の方法、割合につ │ │ │       │       │ いて                   │ │ │       │       │(3) 今後、本市の入札方向性について    │ │ │       │       │(4) 市長が公約で掲げていた、市発注公共工 │ │ │       │       │事の最低制限価格を現行の90%から引き上げると│ │ │       │       │のことであったが、現状を伺う        │
    │ │       │       │                      │ │ │       │5 下水道行政│ 本市の課題である雨水で起こる浸水箇所、地 │ │ │       │ について  │域があるが、本市の取り組みを伺う      │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成27年9月11日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │8│多和田 栄 子 │1 特別支援学│ 那覇市に特別支援教育の養護学校設立が切望さ│ │ │(社社市民  │ 校について │れて久しい。その位置づけについて、本市として│ │ │   ネット)│       │どのように検討されているか。当局の見解を伺う│ │ │       │       │                      │ │ │  質問方式  │2 臨時福祉給│ 臨時福祉給付金事業とは、消費税の引き上げに│ │ │一問一答方式 │ 付金事業につ│際し、社会保障充実の措置として、低所得者に与│ │ │(質問席のみ)│ いて    │える負担の影響に鑑み、臨時的な措置として国が│ │ │       │       │行う臨時福祉給付金である。進捗状況について、│ │ │       │       │以下伺う                  │ │ │       │       │(1) 1人あたりの支給額は幾らか      │ │ │       │       │(2) 市民への広報活動、及び周知はどのように│ │ │       │       │  なっているか伺う            │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 反転学習に│ 米国から伝わり、新たな学習方法と言われてい│ │ │       │ ついて   │る教育手法として、タブレットを使った反転学習│ │ │       │       │について、本市の対応を伺う         │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成27年9月11日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │9│野 原 嘉 孝  │1 請負工事に│(1) 工事の不備等で違約金等を請求するような│ │ │(公 明 党) │ ついて   │  事態となった件数とその総括について見解を│ │ │       │       │  伺う                  │ │ │  質問方式  │       │(2) 「龍柱」建設について以下伺う     │ │ │総括質問方式 │       │  ① 請負契約の入札状況         │ │ │(質問席のみ)│       │  ② 破損した雨水管の修繕        │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 久茂地地域│ 久茂地小学校が廃校となり、公民館、児童館等│ │ │       │ のまちづくり│の移設も余儀なくされ、近年、地域の生活環境が│ │ │       │ について  │大幅に変化してきた。住民からは、公民館及び児│ │ │       │       │童館の地域内への設置と盛鶴保存会の旗頭の保管│ │ │       │       │場所の確保など地域コミュニティー施設の整備を│ │ │       │       │求める声が上がっているが、今後の計画について│ │ │       │       │伺う                    │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 公園遊具の│ 最近幾つかの公園で使用不可としてロープを張│ │ │       │ 整備について│りめぐらせた遊具が見受けられるが、その状況と│ │ │       │       │今後の整備計画について伺う         │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 交通行政に│ サンエー食品館真嘉比店前交差点の安全確保と│ │ │       │ ついて   │整備に関して以下伺う            │ │ │       │       │(1) 本交差点は、見た目は三差路だが、実際は│ │ │       │       │  十字路の位置づけになっているのはなぜか │ │ │       │       │(2) 本交差点の信号機の調整について    │ │ │       │       │   市立病院方面からの車両が新都心向け右折│ │ │       │       │  時に安全に走行できるように、矢印信号の設│ │ │       │       │  置、または時差調整が必要ではないか   │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘             平成27年(2015年)9月那覇市議会定例会               一般質問発言通告書(4日目)                 平成27年9月14日(月)                           ※1人当たり15分間(答弁を除く) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│金 城 眞 徳  │1 介護人材の│ 第6次なは高齢者プランによると、那覇市の総│ │ │(新 風 会) │ 育成について│人口に占める75歳以上の高齢者は、平成27年度 │ │ │       │       │33,700人、高齢化率20.3%、10年後の平成37年度 │ │ │  質問方式  │       │には、41,300人、高齢化率は25%になると推計値 │ │ │総括質問方式 │       │を発表している               │ │ │(演壇・質問席)│       │ その内の要介護認定者も今年は、13,000人。そ│ │ │       │       │して10年後の平成37年度には、18,400人になると│ │ │       │       │参考値を発表しているが、この推定からすると、│ │ │       │       │高齢者が増えて、要介護、要支援の認定者は増加│ │ │       │       │傾向にある事がよくわかる。今、那覇市の介護職│ │ │       │       │員にかかる需要の現状、充足率を伺う     │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 久場川公園│ 平成7年に都市計画決定され、石嶺町と久場川│ │ │       │ 整備の進捗状│町にまたがる近隣公園は、主に近隣に居住する市│ │ │       │ 況について │民の利用に供する事を目的として、3ha、約1万│
    │ │       │       │坪が整備されつつある。地域も大変喜んでおり早│ │ │       │       │期完成を心待ちにしている          │ │ │       │       │ そこで、久場川公園整備の現在の進捗状況を伺│ │ │       │       │う                     │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(4日目) 平成27年9月14日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│山 城 誠 司  │1 中心市街地│(1) 中心市街地に位置する緑ヶ丘公園、牧志南│ │ │(新 風 会) │ について  │  公園、新市民会館、農連市場、第一牧志公設│ │ │       │       │  市場、那覇バスターミナルの整備開発進捗を│ │ │  質問方式  │       │  伺う                  │ │ │総括質問方式 │       │(2) 観光都市、那覇市として国際通り及び周辺│ │ │(演壇・質問席)│       │  の観光バス駐停車場の整備が急務である。先│ │ │       │       │  日、議会報告会の中でも市民から多くの要望│ │ │       │       │  があり、今後の観光施策でも重要課題であ │ │ │       │       │  る。見解を伺う             │ │ │       │       │(3) 安心・安全なマチグヮー地区実証実験事業│ │ │       │       │  について、民間事業者による二輪駐車場運営│ │ │       │       │  は困難であるため、整備・運営の助成等の行│ │ │       │       │  政支援を検討するとあるが、対応を伺う  │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 経済行政に│(1) 本市の過去5年間の法人企業数、法人市民│ │ │       │ ついて   │  税の推移、今後の見通しについて伺う   │ │ │       │       │(2) 法人企業誘致対策をどのように行っている│ │ │       │       │  か伺う。また、今後の見通しについて伺う │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 外国人観光│ 外国人観光客へのバス車内、モノレール車内で│ │ │       │ 客への案内に│の発着案内及び、バス停、駅での時刻表の表示は│ │ │       │ ついて   │現在どのようになっているのか。また、若狭バー│ │ │       │       │スから、国際通り、首里までの通称シンボルロー│ │ │       │       │ドにおいての案内板はどのようになっているの │ │ │       │       │か、また、今後の整備計画はどうなっているのか│ │ │       │       │伺う                    │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(4日目) 平成27年9月14日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │3│金 城 敏 雄  │1 教育行政に│(1) 教育・スポーツ振興事業について伺う  │ │ │(自 民 党) │ ついて   │  ① 那覇市立小・中学校の部活動等における│ │ │       │       │   全国・九州大会等の出場状況について  │ │ │  質問方式  │       │  ② 大会派遣の補助金の交付状況及び派遣対│ │ │総括質問方式 │       │   象大会の基準             │ │ │(演壇・質問席)│       │  ③ スポーツ少年団に加盟してない個人及び│ │ │       │       │   団体派遣の補助扱いについて      │ │ │       │       │(2) 全国学力・学習状況調査(学力テスト)で│ │ │       │       │  本市の小学校中学校の結果について、これ│ │ │       │       │  からの課題についての取り組みについて伺う│ │ │       │       │                      │ │ │       │2 空き家対策│ 空き家問題に対する、本市及び他の行政の取り│ │ │       │ について  │組みと条例制定の必要性について伺う     │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 トランジッ│ トランジットモールの現状と今後の施策につい│ │ │       │ トモール事業│てどのように考えているのかを伺う      │ │ │       │ について  │ 現在、那覇市国際通りトランジットモール事業│ │ │       │       │は、毎週日曜日の12時から18時まで実施されてい│ │ │       │       │るが、国際通りの商店の中では、このトランジッ│ │ │       │       │トモールは、賛否が色々意見がある。時代に合っ│ │ │       │       │た取り組みが必要と思われる(アンケート調査等│ │ │       │       │をして月に1回程度に)           │ │ │       │       │ 見解を伺う                │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 地方創生に│ 地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金の│ │ │       │ ついて   │うち、地方創生先行型に関して、ひと・まち・し│ │ │       │       │ごと創生法に基づく、地方版総合戦略の策定につ│ │ │       │       │いて伺う                  │ │ │       │       │(1) 本市への配分額(1億3,578万2,000円) │ │ │       │       │  補助メニューの対応について取り組みを伺う│ │ │       │       │(2) 新しいメニューについて検討状況を伺う │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 市長の訪米│ 住民監査請求が提出されているが、財政調整積│ │ │       │ に伴う旅費に│立基金処分の支出根拠の確認についてと、職務行│ │ │       │ ついて、  │為違反である場合の返還等について伺う    │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(4日目) 平成27年9月14日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │4│喜舎場 盛 三 │1 本市におけ│ 平成23年12月議会の一般質問に対して、「米軍│ │ │(公 明 党) │ る米軍機によ│機の騒音実態調査結果を踏まえ、飛行ルートの分│
    │ │       │ る騒音問題に│析や今後の要請活動を行っていきたい」との答弁│ │ │  質問方式  │ ついて   │があったがどのように取り組んできたか伺う  │ │ │総括質問方式 │       │                      │ │ │(演壇・質問席)│2 建物耐震化│(1) 那覇市民間住宅耐震化促進事業費補助金制│ │ │       │ 促進について│  度の内容と利用実績を伺う        │ │ │       │       │(2) 平成25年に改正された耐震改修促進法に基│ │ │       │       │  づく不特定多数の者が利用する大規模建築物│ │ │       │       │  で、耐震診断及び診断結果の報告が必要な建│ │ │       │       │  築物の件数と現在の状況を伺う      │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 末吉公園の│(1) 末吉宮への園路の整備計画を伺う    │ │ │       │ 整備について│(2) 公園北側の多目的広場の整備計画を伺う │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 小学校にお│(1) 本市の小学校に在籍する特別な支援を必要│ │ │       │ ける特別支援│  とする児童の人数を伺う         │ │ │       │ 教育について│(2) 支援の現在の取組み状況を伺う     │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 子供達の読│ 本市の幼稚園及び小中学校における読書活動の│ │ │       │ 書活動推進に│取組み状況を伺う              │ │ │       │ ついて   │                      │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(4日目) 平成27年9月14日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │5│平 良 識 子  │1 経済観光政│ 翁長雄志県知事が経済施策の柱に据える県アジ│ │ │(社社市民  │ 策について │ア経済戦略構想がまとまったと報道があった。構│ │ │   ネット)│       │想において、那覇空港周辺の物流拠点や観光地整│ │ │       │       │備を促すため那覇軍港や陸上自衛隊駐屯地の用地│ │ │  質問方式  │       │の活用、急増するクルーズ船の拠点港整備などを│ │ │一問一答方式 │       │盛り込んだとしている。以下伺う       │ │ │(質問席のみ)│       │(1) クルーズ船の寄港状況と那覇軍港の活用の│ │ │       │       │  可能性について             │ │ │       │       │(2) 陸上自衛隊駐屯地の用地活用について、そ│ │ │       │       │  の面積、経済及び雇用効果について    │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 動物愛護行│ 動物愛護管理法では、国民に広く動物の愛護と│ │ │       │ 政について │適正な飼養についての理解と関心を深めるため、│ │ │       │       │9月20日から26日を動物愛護週間と定めている。│ │ │       │       │同法を遵守し、かつ犬猫殺処分をゼロにするた │ │ │       │       │め、以下伺う                │ │ │       │       │(1) 平成27年度の犬猫殺処分数とその評価につ│ │ │       │       │  いて                  │ │ │       │       │(2) 犬猫の不妊去勢手術の助成事業について │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 緑の政策に│ 那覇市役所庁舎の壁面緑化の現況と課題につい│ │ │       │ ついて   │て伺う                   │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 文化財行政│ 首里高校内から発掘された中城御殿跡につい │ │ │       │ について  │て、日本考古学協会および沖縄考古学会より、国│ │ │       │       │指定史跡とすることを視野に遺構の保存と活用を│ │ │       │       │図ること、世界遺産首里城跡と一体不可分のもの│ │ │       │       │とし首里地区全体の整備計画に位置づけること等│ │ │       │       │の要請書が提出されている。見解と今後の対応を│ │ │       │       │伺う                    │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(4日目) 平成27年9月14日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│清 水 磨 男  │1 地域の安全│(1) くもじ地域自治会による自主防災訓練とし│ │ │(なは民主) │ について  │  て行った消火訓練と夜間避難訓練について、│ │ │       │       │  那覇市の評価を伺う           │ │ │  質問方式  │       │(2) 一銀通りの渋滞に対する那覇市の考えを伺│ │ │総括質問方式 │       │  う                   │ │ │(質問席のみ)│       │                      │ │ │       │2 公設市場と│ 建替3案の概算事業費の内訳の詳細を伺う  │ │ │       │ 中心市街地に│                      │ │ │       │ ついて   │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 共生の行政│(1) 「レインボーなは宣言」を踏まえ、平和交│ │ │       │ について  │  流・男女参画課の名称変更も検討すべきと思│ │ │       │       │  うが、那覇市の考えを伺う        │ │ │       │       │(2) 「ねこ条例」の制定に対する考えを伺う │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 魅力の活用│(1) 「レストランデイ」を那覇市としても活用│ │ │       │ について  │  しないか伺う              │ │ │       │       │(2) 那覇市の魅力を切手協力して活用できな│ │ │       │       │  いか伺う                │ │ │       │       │(3) 那覇大綱挽祭りへのディズニーの参加形態│ │ │       │       │  について伺う              │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘
                平成27年(2015年)9月那覇市議会定例会                  議案に対する質疑                 平成27年9月14日(月) 〔日程第5〕 ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│ 氏   名 │       │                      │ │ │       │議案番号・件名│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│下 地 敏 男  │1 議案第93号│ 議案第93号那覇市消防本部及び消防署設置等に│ │ │(社社市民  │ ・那覇市消防│関する条例の一部を改正する条例制定について、│ │ │   ネット)│ 本部及び消防│提案理由に消防署の管轄区域を変更するためとあ│ │ │       │ 署設置等に関│るが、当該管轄区域になった根拠は何か伺う  │ │ │       │ する条例の一│                      │ │ │       │ 部を改正する│                      │ │ │       │ 条例制定につ│                      │ │ │       │ いて    │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 議案第99号│ 議案第99号財産の取得(30m級梯子付消防ポン│ │ │       │ ・財産の取得│プ自動車)並びに議案第100号財産の取得につい │ │ │       │ について(30│て(消防ポンプ自動車)、提案理由に経年劣化し│ │ │       │ m級梯子付消│た梯子付ポンプ車並びにポンプ車を更新し消防力│ │ │       │ 防ポンプ自動│の強化を図るとある。消防力の強化を具体的に示│ │ │       │ 車)並びに議│していただきたい              │ │ │       │ 案第100号・ │                      │ │ │       │ 財産の取得に│                      │ │ │       │ ついて(消防│                      │ │ │       │ ポンプ自動 │                      │ │ │       │ 車)    │                      │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ △上程案件処理結果(議案等に対する賛否一覧)   上程案件処理結果                        平成27年(2015年)9月那覇市議会定例会 ┌─────┬──────────────────────┬─────┬─────┐ │ 事件番号 │      件        名      │議決等月日│ 議決結果 │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │推   薦│那覇市・南風原町環境施設組合議会議員の選挙 │ 9月28日 │ 当 選 人 │ │     │                      │     │(清水磨男)│ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   席│議席の一部変更               │ 9月9日 │ 変  更 │ │     │                      │     │ (2人) │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │意見書案 │米陸軍MH60ヘリコプター墜落事故に関する意見│ 9月1日 │ 原案可決 │ │第 9 号│書                     │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │意見書案 │那覇空港周辺における住宅騒音防止対策事業にか│ 9月28日 │  〃  │ │第 10 号│かる制度見直しを求める意見書        │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │意見書案 │那覇市に県立特別支援学校の設置を求める意見書│  〃  │  〃  │ │第 11 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │意見書案 │「義務教育費国庫負担制度」の堅持・拡充に関す│  〃  │  〃  │ │第 12 号│る意見書                  │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │意見書案 │「30人以下学級早期完全実現」のための意見書 │  〃  │  〃  │ │第 13 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │意見書案 │辺野古新基地建設工事再開に抗議し、作業の即時│  〃  │ 原案可決 │ │第 14 号│中止と建設断念を求める意見書        │     │(賛成多数)│ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │決 議 案│米陸軍MH60ヘリコプター墜落事故に関する抗議│ 9月1日 │ 原案可決 │ │第 5 号│決議                    │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市教育委員会の委員の任命について    │ 9月14日 │ 同  意 │ │第 82 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市固定資産評価審査委員会の委員の選任につ│  〃  │  〃  │ │第 83 号│いて                    │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市個人情報保護条例の一部を改正する条例制│ 9月28日 │ 原案可決 │ │第 84 号│定について                 │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市手数料条例の一部を改正する条例制定につ│  〃  │  〃  │ │第 85 号│いて                    │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市附属機関の設置に関する条例の一部を改正│  〃  │  〃  │ │第 86 号│する条例制定について            │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関す│  〃  │  〃  │ │第 87 号│る条例の一部を改正する条例制定について   │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市指定地域密着型サービスの事業の人員、整│  〃  │  〃  │ │第 88 号│備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改│     │     │ │     │正する条例制定について           │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市指定介護サービス事業者の指定に関する基│  〃  │  〃  │ │第 89 号│準を定める条例の一部を改正する条例制定につい│     │     │ │     │て                     │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市養護老人ホームの設備及び運営に関する基│  〃  │  〃  │ │第 90 号│準を定める条例の一部を改正する条例制定につい│     │     │
    │     │て                     │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市シルバーワークプラザ条例を廃止する条例│  〃  │  〃  │ │第 91 号│制定について                │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市保育所設置及び管理条例の一部を改正する│  〃  │  〃  │ │第 92 号│条例制定について              │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市消防本部及び消防署設置等に関する条例の│  〃  │  〃  │ │第 93 号│一部を改正する条例制定について       │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│平成27年度那覇市一般会計補正予算(第5号) │  〃  │  〃  │ │第 94 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│平成27年度那覇市国民健康保険事業特別会計補正│  〃  │  〃  │ │第 95 号│予算(第2号)               │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│平成27年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算│  〃  │  〃  │ │第 96 号│(第2号)                 │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│平成27年度那覇市後期高齢者医療特別会計補正予│  〃  │  〃  │ │第 97 号│算(第1号)                │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│平成27年度那覇市母子父子寡婦福祉資金貸付事業│  〃  │  〃  │ │第 98 号│特別会計補正予算(第2号)         │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│財産の取得について(30m級梯子付消防ポンプ自│  〃  │ 同  意 │ │第 99 号│動車)                   │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│財産の取得について(消防ポンプ自動車)   │  〃  │  〃  │ │第 100 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│訴えの提起について             │  〃  │  〃  │ │第 101 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│あらたに生じた土地の確認について      │  〃  │  〃  │ │第 102 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│町の区域の変更を行うことについて      │  〃  │  〃  │ │第 103 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│市街地の区域及び当該区域の住居表示の方法につ│  〃  │  〃  │ │第 104 号│いて                    │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│工事請負契約について(平成27年度新都心公園整│  〃  │  〃  │ │第 105 号│備工事(土木))              │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│訴えの提起について             │  〃  │  〃  │ │第 106 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市松山公園文化交流施設の指定管理者の指定│  〃  │  〃  │ │第 107 号│について                  │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│平成26年度那覇市水道事業会計利益の処分及び決│  〃  │ 継続審査 │ │第 108 号│算の認定について              │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│平成26年度那覇市下水道事業会計利益の処分及び│  〃  │  〃  │ │第 109 号│決算の認定について             │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市監査委員の選任について        │ 9月14日 │ 同  意 │ │第 110 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │諮   問│人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めるこ│  〃  │  〃  │ │第 1 号│とについて                 │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │認   定│平成26年度那覇市一般会計歳入歳出決算    │ 9月28日 │ 継続審査 │ │第 1 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │認   定│平成26年度那覇市土地区画整理事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │ │第 2 号│歳出決算                  │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │認   定│平成26年度那覇市国民健康保険事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │ │第 3 号│歳出決算                  │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │認   定│平成26年度那覇市市街地再開発事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │ │第 4 号│歳出決算                  │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │認   定│平成26年度那覇市介護保険事業特別会計歳入歳出│  〃  │  〃  │ │第 5 号│決算                    │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │認   定│平成26年度那覇市後期高齢者医療特別会計歳入歳│  〃  │  〃  │ │第 6 号│出決算                   │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │認   定│平成26年度那覇市病院事業債管理特別会計歳入歳│  〃  │  〃  │ │第 7 号│出決算                   │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │認   定│平成26年度那覇市母子寡婦福祉資金貸付事業特別│  〃  │  〃  │ │第 8 号│会計歳入歳出決算              │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│専決処分の報告について(那覇市職員退職手当支│ 9月14日 │ 報  告 │ │第 25 号│給条例及び那覇市職員の再任用に関する条例の一│     │     │ │     │部を改正する条例制定)           │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│地方独立行政法人那覇市立病院の平成26事業年度│  〃  │  〃  │ │第 26 号│の業務実績に関する評価結果の報告について  │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│専決処分の報告について(工事請負金額の変更)│  〃  │  〃  │ │第 27 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│平成26年度決算に基づく資金不足比率の報告につ│  〃  │  〃  │
    │第 28 号│いて                    │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│専決処分の報告について(工事請負金額の変更)│  〃  │  〃  │ │第 29 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│平成26年度決算に基づく健全化判断比率の報告に│  〃  │  〃  │ │第 30 号│ついて                   │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │陳   情│特別支援学校の設置を求めることについて   │ 9月28日 │ 採  択 │ │第 112 号│                      │     │(みなし)│ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │陳   情│保育士不足解消に関することについて     │  〃  │ 採  択 │ │第 114 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │陳   情│「労働安全衛生委員会」の設置を進め、学校現場│  〃  │  〃  │ │第 116 号│の労働環境の改善を求めることについて    │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │陳   情│「義務教育費国庫負担堅持及び2分の1復元」の│  〃  │ 採  択 │ │第 118 号│ための意見書採択を求めることについて    │     │(みなし)│ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │陳   情│「30人以下学級早期完全実現」のための意見書採│  〃  │  〃  │ │第 119 号│択を求めることについて           │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │陳   情│県道222号線道路拡幅計画に伴う都市計画(用途 │  〃  │ 採  択 │ │第 122 号│地域)変更について             │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │陳   情│学童保育に関することについて        │  〃  │  〃  │ │第 125 号│                      │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │訂   正│陳情第113号「若い人も高齢者も安心できる年金 │  〃  │ 承  認 │ │     │を求める意見書」採択に関することについての一│     │     │ │     │部訂正の件                 │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議長発議 │議員派遣について              │  〃  │ 決  定 │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │申   出│閉会中継続審査申出(各常任委員長)     │  〃  │  〃  │ └─────┴──────────────────────┴─────┴─────┘      平成27年(2015) 9月定例会議案等に対する賛否一覧(全会一致を除く) ┌─────────┬───────────────────────────────┐ │     議案等 │           意見書案第14号             │ │         ├───────────────────────────────┤ │         │辺野古新基地建設工事再開に抗議し、作業の即時中止と建設断念を求│ │ 議 員     │める意見書                          │ ├─┬───────┼───────────────────────────────┤ │ 1│喜舎場 盛 三│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 2│大 城 幼 子│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 3│野 原 嘉 孝│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 4│瀬 長   清│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 5│屋 良 栄 作│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 6│坂 井 浩 二│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 7│中 村 圭 介│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 8│前 泊 美 紀│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 9│花 城 正 樹│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │10│清 水 磨 男│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │11│糸 数 昌 洋│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │12│桑 江   豊│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │13│翁 長 俊 英│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │14│大 浜 安 史│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │15│宮 平 のり子│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │16│多和田 栄 子│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │17│下 地 敏 男│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │18│上 原 快 佐│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │19│平 良 識 子│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │20│金 城 眞 徳│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │21│亀 島 賢二郎│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │22│宮 城 恵美子│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │23│       │                               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │24│       │                               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │25│翁 長 大 輔│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │26│前 田 千 尋│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │27│奥 間   亮│               ×               │
    ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │28│金 城 敏 雄│               ×               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │29│粟 國   彰│               ×               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │30│久 高 友 弘│               ×               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │31│平 良 仁 一│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │32│高 良 正 幸│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │33│山 城 誠 司│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │34│仲 松   寛│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │35│渡久地 政 作│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │36│知 念   博│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │37│我如古 一 郎│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │38│湧 川 朝 渉│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │39│古 堅 茂 治│               ○               │ ├─┼───────┼───────────────────────────────┤ │40│金 城   徹│              議 長              │ └─┴───────┴───────────────────────────────┘  ※○…賛成、×…反対 △上程案件〔議員提出〕  意見書案第9号        米陸軍MH60ヘリコプター墜落事故に関する意見書   このことについて、別紙のとおり議会の議決を得たいので提出する。    平成27年(2015年)9月1日提出               提出者                那覇市議会議員                 渡久地 政 作  平 良 識 子               賛成者                那覇市議会議員                 坂 井 浩 二  前 泊 美 紀                 清 水 磨 男  糸 数 昌 洋                 桑 江   豊  多和田 栄 子                 奥 間   亮  山 城 誠 司                 我如古 一 郎  湧 川 朝 渉 (提案理由)  市民・県民の生命と財産を守る立場から、米軍ヘリコプターの墜落事故に対し 厳重に抗議し、事故原因の徹底究明及び再発防止策等を強く求めるため、この案を提出する。        米陸軍MH60ヘリコプター墜落事故に関する意見書  去る8月12日午後1時46分ごろ、沖縄本島東側の海上で、訓練中の米陸軍MH60ヘリコプターが米海軍輸送艦への着艦に失敗、墜落する事故が発生し、乗員17人中、陸上自衛隊の特殊作戦部隊員2人を含む7人が負傷した。  墜落現場周辺は、パヤオ漁やイカ釣り漁などが盛んな好漁場で多くの漁船が操業しており、一歩間違えれば操業中の漁業者を巻き込む重大な大惨事につながりかねないものであっただけに、県民の衝撃は大きく、その不安と恐怖は計り知れないものがある。  在沖米軍所属の航空機は、これまで幾度となく墜落や部品等の落下事故を起こしており、本市議会ではその都度抗議し、事故の原因究明と再発防止策を繰り返し訴えてきた。  にもかかわらず、このような事故が後を絶たず、何ら有効な再発防止策も講じられないまま訓練が再開される現状は、軍事優先で市民・県民の安心・安全な生活を軽視するものであり、断じて容認することはできない。  よって、本市議会は、市民・県民の生命と財産を守る立場から、今回の米軍ヘリの墜落事故に対し厳重に抗議するとともに、関係機関へ下記事項を強く要求する。                    記  1 事故原因を早期に徹底究明し、その結果公表がなされるまで同型機の飛行を一切中止すること。  2 住宅地と漁場上空での飛行停止及び外来機の訓練中止など、実効ある再発防止策を講ずること。  3 事件・事故発生時における通報及び情報提供の迅速化を図ること。  4 すべての米軍機の安全管理及び兵員の危機管理を徹底すること。  5 日米地位協定を抜本的に改定すること。  6 米軍基地及び米軍訓練水域・空域の整理縮小を図ること。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。    平成27年(2015年)9月1日                        那 覇 市 議 会 あて先 衆議院議長、参議院議長内閣総理大臣内閣官房長官、外務大臣、防衛大臣、沖縄及び北方対策担当大臣、沖縄防衛局長                                    意見書案第10号    那覇空港周辺における住宅騒音防止対策事業にかかる制度見直しを求める意見書   このことについて、別紙のとおり議会の議決を得たいので提出する。    平成27年(2015年)9月28日提出               提出者
                   那覇市議会議員                 渡久地 政 作  平 良 識 子               賛成者                那覇市議会議員                 坂 井 浩 二  前 泊 美 紀                 清 水 磨 男  糸 数 昌 洋                 桑 江   豊  多和田 栄 子                 奥 間   亮  山 城 誠 司                 我如古 一 郎  湧 川 朝 渉 (提案理由)  市民の生命と財産を守り、空港周辺住民の安全・安心な生活を確保するため、那覇空港周辺における住宅騒音防止対策事業にかかる制度見直しを強く求めるため、この案を提出する。    那覇空港周辺における住宅騒音防止対策事業にかかる制度見直しを求める意見書  去る5月1日の国土交通省告示により那覇空港周辺の騒音対策区域(第1種区域)が新たに拡大指定された。これは、南西諸島防衛強化を図るため、自衛隊那覇基地の戦闘機部隊の増設により騒音が著しく増加することが予測されることからである。本市は国土交通省の補助を受けて、那覇空港周辺の騒音対策既存区域に加え、新たに第1種区域に指定された住宅について、騒音防止工事の補助事業を実施することになっている。  空港周辺の騒音防止対策に関しては、国土交通省と防衛省の補助事業があるが、戦闘機等を対象とする防衛省の行う補助事業のほうが補助内容及び補助限度額等において充実している。しかし、今回の事業は那覇空港の管理が国土交通省所管であることから同省の補助事業を適用するとのことである。那覇空港は国土交通省が管理運営する全国の空港の中で唯一、自衛隊の戦闘機等と民間航空機が離発着する官民共用空港である。今般の騒音増大の主なる要因は自衛隊の戦闘機部隊増設であり、騒音対策は戦闘機等に対応した有効な対策が行われなければならない。国の事務所管による形式的判断は騒音源の実態等を踏まえておらず到底納得できない。  また、既存の騒音対策区域内において、昭和57年3月30日の告示日以後に建築された住宅は「危険への接近の法理」により補助対象外となっている。しかし住民は、騒音が著しく増大することまで予見して居住したのではない。  また、那覇空港は集落地及び田畑を半ば強制収用されて建設された経緯等があり、住民は住居及び生産地を空港周辺に移転を余儀なくされた。住民にとって、空港周辺の土地利用を図ることは狭隘な本市で生活者として必然な事である。  よって本市議会は市民の生命と財産を守り、空港周辺住民の安全安心な生活を確保するために下記事項を強く求めるものである。                    記 1 那覇空港周辺住宅の防音工事補助は防衛省補助基準と同等に取り扱うこと。 2 既存の騒音対策区域内における昭和57年3月30日告示後建築された住宅についても騒音防止工事の対象とすること。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。    平成27年(2015年)9月28日                        那 覇 市 議 会 あて先 衆議院議長、参議院議長内閣総理大臣内閣官房長官、防衛大臣、国土交通大臣、沖縄及び北方対策担当大臣、沖縄防衛局長                                    意見書案第11号       那覇市に県立特別支援学校の設置を求める意見書   このことについて、別紙のとおり議会の議決を得たいので提出する。    平成27年(2015年)9月28日提出                提出者                 那覇市議会議員                  金 城 眞 徳   前 田 千 尋                賛成者                 那覇市議会議員                  野 原 嘉 孝   坂 井 浩 二                  大 浜 安 史   多和田 栄 子                  平 良 識 子   翁 長 大 輔                  粟 國   彰 (提案理由)  市外の特別支援学校に本市在住の305名の幼児・児童・生徒が就学する現状を鑑み、在住地での教育が受けられるよう、本市に県立特別支援学校の設置を強く要請するため、この案を提出する。       那覇市に県立特別支援学校の設置を求める意見書  全国的に特別支援学校に通う子どもは、少子化の中にあっても増加傾向が続いている。  本市においては、現在、那覇市在住の幼児・児童・生徒が、盲、ろう学校を含めた特別支援学校に約400名在籍している。そのうち大平特別支援学校に108名、島尻特別支援学校に93名、西崎特別支援学校に46名、鏡が丘特別支援学校に58名の計305名が市外の特別支援学校に就学している現状がある。  これは、特別支援学校2校分に匹敵するものであり、さらに特別な支援を要する児童生徒は年々増加傾向にある。また、障がいの程度についても重複化、多様化している。  本市には知的障害特別支援学校がないため、特別な支援を要する児童生徒が、障がいがある故に他の市町村にある特別支援学校への通学を余儀なくされ、10年以上も送迎を続ける保護者も存在している。  長時間に及ぶバス通学による児童生徒の影響や、保護者による送迎等の負担は教育環境面での大きな課題であり早急に解決する必要がある。  よって、インクルーシブ教育システムのさらなる推進が求められている中、「地域の子は地域で育てる」という理念を基に、児童生徒が那覇市で教育が受けられるよう、県と那覇市が連携を強め、本市に県立特別支援学校を早期に設置されるよう強く要請する。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。    平成27年(2015年)9月28日                      那 覇 市 議 会  あて先  沖縄県知事、沖縄県教育委員会委員長                                    意見書案第12号      「義務教育費国庫負担制度」の堅持・拡充に関する意見書   このことについて、別紙のとおり議会の議決を得たいので提出する。    平成27年(2015年)9月28日提出                提出者                 那覇市議会議員                  金 城 眞 徳   前 田 千 尋
                   賛成者                 那覇市議会議員                  野 原 嘉 孝   坂 井 浩 二                  大 浜 安 史   多和田 栄 子                  平 良 識 子   翁 長 大 輔                  粟 國   彰 (提案理由)  教育の機会均等と教育水準の維持向上のため、義務教育費国庫負担制度が引き続き堅持、拡充され、まずは以前の2分の1に復元するよう強く要請するため、この案を提出する。      「義務教育費国庫負担制度」の堅持・拡充に関する意見書  義務教育費国庫負担制度は、教育の機会均等とその水準の維持向上を図る制度として完全に定着しており、現行教育制度の重要な根幹をなすものである。  しかしながら、国は昭和60年度以降、義務教育費国庫負担制度の見直しを行い、これまで旅費、教材費、恩給費、共済費、公務災害補償基金、退職手当及び児童手当等、義務教育に係る経費を相次いで一般財源化してきた。  さらに、義務教育における国と地方の役割等についての論議が十分になされないまま、平成18年度からは国の負担割合を2分の1から3分の1へと大きく削減したばかりか、今後の予算編成に際しては、教職員給与費の更なる一般財源化のみならず、義務教育費国庫負担金全額の一般財源化を推し進めようとする動きさえある。  仮に義務教育費国庫負担制度が廃止され、それに見合う税源委譲が実現したとしても、島嶼県である沖縄県においては小規模校が多く、都市部に比べ、より多くの教員を配置せざるを得ない状況にあり、今後はこのような地域的特殊事情が全く配慮されない事態が危惧される。  このような事態になれば、極めて脆弱な地方の財政を圧迫するだけでなく、教育予算の削減につながり、ひいては教育水準の低下や地域間の不均衡を生じさせるおそれがある。  よって、那覇市議会は、教育の機会均等と教育水準の維持向上のため、地方に新たな負担転嫁を行うことなく、地方の財政力を高めるとともに、義務教育費国庫負担制度が引き続き堅持され、以前の2分の1に復元するよう強く要請する。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。    平成27年(2015年)9月28日                        那 覇 市 議 会  あて先  衆議院議長、参議院議長内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣文部科学大臣、沖縄及び北方対策担当大臣                                    意見書案第13号       「30人以下学級早期完全実現」のための意見書   このことについて、別紙のとおり議会の議決を得たいので提出する。    平成27年(2015年)9月28日提出                提出者                 那覇市議会議員                  金 城 眞 徳   前 田 千 尋                賛成者                 那覇市議会議員                  野 原 嘉 孝   坂 井 浩 二                  大 浜 安 史   多和田 栄 子                  平 良 識 子   翁 長 大 輔                  粟 國   彰 (提案理由)  「30人以下学級早期完全実現」を、国の責任で行なうよう強く要請するため、この案を提出する。       「30人以下学級早期完全実現」のための意見書  いじめや不登校、経済格差の拡大などによる就学援助児童の増加、保護者等の多様な教育ニーズ、子どもたちの学力格差の拡大など、教育現場に直面する課題は年々増えるばかりである。  学校現場では個々に応じたきめ細かい指導や、ゆとりをもった授業が求められているが、我が国における1学級40人の定数は国際的に見ても異常な多さであり、学校教育の困難さを増す大きな原因となっている。  このような状況の中、国は新教職員定数改善計画において、平成23年度から小学1年生で「35人学級」を実現し、平成24年度加配定数で、小学2年生での「35人学級」に拡大している。さらに地方独自の努力により「少人数学級」の実現が可能となるように規制が緩和された。それに伴い47都道府県でもなんらかの形で、「少人数学級」が実施されている。  沖縄県においても、現在は小学校1、2年生で状況が合えば「30人以下学級」、平成24年度から3年生で「35人以下学級」、平成26年度から中学校1年生で「35人以下学級」の適応が行われている。しかしながら、全国的に地方公共団体の財政状況が悪化し地域間の格差が拡大する中、地方のみの努力による、これ以上の教育環境の改善は極めて困難である。  「教育は未来への先行投資」であり、子どもたちへ最善の教育環境を与える必要がある。そのためにも「30人以下学級」の実現は急がれる課題といえる。  よって、那覇市議会は、「30人以下学級早期完全実現」を、国の責任で行うよう強く要請する。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。    平成27年(2015年)9月28日                        那 覇 市 議 会  あて先  衆議院議長、参議院議長内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣文部科学大臣、沖縄及び北方対策担当大臣                                    意見書案第14号  辺野古新基地建設工事再開に抗議し、作業の即時中止と建設断念を求める意見書   このことについて、別紙のとおり議会の議決を得たいので提出する。    平成27年(2015年)9月28日提出  提出者   那覇市議会議員    知 念   博  宮 平 のり子  湧 川 朝 渉  前 泊 美 紀    花 城 正 樹  賛成者   那覇市議会議員    喜舎場 盛 三  大 城 幼 子  野 原 嘉 孝  中 村 圭 介    清 水 磨 男  糸 数 昌 洋  桑 江   豊  翁 長 俊 英    大 浜 安 史  多和田 栄 子  下 地 敏 男  上 原 快 佐    平 良 識 子  宮 城 恵美子  亀 島 賢二郎  金 城 眞 徳    翁 長 大 輔  前 田 千 尋  平 良 仁 一  高 良 正 幸    山 城 誠 司  仲 松   寛  渡久地 政 作  我如古 一 郎    古 堅 茂 治 (提案理由)
     圧倒的民意を無視した辺野古新基地建設工事再開に激しい怒りをこめて抗議し、市民・県民の生命と安全を守る立場から、建設作業の即時中止と新基地建設断念を強く求めるため、この案を提出する。  辺野古新基地建設工事再開に抗議し、作業の即時中止と建設断念を求める意見書  安倍政権は9月12日、沖縄県との集中協議のために中断していた名護市辺野古への米軍新基地建設に向けての作業の再開を強行した。  集中協議では、在沖米軍基地の形成の歴史的事実、沖縄の現状、県民の心を踏まえた沖縄県の主張に道理と大義があるとの沖縄側の訴えに対し、「辺野古への新基地建設が唯一の解決策」と固執する政府の姿勢が浮き彫りとなった。  新基地建設に反対する沖縄の民意は、各種世論調査や地元名護市の市長選挙と市議選挙、県知事選挙と衆議院小選挙区選挙などで明確となっている。そして、新基地建設反対の声は全国の世論調査でも過半数を超え、国際的にも有識者の声明が出され、米国のバークレー市議会でも決議が採択されるなど大きく広がりつつある。  翁長知事は14日、政府が新基地建設推進の唯一の法的根拠としている前知事による辺野古沿岸部の埋め立て承認については、瑕疵があるものとして取り消す方針を明らかにし、手続きを開始した。そして、今後もあらゆる手法を駆使して、辺野古に新基地は造らせないという公約の実現に向け、全力で取り組むことを表明し、去る9月21日には国連人権委員会で日米政府が沖縄県民の人権・自己決定権を侵害している米軍基地問題を訴えた。  歴史に残る今回の翁長知事の英断と取り組みは、地方自治の本旨と主権者である142万県民の圧倒的な声に立脚したものである。同時に、県内41市町村の全市町村長、全市町村議会議長、県議会議長などが署名・捺印し、普天間基地の閉鎖・撤去、県内移設断念、垂直離着陸機オスプレイ配備撤回を求めた「建白書」を踏まえている。  県民は、翁長知事の英断を支持し、日米政府の理不尽な新基地押し付けに抗い、平和で誇り豊かな沖縄への道を共に切り拓く思いでいる。  安倍政権は、翁長知事の英断と「建白書」、県内外の声を重く受け止めて、新基地建設作業を直ちに中止し、沖縄の立場で米国と交渉をやり直すべきである。  よって、本市議会は、圧倒的民意を無視した辺野古新基地建設工事再開に激しい怒りをこめて抗議し、市民と県民の生命と安全を守る立場から、建設作業の即時中止と新基地建設断念を強く求める。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。    平成27年(2015年)9月28日                        那 覇 市 議 会 あて先 衆議院議長、参議院議長内閣総理大臣内閣官房長官、外務大臣、防衛大臣、沖縄及び北方対策担当大臣、沖縄防衛局長                                     決議案第5号        米陸軍MH60ヘリコプター墜落事故に関する抗議決議   このことについて、別紙のとおり議会の議決を得たいので提出する。    平成27年(2015年)9月1日提出               提出者                那覇市議会議員                 渡久地 政 作  平 良 識 子               賛成者                那覇市議会議員                 坂 井 浩 二  前 泊 美 紀                 清 水 磨 男  糸 数 昌 洋                 桑 江   豊  多和田 栄 子                 奥 間   亮  山 城 誠 司                 我如古 一 郎  湧 川 朝 渉 (提案理由)  市民・県民の生命と財産を守る立場から、米軍ヘリコプターの墜落事故に対し 厳重に抗議し、事故原因の徹底究明及び再発防止策等を強く求めるため、この案を提出する。        米陸軍MH60ヘリコプター墜落事故に関する抗議決議  去る8月12日午後1時46分ごろ、沖縄本島東側の海上で、訓練中の米陸軍MH60ヘリコプターが米海軍輸送艦への着艦に失敗、墜落する事故が発生し、乗員17人中、陸上自衛隊の特殊作戦部隊員2人を含む7人が負傷した。  墜落現場周辺は、パヤオ漁やイカ釣り漁などが盛んな好漁場で多くの漁船が操業しており、一歩間違えれば操業中の漁業者を巻き込む重大な大惨事につながりかねないものであっただけに、県民の衝撃は大きく、その不安と恐怖は計り知れないものがある。  在沖米軍所属の航空機は、これまで幾度となく墜落や部品等の落下事故を起こしており、本市議会ではその都度抗議し、事故の原因究明と再発防止策を繰り返し訴えてきた。  にもかかわらず、このような事故が後を絶たず、何ら有効な再発防止策も講じられないまま訓練が再開される現状は、軍事優先で市民・県民の安心・安全な生活を軽視するものであり、断じて容認することはできない。  よって、本市議会は、市民・県民の生命と財産を守る立場から、今回の米軍ヘリの墜落事故に対し厳重に抗議するとともに、関係機関へ下記事項を強く要求する。                     記  1 事故原因を早期に徹底究明し、その結果公表がなされるまで同型機の飛行を一切中止すること。  2 住宅地と漁場上空での飛行停止及び外来機の訓練中止など、実効ある再発防止策を講ずること。  3 事件・事故発生時における通報及び情報提供の迅速化を図ること。  4 すべての米軍機の安全管理及び兵員の危機管理を徹底すること。  5 日米地位協定を抜本的に改定すること。  6 米軍基地及び米軍訓練水域・空域の整理縮小を図ること。  以上、決議する。    平成27年(2015年)9月1日                        那 覇 市 議 会 あて先 米国大統領、米国上院議長、米国下院議長、駐日米国大使、在日米軍司令官、在日米陸軍司令官、在日米陸軍第10地域支援群司令官、在沖米国総領事、在日米軍沖縄地域調整官 △議席の一部変更  議席の一部変更  ※議席図省略                   議席の一部変更 ┌────────┬─────┬─────┬────────┬─────┬─────┐ │  氏  名  │旧議席番号│新議席番号│  氏  名  │旧議席番号│新議席番号│ ├────────┼─────┼─────┼────────┼─────┼─────┤ │ 古 堅 茂 治 │  38  │  39  │湧 川 朝 渉 │  39  │  38  │ └────────┴─────┴─────┴────────┴─────┴─────┘ △議案付託表  平成27年(2015年)9月那覇市議会定例会                   議 案 付 託 表                   総務常任委員会
    1 議案第84号 那覇市個人情報保護条例の一部を改正する条例制定について 2 議案第93号 那覇市消防本部及び消防署設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について 3 議案第99号 財産の取得について(30m級梯子付消防ポンプ自動車) 4 議案第100号 財産の取得について(消防ポンプ自動車)                   建設常任委員会 1 議案第102号 あらたに生じた土地の確認について 2 議案第103号 町の区域の変更を行うことについて 3 議案第104号 市街地の区域及び当該区域の住居表示の方法について 4 議案第105号 工事請負契約について(平成27年度新都心公園整備工事(土木)) 5 議案第106号 訴えの提起について 6 議案第107号 那覇市松山公園文化交流施設の指定管理者の指定について                   教育福祉常任委員会 1 議案第88号 那覇市指定地域密着型サービスの事業の人員、整備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について 2 議案第89号 那覇市指定介護サービス事業者の指定に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について 3 議案第90号 那覇市養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について 4 議案第91号 那覇市シルバーワークプラザ条例を廃止する条例制定について 5 議案第92号 那覇市保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について                   厚生経済常任委員会 1 議案第86号 那覇市附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例制定について 2 議案第101号 訴えの提起について                   予算決算常任委員会 1 議案第85号 那覇市手数料条例の一部を改正する条例制定について 2 議案第87号 那覇市廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例の一部を改正する条例制定について 3 議案第94号 平成27年度那覇市一般会計補正予算(第5号) 4 議案第95号 平成27年度那覇市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号) 5 議案第96号 平成27年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算(第2号) 6 議案第97号 平成27年度那覇市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号) 7 議案第98号 平成27年度那覇市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算(第2号) 8 議案第108号 平成26年度那覇市水道事業会計利益の処分及び決算の認定について 9 議案第109号 平成26年度那覇市下水道事業会計利益の処分及び決算の認定について 10 認定第1号 平成26年度那覇市一般会計歳入歳出決算 11 認定第2号 平成26年度那覇市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算 12 認定第3号 平成26年度那覇市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算 13 認定第4号 平成26年度那覇市市街地再開発事業特別会計歳入歳出決算 14 認定第5号 平成26年度那覇市介護保険事業特別会計歳入歳出決算 15 認定第6号 平成26年度那覇市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算 16 認定第7号 平成26年度那覇市病院事業債管理特別会計歳入歳出決算 17 認定第8号 平成26年度那覇市母子寡婦福祉資金貸付事業特別会計歳入歳出決算 △委員会審査報告書   平成27年9月25日  那覇市議会議長   金 城   徹  様                             総務常任委員長                               宮 平 のり子                 委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                      記 ┌─────┬───────────────────────────┬─────┐ │ 事件番号 │          件     名          │ 議決結果 │ ├─────┼───────────────────────────┼─────┤ │議   案│那覇市個人情報保護条例の一部を改正する条例制定について│ 原案可決 │ │第 84 号│                           │     │ ├─────┼───────────────────────────┼─────┤ │議   案│那覇市消防本部及び消防署設置等に関する条例の一部を改正│  〃  │ │第 93 号│する条例制定について                 │     │ ├─────┼───────────────────────────┼─────┤ │議   案│財産の取得について(30m級梯子付消防ポンプ自動車)  │ 同  意 │ │第 99 号│                           │     │ ├─────┼───────────────────────────┼─────┤ │議   案│財産の取得について(消防ポンプ自動車)        │  〃  │ │第 100 号│                           │     │ └─────┴───────────────────────────┴─────┘                                     平成27年9月25日  那覇市議会議長   金 城   徹 様                           建設常任委員長                            亀 島 賢二郎                 委 員 会 審 査 報 告 書
     本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                      記 ┌─────┬───────────────────────────┬─────┐ │ 事件番号 │          件     名          │ 議決結果 │ ├─────┼───────────────────────────┼─────┤ │議   案│あらたに生じた土地の確認について           │ 同  意 │ │第 102 号│                           │     │ ├─────┼───────────────────────────┼─────┤ │議   案│町の区域の変更を行うことについて           │  〃  │ │第 103 号│                           │     │ ├─────┼───────────────────────────┼─────┤ │議   案│市街地の区域及び当該区域の住居表示の方法について   │  〃  │ │第 104 号│                           │     │ ├─────┼───────────────────────────┼─────┤ │議   案│工事請負契約について(平成27年度新都心公園整備工事(土│  〃  │ │第 105 号│木))                        │     │ ├─────┼───────────────────────────┼─────┤ │議   案│訴えの提起について                  │  〃  │ │第 106 号│                           │     │ ├─────┼───────────────────────────┼─────┤ │議   案│那覇市松山公園文化交流施設の指定管理者の指定について │  〃  │ │第 107 号│                           │     │ └─────┴───────────────────────────┴─────┘                                      平成27年9月25日  那覇市議会議長   金 城   徹  様                            教育福祉常任委員長                               金 城 眞 徳                  委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                       記 ┌─────┬────────────────────────────┬─────┐ │ 事件番号 │          件      名          │ 議決結果 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│那覇市指定地域密着型サービスの事業の人員、整備及び運営に│ 原案可決 │ │第 88 号│関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│那覇市指定介護サービス事業者の指定に関する基準を定める条│  〃  │ │第 89 号│例の一部を改正する条例制定について           │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│那覇市養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条│  〃  │ │第 90 号│例の一部を改正する条例制定について           │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│那覇市シルバーワークプラザ条例を廃止する条例制定について│  〃  │ │第 91 号│                            │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│那覇市保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例制定につ│  〃  │ │第 92 号│いて                          │     │ └─────┴────────────────────────────┴─────┘                                      平成27年9月25日  那覇市議会議長   金 城   徹  様                         厚生経済常任委員長                            湧 川 朝 渉                 委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                      記 ┌─────┬────────────────────────────┬─────┐ │ 事件番号 │          件      名          │ 議決結果 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│那覇市附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例制定│ 原案可決 │ │第 86 号│について                        │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│訴えの提起について                   │ 同  意 │ │第 101 号│                            │     │ └─────┴────────────────────────────┴─────┘                                      平成27年9月25日  那覇市議会議長   金 城   徹 様                            予算決算常任委員長                               知 念   博
                     委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                       記 ┌─────┬────────────────────────────┬─────┐ │ 事件番号 │          件      名          │ 議決結果 │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│那覇市手数料条例の一部を改正する条例制定について    │ 原案可決 │ │第 85 号│                            │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│那覇市廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例の一部│  〃  │ │第 87 号│を改正する条例制定について               │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│平成27年度那覇市一般会計補正予算(第5号)       │  〃  │ │第 94 号│                            │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│平成27年度那覇市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)│  〃  │ │第 95 号│                            │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│平成27年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算(第2号) │  〃  │ │第 96 号│                            │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│平成27年度那覇市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)│  〃  │ │第 97 号│                            │     │ ├─────┼────────────────────────────┼─────┤ │議   案│平成27年度那覇市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正│  〃  │ │第 98 号│予算(第2号)                     │     │ └─────┴────────────────────────────┴─────┘ △陳情審査報告書   平成27年9月25日  那覇市議会議長   金 城  徹 様                              建設常任委員長                               亀 島 賢二郎                  陳 情 審 査 報 告 書  本委員会に付託の陳情は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第143条の規定により報告します。                       記 ┌─────┬──────────────────────┬─────┬──────┐ │ 受理番号 │      件        名      │ 審査結果 │ 措  置 │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼──────┤ │陳   情│県道222号線道路拡幅計画に伴う都市計画(用途 │採択すべき│地方自治法第│ │第 122 号│地域)変更について             │ものと決定│125条の規定 │ │     │                      │     │により措置 │ └─────┴──────────────────────┴─────┴──────┘                                      平成27年9月25日  那覇市議会議長   金 城   徹  様                              教育福祉常任委員長                                金 城 眞 徳                  陳 情 審 査 報 告 書  本委員会に付託の陳情は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第143条の規定により報告します。                       記 ┌─────┬──────────────────────┬─────┬──────┐ │ 受理番号 │      件        名      │ 審査結果 │ 措  置 │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼──────┤ │陳   情│特別支援学校の設置を求めることについて   │採択すべき│意見書案第11│ │第 112 号│                      │ものと決定│号をもって措│ │     │                      │     │置     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼──────┤ │陳   情│保育士不足解消に関することについて     │  〃  │地方自治法第│ │第 114 号│                      │     │125条の規定 │ │     │                      │     │により措置 │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼──────┤ │陳   情│「労働安全衛生委員会」の設置を進め、学校現場│  〃  │   〃   │ │第 116 号│の労働環境の改善を求めることについて    │     │      │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼──────┤ │陳   情│「義務教育費国庫負担堅持及び2分の1復元」の│  〃  │意見書案第12│ │第 118 号│ための意見書採択を求めることについて    │     │号をもって措│ │     │                      │     │置     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼──────┤
    │陳   情│「30人以下学級早期完全実現」のための意見書採│  〃  │意見書案第13│ │第 119 号│択を求めることについて           │     │号をもって措│ │     │                      │     │置     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼──────┤ │陳   情│学童保育に関することについて        │  〃  │地方自治法第│ │第 125 号│                      │     │125条の規定 │ │     │                      │     │により措置 │ └─────┴──────────────────────┴─────┴──────┘ △議員派遣について  議員派遣について                                    平成27年9月28日   会議規則第167条の規定により、下記のとおり議員を派遣する。                      記 1 派遣目的  第45回那覇大綱挽まつりへの参加のため          (1)市民演芸・民俗伝統芸能パレード          (2)那覇大綱挽行列 2 派遣場所  沖縄県那覇市内 国際通り 3 派遣期間   (1)平成27年10月10日(土)午後1時45分 ~ 終了まで          (2)平成27年10月11日(日)午前10時40分 ~ 終了まで 4 派遣議員  那覇市議会議員全員                  議員派遣について                                    平成27年9月28日   会議規則第167条の規定により、下記のとおり議員を派遣する。                      記 1 派遣目的  沖縄県市議会議長会主催の平成27年度「市議会議員・職員研修会」への参加のため 2 派遣場所  沖縄県豊見城市字平良467-1         豊見城市立中央公民館 大ホール 3 派遣期間  平成27年11月20日(金) 午後1時 ~ 終了まで 4 派遣議員  那覇市議会議員全員 △閉会中継続審査申出書  平成27年9月25日  那覇市議会議長   金 城   徹 様                           総務常任委員長                             宮 平 のり子              閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書  本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第111条の規定により申し出ます。                      記 1 事 件  (1) 所管事務調査 総務行政に関する事務調査  (2) 所管事務調査 企画財務行政に関する事務調査  (3) 所管事務調査 消防行政に関する事務調査  (4) 所管事務調査 出納行政に関する事務調査  (5) 所管事務調査 選挙管理行政に関する事務調査  (6) 所管事務調査 監査行政に関する事務調査  (7) 所管事務調査 (仮称)那覇市保健センター複合施設建設事業に関する事務調査  (8) 陳情第10号 「緊急事態基本法」の早期制定を求める意見書提出について  (9) 陳情第15号 奥武山陸上競技場建て替え工事に関することについて  (10) 陳情第17号 国に対し「消費税増税中止を求める意見書」の提出を求めることについて  (11) 陳情第18号 大嶺自治会(共同利用施設)建設について  (12) 陳情第25号 字大嶺自治会館建設について  (13) 陳情第27号 国に対し「消費税増税中止を求める意見書」の提出を求めることについて  (14) 陳情第37号 船員税制(住民税)の減免に関することについて  (15) 陳情第38号 住民の安全・安心を支える公務・公共サービスの体制・機能の充実を求めることについて  (16) 陳情第53号 給与制度の総合的見直しに関することについて  (17) 陳情第65号 地方再生、地域の活性化に逆行する給与制度の総合的見直し中止に関することについて  (18) 陳情第80号 「(仮称)那覇市保健センター複合施設建設事業」を一旦中止し、改めて旧地主の意向を反映した計画を求めることについて  (19) 陳情第89号 住民の安全・安心を支える国の公務・公共サービス体制の充実を求めることについて  (20) 陳情第102号 所得税法56条廃止の意見書提出を求めることについて  (21) 陳情第111号 外国人の扶養控除制度の見直しを求める意見書の採択について  (22) 陳情第115号 マイナンバー制度の廃止を求めることについて  (23) 陳情第121号 所得税法56条廃止の意見書提出を求めることについて 2 理 由  上記23件については、なお慎重に審査をする必要がある。
                                      平成27年9月25日  那覇市議会議長    金城 徹 様                            建設常任委員長                              亀島 賢二郎              閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書  本委員会は、審査中の事件について下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第111条の規定により申し出ます。                    記 1 事 件  (1) 所管事務調査 都市計画行政に関する事務調査  (2) 所管事務調査 建設管理行政に関する事務調査  (3) 所管事務調査 上下水道事業に関する事務調査  (4) 陳情第1号 公共事業の執行に関することについて  (5) 陳情第11号 宇栄原南土地区画整理事業に伴う市域境界変更案について  (6) 陳情第24号 那覇空港自動車道小禄道路の名嘉地から赤嶺までの間を全面高架橋により建設することについて  (7) 陳情第31号 那覇市若狭緑地に建設予定の「龍柱」の建設の白紙撤回に関することについて  (8) 陳情第36号 「那覇市地区計画区域及び再開発区域計画区域内における建築物の制限に関する条例第7条の規定」違反者への行政指導申立に関することについて  (9) 陳情第43号 国場めーばる公園の現状と改善について  (10) 陳情第77号 県営松川団地の生活道路の整備に関することについて  (11) 陳情第78号 県営松川団地内に計画している災害道路を生活道路としても地域住民が使用できるようにするため、同道路の整備を同団地東側の排水路上に変更するよう求めることについて  (12) 陳情第85号 不公平な清算金にかかる件について  (13) 陳情第92号 市の進めている市道整備計画の中止に関することについて  (14) 陳情第93号 水路に道を造らせる件について  (15) 陳情第95号 松川団地敷地内の市道整備計画を中止することについて  (16) 陳情第96号 「県営松川団地敷地内の市道整備に関する確認書」を無効にする件について  (17) 陳情第97号 繁多川地域の市道整備について  (18) 陳情第98号 市民のための「市議会 龍柱建設を中心とする報告会」開催に関することについて  (19) 陳情第103号 市営住宅駐車場使用料金に関することについて  (20) 陳情第109号 下水道の整備に関することについて 2 理 由   上記20件については、なお慎重に審査をする必要がある。                                   平成27年9月25日  那覇市議会議長   金 城   徹 様                            教育福祉常任委員長                              金 城  眞 徳              閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書  本委員会は、調査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第111条の規定により申し出ます。                     記 1 事 件  (1) 所管事務調査 福祉行政に関する事務調査  (2) 所管事務調査 こども行政に関する事務調査  (3) 所管事務調査 教育行政に関する事務調査  (4) 陳情第 9号 学校教職員の駐車スペース有料化問題に関することについて  (5) 陳情第13号 雇用創出のため遺骨の捜索・収集事業への一括交付金の活用について  (6) 陳情第16号 より良い保育環境の充実を求めることについて  (7) 陳情第29号 うちなーぐち教育を含む那覇市独自の地域総合学習の開発とその実施・普及のための調査検討委員会の設置について  (8) 陳情第35号 子ども医療費を入院に続き、通院も中学卒業まで無料とすることを求めることについて  (9) 陳情第54号 平成26年度通常総会における決議事項について  (10) 陳情第61号「幼稚園・就学前教育」義務教育化・無償化の早期実現を求めることについて  (11) 陳情第62号 必要不可欠の教育手段として自家用車を使用せざるをえない教職員の勤務実態を踏まえた条件整備を求めることについて  (12) 陳情第74号 「平和の道しるべ教室」に関することについて  (13) 陳情第75号 活動助成金に関することについて  (14) 陳情第76号 市立中学校で起こった危険行為について  (15) 陳情第84号 公立幼稚園の充実と発展を求めることについて  (16) 陳情第101号 市立中学校で起こった危険行為について  (17) 陳情第104号 小禄地区における認知症対応型共同生活介護(グループホーム)整備に関することについて  (18) 陳情第105号 市立幼稚園を全園公立型認定こども園に移行させることを求めることについて  (19) 陳情第117号 学校における「集団フッ化物洗口導入」に反対することについて  (20) 陳情第123号 健康で文化的な最低限度の生活を保障する立場で「生活保護基準引き下げ」「住宅扶助、冬季加算の引き下げ」中止を求めることについて  (21) 陳情第124号 生活保護法第80条の適用に関することについて  (22) 陳情第127号 市立中学校で起こった危険行為について 2 理 由    上記22件については、なお慎重に調査をする必要がある。                                   平成27年9月25日   那覇市議会議長    金 城   徹  様                           厚生経済常任委員長                              湧 川 朝 渉              閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書  本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第111条の規定により申し出ます。                     記 1 事 件  (1) 所管事務調査 市民文化行政に関する事務調査
     (2) 所管事務調査 経済観光行政に関する事務調査  (3) 所管事務調査 環境行政に関する事務調査  (4) 所管事務調査 保健医療行政に関する事務調査  (5) 所管事務調査 農業全般に関する事務調査  (6) 所管事務調査 那覇市第一牧志公設市場再整備事業に関する事務調査  (7) 陳情第3号 森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保のための意見書採択に関することについて  (8) 陳情第12号 パレット市民劇場、新市民会館におけるピアノ等音響設備に関することについて  (9) 陳情第19号 那覇市第一牧志公設市場共有部分の光熱費に関することについて  (10) 陳情第22号 那覇市の動物愛護管理行政のあり方について  (11) 陳情第39号 「さらなる年金削減の中止を求める意見書」採択に関することについて  (12) 陳情第42号 労働者保護ルール改悪反対を求める意見書の採択を求めることについて  (13) 陳情第45号 「琉球泡盛文化の継承発展及び普及促進に関する条例」(仮称)の制定について  (14) 陳情第46号 「年金のさらなる削減の中止を求める意見書」採択に関することについて  (15) 陳情第55号 三重城小型船係留所に係留する船舶について  (16) 陳情第57号 行政指導により金城砂販売所の移転を実現することについて  (17) 陳情第58号 軽度外傷性脳損傷の周知及び労災認定基準の改正などを求めることについて  (18) 陳情第72号 小禄支所の建替え等に関することについて  (19) 陳情第73号 年金積立金の専ら被保険者の利益のための安全かつ確実な運用に関する意見書の採択を求めることについて  (20) 陳情第82号 小禄支所の建替え等に関することについて  (21) 陳情第87号 沖縄県出身の特定失踪者の救出に関することについて  (22) 陳情第91号 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員を求めることについて  (23) 陳情第94号 事務所の確保に関することについて  (24) 陳情第113号 「若い人も高齢者も安心できる年金を求める意見書」採択に関することについて  (25) 陳情第126号 沖映通りにおける観光バス乗降場設置に関することについて 2 理 由    上記25件については、なお慎重に審査をする必要がある。                                   平成27年9月25日   那覇市議会議長    金 城   徹 様                            予算決算常任委員長                               知 念   博              閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書  本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第111条の規定により申し出ます。                     記 1 事 件  (1)議案第108号 平成26年度那覇市水道事業会計利益の処分及び決算の認定について  (2)議案第109号 平成26年度那覇市下水道事業会計利益の処分及び決算の認定について  (3)認定第 1号 平成26年度那覇市一般会計歳入歳出決算  (4)認定第 2号 平成26年度那覇市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算  (5)認定第 3号 平成26年度那覇市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算  (6)認定第 4号 平成26年度那覇市市街地再開発事業特別会計歳入歳出決算  (7)認定第 5号 平成26年度那覇市介護保険事業特別会計歳入歳出決算  (8)認定第 6号 平成26年度那覇市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算  (9)認定第 7号 平成26年度那覇市病院事業債管理特別会計歳入歳出決算  (10)認定第 8号 平成26年度那覇市母子寡婦福祉資金貸付事業特別会計歳入歳出決算 2 理 由    上記10件については、なお慎重に審査をする必要がある。...