116件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鏡野町議会 2020-12-14 12月14日-03号

小項目4の地域住民企業を巻き込んだ観光の確立でありますけれども、将来的にはDMOによる観光団体の一元化を目指していきたいと考えております。現在その受皿となります団体本部についての検討をしております。まずは本年度取り組んでおりますエコツーリズムを推進する本部立ち上げを行いまして、その後従来の観光団体だけでなくて、地域住民を巻き込んだ手法を検討していきたいと、このように考えております。 

美咲町議会 2020-12-11 12月11日-04号

さて、町の未来を切り開く、本庁舎を含む町中心部拠点再編整備、さらには旭地域中心部拠点再編整備柵原義務教育学校の建設、行財政改革美咲DMO(仮称)につきましては、各種審議会検討会、部会などで多くの住民代表町外の有識者らが毎回活発な議論や視察を重ねていただき、よりよい方向を目指していただいています。この場をお借りし、感謝いたします。 

笠岡市議会 2020-12-11 12月11日-04号

例えば,シマヲカナデル,あるいはKASAOKA SKETCH,それから笠岡教育DMOあるいはマルシェ,様々な取組を様々な部門がしている。それを全て統括する,推進していくのが定住促進センターだという山岸部長のお答えであるとすれば,定住促進センター笠岡市を代表してシティプロモーションシティーセールスをするという発信を市外に,我々市民も含めてしていいものかどうか。

笠岡市議会 2020-12-10 12月10日-03号

観光行政について,これにつきましては,6月の議会でDMOの観点から質問をさせていただきました。その後の動き,状況につきましての御質問でございます。 観光政策を単なる旅客の誘致策にとどめず,地域在り方そのもの住民郷土愛のようなものに結びつけるアプローチが必要と考え,より広く市民ぐるみの大きなテーマとして捉え直す契機としまして,このコロナ禍を捉えたいと思います。

津山市議会 2020-12-07 12月07日-02号

昨年、日本版DMO候補法人として登録された津山観光協会では、前任者統括マネジャーが去られてからいまだに後任が決まったという話を聞きませんが、どうなっているのでしょうか。新年度になって既に半年以上が過ぎた状況下、最も重要な職責の人事さえ決まらない状態でDMOとして掲げてきた重要な目標が達成できるとは思えませんが、いかがですか。

美咲町議会 2020-12-02 12月02日-03号

についてでございますが、せんだって開催されました総務産業常任委員会でもご説明いたしましたが、仮称美咲DMOについて、年度内にDMO候補法人として観光庁に登録する予定で準備を進めております。登録のための検討会議も回を重ねており、骨格が見えてきたところでございます。中核となる美咲物産組織を改編する必要があり、今後大詰めの作業を迎えようとしております。食堂かめっち。

津山市議会 2020-09-30 09月30日-08号

次に、市長の選挙公約とも深く関わりのある300万観光都市問題でお聞きしますが、2019年度令和年度津山版DMOづくりさくらまつりをはじめとした春は津山等既存事業の充実に加え、常時楽しめる地域主催体験プログラム旅行商品造成など、一定の取組令和年度観光客数宿泊者数外国人宿泊者数も増加していると聞いております。

津山市議会 2020-09-24 09月24日-07号

商工費は15億4,215万円で、企業立地促進事業、つやま産業支援センター事業DMO観光まちづくり推進事業などであります。 土木費は48億3,997万円で、神庭66号線整備事業総社川崎線整備事業交通安全施設整備事業重要伝統的建造物群保存事業などであります。 消防費は18億3,896万円で、津山圏域消防組合負担金防災基盤整備事業などであります。 

津山市議会 2020-09-09 09月09日-04号

この事業は、圏域で生産される有力作物の新たな販路開拓観光DMOとの連携による交流人口増地元大学食品製造業との連携による新商品開発全国信用金庫ネットワークを通じた情報発信地域連携プロモーションによる交流人口の増加の5事業が採択されました。 そこで、お尋ねをいたします。 岡山県内採択状況をお示しください。 

美咲町議会 2020-09-01 09月01日-02号

私の一般質問は、「美咲DMO設立への取組は」と、「町内から老朽危険家屋を一掃するには」の2つであります。事前に通告しておりますので、具体的で前向きな回答を期待しております。 まず、「美咲DMO設立への取組は」について、通告書を読み上げます。 令和3年4月設立を目指して、本年6月25日に(仮称美咲DMO設立検討会が開催をされました。

美咲町議会 2020-08-31 08月31日-01号

次に、産業観光課美咲版DMOについて担当課より、DMOの目的である地域の稼ぐ力を引き出す、地域への誇りと愛着を醸成する観光地域づくりの司令塔、地域が稼げる仕組みづくりによって地域経済を持続的に成長させるなどの説明を受けました。 また、7月1日に着任されました宇佐見政策推進監から、早速委員会説明員として出席をいただきました。

赤磐市議会 2020-06-09 06月09日-04号

1点目としまして、赤磐市は瀬戸内市、和気町と連携して、広域観光連携事業である吉井川流域DMOいわゆるPeach DMOのプロジェクトを積極的に行われております。まさに、コロナで大きな打撃を受けた観光振興のど真ん中の取り組みでありますが、現状はどのような状況なんでしょうか。 また、長期化するコロナ禍の中、戦略の見直しなどは検討されるんでしょうか。御答弁をよろしくお願いをいたします。 

津山市議会 2020-06-08 06月08日-02号

本市では、郊外に広がる自然環境を魅力ある観光資源とするため、津山版DMO中心として取り組みを進めているところです。本年度については、自然を活用し、回遊性を高める花めぐりスタンプラリーの実施や、2020年春版体験プログラムとして、キャンプ場等を活用したヨガ体験や牧場と連携したチーズづくりなどを実施する予定としていました。