162件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

真庭市議会 2024-06-06 06月06日-03号

例えばSDGsこれでいこうというのは、私の腹では昨年の正月に本を読みながら、政府のいろんな方針も見ながら、これで行こうというのは腹に決めましたけども、これで行こうと思うけどどうやろうというのは、たしか副市長とかに相談してということでやっております。それは、そのときそのときの事柄と状況によって違います。 

真庭市議会 2023-12-06 12月06日-02号

項目1点、真庭SDGs円卓会議についてお尋ねをいたします。 真庭市は2018年、国のSDGs未来都市として、全国29のモデル自治体一つに選定されました。現在は60選定されておるようですが。そしてさらに、自治体SDGsモデル事業にも選定されました。以降、2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発目標──SDGs理念を施策に反映し、取り組みを進めてきております。

備前市議会 2023-09-12 09月12日-03号

特にSociety5.0の実現に向けた技術の活用とSDGsを原動力とした地方創生を取り入れるよう示されております。3、人材を育て活かす。4、民間と協働する。5、誰もが活躍できる地域社会をつくる。6、地域経営視点で取り組むなどであります。 そこで、お尋ねいたします。次期創生総合戦略の備前市の策定方針はいつ、どのように取り組まれるのか、ロードマップについてお知らせください。 

津山市議会 2023-09-09 09月09日-02号

今、まさにあちらこちらでSDGsという言葉が叫ばれています。そこでは、持続可能な開発のための17のグローバル目標と169のターゲットについて、達成に向けた取り組みなどがかまびすしく論じられています。先日、我々会派未来を中心とした議会のメンバーと商工会議所の間で意見交換会を行いましたが、その席でも美作地域の緊密な連携の必要性とともに、そのことが熱く語られ提言されておりました。

倉敷市議会 2023-09-09 09月09日-02号

今後10年間の倉敷市のまちづくりの基本的な方向性を示すものでございまして、策定に当たりましては、人口減少社会に対応していくための地方版総合戦略であります倉敷らい創生戦略視点ですとか、また、現在国際的な目標となっております持続可能な開発のためのSDGs視点等についても、盛り込んでいくことを検討しているところであります。 

鏡野町議会 2023-06-13 06月13日-03号

さて、日本での取り組みはどうなっているのかですが、2015年に日本政府総理大臣本部長とし、全閣僚を構成員とするSDGs推進本部を設置しました。そのもとで外務省、環境省、内閣府が中心的な役割を果たしています。2016年12月にSDGs実施指針を決定、2017年12月にSDGsアクションプラン2018、2018年6月には拡大版SDGsアクションプラン2018を打ち出しました。 

玉野市議会 2022-06-19 06月19日-03号

また、瀬戸内国際芸術祭と関連して今回新たに宇野駅前宇野シーサイドパークに展示された「真庭のシシ」におきましては国連が提唱する持続可能な開発目標、いわゆるSDGs(エスディージーズ)を実践する事業として作製されたもので、瀬戸内国際芸術祭の目的の一つであるアートを活用した持続可能な地域づくりという理念と一致しておりますことから、少しずつではありますが来場者瀬戸内国際芸術祭の意義も含め認識を深めていただいているものと

倉敷市議会 2021-12-12 12月12日-04号

このプログラムは、上位計画である倉敷市第七次総合計画策定に合わせまして、来年度には見直しを行う予定としており、日本遺産SDGsなど新たな視点も取り入れるとともに、市民観光事業者などとともに、倉敷のファンをふやし、何度も訪れたくなる倉敷実現につながる観光戦略策定してまいりたいと考えております。 ○議長(斎藤武次郎君) 生水 耕二議員

倉敷市議会 2021-12-10 12月10日-02号

項目めSDGsへの取り組みについてです。 SDGsにつきましては、前回でも前々回の議会でも、そのほかの議員の方々からも質問が出ております。私の胸元につけておりますこのSDGsバッジですけれども、ことしに入りましてから、日本でも、いろいろなところでよく見かけるようになったと思います。

津山市議会 2021-12-03 12月03日-03号

また、2015年9月の国連サミット全会一致で採択された、誰ひとり取り残さない持続可能で多様性包摂性のある社会実現のための17の目標SDGsがあります。17の目標の中に、貧困をなくそう、飢餓をゼロに、すべての人に健康と福祉を、質の高い教育をみんなになどがありますが、12番目に、つくる責任、つかう責任という目標があります。

赤磐市議会 2021-09-27 09月27日-07号

国連が提唱する持続可能な開発目標SDGs17の目標がございますけれども、この中に、3番「すべての人に健康と福祉を」。全ての人です。精神障害者の方にも福祉をちゃんとやっぱり1割負担でしてもらう必要があるんではないでしょうか。あるいは10番「人や国の不平等をなくそう」。不平等です。心身障害者精神障害者の違いをなくして平等に1割負担にすべきだと思います。

備前市議会 2021-09-13 09月13日-04号

先日も、山陽新聞令和時代地域をつくるということで5回連続シンポジウム、6月と9月でしたか、2回もう行われとんですけど、その中でいろいろもう若手の、先ほど言いました岩本さんがですけど、ソトコト編集長の指出さんとか、それからSDGsネットワークおかやま会長の石原さんとか、そういう方の感覚の違う方の話も聞いてみる必要があるんじゃないかなあとも思ったりするんですが、いかがでしょうか。

真庭市議会 2021-09-09 09月09日-03号

これは当然ですけども、SDGs理念とも一致してるということであります。 共生社会の基本的な考え方というか、概念としては多文化共生男女共同参画人権保護など広範な分野が含まれるというものでありますが、一言でいうとSDGs基本理念である誰ひとり取り残さない社会と。そして、総合計画では「誰もが尊重され存在を認め合う」ということと同義だというふうに思っております。

瀬戸内市議会 2021-09-05 09月05日-03号

SDGsつけてます。誰ひとり置き去りにしない社会、これが今大事だと言われております。ひきこもりについてこのサミット毎年行われるそうですよ。まだ未然予防を入れたのはどこもない。つくってないです。うちの市がモデルとなって、そうだ、小さいときからいろんな意味で家庭教育支援しながらひきこもりの支援もしていこうという流れができたら私は大きなうねりになっていくと期待しております。 以上で私の質問を終わります。

津山市議会 2021-06-25 06月25日-03号

国連の持続可能な開発目標SDGsは、1人当たりの食料廃棄を30年までに半減させる目標を掲げています。この法制定は、重要な一歩であることは間違いありません。この食品ロス削減を国民みんなの問題として取り組まなければなりません。 そこで、市長お尋ねをいたします。 この法律の基本方針を踏まえ、津山市での推進計画策定について御所見をお伺いいたします。 次に、子育て環境の充実についてお尋ねをいたします。 

真庭市議会 2021-05-31 05月31日-01号

また、真庭市民として、思いを一つにして真庭ライフスタイルを一層深化させ、希望と夢に満ちあふれるSDGs未来都市真庭を築き、それを次代を担う子どもたちに引き継がなければなりません。そのためにも、喫緊の課題である人口減少に対して総力を挙げて取り組むとともに、さらにSDGs取り組み各種団体参画のもと、市民全体の運動としてともに推進していきましょう。 

真庭市議会 2020-12-24 12月24日-05号

建築建造物で申しますと、かつてパリのエッフェル塔が鉄鋼文化幕あけとなり、高層建築物が鉄骨とコンクリートの象徴でありましたが、次に来るオリンピックは、新国立競技場やCLT PARK HARUMIに代表されるように、新技術を駆使しつつ、人と環境に優しい木造建築を復権させるスタートであり、資源循環型社会共生社会を目指すSDGs流れを象徴するものになるのではないでしょうか。