那覇市議会 > 2014-06-25 >
平成 26年(2014年) 6月定例会-06月25日-付録
平成 26年(2014年) 6月定例会-06月25日-09号

ツイート シェア
  1. 那覇市議会 2014-06-25
    平成 26年(2014年) 6月定例会-06月25日-付録


    取得元: 那覇市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-04-03
    平成 26年(2014年) 6月定例会-06月25日-付録平成26年 6月定例会 △発言通告書   平成26年(2014年)6月那覇市議会定例会                 発 言 時 間 割 表 1. 代表質問〔割当時間(答弁を除く):5分×会派員数〕  ○ 1日目 6月6日(金) ┌───┬──────┬──────┬───────┬─────────────┐ │順 位│ 会 派 名 │ 構成人員 │  割当時間  │ 発 言 通 告 期 限 │ ├───┼──────┼──────┼───────┼─────────────┤ │ 1 │ 自由民主党 │  11 人  │   55分   │             │ │   │  新風会  │      │       │             │ ├───┼──────┼──────┼───────┤   6月3日 (火)    │ │ 2 │ 公 明 党 │  7 人  │   35分   │             │ ├───┴──────┴──────┼───────┤    午後2時     │ │      合   計      │   90分   │             │ │                 │(1時間30分)│             │ └─────────────────┴───────┴─────────────┘
     ○ 2日目 6月9日(月) ┌───┬──────┬──────┬───────┬─────────────┐ │順 位│ 会 派 名 │ 構成人員 │  割当時間  │ 発 言 通 告 期 限 │ ├───┼──────┼──────┼───────┼─────────────┤ │ 1 │日本共産党 │  6 人  │   30分   │             │ ├───┼──────┼──────┼───────┤             │ │ 2 │社 民 党 │  3 人  │   15分   │             │ ├───┼──────┼──────┼───────┤             │ │ 3 │自民・無所属│  3 人  │   15分   │             │ │   │・改革の会 │      │       │             │ ├───┼──────┼──────┼───────┤    6月4日 (水)   │ │ 4 │なは民主  │  2 人  │   10分   │             │ ├───┼──────┼──────┼───────┤     午後2時     │ │ 5 │社 大 党 │  2 人  │   10分   │             │ ├───┼──────┼──────┼───────┤             │ │ 6 │無所属の会 │  2 人  │   10分   │             │ ├───┴──────┴──────┼───────┤             │ │      合   計      │   90分   │             │ │                 │(1時間30分)│             │ └─────────────────┴───────┴─────────────┘ 2. 一般質問〔割当時間(答弁を除く):1人当たり15分間〕 ┌───────────┬─────┬───────┬─────────────┐ │  発  言  日  │ 順 位 │  割当時間  │ 発 言 通 告 期 限 │ ├───────────┼─────┼───────┼────────┬────┤ │1日目(6月10日・火)│ 1~10番 │2時間30分  │ 6月5日(木) │    │ ├───────────┼─────┼───────┼────────┤    │ │2日目(6月11日・水)│11~20番 │2時間30分  │ 6月6日(金) │    │ ├───────────┼─────┼───────┼────────┤午後2時│ │3日目(6月12日・木)│21~30番 │2時間30分  │ 6月9日(月) │    │ ├───────────┼─────┼───────┼────────┤    │ │4日目(6月13日・金)│31~39番 │2時間15分  │ 6月10日(火) │    │ └───────────┴─────┴───────┴────────┴────┘ ※「一般質問」の発言順位を決める抽選が、6月2日(月)の本会議終了後、議会事務局議事管理課で行われます。             平成26年(2014年)6月那覇市議会定例会               代 表 質 問 時 間 割 表                      ※割当時間(答弁を除く):5分×会派員数 ┌──────┬──────┬───┬───┬───────────┬──────┐ │ 発 言 日 │ 会 派 名 │構 成│割 当│ 順 位 ・ 質 問 者 │ 発言通告 │ │      │      │人 員│時 間│           │ 期  限 │ ├──────┼──────┼───┼───┼───────────┼──────┤ │  1日目  │自由民主党 │  人│  分│ ① 金 城   徹  │      │ │ 6月6日 │新風会   │ 11 │ 55 │ ② 山 城 誠 司  │      │ │ ( 金 ) │      │   │   │ ③ 平 良 仁 一  │ 6月3日 │ │      │      │   │   │ ④ 知 念   博  │ ( 火 ) │ │      ├──────┼───┼───┼───────────┤ 午後2時 │ │      │公 明 党 │ 7 │ 35 │ ⑤ 大 城 幼 子  │      │ │      │      │   │   │ ⑥ 大 浜 安 史  │      │ ├──────┼──────┼───┼───┼───────────┼──────┤ │  2日目  │日本共産党 │ 6 │ 30 │ ① 我如古 一 郎  │      │ │ 6月9日 │      │   │   │ ② 前 田 千 尋  │      │ │ ( 月 ) ├──────┼───┼───┼───────────┤      │ │      │社 民 党 │ 3 │ 15 │ ③ 多和田 栄 子  │      │ │      ├──────┼───┼───┼───────────┤      │ │      │自民・無所属│ 3 │ 15 │ ④ 宮 里 光 雄  │ 6月4日 │ │      │・改革の会 │   │   │           │ ( 水 ) │ │      ├──────┼───┼───┼───────────┤ 午後2時 │ │      │なは民主  │ 2 │ 10 │ ⑤ 清 水 磨 男  │      │ │      │      │   │   │ ⑥ 花 城 正 樹  │      │ │      ├──────┼───┼───┼───────────┤      │ │      │社 大 党 │ 2 │ 10 │ ⑦ 平 良 識 子  │      │ │      ├──────┼───┼───┼───────────┤      │ │      │無所属の会 │ 2 │ 10 │ ⑧ 中 村 圭 介  │      │ └──────┴──────┴───┴───┴───────────┴──────┘                               【平成26年6月5日現在】            平成26年 (2014年) 6月那覇市議会定例会             一 般 質 問 発 言 順 位 表                       ※1人当たり15分間(答弁を除く) ┌─┬───────┬─┬───────┬─┬───────┬─┬───────┐ │発│6月10日(火)│ │6月11日(水)│ │6月12日(木)│ │6月13日(金)│ │言│ 【1日目】 │ │ 【2日目】 │ │ 【3日目】 │ │ 【4日目】 │ │日│       │ │       │ │       │ │       │ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │期│6月5日(木)│ │6月6日(金)│ │6月9日(月)│ │6月10日(火)│ │限│  午後2時  │ │  午後2時  │ │  午後2時  │ │  午後2時  │ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 1│奥 間   亮│ 1│翁 長 俊 英│ 1│古 堅 茂 治│ 1│金城   徹 │ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 2│久 高 友 弘│ 2│下 地 敏 男│ 2│亀 島 賢二郎│ 2│大 城 幼 子│ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 3│屋 良 栄 作│ 3│山 川 典 二│ 3│金 城 眞 徳│ 3│中 村 圭 介│ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 4│坂 井 浩 二│ 4│上 原 快 佐│ 4│桑 江   豊│ 4│我如古 一 郎│ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 5│喜舎場 盛 三│ 5│野 原 嘉 孝│ 5│大 浜 安 史│ 5│多和田 栄 子│ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 6│粟 國   彰│ 6│比 嘉 瑞 己│ 6│前 田 千 尋│ 6│清 水 磨 男│ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 7│翁 長 大 輔│ 7│仲 松   寛│ 7│宮 平 のり子│ 7│前 泊 美 紀│ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 8│高 良 正 幸│ 8│花 城 正 樹│ │       │ │       │ ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │ 9│瀬 長   清│ 9│湧 川 朝 渉│ │       │ │       │
    ├─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┼─┼───────┤ │時│ 2時間15分 │ │ 2時間15分 │ │ 1時間45分 │ │ 1時間45分 │ │間│       │ │       │ │       │ │       │ └─┴───────┴─┴───────┴─┴───────┴─┴───────┘                              【平成26年6月10日現在】           平成26年(2014年)6月那覇市議会定例会              代表質問発言通告書(1日目)               平成26年6月6日(金)                              ┌ 自由民主党新風会 55分                   割当時間(答弁を除く) ┤                              └ 公明党 35分 ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│金 城  徹 │1 市長の基本│(1) 沖縄の政治潮流について伺う      │ │ │(自由民主党 │ 姿勢について│ 翁長市長は、これまで市議会議員、県議会議員│ │ │ 新風会)  │       │として保守本流の政治家として政治活動を全うし│ │ │       │       │てきたが、那覇市長に就任してからは、保革の枠│ │ │       │       │にとらわれず広く市民の立場に立った市政運営に│ │ │       │       │徹してきたと評価するものである       │ │ │       │       │ 本土ではいち早く55年体制を脱却したが、沖縄│ │ │       │       │では基地の撤去か経済の発展かの選択を迫られる│ │ │       │       │状況が長く続いた。このような戦後から、これま│ │ │       │       │での沖縄の政治潮流について、政治家、翁長雄志│ │ │       │       │としてどのような見解をもつのか伺うものである│ │ │       │       │(2) 沖縄の政治課題について伺う      │ │ │       │       │ 沖縄の政治問題として基地、雇用、教育、福祉│ │ │       │       │、待機児童解消等々山積し、いずれも重要な政策│ │ │       │       │課題である。しかしながら、一方において今の時│ │ │       │       │期に真正面から向き合わなければならない課題も│ │ │       │       │ある。私は、この数年来大きな動きとなった辺野│ │ │       │       │古の問題こそが、それであると確信するものであ│ │ │       │       │る                     │ │ │       │       │ 従来の保革の枠を乗り越え建白書の一点でオー│ │ │       │       │ル沖縄としてひとつになり政府に対しても大きな│ │ │       │       │インパクトを与えた。なぜ今、辺野古から目を背│ │ │       │       │けてはならないかと言うと、辺野古移設を認める│ │ │       │       │ことは、新たな基地の建設に自ら加担することと│ │ │       │       │なり、これから後の世の子や孫に大きな禍根を残│ │ │       │       │すことになるからである。これらのことを踏まえ│ │ │       │       │、辺野古移設に対する市長の見解を伺う    │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 保育行政に│ 待機児童解消策について          │ │ │       │ ついて   │(1) 一連のマスコミ報道によれば、「那覇市は │ │ │       │       │  、本年度中に株式会社の認可保育所への参入│ │ │       │       │  を目指す」と報道されているが、事実なのか │ │ │       │       │(2) 待機児童解消に向けての現状と対応を伺う│ │ │       │       │(3) 抜本的な解決に向けて他部署との連携も必│ │ │       │       │  要と考えるが、当局の見解を伺う     │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  代表質問(1日目) 平成26年6月6日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│山 城 誠 司│1 農連市場開│(1) 6月2日に事業組合が設立されたが、昭和│ │ │(自由民主党 │ 発について │  61年の農連市場地区再開発促進協議会発足以│ │ │ 新風会)  │       │  来、およそ30年の月日を経て、多くの関係者│ │ │       │       │  の思いが実り、ついに事業組合の設立を迎え│ │ │       │       │  られたことは、誠に喜ばしい限りである。つ│ │ │       │       │  いては、事業組合の設立に至るまでの経緯に│ │ │       │       │  ついて伺う               │ │ │       │       │(2) 現在の事業計画の概要について伺う   │ │ │       │       │(3) 今後の事業スケジュールと課題について伺│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 那覇市中心│(1) 那覇市中心市街地活性化基本計画策定に向│ │ │       │ 市街地活性化│  けた取り組み状況、スケジュール及び課題に│ │ │       │ に向けた取り│  ついて伺う               │ │ │       │ 組みについて│(2) 中心市街地活性化基本計画の策定により、│ │ │       │       │  5年・10年後の本市の中心市街地はどのよう│ │ │       │       │  な姿になっているか伺う         │ │ │       │       │(3) トランジットモールについて、どのように│ │ │       │       │  考えているか伺う            │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 那覇市観光│(1) 那覇市観光基本計画策定の取り組み状況、│ │ │       │ 基本計画策定│  スケジュール及び課題について伺う    │ │ │       │ に向けた取り│(2) 観光基本計画の策定により、5年・10年後│ │ │       │ 組みについて│  の本市は、どのような観光都市になっている│ │ │       │       │  のか、都市像展望について伺う      │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 第5次介護│ 超高齢社会を迎えようとしている状況のなか、│ │ │       │ 計画について│本市が進めている第5次なは高齢者プランの現状│ │ │       │       │と課題について、どのようになっているのか。第│ │ │       │       │6次プランにどのように反映させていくのか伺う│ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │
    └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  代表質問(1日目) 平成26年6月6日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │3│平 良 仁 一│1 第4次那覇│(1) 那覇市経営改革アクションプランの意義と│ │ │(自由民主党 │ 市経営改革ア│  目的を伺う               │ │ │ 新風会)  │ クションンプ│(2) 経営改革アクションプランは、経営改革の│ │ │       │ ラン策定につ│  具体的な取り組みを示す行動計画だと思うが│ │ │       │ いて    │  、何を基本に策定したのか伺う      │ │ │       │       │(3) 経営改革アクションプランは、全庁的な取│ │ │       │       │  り組みでなければならない。行動計画通り取│ │ │       │       │  り組んでいるかチェックしなければ目標達成│ │ │       │       │  はできないと思う。そのチェック体制はどう│ │ │       │       │  なっているのか伺う           │ │ │       │       │(4) 第1次から第3次まで経営改革アクション│ │ │       │       │  プランを実施し、取り組んだ結果、何がどう│ │ │       │       │  変わったのか具体的に示していただきたい │ │ │       │       │(5) 第4次経営改革アクションプラン策定にお│ │ │       │       │  いて、もっとも重要な方針と戦略を伺う  │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 那覇市健康│(1) 那覇市健康ウォーキング推進事業の概要を│ │ │       │ ウォーキング│  伺う                  │ │ │       │ 推進事業につ│(2) 初めてのウォーキング大会開催になるが、│ │ │       │ いて    │  取り組み状況と、大会開催日までのスケジュ│ │ │       │       │  ールを伺う               │ │ │       │       │(3) 実行委員会には、6つの専門部会があるが│ │ │       │       │  、各部会の役割を伺う          │ │ │       │       │(4) ウォーキング大会参加への市民に対する │ │ │       │       │  呼びかけ、アピールはどのように行うのか │ │ │       │       │  伺う                  │ │ │       │       │(5) ウォーキングコースは、上級、中級、初心│ │ │       │       │  者、ファミリーと4つのコース設定とのこと│ │ │       │       │  だが、コース設定は決まったのか、その内容│ │ │       │       │  を伺う                 │ │ │       │       │(6) 参加者の定員が4,000人とあるが、4,000人│ │ │       │       │  とした根拠と、申込者が4,000人を超えた場 │ │ │       │       │  合はどうするのか伺う          │ │ │       │       │(7) ウォーキング大会を開催するにあたり安全│ │ │       │       │  の確保が重要であるが、どのような安全対策│ │ │       │       │  を考えているのか伺う          │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 新都心公園│(1) 公園内の多目的広場は、いつ整備したのか│ │ │       │ 整備(人工芝│  伺う                  │ │ │       │ の設置工事)│(2) 多目的広場の芝生の管理養生はどのように│ │ │       │ について  │  行ってきたのか伺う           │ │ │       │       │(3) 多目的広場の現在の状況と、利用者の反応│ │ │       │       │  はどうなのか伺う            │ │ │       │       │(4) 今までの天然芝ではなく、人工芝に替えて│ │ │       │       │  整備する理由を伺う           │ │ │       │       │(5) 人工芝で、整備後の維持管理はどうするの│ │ │       │       │  か、また管理費用は年間どのくらいを想定し│ │ │       │       │  ているのか伺う             │ │ │       │       │(6) 人工芝の耐用年数を伺う        │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  代表質問(1日目) 平成26年6月6日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │4│ 知 念  博 │1 本市の公共│ 「なは市民協働プラザ」(仮称)という施設を設│ │ │(自由民主党 │ 施設整備につ│置するとの基本方針が示されている      │ │ │   新風会) │ いて    │(1) そこに至った経緯と庁舎の現状・取り組む│ │ │       │       │  ための課題は何か            │ │ │       │       │(2) 公民館図書館等の施設や全市的な公共施│ │ │       │       │  設の整備等についての課題は何か     │ │ │       │       │(3) 銘苅庁舎利活用の基本的考え方について伺│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │(4) 協働プラザの機能及び用途・配置について│ │ │       │       │  伺う                  │ │ │       │       │(5) 今後のスケジュールについて伺う    │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 本市におけ│ 城西小体育館及び幼稚園舎建替工事について │ │ │       │ る学校施設の│(1) 城西小の校舎、特別教室・体育館・幼稚園│ │ │       │ 建設について│  舎・学童クラブ施設、建て替え、建設に関す│ │ │       │       │  るこれまでの取り組みと、今後のスケジュー│ │ │       │       │  ルと取り組む内容等について伺う     │ │ │       │       │(2) 現在の校舎は、夏は暑く、台風や風の強い│ │ │       │       │  日は、外から校舎の中へ落葉や、砂が入り込│ │ │       │       │  み、半屋外といわれる大きく開いた開口部か│ │ │       │       │  ら雨風が入り込み、子供たちが寒さに震えな│ │ │       │       │  がら授業を受けている。天窓からは、直射日│ │ │       │       │  光が教室に射し込み児童を直撃するため、そ│ │ │       │       │  れを避けるよう何度も机を移動させて授業を│ │ │       │       │  行う状況である。床タイルは黒で全面的に薄│ │ │       │       │  暗く、雨天時には、すべりやすく、床段差に│ │ │       │       │  つまずいたり転倒する子も多いとのことであ│ │ │       │       │  る。このように現場での施設に対する評価は│ │ │       │       │  大変厳しいものがある          │ │ │       │       │    今回の体育館・幼稚園舎建設設計は、前 │ │ │       │       │   回と同じ設計士と随意契約したとのことだ │ │ │       │       │   がその経緯を伺う            │
    │ │       │       │(3) 著名な建築設計士ということ、また随契 │ │ │       │       │  ということで発注費用が高額になると思わ │ │ │       │       │  れるが、契約金額はどうなっているのか、 │ │ │       │       │  市内の同様の建設の場合と比べてどうなっ │ │ │       │       │  ているのか伺う             │ │ │       │       │(4) 幼稚園の教室が曲線状になっているとの │ │ │       │       │  ことだが、例えばイス・机を隅へ寄せ使用 │ │ │       │       │  する場合、効率的な利用がしにくいとのこ │ │ │       │       │  とであり、四角形にして欲しいとの要望あ │ │ │       │       │  るが見解を伺う。文科省の施設整備指針と │ │ │       │       │  比較して華美になっていないのか     │ │ │       │       │(5) 幼稚園4歳児はトイレ指導があり、教室内│ │ │       │       │  への設置が望ましいとのことだが、対応を │ │ │       │       │  伺う。また乾式トイレより湿式を希望して │ │ │       │       │  いるが見解を伺う。和洋式については、ど │ │ │       │       │  う取り組んでいくのか          │ │ │       │       │(6) 体育館が校舎と給食室の壁に挟まれている│ │ │       │       │  ため、風通しや採光の問題が懸念されるが │ │ │       │       │  どうなっているのか伺う         │ │ │       │       │(7) 現況の滑りやすいタイル、うち雨や開口 │ │ │       │       │  部、花ブロックからの風雨・結露・天窓・ │ │ │       │       │  石畳等の問題点が指摘されているが、改修 │ │ │       │       │  についてはどう取り組むのか伺う     │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 環境行政に│(1) 公共施設における本市の現在の太陽光発 │ │ │       │ ついて   │  電設備の導入状況はどうなっているのか。 │ │ │       │       │   設置に要した費用は幾らで、売電実績は │ │ │       │       │  どうなっているのか伺う         │ │ │       │       │   また、民間企業の活用については、「屋根│ │ │       │       │  の荷重容量や安全管理等の問題など幾つかの│ │ │       │       │  課題がある。」「屋根貸しについては、県内│ │ │       │       │  においては、まだまだ普及が進んでいない。│ │ │       │       │  これらの情勢を踏まえ、引き続き調査研究を│ │ │       │       │  図ってまいりたい。」と答弁しているが、ど│ │ │       │       │  う取り組んできたのか伺う        │ │ │       │       │(2) 市民共同墓が供用開始されたが、募集要 │ │ │       │       │  項はどうなっているのか、また応募状況は │ │ │       │       │  どうなっているのか伺う         │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  代表質問(1日目) 平成26年6月6日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │5│大 城 幼 子│1 障がい福祉│ 障がい福祉サービスの支給決定について   │ │ │(公 明 党) │ について  │(1) 昨年9月定例会の代表質問で、福祉サービ│ │ │       │       │  ス支給決定のスピードアップを要望したが、│ │ │       │       │  その後どう改善されたかを伺う      │ │ │       │       │(2) 今後の課題を伺う           │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 高齢者支援│ 認知症で徘徊して行方不明になる高齢者が全国│ │ │       │ について  │で多く確認されている            │ │ │       │       │(1) 本市での状況を伺う          │ │ │       │       │(2) 認知症高齢者支援について、本市の取り組│ │ │       │       │  みを伺う                │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 地域人づく│ 国・県の補助金を活用した地域人づくり事業に│ │ │       │ り事業につい│ついて伺う                 │ │ │       │ て     │(1) 介護人材育成事業について       │ │ │       │       │(2) 高齢者雇用創出事業について      │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 介護予防に│ 「ちゃーがんじゅうポイント制度」の取り組み│ │ │       │ ついて   │状況について伺う              │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 中小企業支│ 平成22年(2010年)、本市において「那覇市中小│ │ │       │ 援について │企業振興基本条例」が制定されている     │ │ │       │       │(1) どのような目的で定められたのか。また、│ │ │       │       │  同条例の特徴を伺う           │ │ │       │       │(2) 同条例の実効性を図るために、どのような│ │ │       │       │  取り組みがなされているのかを伺う    │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  代表質問(1日目) 平成26年6月6日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│大 浜 安 史│1 「頑張る職│(1) 「頑張る職場の健康チャレンジ」事業内容に│ │ │(公 明 党) │ 場の健康チャ│  ついて伺う               │ │ │       │ レンジ」事業│(2) 市民の健康づくり促進として千葉市で7月│ │ │       │ について  │  より「ポイント付与制度」が実施されている。│ │ │       │       │  本市の「ポイント付与制度」導入の可能性につ│ │ │       │       │  いて伺う                │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 那覇市中心│(1) 那覇市中心市街地活性化基本計画について│ │ │       │ 市街地活性化│   平成11年に「中心市街地活性化基本計画」が│ │ │       │ について  │  策定されて、今回15年振りに改正される。行│ │ │       │       │  政は通常10年節目で改正することが多いが、│ │ │       │       │  改正の経緯について伺う         │ │ │       │       │(2) 中心市街地活性化事業のひとつとして国際│ │ │       │       │  通りを中心とした那覇市ICT利活用モデル│
    │ │       │       │  事業(WiFi化計画)について伺う    │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 放課後児童│(1) 市内小学校36校に児童クラブが設置されて│ │ │       │ クラブについ│  いるが、3年間の設置数について、及び予算│ │ │       │ て     │  措置について伺う            │ │ │       │       │(2) 小学校内の児童クラブ専用(合築・併設)│ │ │       │       │  余裕教室への利活用設置数及び今後の取り組│ │ │       │       │  みについて伺う             │ │ │       │       │(3) 児童クラブの民間(アパート・マンション)│ │ │       │       │  賃貸への助成について伺う        │ │ │       │       │(4) 児童クラブへ預ける保護者への保育料負担│ │ │       │       │  軽減について伺う            │ │ │       │       │(5) 児童クラブの指導員への研修について伺う│ │ │       │       │(6) 児童クラブを利用する父子・母子家庭への│ │ │       │       │  負担軽減のための助成について伺う    │ │ │       │       │(7) 児童クラブへの待機児童数について伺う │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 環境行政に│ 資源ゴミ持ち去り防止に奨励金として「資源化 │ │ │       │ ついて   │物拠点回収事業支援制度」がスタートすることに │ │ │       │       │ついて伺う                 │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、教育長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘             平成26年(2014年)6月那覇市議会定例会                代表質問発言通告書(2日目)                 平成26年6月9日(月)                              ┌日本共産党  30分                              │社民党    15分                              │自民・無所属 15分                   割当時間(答弁を除く)┤・改革の会                              │なは民主   10分                              │社大党    10分                              └無所属の会  10分 ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│我如古 一 郎│1 翁長市長の│(1) 6月5日、本市議会の自由民主党新風会は│ │ │(日本共産党)│ 政治姿勢につ│  、翁長市長に県知事選挙への出馬を要請した│ │ │       │ いて    │  。今回の県知事選挙は保革の立場を超えてオ│ │ │       │       │  ール沖縄でまとめあげた県民の心=「建白書│ │ │       │       │  」で日米政府の基地押しつけをはね返し、基│ │ │       │       │  地に依存しない自立できる沖縄、子や孫の未│ │ │       │       │  来を切り開く県知事を選ぶのか、それとも、│ │ │       │       │  政府のアメとムチに屈服し、「建白書」を踏│ │ │       │       │  みにじって、日米政府いいなりに米軍基地を│ │ │       │       │  子や孫の代まで押し付ける県知事を選ぶのか│ │ │       │       │  が問われている             │ │ │       │       │   県政野党では、この歴史的意義をもつ県知│ │ │       │       │  事選挙に対し、県民の心=「建白書」の立場│ │ │       │       │  を貫き、新たな米軍基地建設を許さない県知│ │ │       │       │  事候補として翁長市長の名前があがっている│ │ │       │       │  。うちなんちゅの尊厳と誇りがかかった県知│ │ │       │       │  事選挙に対する市長の見解を問う     │ │ │       │       │(2) 6月23日は慰霊の日、安倍首相は集団的自│ │ │       │       │  衛権行使容認、武器三原則緩和、秘密保護法│ │ │       │       │  など憲法の平和原則を破壊し戦争する国づく│ │ │       │       │  りへの策動を強めている         │ │ │       │       │   憲法9条は、集団的自衛権はもとより、武│ │ │       │       │  力の行使そのものを認めてない。時の政権担│ │ │       │       │  当者が「解釈」で憲法9条をなきものとし、│ │ │       │       │  立憲主義さえ否定する暴論は断じて容認でき│ │ │       │       │  ない。良識と理性ある保守の皆さんをはじめ│ │ │       │       │  、歴代の内閣法制局長官、元自民党幹事長、│ │ │       │       │  改憲派の学者など幅広い国民から厳しい批判│ │ │       │       │  の声があがっている           │ │ │       │       │   憲法9条・立憲主義を否定する安倍首相へ│ │ │       │       │  の見解を問う              │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 国民健康保│ 国保財政の現状と今後の見通しについて問う │ │ │       │ 険について │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 健康長寿の│ 平均寿命が女性3位、男性30位という結果が全│ │ │       │ 街づくりにつ│県にショックを広げている。保健予防医療先進県│ │ │       │ いて    │の長野県佐久市の対策から学ぶことが重要である│ │ │       │       │(1) 74歳以下と後期高齢者の一人当たり医療費│ │ │       │       │  は那覇市と比べてどのようになっているか。│ │ │       │       │  高齢化率も合わせて問う         │ │ │       │       │(2) 市民と共同して健康づくりを行っている保│ │ │       │       │  健補導員という制度の効果を問う     │ │ │       │       │(3) ぴんころ運動の推進の特徴である、寝たき│ │ │       │       │  りや認知症にならず、健康で長寿を全うする│ │ │       │       │  健康寿命の向上こそ、沖縄が学ぶ視点ではな│ │ │       │       │  いか                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 指定管理者│(1) 本市の施設が直営から指定管理者へと移行│ │ │       │ 制度について│  しているが、指定管理された施設で雇用され│ │ │       │       │  ている労働者の総数と雇用形態、時給を問う│ │ │       │       │(2) 指定管理者制度で、経費節減が追及されれ│ │ │       │       │  ばされるほど、非正規雇用が多用され、「官│ │ │       │       │  製ワーキングプア」を増大させているとの、│ │ │       │       │  包括外部監査人からの意見に対する見解を問│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 沖縄三越廃│(1) 国際通りのシンボルの一つである沖縄三越│
    │ │       │ 業対策と中心│  の廃業が、本市経済へ及ぼす影響を問う  │ │ │       │ 市街地活性化│(2) 三越・同テナントに雇用されている労働者│ │ │       │ について  │  の実態を問う。きめ細かい失業・再雇用対策│ │ │       │       │  を行政としても連携して行うべきである。見│ │ │       │       │  解を問う                │ │ │       │       │                      │ │ │       │6 カジノ問題│ 刑法で禁じられている賭博であるカジノの導入│ │ │       │ について  │について、仲井眞県政は県民議論をしないまま推│ │ │       │       │進しようとしている。治安悪化や青少年の健全育│ │ │       │       │成の問題もあり、ギャンブル依存症が全国一とも│ │ │       │       │いわれる沖縄に、カジノ誘致をしてはならないと│ │ │       │       │思うが、見解を問う             │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  代表質問(2日目) 平成26年6月9日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│前 田 千 尋│1 子ども子育│ 子ども子育て支援の新制度は、保育に格差を持│ │ │(日本共産党)│ て支援新制度│ち込むものとなっている。すべての子どもが等し│ │ │       │ について  │く保育を受ける権利を保障する観点から、新制度│ │ │       │       │の問題点の是正・改善を図っていくことが求めら│ │ │       │       │れている。                 │ │ │       │       │ 来年4月からの実施に向けて、那覇市は実施主│ │ │       │       │体として、国が示した基準により入所手続き・設│ │ │       │       │備と運営・事業計画など、多岐にわたり条例等を│ │ │       │       │定めなければならない。新制度への対応とスケジ│ │ │       │       │ュールを問う。               │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 那覇・福州│ 那覇市は、600年余にわたる古来からの深い交 │ │ │       │ 友好都市交流│流の歴史を背景に1981年5月20日福州市と友好都│ │ │       │ シンボルづく│市を締結している              │ │ │       │ り事業につい│ 那覇・福州友好都市交流シンボルづくり事業の│ │ │       │ て     │目的と概要を問う              │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  代表質問(2日目) 平成26年6月9日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │3│多和田 栄 子│1 市長の政治│(1) 戦後生まれの人口が県全体の5割を超え │ │ │(社 民 党) │ 姿勢について│  「5.15」は遠い存在になりつつある   │ │ │       │       │   しかし、沖縄の日本復帰は侮辱的な米軍統│ │ │       │       │  治を脱し、国民主権、平和主義、基本的人権│ │ │       │       │  を原則とする日本国憲法の下に参加するとい│ │ │       │       │  う強い思いがある            │ │ │       │       │   こうした中で安倍首相は、復帰の日「5.│ │ │       │       │  15」の日に集団的自衛権行使容認の見解を表│ │ │       │       │  明した。沖縄の事情にお構いなしであり、県│ │ │       │       │  民を侮辱しているとしか思えない。集団的自│ │ │       │       │  衛権行使容認についての翁長市長の見解を求│ │ │       │       │  める                  │ │ │       │       │(2) 県知事選挙に向けてオール沖縄として、翁│ │ │       │       │  長市長を推す機運が高まっている。政治家と│ │ │       │       │  しての市長の決意を問う         │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 保育行政に│ 待機児童ゼロを目指すために保育所の「株式化│ │ │       │ ついて   │検討」ということを新聞紙上で知った。真相を明│ │ │       │       │らかにしてほしい              │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 教育行政に│ 子どもたちの学力向上、子どもが主人公の行き│ │ │       │ ついて   │届いた教育実現のために、30人以下学級の取り組│ │ │       │       │みを早急に実現すべきである。以下問う    │ │ │       │       │(1) 30人学級の現状について        │ │ │       │       │(2) 今後の取り組み及び計画について    │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 学校給食に│ 偏った栄養摂取、朝食欠食など、子どもたちを│ │ │       │ ついて   │取り巻く環境は様々である。そのことからして、│ │ │       │       │学校給食における食育の推進指導は大事である。│ │ │       │       │ しかし、学校給食の残量が多いと聞いている。│ │ │       │       │原因は何か。以下問う            │ │ │       │       │(1) 学校給食の一日の残量はどの位で、どの │ │ │       │       │  ように処理されているのか        │ │ │       │       │(2) 改善するためにどんな対策が取られてい │ │ │       │       │  るか                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 市営住宅行│ 石嶺市営住宅の建替え事業も順調に進んでいる│ │ │       │ 政について │中で、外来駐車場の計画はどのようになっている│ │ │       │       │のか問う                  │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  代表質問(2日目) 平成26年6月9日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤
    │4│宮 里 光 雄│1 真和志中学│(1) 当工事におけるこれまでの変更契約が生じ│ │ │(自民・無所属│ 校屋内運動場│  た回数と時期及びその理由        │ │ │・改革の会) │ 改築工事(建│(2) 去る5月臨時会に提案しなければならなか│ │ │       │ 築)について│  った理由とその手続きについて、当局の見解│ │ │       │       │  を求める                │ │ │       │       │(3) 変更に伴い増額された契約額とその算定方│ │ │       │       │  法について、変更毎に説明を求める    │ │ │       │       │(4) 当初予定価格に対する落札額とその割合は│ │ │       │       │  何パーセントになるか          │ │ │       │       │(5) これまでの変更に伴い増額された契約総額│ │ │       │       │  は、当初契約額との差額とその割合は何パー│ │ │       │       │  セントになるか             │ │ │       │       │(6) 過去の本市教育委員会の工事発注実績にお│ │ │       │       │  いて、同様な事例はあるか        │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 那覇・福州│(1) 予算総額とその内訳及び全体の施工計画に│ │ │       │ 友好都市交流│  ついて                 │ │ │       │ シンボルづく│(2) 施工計画に基づく発注方法とその時期  │ │ │       │ り事業につい│(3) 事業全体の進捗状況          │ │ │       │ て     │(4) 今後の工事予定と完成時期       │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 セルラース│ プロ野球公式戦等の誘致はじめ更なる活用策の│ │ │       │ タジアム那覇│展開が必要と考えるが、当局の見解を伺う   │ │ │       │ の活用につい│                      │ │ │       │ て     │                      │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  代表質問(2日目) 平成26年6月9日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │5│清 水 磨 男│1 食育につい│ 学校給食の牛乳について、容器の形状、その飲│ │ │(なは民主) │ て      │み方を問う                 │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 那覇港につ│ 那覇港管理組合の常勤副管理者について、那覇│ │ │       │ いて    │市が推薦した根拠を、過去の選定方針とこれから│ │ │       │       │の那覇港に必要な取り組みにも照らして問う  │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 街づくりに│(1) 那覇市中心市街地活性化基本計画について│ │ │       │ ついて   │  、公設市場、水上店舗、河川及び下水道、ア│ │ │       │       │  ーケードなどに対して、どのような方向性で│ │ │       │       │  取り組むのか問う            │ │ │       │       │(2) 他市などで実施している道路上の違反広告│ │ │       │       │  物の除去をボランティアなどで行うことにつ│ │ │       │       │  いて、取り組み状況を伺う        │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  代表質問(2日目) 平成26年6月9日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│花 城 正 樹│1 十貫瀬の七│(1) 琉球芝居『十貫瀬の七つ墓』とは、どのよ│ │ │(なは民主) │ つ墓について│  うな内容か               │ │ │       │       │(2) 文化・歴史的価値について       │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 就学指導と│(1) 就学指導における市教育委員会の判断基準│ │ │       │ 教育的対応に│(2) 市教育委員会の申請と県の判定結果との相│ │ │       │ ついて   │  違数(過去3年)            │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 生誕の像に│ 昨年の6月議会で説明版設置の必要性を訴えた│ │ │       │ ついて   │が、その後の進捗を伺う           │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  代表質問(2日目) 平成26年6月9日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │7│平 良 識 子│1 次期知事選│ 建白書の実現は、いまや沖縄の悲願である。仲│ │ │(社 大 党) │ 挙について │井眞知事の辺野古埋め立ての承認を撤回し、建白│ │ │       │       │書の実現をするオール沖縄の新たな知事を誕生さ│ │ │       │       │せなければならない。沖縄社会大衆党は、次期知│ │ │       │       │事選挙について、翁長雄志那覇市長を最有力候補│ │ │       │       │とした。出馬の意志と、建白書の実現に向けて、│ │ │       │       │決意を伺う                 │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 MICE施│ 県が2020年に供用開始を目指し整備計画する大│ │ │       │ 設の那覇軍港│型MICE施設について、県内6市町村で誘致合│ │ │       │ 地への誘致に│戦が激化している。他方で、国内外でのMICE│ │ │       │ ついて   │誘致合戦も激化している中で、沖縄に優位性ある│ │ │       │       │建設地選定とならなければならない。空港、港も│ │ │       │       │隣接する那覇軍港は、離島の振興発展にもつなげ│ │ │       │       │られ、沖縄経済の発展を誘引する最適地である。│ │ │       │       │以下伺う                  │ │ │       │       │(1) 県の建設地選定に向けて、那覇市としてど│ │ │       │       │  のようなアピールをしているのか     │
    │ │       │       │(2) 那覇軍港への誘致及び実現に向けては、 │ │ │       │       │  MICE施設誘致室を関係所管を編成して設│ │ │       │       │  置し、取り組みを強化するべきと思うが、対│ │ │       │       │  応を伺う                │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 沖縄へのカ│ 仲井眞知事はカジノを含むIR(統合リゾート│ │ │       │ ジノ導入につ│)を県民議論も検討もないままに、誘致している│ │ │       │ いて    │。沖縄へのカジノ導入について、社大党は反対で│ │ │       │       │あるが、市長の見解を伺う          │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 自衛隊那覇│ 新都心地区が返還及び再開発され、直接経済効│ │ │       │ 基地について│果は52億円から600億円、経済波及効果は17億円 │ │ │       │       │から180億円、雇用は180人から2万人、市税収は│ │ │       │       │6億円から97億円へ発展した。続く那覇市の新た│ │ │       │       │な経済発展と雇用創出の場は、市面積の約1/5 │ │ │       │       │を占有する自衛隊那覇基地である。以下伺う  │ │ │       │       │(1) 経済及び雇用の損失はどれくらいか   │ │ │       │       │(2) 国際空港で軍民共用空港など、那覇空港だ│ │ │       │       │  けだ。民間専用化の実現に向けて、市長の見│ │ │       │       │  解を伺う                │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  代表質問(2日目) 平成26年6月9日(月) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │8│中 村 圭 介│1 市長の政治│ 「いい暮らしより楽しい暮らし」を実現する上│ │ │(無所属の会)│ 姿勢について│で、日本復帰前後の歴史ある建物の保存活用につ│ │ │       │       │いてどのように考えているか伺う       │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 協働による│(1) 那覇市民意見提出制度の直近3年間の運用│ │ │       │ まちづくりに│  状況について伺う            │ │ │       │ ついて   │(2) 北海道石狩市や埼玉県北本市、鹿児島県鹿│ │ │       │       │  児島市などで行われているパブリックコメン│ │ │       │       │  トの「年間予定」の公表を行ってはどうか │ │ │       │       │(3) パブリックコメントの対象となる事業の基│ │ │       │       │  準に「大規模な市の公共施設の整備に係る基│ │ │       │       │  本的な計画の策定又は重要な改定 」などを │ │ │       │       │  明文化してはどうか           │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘             平成26年(2014年)6月那覇市議会定例会               一般質問発言通告書(1日目)                 平成26年6月10日(火)                           ※1人当たり15分間(答弁を除く) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│奥 間  亮 │1 環境行政  │ 人の呼吸器系に沈着して健康に影響を及ぼすと│ │ │(無 所 属) │ (PM2.5)に│される、大気汚染微小粒子状物質「PM2.5」の注 │ │ │       │ ついて   │意喚起情報が県から出された場合、本市環境部及│ │ │       │       │び市民防災室は、どのように即応するのか、それ│ │ │【質問方式】 │       │ぞれの対応を伺う              │ │ │一問一答方式 │       │                      │ │ │(質問席のみ)│2 広報につい│(1) 那覇市も、フェイスブック等、SNS(ソ │ │ │       │ て     │  ーシャル・ネットワーキング・サービス)を │ │ │       │       │  活用した広報活動を行うべきである。見解を│ │ │       │       │  伺う                  │ │ │       │       │(2) 沖縄県警に「安心ゆいメール」という那覇市│ │ │       │       │  民のみならず県民の皆様に対し、地域の安全│ │ │       │       │  や防犯に関する情報を直接提供し、事件事故│ │ │       │       │  の未然防止と安心安全な暮らしに役立てるよ│ │ │       │       │  うに実施されているメール配信サービスがあ│ │ │       │       │  るが、以下伺う             │ │ │       │       │  ① 県警が配信する「安心ゆいメール」 を活 │ │ │       │       │   用し、教育委員会あるいは各学校から保護│ │ │       │       │   者の皆様に対して、地域の安全や防犯に関│ │ │       │       │   する情報をメールで直接提供し、事件事故│ │ │       │       │   の未然防止に役立てるべきと考えるが、教│ │ │       │       │   育委員会の見解を伺う         │ │ │       │       │  ② 行政の立場から、那覇市民の安心安全を│ │ │       │       │   護るために、那覇市のメールマガジンに「 │ │ │       │       │   安心ゆいメール」の情報を掲載する等、県 │ │ │       │       │   警と様々な協力をして那覇市の広報力を高│ │ │       │       │   めていくべきだと考えるが、広報担当課を│ │ │       │       │   所管する総務部の見解を伺う      │ │ │       │       │(3) 那覇市は、広報紙やホームページだけでな│ │ │       │       │  く、防犯、防災、大気汚染を含む気象情報、│ │ │       │       │  あるいは那覇市の各種事業やイベントも含め│ │ │       │       │  、市民の皆様に対して、「情報を探す、取り │ │ │       │       │  に行く」という手間をかけさせないために、 │ │ │       │       │  SNSやメールを使った情報配信を強化する│ │ │       │       │  とともに、市民防災室、環境部、子どもや若│ │ │       │       │  い世代のためには、こどもみらい部や教育委│ │ │       │       │  員会、お年寄りやご年配の先輩方のためには│ │ │       │       │  福祉部や健康部など、市役所各課が連携して│ │ │       │       │  情報共有を行い、市民の皆様一人ひとり、そ│ │ │       │       │  れぞれの世代や家庭環境に合った情報、ある│
    │ │       │       │  いはおすすめする情報を那覇市がまとめて、│ │ │       │       │  本当に必要で有意義な情報を配信するような│ │ │       │       │  、広報力の強化、広報に関する人員の補充も│ │ │       │       │  含めて、全庁的な広報体制の見直しをすべき│ │ │       │       │  である。見解を伺う           │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 図書館行政│(1) 本市の市立図書館に、閲覧スペースだけで│ │ │       │ について  │  なく、蔵書を活用して、集中して学習ができ│ │ │       │       │  るスペースを十分に確保するべきである。図│ │ │       │       │  書館内に学習スペースを十分に確保すること│ │ │       │       │  は、こどもの基礎学力向上や、若者の就職・│ │ │       │       │  転職やキャリアアップのための専門学習、生│ │ │       │       │  涯学習等を促進し、サポートするために有効│ │ │       │       │  であると考えるが、見解を伺う      │ │ │       │       │(2) 県外には視聴覚資料(ビデオ、DVD等)や│ │ │       │       │  インターネット上のビデオ講義を利用して学│ │ │       │       │  習ができる公立図書館があり、生涯学習等の│ │ │       │       │  観点から有効であると考える。本市も全ての│ │ │       │       │  図書館でインターネットを利用できるものの│ │ │       │       │  、さらに台数を増やす等、視聴覚資料やイン│ │ │       │       │  ターネット上のビデオ講義等を利用して、集│ │ │       │       │  中して学習できる環境をさらに整備すべきで│ │ │       │       │  ある。見解を伺う            │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 学校教育に│ 最近、全国的に「正しい日本地図」を学校内 │ │ │       │ ついて   │に掲示しようという取り組みが広がってきてい │ │ │       │       │る                     │ │ │       │       │ 「正しい日本地図」とは、沖縄県の位置が省 │ │ │       │       │略されている地図ではなく、沖縄県や小笠原諸 │ │ │       │       │島等その他の離島、近隣諸国の位置が正しく記 │ │ │       │       │された地図のことであるが、この正しい日本地 │ │ │       │       │図を、学校内に掲示し、社会科で学ぶだけでな │ │ │       │       │く、より生徒に地理的な知識を身につけ、地図 │ │ │       │       │に慣れ親しんでもらうためにも、積極的に正し │ │ │       │       │い日本地図を掲示すべきと考えているが、教育 │ │ │       │       │委員会の見解を伺う             │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 交通安全対│ 沖縄県警が、「ゾーン30」という地域生活道路│ │ │       │ 策について │等における安全対策を実施している      │ │ │       │       │ 「ゾーン30」の指定に伴う道路管理者としての│ │ │       │       │安全対策を、県警と協力しながら積極的に実施す│ │ │       │       │べきである。現状と今後の取り組みについて、見│ │ │       │       │解を伺う                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │6 保育行政に│ 待機児童ゼロに向けた取り組みを加速させるべ│ │ │       │ ついて   │きである。しかし、平成26年4月1日時点での待│ │ │       │       │機児童の数が439人であり、昨年の同時期と比べ │ │ │       │       │、結果的に待機児童が解消されていないという現│ │ │       │       │状がある。その理由と、今後待機児童ゼロに向け│ │ │       │       │ての計画に変更はあるのか、今後の取り組みにつ│ │ │       │       │いて、見解を伺う              │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成26年6月10日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│久 高 友 弘│ 墳墓の補償に│(1) 旧那覇市字安謝前原358番の墓地は、地主 │ │ │(自民・無所属 │ついて    │  に返還された。その墓地の上にあった6号墓│ │ │・改革の会)  │       │  、7号墓も当然補償されるべきであると思う│ │ │       │       │  が、当局の見解を伺う          │ │ │【質問方式】 │       │                      │ │ │一問一答方式 │       │(2) 都市計画法及び区画整理法による墳墓の補│ │ │(質問席のみ) │       │  償と、道路建設や公園建設に伴う墳墓の補償│ │ │       │       │  の積算基準は同じか、伺う        │ │ │       │       │(3) 旧字安謝前原358番地の墓地は、那覇市が │ │ │       │       │  いつから管理していたか、伺う      │ │ │       │       │(4) 那覇市都市計画部長から独立行政法人都市│ │ │       │       │  再生機構の所長あてに那覇新都心土地区画整│ │ │       │       │  理事業に係る墓の補償についてという照会文│ │ │       │       │  書が提出された。旧字安謝前原358番地に所 │ │ │       │       │  在した6号墓、7号墓は施行者として補償す│ │ │       │       │  べきかどうか、都市再生機構に見解を聞かれ│ │ │       │       │  たわけだが、それに対する都市再生機構の見│ │ │       │       │  解を伺う                │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成26年6月10日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │3│屋 良 栄 作│1 てんぶすビ│(1) 稼働状況及びランニングコストについて │ │ │(自由民主党 │ ジョンについ│  伺う                  │ │ │  新風会) │ て     │(2) ネーミングライツ導入について伺う   │ │ │       │       │                      │ │ │【質問方式】 │2 龍柱につい│(1) 進捗状況について伺う         │ │ │一問一答方式 │ て      │(2) 港に龍を建てる上での意味、意義につい │ │ │(質問席のみ) │       │  て伺う(例:シーサーは自宅の守り神)  │ │ │       │       │(3) せっかく建立するのであればシンガポー │ │ │       │       │  ルのマーライオンのように地域経済に波及 │
    │ │       │       │  させる必要があると考えるが、見解を伺う │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 泊魚市場に│(1) 沖縄県は糸満市への移転を計画している │ │ │       │ ついて   │  が、進捗状況はどうか伺う        │ │ │       │       │(2) 上記のことについての那覇地区漁協の考 │ │ │       │       │  え及び、本市としての見解並びに対応策に │ │ │       │       │  ついて伺う               │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 学習支援に│(1) 学習支援員の現状について伺う     │ │ │       │ ついて   │(2) 小学2年生で学習するかけ算九九につい │ │ │       │       │  て、3年生に進級するまでに全員暗唱でき │ │ │       │       │  る状況にあるのか伺う          │ │ │       │       │(3) 放課後にも地域の協力も得て学習支援の │ │ │       │       │  拡充できないか(特に小学校1年生~3年 │ │ │       │       │  生)伺う                │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成26年6月10日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │4│坂 井 浩 二│1 子ども行政│ 子ども行政のあり方全般について以下伺う  │ │ │(無 所 属) │ について  │(1) 「学童保育のあり方」について、厚生労働│ │ │       │       │  省が本年4月30日付けで、省令第63号を発令 │ │ │【質問方式】 │       │  。政府方針としての「放課後児童健全育成事│ │ │総括質問方式 │       │  業の設備及び運営に関する基準」を示した │ │ │(演壇・質問席)│       │  ① 省令の発令に伴い、地方自治体におい │ │ │       │       │   ても「学童保育のあり方」について明示 │ │ │       │       │   する必要がある。本市における条例制定 │ │ │       │       │   等、対応策はどのようになっているのか │ │ │       │       │   伺う                 │ │ │       │       │  ② 省令の第9条(設備の基準)の2において│ │ │       │       │   、「専用区画の面積は、児童一人につきお│ │ │       │       │   おむね1.65平方メートル以上でなければな│ │ │       │       │   らない」とあるが、本市所在の児童クラブ│ │ │       │       │   で基準を満たしているのは何カ所か   │ │ │       │       │  ③ 同第10条(職員)において、事業所(児│ │ │       │       │   童クラブ)ごとの放課後児童支援員の配置│ │ │       │       │   を義務付けており、「支援の単位を構成す│ │ │       │       │   る児童の数は、おおむね40人以下とする」│ │ │       │       │   となっているが、那覇市の現状に照らした│ │ │       │       │   場合、基準に則しているのは何カ所か  │ │ │       │       │(2) 待機児童解消に向けての現状と本市の取り│ │ │       │       │  組みについて以下伺う          │ │ │       │       │  ① 本市における待機児童数は何人か最新の│ │ │       │       │   人数を伺う              │ │ │       │       │  ② 本市は中核市移行に伴い、保育所の認可│ │ │       │       │   権限を県から移譲された        │ │ │       │       │    認可外保育施設の認可化を進める際には│ │ │       │       │   、現場スタッフが保育士資格を有しないが│ │ │       │       │   ゆえに認可園移行ができないといった現状│ │ │       │       │   があり、条件面での大きなハードルとなっ│ │ │       │       │   ている                │ │ │       │       │    待機児童解消策の一環として本市も積極│ │ │       │       │   的に取り組む課題と考えるが、本課題に対│ │ │       │       │   する本市の現状認識と今後の取り組みにつ│ │ │       │       │   いて伺う               │ │ │       │       │(3) 多くの保護者や現場の切実な要望である幼│ │ │       │       │  稚園給食の導入に向けて、本市の取り組み状│ │ │       │       │  況はどうなっているか          │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 青少年の健│(1) 「青少年の健全育成」について、本市の現│ │ │       │ 全育成につい│  状と取り組みについて以下伺う      │ │ │       │ て     │  ① 本市内において不良行為と認められた少│ │ │       │       │   年少女の補導状況はどうなっているのか │ │ │       │       │  ② 昨年取り止めとなった「なは青年祭」青│ │ │       │       │   少年健全育成の推進及び各青年団体の親睦│ │ │       │       │   ・交流を図る上でも、多くの関係者から再│ │ │       │       │   開を望む声が上がっているが、本年度の再│ │ │       │       │   開はあるのか。当局の取り組みと見解を伺│ │ │       │       │   う                  │ │ │       │       │(2) 本年7月、国際交流及び相互の共通理解を │ │ │       │       │  目的とした「2014国際児童・青少年演劇フェ│ │ │       │       │  スティバルおきなわ」が開催される。本市に│ │ │       │       │  おいても7月31日~8月3日の4日間、多くの演│ │ │       │       │  劇・ワークショップ等が行われる事になって│ │ │       │       │  いる。海外及び県内外からも多くの人々が集│ │ │       │       │  い、国際的な平和交流の場としても大いに期│ │ │       │       │  待される。そうした観点から本市も積極的な│ │ │       │       │  支援・取り組みを行うべきだと考えるが当局│ │ │       │       │  の見解を伺う              │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 AEDの活│ 近年、スポーツ大会やその練習中において、容│ │ │       │ 用及び普及状│体が急変し、心肺停止に陥り最悪の事態を迎える│ │ │       │ 況について │という事例が見受けられる          │ │ │       │       │ 本市内における青少年、あるいは職域や地域、│ │ │       │       │団体等のスポーツ大会及びイベント等の開催時に│ │ │       │       │おいてAEDの配置はどのようになされているの│ │ │       │       │か                     │ │ │       │       │ 人命救助を第一義的に鑑みた場合、開催現場に│ │ │       │       │おいて参加者が安心できる安全の担保を図ること│ │ │       │       │は大変重要であると考えるが、当局の見解を伺う│ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │
    └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成26年6月10日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │5│喜舎場 盛 三│1 公園整備に│(1) 末吉公園は15世紀頃と思われる石畳の道が│ │ │(公 明 党) │ ついて   │  森の中に残されている公園である。もっと市│ │ │       │       │  民が森の中や石畳の道を散策できるよう道の│ │ │【質問方式】 │       │  整備をしてほしいとの要望が強いが、見解を│ │ │総括質問方式 │       │  伺う                  │ │ │(演壇・質問席)│       │(2) 末吉公園内の現在の広場をもっと使いやす│ │ │       │       │  いよう整地し、広場の利用者が利用しやすい│ │ │       │       │  場所へのトイレの設置、そして雨よけの東屋│ │ │       │       │  の設置を要望する声が多いが、見解を伺う │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 交通行政に│ 市道与儀・国場北線のローソンとJA与儀支店│ │ │       │ ついて   │の中間地点に横断歩道があるが、そこは交通量が│ │ │       │       │著しく増加して、子どもや高齢者が長時間立ち尽│ │ │       │       │くしている場合が多く見られ、大変危険である。│ │ │       │       │押しボタン式信号機の設置等の安全対策を要望す│ │ │       │       │るが、見解を伺う              │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 学校教育に│(1) 身体上の性と本人が自覚する性が一致しな│ │ │       │ ついて   │  い「性同一性障がい」の児童・生徒が不登校に│ │ │       │       │  なったり、いじめに遭ったりする例が多くな│ │ │       │       │  っている中で、文科省は教育相談を徹底し、│ │ │       │       │  本人の心情に十分配慮した対応をするよう通│ │ │       │       │  知を出し「性同一性障がい」に関する状況調査│ │ │       │       │  が25年度、学校現場で実施されているが、そ│ │ │       │       │  の結果について             │ │ │       │       │  ① 本市の学校現場で職員間の共通理解はあ│ │ │       │       │   るのか伺う              │ │ │       │       │  ② 今後その児童・生徒について、どういう│ │ │       │       │   懸念される課題があるか伺う      │ │ │       │       │(2) 小中学校の現場の教師の皆さんからの意見│ │ │       │       │  では報告書作成などの公務が多く、生徒とか│ │ │       │       │  かわる時間がかなり少なくなっているという│ │ │       │       │  声が多いが、当局の見解を伺う      │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 介護保険事│(1) 第5次なは高齢者プランの総括と取り組み│ │ │       │ 業について │  状況について伺う            │ │ │       │       │(2) 第6次なは高齢者プランの特徴、そして計│ │ │       │       │  画策定スケジュールはどうなっているのか伺│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │(3) 第5次の計画から実施された日常生活圏ニ│ │ │       │       │  ーズ調査について、今回と前回とではどのよ│ │ │       │       │  うな項目が変更になったのか伺う     │ │ │       │       │(4) 第6次計画に向けての日常生活圏域ニーズ│ │ │       │       │  調査の取り組みを伺う          │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成26年6月10日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│粟 國  彰 │1 教育行政に│(1) 国場、仲井真地区への真和志南地区まちづ│ │ │(無 所 属) │ ついて   │  くり人材育成センターについては、地域住民│ │ │       │       │  や各種団体が約20年間要望活動をしており、│ │ │【質問方式】 │       │  地域待望の施設として期待されている。本市│ │ │一問一答方式 │       │  はこのほど真和志南地区に活き活き人材育成│ │ │(質問席のみ) │       │  支援施設を建設する方針を固めたが、進捗状│ │ │       │       │  況を伺う                │ │ │       │       │(2) 市民体育館での催し物、イベントが多く路│ │ │       │       │  上駐車が多いため、地域住民の迷惑になって│ │ │       │       │  いる。平成25年9月議会でも質問したが、そ│ │ │       │       │  の後も改善されていない。一括交付金を活用│ │ │       │       │  し立体駐車場の施設整備ができないか伺う │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 交通行政に│ 識名トンネル入口、南部医療センターより寄宮│ │ │       │ ついて   │方面、市民体育館方面に交通量が多く、横断歩道│ │ │       │       │も信号機もない。横断歩道橋が設置できないか伺│ │ │       │       │う                     │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 真和志中学│(1) 5月16日の各派代表者会議で説明された真│ │ │       │ 校屋内運動場│  和志中学校追加工事契約の経過と、なぜ5月│ │ │       │ 改築工事につ│  臨時会で提案しなければならなかったか、理│ │ │       │ いて    │  由を伺う                │ │ │       │       │(2) 公共工事は事前に現場の調査を行うと思う│ │ │       │       │  。例として、ボーリング調査、磁気探査、文│ │ │       │       │  化財その他色々あるが、どのような調査を行│ │ │       │       │  ったのか伺う              │ │ │       │       │(3) 緊急事項といえども、18,846,000円という│ │ │       │       │  金額は、事前に議会に説明が必要と思うが、│ │ │       │       │  その事項について伺う          │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成26年6月10日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │
    │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │7│翁 長 大 輔│1 城西小学校│(1) 日本共産党那覇市議団は、城西小学校の現│ │ │(日本共産党)│ の施設整備に│  場視察を行った。PTAより提出された陳情│ │ │       │ ついて   │  にあるように、暗くて滑る廊下や教室、雨風│ │ │【質問方式】 │       │  が吹き込む校舎などの問題点を確認した。 │ │ │一問一答方式 │       │  子どもたちの教育環境改善のために、早期に│ │ │(質問席のみ) │       │  改善すべきである。見解を問う      │ │ │       │       │(2) 体育館・幼稚園の建て替えや、わが党が議│ │ │       │       │  会で取り上げ提案してきた学童保育施設を建│ │ │       │       │  設するにあたっては、現校舎の反省を生かし│ │ │       │       │  て、保護者や関係者の意見を反映させるべき│ │ │       │       │  である。見解を問う           │ │ │       │       │(3) 城西小学校は、世界遺産となる首里城が復│ │ │       │       │  元される前に建設された。その設計コンセプ│ │ │       │       │  トと首里地域のまちづくりに果たした影響を│ │ │       │       │  問う                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 首里の歴史│ 歴史と文化の薫る首里のまち。地域住民の生活│ │ │       │ 散歩道整備に│環境と古都首里の魅力を引き出すための歴史散歩│ │ │       │ ついて   │道整備事業を早期に実現し、観光客が回遊性を高│ │ │       │       │めるために、計画範囲を広げるべきである。見解│ │ │       │       │を問う                   │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 雇用問題に│ このほど、沖縄労働局は雇用の質を向上させる│ │ │       │ ついて   │ため、若年層と非正規雇用対策の強化策を盛り込│ │ │       │       │んだ、2014年度雇用施策実施方針を策定した。 │ │ │       │       │その内容には県内の非正規雇用の割合が44.5%と│ │ │       │       │全国一高い事を踏まえ、経済団体に正規雇用拡大│ │ │       │       │を要請する方針も含まれている        │ │ │       │       │ 那覇市としても、正規雇用拡大のため関係団体│ │ │       │       │への要請を含めた取り組みを行うべきである。見│ │ │       │       │解を問う                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 第2次那覇│ 那覇市の環境政策の基本方針となる「第2次那│ │ │       │ 市環境基本計│覇市環境基本計画」が提案されている。第1次基│ │ │       │ 画について │本計画からの発展面や特徴はどこにあるか。見解│ │ │       │       │を問う                   │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成26年6月10日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │8│高 良 正 幸│1 文化行政に│ 那覇市新市民会館について         │ │ │(自由民主党 │ ついて   │ 県都那覇市の文化の中心として、多くの市民、│ │ │  新風会) │       │県民に幅広く利用され、演奏会ホールとしても国│ │ │       │       │内外の一流演奏家にも歓迎される会館を期待する│ │ │【質問方式】 │       │(1) 新市民会館の意義について       │ │ │総括質問方式 │       │(2) 新市民会館の特徴を伺う        │ │ │(演壇・質問席)│       │(3) 多目的ホールとして、音響については、ど│ │ │       │       │  のように考慮されているのか伺う     │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 教育行政に│ 小・中学校の英語教育について       │ │ │       │ ついて   │(1) 平成15年度からの英語教育研究開発学校の│ │ │       │       │  指定を受けて以来の取り組みと、成果につい│ │ │       │       │  て伺う                 │ │ │       │       │(2) 英語発表会と英語クラブの活動状況を伺う│ │ │       │       │(3) 小中学校英語指導員配置事業について伺う│ │ │       │       │                      │ │ │       │3 環境行政に│ 動物愛護管理について           │ │ │       │ ついて   │(1) 動物愛護管理法の改正内容と改正後の対応│ │ │       │       │  を伺う                 │ │ │       │       │(2) 犬の登録数と狂犬病予防接種率の現状と課│ │ │       │       │  題を伺う                │ │ │       │       │(3) 犬猫の殺処分数と殺処分減への取り組みを│ │ │       │       │  伺う                  │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(1日目) 平成26年6月10日(火) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │9│瀬 長  清 │1 土木建築行│ 那覇市発注工事のコンクリート強度試験におけ│ │ │(自由民主党 │ 政について │る沖縄県生コンクリート工業組合試験所の活用に│ │ │  新風会) │       │ついて                   │ │ │       │       │ 公共工事におけるコンクリート強度試験は、こ│ │ │【質問方式】 │       │れまで沖縄県建設技術センターを中心になされて│ │ │総括質問方式 │       │きたが、沖縄県生コンクリート工業組合試験所が│ │ │(演壇・質問席)│       │、新たにコンクリート試験の認定機関となったこ│ │ │       │       │とに伴い、同試験所の活用について、同工業組合│ │ │       │       │から那覇市に要請がなされている       │ │ │       │       │ そこで、当局の所見を求める        │ │ │       │       │(1) 那覇市発注工事のコンクリート強度試験な│ │ │       │       │  どにおける沖縄県建設技術センターと沖縄県│ │ │       │       │  生コンクリート工業組合試験所の試験実績は│ │ │       │       │  、どのようになっているか伺う      │ │ │       │       │(2) 沖縄県生コンクリート工業組合からの要請│ │ │       │       │  について、どのように認識し対応していくの│
    │ │       │       │  か                   │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 建築行政に│ 公共施設(医療施設)における耐震化対策につ│ │ │       │ ついて   │いて                    │ │ │       │       │ 会計検査院は、公共施設のうち市民生活に大き│ │ │       │       │なかかわりのある全国の庁舎、学校、医療施設の│ │ │       │       │耐震化状況の調査を発表した         │ │ │       │       │ 那覇市庁舎は、新築のため耐震化され、学校の│ │ │       │       │耐震化については昨年9月定例会で我が会派から│ │ │       │       │質問がされたので、今回は市立病院の耐震化状況│ │ │       │       │について、当局の所見を求める        │ │ │       │       │ 那覇市立病院の耐震化の状況と、今後の対策に│ │ │       │       │ついて、どのように考えているか       │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 環境行政に│ ハブ対策について             │ │ │       │ ついて   │ 先月、那覇市宇栄原地域で発生した、男性が │ │ │       │       │ハブにかまれた事故に対する当局の所見を求め │ │ │       │       │る                     │ │ │       │       │ 今回の那覇市宇栄原のハブ咬症事故への市の │ │ │       │       │対応と今後の対策について、どのように考えて │ │ │       │       │いるか伺う                 │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘             平成26年(2014年)6月那覇市議会定例会               一般質問発言通告書(2日目)                 平成26年6月11日(水)                           ※1人当たり15分間(答弁を除く) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│翁 長 俊 英│1 健康行政に│ 健康なは21の改定について         │ │ │(公 明 党) │ ついて   │(1) 事業の評価と課題について伺う     │ │ │       │       │(2) 策定計画とスケジュールについて伺う  │ │ │【質問方式】 │       │(3) 那覇市の肥満率の現状について伺う   │ │ │一問一答方式 │       │(4) 長寿県沖縄のブランドが大きく後退してい│ │ │(質問席のみ)│       │  る。その要因と対策について伺う     │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 特定健診の│(1) 現状と取り組み、課題について伺う   │ │ │       │ 健診率アップ│(2) イベント会場における特定健診の実施の可│ │ │       │ 事業について│  能性について伺う            │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成26年6月11日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│下 地 敏 男│1 平和行政に│ 沖縄戦で戦争孤児となり身元不明のまま今日に│ │ │(社 民 党)  │ ついて   │いたっている方々を救済し、その身元捜しと人権│ │ │       │       │回復は行政の責任である。第一義的責任は国にあ│ │ │【質問方式】 │       │るが、自治体も平和行政の一環として進めていか│ │ │一問一答方式 │       │なければならない。本市においても第4次総合計│ │ │(質問席のみ) │       │画に平和都市の実現と発信の取り組みを進める施│ │ │       │       │策や戦争の歴史をみんなが伝えることができる施│ │ │       │       │策があり、その実現に向けて一層の努力が求めら│ │ │       │       │れている。本市の戦争孤児の実態について問う │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 教育行政に│ 自然環境学習等について          │ │ │       │ ついて   │ 緑地や河川を良好に保つことは、海の自然環境│ │ │       │       │保全や生き物が集まる貴重なサンゴ礁を守り、現│ │ │       │       │在から将来の世代に残すかけがえのない財産であ│ │ │       │       │る。ところが、県内では赤土等の流出で海が汚さ│ │ │       │       │れている深刻な状況がある。本市の土壌分布に赤│ │ │       │       │土を見ることはないが、赤土等流出の悪影響につ│ │ │       │       │いては全県的な問題として取り組む必要がある中│ │ │       │       │で、本市はどのように取り組まれているか、以下│ │ │       │       │質問する                  │ │ │       │       │(1) 本市小中学校で、深刻な県内の赤土等流出│ │ │       │       │  の学習機会はどのようになっているか   │ │ │       │       │(2) 小学校高学年を対象に具体的に取り組みを│ │ │       │       │  進めたらどうか             │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 那覇市健康│ 本年度の施政方針で示された健康・長寿おきな│ │ │       │ ウォーキング│わを取り戻すため、「(仮称)那覇市健康ウォー│ │ │       │ 大会について│キング大会」が10月19日開催される。5月9日に│ │ │       │       │は、那覇市健康ウォーキング推進事業実行委員会│ │ │       │       │の設立総会が行われ、翁長市長を実行委員会会長│ │ │       │       │に第1回総会が開催された           │ │ │       │       │ 実行委員会の取り組みについて以下伺う   │ │ │       │       │(1) 同大会のスローガン並びに正式名称は決定│ │ │       │       │  したか伺う               │ │ │       │       │(2) 職員・社員等健康推進部会の内容について│ │ │       │       │(3) 6専門部会の中の、あっちゃー部会の業務│ │ │       │       │  の、コース案内板設置とは何か      │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 安全衛生対│ 本市職員の健康を保持し、個々の能力を活かし│ │ │       │ 策について │、公共サービスの充実を図るために本市の安全衛│ │ │       │       │生委員会の果たす役割は重要である。以下、質問│ │ │       │       │する                    │
    │ │       │       │(1) 過重労働等職場環境に起因するメンタル疾│ │ │       │       │  患防止対策について           │ │ │       │       │(2) 安全衛生委員会の現状について     │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成26年6月11日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │3│山 川 典 二│1 NAHAマ│ NAHAマラソンについて伺う       │ │ │(自民・無所属│ ラソンについ│(1) この3年間の応募者数、参加者数(県内、│ │ │・改革の会) │ て     │  県外、海外、男女別)と参加料      │ │ │       │       │(2) ボランティアを含め大会関係者の総人数 │ │ │【質問方式】 │       │(3) 経済波及効果総額           │ │ │総括質問方式 │       │(4) 本市の予算額と事業内容        │ │ │(演壇・質問席)│       │(5) NAHAマラソンの収支内容      │ │ │       │       │(6) 過去29回の総括と今年12月7日開催の第30│ │ │       │       │  回記念大会への取り組み         │ │ │       │       │(7) 東京マラソンで採用され好評の「チャリテ│ │ │       │       │  ィーランナー」や「チャリティーサポートシ│ │ │       │       │  ステム」導入を提案する。又、マラソンコー│ │ │       │       │  ス沿道のイベントやスポーツ関連を中心とす│ │ │       │       │  るEXPO(博覧会)も実施されているが、│ │ │       │       │  検討の価値があると思う。当局の見解を問う│ │ │       │       │                      │ │ │       │2 経済行政に│ 本市在住の企業・法人(個人事業者も含む)の │ │ │       │ ついて   │実態について伺う              │ │ │       │       │(1) 本市に本店(支店)・事業所の登記を行な│ │ │       │       │  い事業活動する企業・法人数(個人事業者も│ │ │       │       │  含む)と総売上額及び法人税・事業税・法人│ │ │       │       │  市民税の各税収総額(過去3年分)    │ │ │       │       │(2) 本市の企業・法人(個人事業者も含む)の│ │ │       │       │  業種等構造の特徴と評価について伺う   │ │ │       │       │(3) 本市の企業・法人(個人事業者も含む)に│ │ │       │       │  対する当局の支援事業と内容       │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成26年6月11日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │4│上 原 快 佐│1 観光客の動│(1) 本市の観光客数及び一人当たりの消費単価│ │ │(社 大 党) │ 向及び観光産│  の推移と特徴について伺う        │ │ │       │ 業の労働環境│(2) 本市の観光産業従事者の人数及び労働環境│ │ │       │ について  │  について                │ │ │【質問方式】 │       │                      │ │ │一問一答方式 │2 児童福祉行│(1) 市内の児童養護施設・里親家庭・ファミリ│ │ │(演壇・質問席) │ 政について │  ーホームの児童数の推移について伺う   │ │ │       │       │(2) 上記の児童が自立するうえで本市が行って│ │ │       │       │  いる支援事業について伺う        │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 障がい福祉│(1) 本市の就労移行支援事業所の設置数及び利│ │ │       │ 行政について│  用者の推移について伺う         │ │ │       │       │(2) 本市で就労支援を利用するまでの期間につ│ │ │       │       │  いて伺う                │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成26年6月11日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │5│野 原 嘉 孝│1 御茶屋御殿│ 御茶屋御殿の復元を目指す取り組みについて以│ │ │(公 明 党) │ の復元につい│下伺う                   │ │ │       │ て     │(1) 昨年、再始動した国、県、那覇市による御│ │ │【質問方式】 │       │  茶屋御殿ワーキング・グループの開催状況と│ │ │総括質問方式 │       │  協議内容について            │ │ │(演壇・質問席)│       │(2) 御茶屋御殿は、世界遺産を見据えた上で現│ │ │       │       │  況のままでも「国の文化財登録」をすること│ │ │       │       │  が、復元事業への確かな一歩になると考える│ │ │       │       │  が、当局の見解を伺う          │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 子育て支援│ 子育て支援の一環として、今国会で改正児童扶│ │ │       │ について  │養手当法が成立したが、本市の状況について以下│ │ │       │       │伺う                    │ │ │       │       │(1) 児童扶養手当を受給している世帯数、ひと│ │ │       │       │  り親世帯で年金受給によって児童扶養手当を│ │ │       │       │  受給できていない世帯数(母子家庭、父子家│ │ │       │       │  庭、その他)              │ │ │       │       │(2) 法改正によって児童扶養手当の支給がどの│ │ │       │       │  ように変わるか             │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 支所・出張│ 市民サービスの向上を求めて新都心地域に支所│ │ │       │ 所の新設につ│、もしくは出張所の設置を願う声があるが、当局│ │ │       │ いて    │の見解を伺う                │ │ │       │       │                      │
    │ │       │4 大型バスの│ 観光都市の移動手段として大型バスは重要な役│ │ │       │ 待機スペース│割を担っているが、一時待機の場所で問題が生じ│ │ │       │ について  │ている実態を当局はどのように認識しているか伺│ │ │       │       │う                     │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 桜の名所づ│ 桜の名所づくり事業として選定した場所とそれ│ │ │       │ くり事業につ│ぞれの状況を伺う              │ │ │       │ いて    │                      │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成26年6月11日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│比 嘉 瑞 己│1 子育て世帯│ 沖縄県の県民所得は低く、離婚率、完全失業率│ │ │(日本共産党)│ への就労支援│、非正規雇用率は全国一高い。さらに待機児童は│ │ │       │ について  │人口当たりで全国一多く、子育て環境は大変厳し│ │ │【質問方式】 │       │い。子育て世帯が働きがいをもって就労し、地域│ │ │一問一答方式 │       │で安心して子育てができるように、行政の積極的│ │ │(質問席のみ) │       │役割が求められている            │ │ │       │       │(1) 公立・認可保育園待機児童における保護者│ │ │       │       │  の就労状況を問う            │ │ │       │       │(2) 公立・認可保育園入園を利用している保護│ │ │       │       │  者が、就労状況等の変化などで、途中退園と│ │ │       │       │  なった児童数を問う           │ │ │       │       │(3) ひとり親世帯のための就労支援についての│ │ │       │       │  実績を問う               │ │ │       │       │(4) 子育て世帯に、保育や就労などを総合的・│ │ │       │       │  包括的に支援するワンストップ相談窓口事業│ │ │       │       │  を実施すべきである。見解を問う     │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 多様化する│(1) インターネットでベビーシッターに預けた│ │ │       │ 保育ニーズへ│  男児が遺体で発見された事件は、社会に大き│ │ │       │ の公的支援に│  な衝撃を広げている。子育ての相互援助活動│ │ │       │ ついて   │  を行う「那覇市ファミリー・サポートセンタ│ │ │       │       │  ー」の役割は重要であり、事業を拡充すべき│ │ │       │       │  である。見解を問う           │ │ │       │       │(2) 夜間や宿泊を伴う保育ニーズに、認可外保│ │ │       │       │  育園が大きな役割を果たしてきた。認可外保│ │ │       │       │  育園への支援を拡充すると共に、公立・認可│ │ │       │       │  保育園の夜間保育を増やすべきである。見解│ │ │       │       │  を問う                 │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 地域と学校│ 近年、地域の子育て環境は大きく変化している│ │ │       │ の連携強化に│。地域と学校の連携を強化し、地域社会全体で課│ │ │       │ ついて   │題解決に取り組むことが求められている。学校や│ │ │       │       │地域の抱える課題と、連携の可能性について、教│ │ │       │       │育委員会と市長部局の見解を問う       │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成26年6月11日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │7│仲 松  寛 │1 健康行政に│ 「健康なは21」(健康推進計画)について  │ │ │(自由民主党新│ ついて   │ 「健康」とは、ひとが人生を歩む上において、│ │ │風会)    │       │また健全な社会を築く上において人類永遠の課題│ │ │       │       │である。このため、本市は、市民一人ひとりがい│ │ │【質問方式】 │       │きいきと充実した人生を実現し、活力ある那覇市│ │ │一問一答方式 │       │を築き発展する上で、極めて重要な課題として、│ │ │(質問席のみ) │       │平成17年度より「健康なは21」を策定し市民をは│ │ │       │       │じめ、関係機関や団体等とともに、健康づくりを│ │ │       │       │推進してきた。ついては、次の事項について伺う│ │ │       │       │(1) 「健康なは21」の取り組み内容とその成果│ │ │       │       │  について伺う              │ │ │       │       │(2) 第二次「健康なは21」は前期の計画とどの│ │ │       │       │  ような違いがあるのか伺う        │ │ │       │       │(3) 第二次「健康なは21」の策定スケジュール│ │ │       │       │  について伺う              │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 母子保健行│ 母子保健計画「健やか親子なは」について  │ │ │       │ 政について │ 各自治体の深刻な課題として「少子高齢化」「│ │ │       │       │核家族化」の急速な進展がある。特に、子育てを│ │ │       │       │取り巻く環境の変化は著しく、安心して親子が暮│ │ │       │       │らせる環境づくりは行政の責務である。ついては│ │ │       │       │、次の事項について伺う           │ │ │       │       │(1) 母子保健の現状と課題について伺う   │ │ │       │       │(2) 母子保健計画をどのように総括しているか│ │ │       │       │  伺う                  │ │ │       │       │(3) 新たな母子保健計画と、これまでの計画と│ │ │       │       │  の相違及びスケジュールについて伺う   │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 歯科保健予│ 「歯科保健予防対策」について       │ │ │       │ 防について │ 歯は、人の健康のバロメーターとして80歳まで│ │ │       │       │20本の歯を残す8020(ハチマルニイマル)運動等│ │ │       │       │、歯を大切にする取り組みが進められている。ま│ │ │       │       │た、沖縄の長寿を取り戻す健康づくりの一   │ │ │       │       │環として、歯科保健予防対策事業が位置づけられ│ │ │       │       │ている。ついては、次の事項について伺う   │ │ │       │       │(1) 「歯科保健予防対策モデル事業」導入の背│
    │ │       │       │  景及び概要について伺う         │ │ │       │       │(2) 妊婦歯科検診の取り組みと、その効果につ│ │ │       │       │  いて伺う                │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成26年6月11日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │8│花 城 正 樹│1 選挙行政に│ 今年11月、知事選や県議補選が予定されている│ │ │(なは民主) │ ついて   │。また、同時に市長選も濃厚となってきた。以下│ │ │       │       │、伺う                   │ │ │【質問方式】 │       │(1) 昨年の参院選、那覇市議選において商業施│ │ │一問一答方式 │       │  設での期日前投票が実施され、成果があった│ │ │(質問席のみ) │       │  。今後のエリア拡大について       │ │ │       │       │(2) 投票率向上は見込めるか        │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 ユーフルヤ│ 『日本の風呂文化がローマ帝国を救う!』  │ │ │       │ ーについて │ 現在、国内外から日本の風呂文化が注目され │ │ │       │       │話題となっている。以下、伺う        │ │ │       │       │(1) 市内のユーフルヤーの数        │ │ │       │       │(2) 入湯税の推移(3年間)        │ │ │       │       │(3) 本市における業者への補助金の割合、使途│ │ │       │       │  等について               │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 第40回那覇│(1) 今大会から参加費を徴収しているが、決定│ │ │       │ ハーリーにつ│  プロセスを伺う             │ │ │       │ いて    │(2) 参加チーム(中学校の部以外)の推移につ│ │ │       │       │  いて                  │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、選挙管理委員会委員長、  │ │ │       │       │  関係部長                │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(2日目) 平成26年6月11日(水) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │9│湧 川 朝 渉│1 介護保険に│(1) 要支援1・2の高齢者のサービスをどのよ│ │ │(日本共産党)│ ついて   │  うに確保するのか、見解を問う      │ │ │       │       │(2) 特養の待機者は何人か。増設を第6次なは│ │ │【質問方式】 │       │  高齢者プランに入れるべき。見解を問う  │ │ │一問一答方式 │       │                      │ │ │(質問席のみ) │2 学校施設の│ 学校施設の耐震化の現状と計画について、見解│ │ │       │ 安全確保につ│を問う                   │ │ │       │ いて    │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 健康で長寿│(1) 「健康なは21」「第5次なは高齢者プラン│ │ │       │ のまちづくり│  」が2014年度で終了。10年20年30年後を見据│ │ │       │ について  │  えて、「健康で長生き」を取り戻すために、│ │ │       │       │  今、何が必要か。全市的、全庁的な議論が必│ │ │       │       │  要。見解を問う             │ │ │       │       │(2) 那覇市食育推進計画の積極的推進。とりわ│ │ │       │       │  け、食生活改善推進に関わるスタッフの充実│ │ │       │       │  。食生活改善推進員とは別に、那覇市独自の│ │ │       │       │  制度として、食生活改善ボランティア(仮称│ │ │       │       │  )を設立すべき。見解を問う       │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘             平成26年(2014年)6月那覇市議会定例会                一般質問発言通告書(3日目)                  平成26年6月12日(木)                           ※1人当たり15分間(答弁を除く) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│古 堅 茂 治│1 翁長市長の│(1) 仲井眞県知事は昨年「慰霊の日」の「沖縄│ │ │(日本共産党)│ 政治姿勢、米│  全戦没者追悼式」で、「・・・日米両政府に│ │ │       │ 軍基地問題に│  対して、一日も早い普天間飛行場の県外移設│ │ │【質問方式】 │ ついて   │  、そして、日米地位協定の抜本的な見直しな│ │ │一問一答方式 │       │  どを強く求めます。私たちは、沖縄戦の教訓│ │ │(質問席のみ)│       │  を継承するとともに、わが国が築いてきた平│ │ │       │       │  和主義の堅持を強く望むものであります。慰│ │ │       │       │  霊の日に当たり、全戦没者のみ霊に謹んで哀│ │ │       │       │  悼の誠を捧げますとともに、恒久平和の実現│ │ │       │       │  を目指して、県民の強い思いと英知を結集し│ │ │       │       │  てまい進していくことを宣言します」と全世│ │ │       │       │  界に向けて「平和宣言」を読み上げている。│ │ │       │       │  自ら読み上げたこの「平和宣言」、自ら掲げ│ │ │       │       │  た公約、さらに、沖縄の心と戦争犠牲者の声│ │ │       │       │  なき声を踏みにじり、米軍新基地建設を積極│ │ │       │       │  的に推進する仲井眞県知事の政治姿勢には誠│ │ │       │       │  がない。翁長市長の見解を伺う      │
    │ │       │       │(2)  和魂(平和への魂)となりて      │ │ │       │       │    しずもる おくつきの(お墓)     │ │ │       │       │    み床の上をわたる 潮風       │ │ │       │       │          翁長助静詠(魂魄の塔碑)│ │ │       │       │ 本島南部各地に散乱していた遺骨を収集し1946│ │ │       │       │年に建立された沖縄戦没者の最初の慰霊碑「魂魄│ │ │       │       │の塔」を命名し、戦没者の御霊の冥福を祈る歌碑│ │ │       │       │を詠んでいる翁長助静氏(元真和志市長)は翁長│ │ │       │       │市長のご尊父                │ │ │       │       │ 翁長市長は魂魄の塔の平和が原点の心を継ぎ、│ │ │       │       │「沖縄と那覇市が未来に向け発展していくために│ │ │       │       │は、イデオロギーの対立を乗り越えて、平和への│ │ │       │       │思いで結束していくことが必要だ」と強調してい│ │ │       │       │る。6.23慰霊の日を前にして平和な沖縄づくり │ │ │       │       │への翁長市長の決意を改めて伺う       │ │ │       │       │(3) 自由民主党新風会と安慶田議長による翁長│ │ │       │       │  市長への県知事選挙出馬要請は、那覇市議会│ │ │       │       │  議員としての自らの公約、島ぐるみ・オール│ │ │       │       │  沖縄のたたかいの発展をリードした幾多の那│ │ │       │       │  覇市議会の決議、県民の心=「建白書」の立│ │ │       │       │  場を信念をもってつらぬき、米軍新基地をお│ │ │       │       │  しつける勢力とたたかうとの那覇市会議員の│ │ │       │       │  良識と理性、気概をしめしたもので高く評価│ │ │       │       │  する。政府や自民党本部、県連などの強圧に│ │ │       │       │  屈することなく、うちなんちゅの魂を発揮し│ │ │       │       │  、民意を踏みつける県政を変えようと果敢に│ │ │       │       │  たちあがった自由民主党新風会と安慶田議長│ │ │       │       │  の動きは、「建白書」の立場で米軍基地に依│ │ │       │       │  存しない沖縄づくりへ、超党派の新たな枠組│ │ │       │       │  みの構築、民意に応えた政治に変えていく大│ │ │       │       │  きな流れになると確信する。翁長市長の見解│ │ │       │       │  を問う                 │ │ │       │       │(4) 名護市辺野古沖でのボ-リング調査、ブイ│ │ │       │       │  の設置、制限水域の拡大、本体工事の着工の│ │ │       │       │  前倒しなど、政府は県民の圧倒的反対の声を│ │ │       │       │  踏みつけ、米軍新基地建設を強引に強行しよ│ │ │       │       │  うとしている。翁長市長の見解を問う   │ │ │       │       │(5) 米軍基地返還跡地で発展が著しい那覇新都│ │ │       │       │  心の雇用、税収、経済効果等を問う    │ │ │       │       │(6)  新らしく まとまりし街 創り立て   │ │ │       │       │    うるま島浦のいしづえとせむ     │ │ │       │       │                  翁長助静 │ │ │       │       │ 自由民主党新風会と安慶田議長の翁長市長への│ │ │       │       │知事選出馬要請以降、良識ある保守のみなさん、│ │ │       │       │経済界、各分野、各階層など幅広い県民のみなさ│ │ │       │       │ん、超党派から熱い期待の声があがっている  │ │ │       │       │ 沖縄県の創造への挑戦について翁長市長の見解│ │ │       │       │を伺う                   │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成26年6月12日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│亀 島 賢二郎│1 公園行政に│(1) 那覇市内の公園整備、建設、遊具の選定は│ │ │(自由民主党 │ ついて   │  どのように決定しているか。また、今後の維│ │ │ 新風会)  │       │  持管理はどのように考えているか     │ │ │       │       │(2) 若狭公園を地域や利用者のニーズに合った│ │ │【質問方式】 │       │  整備をするべきだと考えるが、見解を伺う │ │ │総括質問方式 │       │(3) 公園内におけるホームレス対策について │ │ │(演壇・質問席)│       │(4) 新都心公園人工芝整備について     │ │ │       │       │  ① 平成24年、25年度の多目的広場の使用料│ │ │       │       │   の収入                │ │ │       │       │  ② 人工芝導入と天然芝に戻す場合の費用 │ │ │       │       │   の比較                │ │ │       │       │  ③ 人工芝と天然芝の安全性を比較、検証し│ │ │       │       │   たか                 │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 第30回NA│ 予定参加定員数、ハーフマラソン導入について│ │ │       │ HAマラソン│の見解                   │ │ │       │ について  │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 駐輪場整備│(1) 那覇市道にある駐輪場の数、今後の駐輪場│ │ │       │ について  │  整備計画について            │ │ │       │       │(2) 月額契約駐輪場の導入について     │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 消防行政に│ 6分30秒未到達地区を解消するため、小禄地区│ │ │       │ ついて   │に新しく消防署所を建設する計画があるが、建設│ │ │       │       │に伴う職員増員は何名なのか。また、職員増員ス│ │ │       │       │ケジュール計画を立てているのか伺う     │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成26年6月12日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │3│金 城 眞 徳│1 仮園舎の使│ 保育園では老朽化した園舎建替えのため、仮園│ │ │(自由民主党 │ い回しについ│舎を一定期間使用している。その後、新しい園舎│ │ │ 新風会)  │ て     │に引っ越しをして、仮園舎を取り壊しているが、│ │ │       │       │この仮園舎を使い回しできないか、伺う    │
    │ │       │       │                      │ │ │【質問方式】 │2 草花苗等の│ 充分に市民の需要に対応できているのか、伺う│ │ │総括質問方式( │ 申し込み状況│                      │ │ │演壇・質問席) │ について  │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 点在する小│ 子供たちの元気な声と共に安心して遊べる地域│ │ │       │ 公園の活用に│の身近な小公園のリフォーム再活用について伺う│ │ │       │ ついて   │                      │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 道のオアシ│ 都市計画マスタープランの中に道のオアシスづ│ │ │       │ スづくりにつ│くりの計画があるが、どのような事業を計画して│ │ │       │ いて    │いるのか、そしてその進捗状況を伺う     │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成26年6月12日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │4│桑 江  豊 │1 福祉行政に│ 「臨時福祉給付金」及び「子育て世帯臨時特例│ │ │(公 明 党) │ ついて   │給付金」について以下伺う          │ │ │       │       │(1) 給付システム導入の状況        │ │ │【質問方式】 │       │(2) 給付体制及びスケジュール       │ │ │総括質問方式 │       │                      │ │ │(質問席のみ) │2 経済観光行│ 那覇市離島連携事業「島たび助成」について以│ │ │       │ 政について │下伺う                   │ │ │       │       │(1) 平成26年度の応募状況及び当選率    │ │ │       │       │(2) これまでの成果と課題         │ │ │       │       │(3) 事業終了の理由            │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 総務行政に│ 市の広報紙「広報なは市民の友」について以下│ │ │       │ ついて   │伺う                    │ │ │       │       │(1) 配布状況及び予算           │ │ │       │       │(2) 市民の反応及び課題          │ │ │       │       │(3) 電子チラシを活用した配信事業に対する見│ │ │       │       │  解                   │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 道路行政に│ 以下見解を伺う              │ │ │       │ ついて   │(1) 田原11号歩道凹凸の改修及び街路樹の剪定│ │ │       │       │  を早急に行うべきである         │ │ │       │       │(2) 県道29号(龍潭通り)鳥堀1丁目バス停近 │ │ │       │       │  くの歩道中央にある電柱を早急に移動するよ │ │ │       │       │  う県に強く要望すべきである        │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成26年6月12日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │5│大 浜 安 史│1 薬物乱用防│(1) 小中学校での薬物乱用防止について伺う │ │ │(公 明 党) │ 止について │(2) 青少年健全育成条例の制定について伺う │ │ │       │       │                      │ │ │【質問方式】 │2 小中学校耐│(1) 大名小学校校舎建設中であるが、進捗状況│ │ │総括質問方式 │ 震度について│  について伺う              │ │ │(質問席のみ) │       │(2) 大名小学校体育館の建替計画について伺う│ │ │       │       │(3) 城北中学校体育館の建替計画について伺う│ │ │       │       │                      │ │ │       │3 久場川児童│ 久場川児童館と児童クラブを利用する多くの児│ │ │       │ 館の安全対策│童がキャッチボールやドッジボール等の広場で遊│ │ │       │ について  │んでおり、保育所側への安全対策として防球ネッ│ │ │       │       │ト等の設置について伺う           │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 鳥堀12号線│(1) 鳥堀12号線の整備計画について伺う   │ │ │       │ 整備計画につ│(2) 鳥堀12号線整備に伴い道路拡幅のため、電│ │ │       │ いて    │  柱が障害となり交通事故になりかねない状況│ │ │       │       │  であります。電柱の移動について伺う   │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、教育長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成26年6月12日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│前 田 千 尋│1 那覇市の平│ 今年も6月23日の慰霊の日が訪れる。命どぅ宝│ │ │(日本共産党)│ 和教育につい│、二度とあの悲惨な戦争を繰り返さないとの平和│ │ │       │ て     │の思いを引き継ぐためにも、平和教育は重要であ│ │ │       │       │る                     │ │ │【質問方式】 │       │(1) 那覇市内の小中学校では、平和教育をどの│ │ │一問一答方式 │       │  ように取り組んでいるのかを問う     │ │ │(質問席のみ)│       │(2) 那覇市内に、戦争の悲惨さを伝え、平和の│ │ │       │       │  尊さを学べる施設はどのくらいあるのかを問│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │(3) 対馬丸記念館の活用はどうなっているかを│ │ │       │       │  問う                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 旭ヶ丘公園│ 対馬丸記念館横にある旭ヶ丘公園内には、小桜│ │ │       │ の整備につい│の塔などさまざまな塔が設置されている。海鳴り│
    │ │       │ て     │の像の周辺は、樹木の根が路面をはり、大変歩き│ │ │       │       │づらくなっている。公園を訪れる方の安全性の確│ │ │       │       │保と、平和学習の場としても活用するためにも、│ │ │       │       │早急に整備を行うべきではないか。対応を問う │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 児童クラブ│ 学童保育は、「共働き・一人親家庭の小学生の│ │ │       │ (学童保育)の│放課後(土曜日、春夏冬休みの学校休業中は1日│ │ │       │ 充実について│)の生活を継続的に保障すること」「そのことを│ │ │       │       │通して、親の働く権利と家族の生活を守る」とい│ │ │       │       │う役割を持っている             │ │ │       │       │(1) 本市の学童保育の現状、学童数と待機児童│ │ │       │       │  数について問う             │ │ │       │       │(2) 国の省令では、1学童は概ね40名定員。児│ │ │       │       │  童生徒ひとりあたりの面積が1.65㎡必要とな│ │ │       │       │  る。那覇市はあと幾つ学童を増やすのか。現│ │ │       │       │  在ある学童でも分離しなくてはいけないが、│ │ │       │       │  猶予期間など、どのように整備していくのか│ │ │       │       │  を問う                 │ │ │       │       │(3) 学童保育の質の向上と指導員確保のために│ │ │       │       │  も、処遇改善すべきである。見解を問う  │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 公設市場の│ 那覇市の観光スポットでもある公設市場は地元│ │ │       │ 管理運営につ│客、観光客など多くの人が集う場所である   │ │ │       │ いて    │(1) 第一牧志公設市場内での、分煙対策はどう│ │ │       │       │  なっているのかを問う          │ │ │       │       │(2) 空き小間の状況と活用について問う   │ │ │       │       │(3) 市場組合から市長あてに要望事項が提出 │ │ │       │       │  された。今後の対応を問う        │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(3日目) 平成26年6月12日(木) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │7│宮 平 のり子│1 電磁波と健│ 図書館、CD販売店、ビデオレンタルショップ│ │ │(社民党)  │ 康について │に設置されている盗難防止ゲート、本やCDに磁│ │ │       │       │気テープが張られ、レジやカウンターで処理せず│ │ │【質問方式】 │       │に持ち出そうとするとゲートセンサーが検知し│ │ │総括質問形式 │       │、ブザーやランプで警告するというもの。そこで│ │ │(演壇・質問席)│       │次のことについて伺う            │ │ │       │       │(1) 那覇市立中央図書館の盗難防止ゲートの設│ │ │       │       │  置概要について             │ │ │       │       │ (導入時期、導入箇所、導入費用、盗難防止効│ │ │       │       │  果、職員の健康問題等)         │ │ │       │       │(2) 総務省では、2003年盗難防止ゲートの心臓│ │ │       │       │  ペースメーカーや植え込型除細動器への影響│ │ │       │       │  について①ゲートでは立ち止まらないで、す│ │ │       │       │  みやかに中央付近を通り過ぎること。②ゲー│ │ │       │       │  トの周辺にとどまらず、寄りかかったりしな│ │ │       │       │  いことを勧告している          │ │ │       │       │   このような勧告を表示しているか    │ │ │       │       │(3) 市民の暮らしや職場の環境を守っていくた│ │ │       │       │  めに電磁波測定器を市役所に備え、市民や職│ │ │       │       │  員に貸出しをすることについて伺う    │ │ │       │       │(4) 校舎、園舎等新築改築の際、配線について│ │ │       │       │  、電磁的平衡を保ち電磁波を低減する方法で│ │ │       │       │  設計、あるいは仕様書に盛り込むことはでき│ │ │       │       │  るか                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 住基ネット│ 住基ネットは、住民の利便性の向上と、国及び│ │ │       │ とマイナンバ│地方公共団体の合理化に資するため、居住関係を│ │ │       │ ー制度につい│証明する住民基本台帳をネットワーク化し、全国│ │ │       │ て     │共通の本人確認ができるシステムとして、構築さ│ │ │       │       │れるとしたものであった           │ │ │       │       │ 平成11年住民基本台帳法の改正により、市町村│ │ │       │       │の区域を超えた、事務処理を行うため、各市町村│ │ │       │       │の住民基本台帳のネットワーク化が図られた。し│ │ │       │       │かし、この住基ネットを巡り、プライバシーの保│ │ │       │       │護を容易に侵害するとして、日本国憲法に違反す│ │ │       │       │るとして訴訟が持ち上がり、原告の勝訴や敗訴が│ │ │       │       │あり、また、最後までネットワークに参加しない│ │ │       │       │自治体もあり今日に至っている。そこで次のこと│ │ │       │       │を伺う                   │ │ │       │       │(1) 住基ネットにかかった過去3年の費用はい│ │ │       │       │  くらか(国庫補助と一般財源別に)    │ │ │       │       │(2) 住基カードの発行枚数と利用状況(過去  │ │ │       │       │    3年)                │ │ │       │       │(3) 社会保障・税に関する番号制度に係るシス│ │ │       │       │  テムの改修費、ランニングコストについて伺│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 識名地域の│(1) 識名真地線(上間入口交差点から識名交差│ │ │       │ 課題について│  点まで)の道路は、周辺には小中学校があり│ │ │       │       │  、通学路として利用されている。歩道もなく│ │ │       │       │  、幅員も7m程度と狭小である。快適で安全│ │ │       │       │  な歩行空間の創出を図るとして、事業名「那│ │ │       │       │  覇広域都市計画道路事業」3・5・10号識名真│ │ │       │       │  地線として、平成19年度に実施設計、地質調│ │ │       │       │  査、用地測量を開始、平成25年度には完了の│ │ │       │       │  予定と地域住民は事業者の県から説明を受け│ │ │       │       │  ているが、進捗状況と、今後の見通しについ│ │ │       │       │  て伺う                 │ │ │       │       │(2) 2010年10月に開通した識名トンネルの真上│ │ │       │       │  に住居のある方々は、識名トンネル工事の影│ │ │       │       │  響で、風呂場の壁にひびが入ったり、玄関駐│
    │ │       │       │  車場のタイルがひび割れたりしたままの今日│ │ │       │       │  まで至っている。その他被害と合わせ、損害│ │ │       │       │  補償の進捗状況と、今後の見通しについて伺│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │(3) 那覇市民共同墓が完成したが、バス路線の│ │ │       │       │  案内をはじめ、車で来る申込者、見学者、参│ │ │       │       │  拝者など利用者への駐車場の対応はどのよう│ │ │       │       │  になっているか             │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘             平成26年(2014年)6月那覇市議会定例会                一般質問発言通告書(4日目)                  平成26年6月13日(金)                           ※1人当たり15分間(答弁を除く) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│金 城  徹 │1 企画行政に│(1) オープンデータの活用について、国の動向│ │ │(自由民主党 │ ついて   │   と先進都市の活用事例について伺う    │ │ │新風会)   │       │(2) 翁長市長は、自らの施政方針においても市│ │ │       │       │   民協働を提唱し、市政運営の中心に据えて │ │ │【質問方式】 │       │   いる。この施策推進のツールとしてオープ │ │ │総括質問方式 │       │   ンデータの活用を本市でも検討するべきと │ │ │(演壇・質問席) │       │   考えるところであるが、当局の見解を伺う │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 道路行政に│(1) 自治体は、道路法第28条の規定において道│ │ │       │ ついて   │   路台帳の整備が義務付けられているが、現 │ │ │       │       │   状と今後の整備方針について伺う     │ │ │       │       │(2) 道路の損傷等によって住民が被害を被る事│ │ │       │       │   例がこれまでにもあったが、このような事 │ │ │       │       │   故の早期の状況把握と被害防止策を講じる │ │ │       │       │   上からも道路台帳の情報のオープンデータ │ │ │       │       │   化も検討すべきと考えるが、当局の見解を │ │ │       │       │   伺う                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 観光行政に│ 観光客や市民を対象とした観光名所の紹介、ル│ │ │       │ ついて   │ート案内、WiFiスポットの紹介、障害者用の│ │ │       │       │トイレの紹介、オープンデータの活用について見│ │ │       │       │解を伺う                  │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(4日目) 平成26年6月13日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│大 城 幼 子│1 住宅政策に│ 障がい者や低所得者など「住宅確保要配慮者」│ │ │(公 明 党) │ ついて   │に対する民間賃貸住宅への入居を拒否するケース│ │ │       │       │が頻発しているという新聞報道があった(5月19│ │ │【質問方式】 │       │日)                    │ │ │総括質問方式 │       │(1) 本市の障がい者の現状を伺う      │ │ │(演壇・質問席)│       │(2) 入居を拒まない支援づくり等の取り組みが│ │ │       │       │  あるか伺う               │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 福祉行政に│ 心身・経済・環境上の理由から、家庭で養護が│ │ │       │ ついて   │困難な高齢者を、市町村が措置する「養護老人ホ│ │ │       │       │ーム」の入所率が県内で低迷している。主な原因│ │ │       │       │は市町村による措置控えにあると言われているが│ │ │       │       │、本市での現状を伺う            │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 健康行政に│ 九州沖縄地方に多いとされるATL(成人T細│ │ │       │ ついて   │胞白血病)やHAM(HTLV-1関連脊髄症) │ │ │       │       │等の病気の原因となるウィルスが、HTLV-1 │ │ │       │       │(ヒト細胞白血病ウィルス1型)といわれている │ │ │       │       │ 主な感染経路が母乳を介した母子感染であるこ│ │ │       │       │とから、防止対策のため、妊婦への抗体検査が平│ │ │       │       │成22年に妊婦検診の公費負担検査項目として追加│ │ │       │       │された                   │ │ │       │       │ 県内の各市町村においても平成23年から実施さ│ │ │       │       │れている                  │ │ │       │       │(1) HTLV-1検査は那覇市ではどれくらい │ │ │       │       │  の方が受けているのか、全員義務なのか伺う│ │ │       │       │(2) もし陽性と診断された方への相談体制はど│ │ │       │       │  のようになっているのか伺う       │ │ │       │       ├──────────────────────┤  │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(4日目) 平成26年6月13日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │3│中 村 圭 介│1 国際通りの│(1) てんぶす那覇横壺屋牧志線への観光バスの│ │ │(無所属の会)│ 観光インフラ│  乗降場整備についての進捗を伺う     │ │ │       │ について  │ (2) 国際通り周辺における観光バスの待機場所│
    │ │【質問方式】 │       │  、乗降場整備計画について伺う      │ │ │一問一答方式 │       │                      │ │ │(質問席のみ) │2 中心市街地│ 国際通りトランジットマイルを活用し、奥武山│ │ │       │ 活性化につい│公園で行われる県のイベント「産業まつり」や「│ │ │       │ て     │花と食のフェスティバル」などと関連した事業を│ │ │       │       │行ってはどうか               │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 公設市場の│(1) 雑貨部、衣料部の空き小間の募集、応募状│ │ │       │ 活用について│  況はどうなっているのか伺う       │ │ │       │       │(2) 「なはし就職なんでも相談センター」や、│ │ │       │       │  「ひやみかちまちぐゎー館」のような形で空│ │ │       │       │  き小間を民間事業者で活用することは可能か│ │ │       │       │  伺う                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 協働による│(1) まちづくり拠点施設のうち、(仮称)市民│ │ │       │ まちづくりに│  活動支援センターの利用は登録制になるとの│ │ │       │ ついて   │  ことだが、個人での利用もできるのか伺う │ │ │       │       │(2) 支援機能や人材育成機能など、手厚いもの│ │ │       │       │  だが、入居団体の選定はどのように行うのか│ │ │       │       │  伺う                  │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(4日目) 平成26年6月13日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │4│我如古 一 郎│1 ブラックバ│ 近年、大量採用・大量離職、過酷な労働で若者│ │ │(日本共産党)│ イト問題につ│の労働者を使い捨てにする、ブラック企業が問題│ │ │       │ いて    │になっているが、低賃金で正社員並みの責任を要│ │ │【質問方式】 │       │求したり、年休やテスト前の休みをあげない、サ│ │ │一問一答方式 │       │ービス残業の強制や自社の余った商品を買わされ│ │ │(質問席のみ) │       │るなど、学生を使いつぶす違法・無法な働かせ方│ │ │       │       │が、学生アルバイトにも広がっている     │ │ │       │       │ 経済の中心地であり、学生の多い那覇市でこの│ │ │       │       │ような事態が起きないよう対策が必要と思う  │ │ │       │       │(1) 県内の高校・大学・専門学校などに通って│ │ │       │       │  いる学生の数は何名か          │ │ │       │       │(2) 経済活動におけるパート・アルバイトの占│ │ │       │       │  める比率を問う             │ │ │       │       │(3) このような低賃金で正社員並みの責任を要│ │ │       │       │  求し、年休やテスト前の休みをあげない、サ│ │ │       │       │  ービス残業の強制や自社の余った商品を買わ│ │ │       │       │  されるなど、学生を使いつぶす違法・無法な│ │ │       │       │  働かせ方は行政として対応が必要ではないか│ │ │       │       │                      │ │ │       │2 国場川の河│(1) 南風原町から一日橋にかけて、国場川沿い│ │ │       │ 川管理用通路│  に河川管理用通路が整備されつつある。散歩│ │ │       │ について  │  やジョギング道として整備して、くねくね公│ │ │       │       │  園や漫湖公園まで繋がると市民の憩いの場が│ │ │       │       │  広がるものと期待できるが、県の計画はどう│ │ │       │       │  なっているか              │ │ │       │       │(2) この河川管理用通路が生活道路になってい│ │ │       │       │  る、字国場・(通称)樋川地区の川の安全フ│ │ │       │       │  ェンスがかなり老朽化し、傾いて破れている│ │ │       │       │  ところもある。こどもたちの安全のためにも│ │ │       │       │  、市として補修の要請をすべきではないか。│ │ │       │       │  見解を問う               │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 道路行政に│(1) 市道識名・三原線、(通称)西銘通りと言わ│ │ │       │ ついて   │  れている道路は、識名市営団地・大石公園に│ │ │       │       │  も面し、識名小学校と石田中学校などの児童│ │ │       │       │  生徒の通学路、地域住民の重要な生活道路で│ │ │       │       │  ある。しかし、車がすれ違う幅員が狭く両側│ │ │       │       │  に民家が立ち並んでいる。歩行者も多いのに│ │ │       │       │  、安全面の対策は不十分である。対策を問う│ │ │       │       │(2) 街路樹が立ち枯れしているところがあるが│ │ │       │       │  、原因と対応を問う           │ │ │       │       │(3) 識名トンネルの市民体育館側の出口付近に│ │ │       │       │  、信号機を付けて人も車も横断できるように│ │ │       │       │  してほしいという自治会や住民からの要望に│ │ │       │       │  、本市としてどのような対応をしているか。│ │ │       │       │  警察はどのような対応をしているのか。今後│ │ │       │       │  の予定も含めて問う           │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 カラス対策│(1) カラスが市内にも増えてきていると思うが│ │ │       │ について  │  、状況を問う              │ │ │       │       │(2) 全国で発生しているカラス被害は、どのよ│ │ │       │       │  うなものがあるか            │ │ │       │       ├──────────────────────┤  │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(4日目) 平成26年6月13日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │5│多和田 栄 子│1 次世代育成│ 少子化対策の取り組みとして、平成17年に那覇│ │ │(社 民 党) │ 支援行動計画│市次世代育成支援行動計画が、10年間の時限立法│ │ │       │ について  │として策定されている。前期が平成17年度から21│ │ │【質問方式】 │       │年度、後期が22年度から26年度と進み、今年が最│ │ │一問一答方式 │       │終年度となっている。以下問う        │
    │ │(質問席のみ) │       │(1) 待機児童解消のための進捗状況はどのよう│ │ │       │       │  になっているのか            │ │ │       │       │(2) 26年度が最終年度となっているが、その後│ │ │       │       │  どのような方向づけになっているのか、問う│ │ │       │       │                      │ │ │       │2 介護用品支│ 高齢者が安心して、暮らせるためのサービスの│ │ │       │ 給事業につい│提供は大事であると思う。その中から、紙おむつ│ │ │       │ て     │助成について、以下伺う           │ │ │       │       │(1) 在宅療養においては、紙おむつの支給があ│ │ │       │       │  るが、長期入院には支給がないという。なぜ│ │ │       │       │  か                   │ │ │       │       │(2) 支給している市町村はあるのか     │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 環境行政に│ ごみ減量化を図るためごみ袋の有料化が平成14│ │ │       │ ついて   │年にスタートして12年になる。現在、4種類(大│ │ │       │       │・中・小・特小)のごみ袋が利用されている  │ │ │       │       │ 近年、ひとり暮らしや夫婦世帯が増え、衛生面│ │ │       │       │や経済面からみて、ごみ袋の種類を増やしてほし│ │ │       │       │いという市民からの声を反映してきた。しかし、│ │ │       │       │特小のごみ袋があるという実態が市民に周知され│ │ │       │       │ていない。もっと知らせるべきではないか、問う│ │ │       │       │                      │ │ │       │4 バス路線の│ 首里石嶺地域では、コミュニティバスの運行で│ │ │       │ 拡充について│、地域住民の足となり利用され喜ばれている  │ │ │       │       │ 去年12月、石嶺福祉センター線が開通。地域の│ │ │       │       │活性化に大きな前進であると喜ばれている。その│ │ │       │       │ような中で、バスの運行を石嶺福祉センター通り│ │ │       │       │まで延長してほしいという多くの期待の声があが│ │ │       │       │っている                  │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 道路行政に│ モノレールとの乗り継ぎ地点、または、市外線│ │ │       │ ついて   │乗継地点としてバス路線の延長は必要だと思う。│ │ │       │       │今後の路線拡充について問う         │ │ │       │       │ 首里石嶺サンエースーパー近くの道路において│ │ │       │       │、横断する際に、横断歩道表示が薄くなっていて│ │ │       │       │とても危険な状況である。近くにソロバン塾があ│ │ │       │       │り、子どもたちの横断が多い。早急に横断歩道表│ │ │       │       │示の白線表示を整備する必要がある。見解を問う│ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(4日目) 平成26年6月13日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│清 水 磨 男│1 スポーツに│(1) カラーランの誘致を提案するが、見解を問│ │ │(なは民主) │ ついて   │  う                   │ │ │       │       │(2) プロレスやボクシングといった格闘技など│ │ │【質問方式】 │       │  について、地元での発展と観光に資するよう│ │ │総括質問方式 │       │  、適した規模での施設整備を提案するが、見│ │ │(質問席のみ) │       │  解を問う                │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 姉妹都市に│ 中小企業支援で注目されている川崎モデル、世│ │ │       │ ついて   │界一の観光都市とも言えるホノルル市、これらの│ │ │       │       │ような姉妹都市の誇れる政策を那覇市は取り入れ│ │ │       │       │るなどの検討を行っているのか伺う      │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 街の維持管│(1) 庁舎内のトイレにハンドドライヤーや、ペ│ │ │       │ 理について │  ーパータオル等が設置されていないことは、│ │ │       │       │  衛生面から問題はないのか問う      │ │ │       │       │(2) 保安灯について、民間広告を入れる形で設│ │ │       │       │  置や維持管理に取り組めないのか伺う   │ │ │       │       │(3) 久茂地小学校運動場であった位置にプレハ│ │ │       │       │  ブ事務所等を設置し、活動拠点とする予定だ│ │ │       │       │  が、同機能は平成27年度以後どうなるのか問│ │ │       │       │  う                   │ │ │       │       │(4) 久茂地川にかかるいくつかの道路には右折│ │ │       │       │  信号が無いが、那覇市の対応を問う    │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 子ども行政│(1) 乳幼児への応急手当として、AEDよりも│ │ │       │ について  │  心肺蘇生が重要であり、またそれら両方の講│ │ │       │       │  習を適切に保育士が受講できることが、子ど│ │ │       │       │  もの生命を守るためにも重要であるが、那覇│ │ │       │       │  市としての考え方を問う         │ │ │       │       │(2) 国は2015年度限りで、ぎょう虫検査を廃止│ │ │       │       │  する予定だが、那覇市として重要性や継続の│ │ │       │       │  必要性に対する認識を問う        │ │ │       │       │(3) 義務教育段階から、ICTを活用するソフ│ │ │       │       │  トの導入、反転学習、海外へも目を向けた進│ │ │       │       │  学や就職の意識付けが、那覇市の学力向上に│ │ │       │       │  つながると考えるが、那覇市としての取り組│ │ │       │       │  みを問う                │ │ │       │       ├──────────────────────┤  │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、教育長、関係部長     │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘  一般質問(4日目) 平成26年6月13日(金) ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │7│前 泊 美 紀│1 指定管理者│ 平成25年度の包括外部監査結果報告書「公の施│ │ │(無所属の会)│ 制度について│設の管理運営及び指定管理者制度に関する事務の│ │ │       │       │執行について」において指摘されている次の事項│
    │ │【質問方式】 │       │について、対応を伺う            │ │ │総括質問方式 │       │(1) モニタリング             │ │ │(質問席のみ) │       │(2) 指定管理者の収支状況の把握      │ │ │       │       │(3) 労働環境について「労働者保護の観点から│ │ │       │       │  今後、公契約条例や協定が制定されることを│ │ │       │       │  期待する」と述べられていることについて │ │ │       │       │(4) 指定管理者制度導入の可否       │ │ │       │       │(5) 市と事業実施上及び財政上密接に関連する│ │ │       │       │  団体について              │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 環境行政に│ 「第2次環境基本計画」について、以下伺う │ │ │       │ ついて   │(1) 計画を実効性のあるものにするための取り│ │ │       │       │  組み                  │ │ │       │       │(2) 地球温暖化の悪影響への備えと新しい気候│ │ │       │       │  条件を利用する「適応策」について、本計画│ │ │       │       │  では触れられていないが、「適応策」に対す│ │ │       │       │  る見解を伺う              │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 子ども行政│(1) 子ども子育て支援新制度の特徴について │ │ │       │ について  │(2) 昨年9月、新聞で「那覇市の児童手当10月│ │ │       │       │  定期支給の一部申請者に、書類不備が原因で│ │ │       │       │  425件の支給遅れが出る恐れがある」との報 │ │ │       │       │  道があった。その後の対応と現状を伺う  │ │ │       │       │(3) 現況届など窓口が込み合う時期の対応につ│ │ │       │       │  いて                  │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  市長、副市長、関係部長         │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘             平成26年(2014年)6月那覇市議会定例会                   報告に対する質疑                  平成26年6月13日(金) 〔日程第6〕 ┌─┬───────┬───────┬──────────────────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│下 地 敏 男 │ 報告第30号・│(1) 繰越総額5億5,344万8,634円となってい │ │ │(社 民 党) │平成25年度那覇│  る。そのうち未普及解消下水事業の繰越2 │ │ │       │市下水道事業会│  億3,672万3,650円について理由を伺う   │ │ │       │計予算繰越計算│(2) 未普及解消下水道事業を繰り越したこと │ │ │       │書について  │  で、市民への影響について伺う      │ │ │       │       │(3) 繰越工事について、工事完了予定及び早 │ │ │       │       │  期完了対策について伺う         │ │ │       │       ├──────────────────────┤ │ │       │       │【答弁を求める者】             │ │ │       │       │  上下水道事業管理者、関係部長      │ └─┴───────┴───────┴──────────────────────┘ △上程案件処理結果   上程案件処理結果                          平成26年(2014年)6月那覇市議会定例会 ┌─────┬────────────────────────┬─────┬─────┐ │ 事件番号 │        件       名        │議決等月日│ 議決結果 │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │ 意見書案 │集団的自衛権行使を容認する解釈改憲の慎重なる審議│ 6月20日 │ 原案可決 │ │第 4 号│を求める意見書                 │     │(賛成多数)│ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市公平委員会の委員の選任について      │ 6月13日 │ 同  意 │ │第 63 号│                        │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市税条例等の一部を改正する条例制定について │ 6月25日 │ 原案可決 │ │第 64 号│                        │     │(賛成多数)│ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市固定資産税の課税免除及び不均一課税に関する│  〃  │ 原案可決 │ │第 65 号│条例の一部を改正する条例制定について      │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市立幼稚園保育料等条例の一部を改正する条例制│  〃  │  〃  │ │第 66 号│定について                   │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市火災予防条例の一部を改正する条例制定につい│  〃  │  〃  │ │第 67 号│て                       │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市非常勤消防団員退職報償金支給条例の一部を改│  〃  │  〃  │ │第 68 号│正する条例制定について             │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│平成26年度那覇市一般会計補正予算(第1号)   │  〃  │ 原案可決 │ │第 69 号│                        │     │(賛成多数)│ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│第2次那覇市環境基本計画について        │  〃  │ 原案可決 │ │第 70 号│                        │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│平成26年度沖縄都市モノレールインフラ部整備事業業│  〃  │ 同  意 │ │第 71 号│務委託契約の締結について            │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│損害賠償額の決定及び和解について        │  〃  │  〃  │ │第 72 号│                        │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│工事請負契約について((仮称)まちづくり拠点施設改 │  〃  │  〃  │ │第 73 号│修工事(建築))                  │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤
    │諮   問│人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることに│ 6月13日 │ 同  意 │ │第 1 号│ついて                     │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│平成25年度那覇市一般会計繰越明許費繰越計算書につ│  〃  │ 報  告 │ │第 24 号│いて                      │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│平成25年度那覇市一般会計事故繰越し繰越計算書につ│  〃  │  〃  │ │第 25 号│いて                      │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│専決処分の報告について(車両物損事故)      │  〃  │  〃  │ │第 26 号│                        │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│平成25年度那覇市市街地再開発事業特別会計繰越明許│  〃  │  〃  │ │第 27 号│費繰越計算書について              │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│平成25年度那覇市土地区画整理事業特別会計繰越明許│  〃  │  〃  │ │第 28 号│費繰越計算書について              │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│平成25年度那覇市水道事業会計予算繰越計算書につい│  〃  │  〃  │ │第 29 号│て                       │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│平成25年度那覇市下水道事業会計予算繰越計算書につ│  〃  │  〃  │ │第 30 号│いて                      │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │報   告│専決処分の報告について(市道港町1号陥没穴に伴う │  〃  │  〃  │ │第 31 号│物損事故)                    │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │陳   情│琉球独立起案に関することについて        │ 6月25日 │ 不 採 択 │ │第 44 号│                        │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │陳   情│那覇市立城西小学校不適箇所の改善・改修に関するこ│  〃  │ 一部採択 │ │第 47 号│とについて                   │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │陳   情│那覇市立城西小学校体育館・幼稚園園舎建替えに関す│  〃  │  〃  │ │第 48 号│ることについて                 │     │     │ ├─────┼────────────────────────┼─────┼─────┤ │申   出│閉会中継続審査申出(各常任委員長)        │  〃  │ 決  定 │ │     │※予算決算常任委員会を除く           │     │     │ └─────┴────────────────────────┴─────┴─────┘ △上程案件〔議員提出〕  意見書案第4号      集団的自衛権行使を容認する解釈改憲の慎重なる審議を求める意見書  このことについて、別紙のとおり議会の議決を得たいので提出する。   平成26年(2014年) 6月20日提出  提出者   那覇市議会議員    金 城   徹  渡久地 政 作  翁 長 俊 英  古 堅 茂 治    宮 平 のり子  平 良 識 子  前 泊 美 紀  花 城 正 樹  賛成者   那覇市議会議員    多和田 栄 子  下 地 敏 男  中 村 圭 介  金 城 眞 徳    清 水 磨 男  翁 長 大 輔  前 田 千 尋  上 原 快 佐    糸 数 国 洋  大 浜 安 史  喜舎場 盛 三  大 城 幼 子    野 原 嘉 孝  高 良 正 幸  平 良 仁 一  山 城 誠 司    亀 島 賢二郎  仲 松   寛  比 嘉 瑞 己  我知古 一 郎    湧 川 朝 渉  桑 江   豊  瀬 長   清  知 念   博    屋 良 栄 作 (提案理由)  平和への強い思いとともに、市民・県民の安全・安心な生活を守る立場から、集団的自衛権行使容認の解釈改憲を強引に推し進める安倍内閣に強く抗議し、慎重なる審議を行うよう要請するため、この案を提出する。     集団的自衛権行使を容認する解釈改憲の慎重なる審議を求める意見書  現在、政府は、憲法改正の手続きを踏まず、憲法解釈を変更することで、集団的自衛権の行使を可能にすべく、今国会中にも閣議決定による変更を目指し、準備を進めている。  これまで歴代の内閣は、集団的自衛権の行使については、長年にわたり国会での議論が積み重ねられる中、憲法9条の許容範囲を超えるもので、憲法上認められないものであるとの解釈を示し、その行使はできないという立場を堅持してきた。  それゆえ一内閣の政治的な判断により、集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈の根本的な変更は安易に行うべきではなく、このような国の安全保障政策の大転換に関わる重大な問題について国民的な議論もなされないままに、なし崩し的に閣議決定を急ぐ安倍内閣の姿勢は、あまりにも拙速であり、到底容認できるものではない。  国民主権の立場で国家権力を制限し、国民の人権を守るのが憲法の本質的役割であり、立憲主義の原理である。このような憲法の本質に照らして、憲法の解釈は権力者の恣意に任せられることがあってはならない。  本県は先の大戦において、地上戦を体験し、二十数万人もの尊い生命を失うという激しい戦禍を被った悲惨な歴史があるだけに、県民の平和を希求する思いは強い。また、国内の約74%にも上る米軍基地が存在し、基地と隣り合わせの生活を送っている現実からも、多くの県民が、将来、集団的自衛権が行使されることで、他国の戦争に巻き込まれる恐れはないかとの不安と危惧を抱いている。  よって、本市議会は、平和への強い思いとともに、市民・県民の安全・安心な生活を守る立場から、集団的自衛権行使容認の解釈改憲を強引に推し進める安倍内閣に対し強く抗議し、慎重なる審議を行うよう強く要請する。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。    平成26年(2014年)6月20日                        那 覇 市 議 会  あて先 衆議院議長参議院議長内閣総理大臣内閣官房長官、外務大臣、防衛大臣、沖縄及び北方対策担当大臣、沖縄防衛局長 △議案付託表  平成26年(2014年)6月那覇市議会定例会                議 案 付 託 表                 総務常任委員会 1 議案第67号 那覇市火災予防条例の一部を改正する条例制定について 2 議案第68号 那覇市非常勤消防団員退職報償金支給条例の一部を改正する条例制定について                 建設常任委員会 1 議案第71号 平成26年度沖縄都市モノレールインフラ部整備事業業務委託契約の締結について
    2 議案第72号 損害賠償額の決定及び和解について                教育福祉常任委員会 1 議案第66号 那覇市立幼稚園保育料等条例の一部を改正する条例制定について                厚生経済常任委員会 1 議案第70号 第2次那覇市環境基本計画について 2 議案第73号 工事請負契約について((仮称)まちづくり拠点施設改修工事(建築))                予算決算常任委員会 1 議案第64号 那覇市税条例等の一部を改正する条例制定について 2 議案第65号 那覇市固定資産税の課税免除及び不均一課税に関する条例の一部を改正する条例制定について 3 議案第69号 平成26年度那覇市一般会計補正予算(第1号) △委員会審査報告書  平成26年6月24日  那覇市議会議長   安慶田 光男 様                             総務常任委員長                               渡久地 政 作               委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                    記 ┌────┬───────────────────────────┬─────┐ │事件番号│          件     名          │ 議決結果 │ ├────┼───────────────────────────┼─────┤ │議  案│那覇市火災予防条例の一部を改正する条例制定について  │ 原案可決 │ │第 67 号│                           │     │ ├────┼───────────────────────────┼─────┤ │議  案│那覇市非常勤消防団員退職報償金支給条例の一部を改正する│  〃  │ │第 68 号│条例制定について                   │     │ └────┴───────────────────────────┴─────┘                                  平成26年6月24日  那覇市議会議長   安慶田 光 男 様                           建設常任委員長                            古 堅 茂 治               委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                   記 ┌────┬───────────────────────────┬─────┐ │事件番号│          件     名          │ 議決結果 │ ├────┼───────────────────────────┼─────┤ │議  案│平成26年度沖縄都市モノレールインフラ部整備事業業務委託│ 同  意 │ │第 71 号│契約の締結について                  │     │ ├────┼───────────────────────────┼─────┤ │議  案│損害賠償額の決定及び和解について           │  〃  │ │第 72 号│                           │     │ └────┴───────────────────────────┴─────┘                                  平成26年6月24日  那覇市議会議長   安慶田 光 男 様                            教育福祉常任委員長                               喜舎場 盛 三               委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                   記 ┌────┬───────────────────────────┬─────┐ │事件番号│          件     名          │ 議決結果 │ ├────┼───────────────────────────┼─────┤ │議  案│那覇市立幼稚園保育料等条例の一部を改正する条例制定につ│ 原案可決 │ │第 66 号│いて                         │     │ └────┴───────────────────────────┴─────┘
                                     平成26年6月24日  那覇市議会議長   安慶田 光男 様                         厚生経済常任委員長                            高 良 正 幸               委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                   記 ┌────┬───────────────────────────┬─────┐ │事件番号│          件     名          │ 議決結果 │ ├────┼───────────────────────────┼─────┤ │議  案│第2次那覇市環境基本計画について           │ 原案可決 │ │第 70 号│                           │     │ ├────┼───────────────────────────┼─────┤ │議  案│工事請負契約について((仮称)まちづくり拠点施設改  │ 同  意 │ │第 73 号│修工事(建築))                   │     │ └────┴───────────────────────────┴─────┘                                  平成26年6月24日  那覇市議会議長   安慶田 光 男 様                            予算決算常任委員長                               金 城   徹               委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                   記 ┌────┬───────────────────────────┬─────┐ │事件番号│          件     名          │ 議決結果 │ ├────┼───────────────────────────┼─────┤ │議  案│那覇市税条例等の一部を改正する条例制定について    │ 原案可決 │ │第 64 号│                           │     │ ├────┼───────────────────────────┼─────┤ │議  案│那覇市固定資産税の課税免除及び不均一課税に関する条例の│  〃  │ │第 65 号│一部を改正する条例制定について            │     │ ├────┼───────────────────────────┼─────┤ │議  案│平成26年度那覇市一般会計補正予算(第1号)      │  〃  │ │第 69 号│                           │     │ └────┴───────────────────────────┴─────┘  ※ 議案第64号及び69号は、賛成多数により原案可決 △陳情審査報告書  平成26年6月24日  那覇市議会議長   安慶田 光 男 様                             総務常任委員長                               渡久地 政 作                陳 情 審 査 報 告 書  本委員会に付託の陳情は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第143条の規定により報告します。                    記 ┌────┬────────────────────┬──────┬──────┐ │受理番号│     件        名     │ 審査結果 │ 措  置 │ ├────┼────────────────────┼──────┼──────┤ │陳  情│琉球独立起案に関することについて    │不採択とすべ│      │ │第 44 号│                    │きものと決定│      │ └────┴────────────────────┴──────┴──────┘                                  平成26年6月24日  那覇市議会議長   安慶田 光 男 様                           教育福祉常任委員長                              喜舎場 盛 三                陳 情 審 査 報 告 書  本委員会に付託の陳情は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第143条の規定により報告します。                    記
    ┌────┬────────────────────┬──────┬──────┐ │受理番号│     件        名     │ 審査結果 │ 措  置 │ ├────┼────────────────────┼──────┼──────┤ │陳  情│那覇市立城西小学校不適箇所の改善・改修に│一部採択すべ│地方自治法第│ │第 47 号│関することについて           │きものと決定│125条の規定 │ │    │                    │      │により措置 │ ├────┼────────────────────┼──────┼──────┤ │陳  情│那覇市立城西小学校体育館・幼稚園園舎建替│   〃   │   〃   │ │第 48 号│えに関することについて         │      │      │ └────┴────────────────────┴──────┴──────┘ △閉会中継続審査申出書  平成26年6月24日  那覇市議会議長   安慶田 光男 様                              総務常任委員長                                渡久地 政作              閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書  本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第111条の規定により申し出ます。                    記 1 事 件  (1) 所管事務調査 総務行政に関する事務調査  (2) 所管事務調査 企画財務行政に関する事務調査  (3) 所管事務調査 消防行政に関する事務調査  (4) 所管事務調査 出納行政に関する事務調査  (5) 所管事務調査 選挙管理行政に関する事務調査  (6) 所管事務調査 監査行政に関する事務調査  (7) 陳情第10号 「緊急事態基本法」の早期制定を求める意見書提出について  (8) 陳情第15号 奥武山陸上競技場建て替え工事に関することについて  (9) 陳情第17号 国に対し「消費税増税中止を求める意見書」の提出を求めることについて  (10) 陳情第18号 大嶺自治会(共同利用施設)建設について  (11) 陳情第25号 字大嶺自治会館建設について  (12) 陳情第27号 国に対し「消費税増税中止を求める意見書」の提出を求めることについて  (13) 陳情第37号 船員税制(住民税)の減免に関することについて  (14) 陳情第38号 住民の安全・安心を支える公務・公共サービスの体制・機能の充実を求めることについて 2 理 由  上記14件については、なお慎重に審査をする必要がある。                                  平成26年6月24日   那覇市議会議長    安慶田 光男 様                              建設常任委員長                               古 堅 茂 治              閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書  本委員会は、審査中の事件について下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第111条の規定により申し出ます。                    記 1 事 件  (1) 所管事務調査 都市計画行政に関する事務調査  (2) 所管事務調査 建設管理行政に関する事務調査  (3) 所管事務調査 上下水道事業に関する事務調査  (4) 陳情第1号 公共事業の執行に関することについて  (5) 陳情第11号 宇栄原南土地区画整理事業に伴う市域境界変更案について  (6) 陳情第24号 那覇空港自動車道小禄道路の名嘉地から赤嶺までの間を全面高架橋により建設することについて  (7) 陳情第31号 那覇市若狭緑地に建設予定の「龍柱」の建設の白紙撤回に関することについて  (8) 陳情第36号 「那覇市地区計画区域及び再開発区域計画区域内における建築物の制限に関する条例第7条の規定」違反者への行政指導申立に関することについて  (9) 陳情第40号 「那覇市地区計画区域及び再開発区域計画区域内における建築物の制限に関する条例第7条、第8条の規定」違反者への行政指導申立に関することについて  (10) 陳情第43号 国場めーばる公園の現状と改善について 2 理 由  上記10件については、なお慎重に審査をする必要がある。                                  平成26年6月24日  那覇市議会議長   安慶田 光 男 様                              教育福祉常任委員長                                 喜舎場 盛 三              閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書  本委員会は、調査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第111条の規定により申し出ます。                    記 1 事 件
     (1) 所管事務調査 福祉行政に関する事務調査  (2) 所管事務調査 こども行政に関する事務調査  (3) 所管事務調査 教育行政に関する事務調査  (4) 陳情第5号 市内全学校・全教室へのクーラー設置を求めることについて  (5) 陳情第9号 学校教職員の駐車スペース有料化問題に関することについて  (6) 陳情第13号 雇用創出のため遺骨の捜索・収集事業への一括交付金の活用について  (7) 陳情第16号 より良い保育環境の充実を求めることについて  (8) 陳情第29号 うちなーぐち教育を含む那覇市独自の地域総合学習の開発とその実施・普及のための調査検討委員会の設置について  (9) 陳情第32号 島田叡氏事跡顕彰事業に関することについて  (10) 陳情第33号 島田叡氏事跡顕彰事業に関することについて  (11) 陳情第35号 子ども医療費を入院に続き、通院も中学卒業まで無料とすることを求めることについて 2 理 由    上記11件については、なお慎重に調査をする必要がある。                                  平成26年6月24日   那覇市議会議長    安慶田 光男 様                           厚生経済常任委員長                              高 良 正 幸              閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書  本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第111条の規定により申し出ます。                     記 1 事 件  (1) 所管事務調査 市民文化行政に関する事務調査  (2) 所管事務調査 経済観光行政に関する事務調査  (3) 所管事務調査 環境行政に関する事務調査  (4) 所管事務調査 保健医療行政に関する事務調査  (5) 所管事務調査 農業全般に関する事務調査  (6) 陳情第3号 森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保のための意見書採択に関することについて  (7) 陳情第12号 パレット市民劇場、新市民会館におけるピアノ等音響設備に関することについて  (8) 陳情第19号 那覇市第一牧志公設市場共有部分の光熱費に関することについて  (9) 陳情第22号 那覇市の動物愛護管理行政のあり方について  (10) 陳情第39号 「さらなる年金削減の中止を求める意見書」採択に関することに ついて  (11) 陳情第42号 労働者保護ルール改悪反対を求める意見書の採択を求めることについて  (12) 陳情第45号 「琉球泡盛文化の継承発展及び普及促進に関する条例」(仮称)の制定について  (13) 陳情第46号 「年金のさらなる削減の中止を求める意見書」採択に関すること について 2 理 由    上記13件については、なお慎重に審査をする必要がある。...