228件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新見市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第4号) 本文

そういったことを考えて、例えば少子化に対応した望ましい教育環境のあり方について、有識者やPTA代表、それから学校教諭代表自治会とかそれから商工会商工会議所であるとか、そういった方々、また公募によって募るなどで少子化時代に向けた学校教育のあり方について検討してもらう、審議してもらう、そういったことを考えてもいいのじゃないかというふうに思いますけれども、お考えをお示しください。

新見市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第1号) 本文

これは、国の学校家庭地域連携協力推進事業補助金を活用して進められているもので、教員OBやPTA経験者による家庭教育支援員を養成し、子育て中の親を対象に支援の取り組みを行い、子供のほめ方、叱り方や我が家のケータイ、スマホルールなどの内容でグループワーク方式での家庭教育講座が開催されています。

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

この教職員の勤務実態について、いろいろな角度から今お尋ねをしているわけでございますが、教職員の皆さんは児童・生徒に対する授業の対応や部活の対応、PTAの対応など多岐にわたっており、それだけ多くの対応をすることがある中で、生徒の学力向上に対して先生の力が十分に発揮できているのかという疑問もございます。

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

地元の小学校も、町内会も、地域PTAも何年も前から非常に心配しております。対策をとるべきではないかと考えますが、いかがでしょうか。  以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  塩見建設事業部長。 ◎建設事業部長塩見誠君) 治徳議員の再々質問にお答えをさせていただきます。  一般住宅の御指摘のお話をいただきました。

赤磐市議会 2018-09-03 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号

PTAとの連携はどうなっているのか。  また、企業へのパーキングの出入り口の改修依頼で、対策はどのようになったのか。  また、学校安全教育の推進のやり方はどうやってやっているのか。  また、赤磐地域企業への安全対策の要望の申し入れ等をやっている企業はどういう対応をしてくれているのか。  また、通学路安全対策議会はどういったものなのか。構成されてるメンバーをお聞きします。  

赤磐市議会 2018-06-13 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号

市内小学校通学路危険箇所の緊急点検を実施して、56カ所の危険箇所が報告されておりますが、これは先生の目線での点検だったのか、またPTA保護者、そして安全ボランティア、加えて通学する児童・生徒の目線が入っているのかお聞きします。  そして、この56カ所の整備については、即時対応が可能な箇所から対応ということですが、同時進行していくことはできるのか。

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

何人かの委員は、PTAが新しく役がかわられましたので、初めてこの場で説明を受けて、判断材料がそろっていないので採決できない、こういう意見が何人かから出されています。採決ではなく、説明の理解を求め、9月から業者への説明を進めるということに対しても了解をとったような説明にとれるんですね。こんなやり方では納得できないのではないでしょうか。  

総社市議会 2018-06-04 06月04日-04号

それから、PTAもそうなんですけども、PTAの人たちにもできるだけ歩道に立っていただいて、どういう状況かというのを理解していただく。大勢立っていると、運転する側もどんなことをやってるんだろうというふうに思って注意喚起になります。 

新見市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第4号) 本文

私自身も、当時新見市PTA連合会の会長という立場で、挨拶運動部会を任され、新見の子供たちの挨拶のすばらしさに感動したのを覚えています。しかし、ここ二、三年は市民大会開催の話もなく、あれだけ蛍が乱舞するかのごとく夜の闇に光っていた青ピカもすっかり少なくなってしまいました。  そこで、1番目に現在のにいみ日本安全安心のまちづくり事業の活動状況はどうなっているのかをお示しください。  

赤磐市議会 2018-02-26 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−03号

充実のほうでは、修学旅行費の事前支給や国が援助項目に加えたクラブ活動費、生徒会費、PTA会費を対象に加えること、年3回のまとめ支給から毎月支給への改善はどうでしょうか。国は生活保護費削減の検討をしておりますが、生活保護基準が下がれば、就学援助を初めさまざまな制度に影響してまいります。これについても削減をしないようにしていただきたいと思います。  以上のことに御答弁願いたいと思います。

赤磐市議会 2017-11-30 平成29年12月第5回定例会-11月30日−03号

ただ、教育長から、今後については、地域の皆様や幼稚園学校PTAのアンケートを通じて、幅広く御意見をお伺いしながら、通学区域並びに学校選択制について改めて検討しますということなんですが、実際には2年前、2年前ですよ。平成27年11月5日に、当時、桜が丘東1丁目町内会長名で、同じく連名で桜が丘東2丁目町内会長名で申し入れが、当時の杉山教育長に申し入れされています、2年前です。

赤磐市議会 2017-11-29 平成29年12月第5回定例会-11月29日−02号

民間委託の検討に当たっては、学校給食共同調理場運営委員、PTA学校関係者等へ十分な説明を行い、御意見をしっかりお聞きしながら慎重に検討してまいります。  現在の運営状況については、教育次長から答弁させていただきます。  以上です。 ○議長(金谷文則君) 続いて、答弁を求めます。  作間総合政策部長。 ◎総合政策部長(作間正浩君) 失礼いたします。  

赤磐市議会 2017-09-04 平成29年 9月第4回定例会-09月04日−03号

時間をかけて、PTAの方々の声をしっかりと聞いて、それから判断すべきだと思いますが、市長の考えをお聞きしたいと思います。  2つ目の質問です。赤坂地域につくられる太陽光発電についてお伺いいたします。  大規模な太陽光発電施設なので、地域住民は大変心配しています。許可は県のようですが、赤磐市民にとっては大いに関係した施設であり、いろんなことが心配されます。

新見市議会 2017-09-01 平成29年9月定例会(第4号) 本文

PTA等の会議では毎年話に上がりますが、なかなかいい解決策が立てられていません。しかし、今の防犯灯はLED電球が主流で、電気代も余りかからなくなりました。それどころか、ソーラー発電システムにすると維持費もほとんどかからず、最初の設置費用だけで壊れない限りは費用もかからないと思いますが、今こそ設置を考えるときが来たと思いますが、いかがでしょうか。  

赤磐市議会 2017-06-13 平成29年 6月第3回定例会-06月13日−03号

PTAとピアノの問題とか、それから地域の地区のイベントに子供参加さすというときにちょっと難を示して問題が起きたとか、いろいろ、多々ありますけど、ちょっと例を言うたんですが、そういう点を加味しますと、それから校長先生を長くやられて成長せられた、立派になられとんだと思いますが、そのときのころの認識が今もあるのか。まず、それをひとつ聞きたい。