運営者 Bitlet 姉妹サービス
32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2017-08-25 総社市議会 平成29年 8月定例会-08月25日−03号 これをどうにか総社市に増やしていただけませんかということをお願いしてきたのですが、どうしてもやはりこの比率を崩すというのはスクラップ・アンド・ビルドみたいなことになって、総社を増やすとどっかを減すみたいなことになりやすい議論なのでなかなか進まなかったんですが、ここに来て新たに県がコンパクトシティー構想の中で500haの新たな市街化区域を増やそうとしているという計画があります。 もっと読む
2016-09-09 総社市議会 平成28年 9月定例会-09月09日−02号 スクラップ・アンド・ビルドの精神で、これからどこの公民館も分館も建て直してもらいたい、今より良くしてもらいたいという気持ちは市民の皆様のお気持ちだと思います。 もっと読む
2016-03-09 津山市議会 平成28年 3月定例会-03月09日−04号 資本提携で、今で言うアンドというんですかね。県南の大手企業は、非常に高い技術を持っている会社を、次のステップで考えられて買われたものと思われます。当分は、3年間ぐらいですけど、今のスタッフで操業されるようでございますが、津山市の対応はどのようにされているのですか、お尋ねをいたします。  今の状態の工場がいつまでも続くということは考えられません。 もっと読む
2016-03-07 総社市議会 平成28年 2月定例会-03月07日−04号 あとは、法定雇用率、従業員が50人以上いる会社が2%以上、採用しない場合はこれが罰則金になると、そういうもの、あるいは型、B型、支援に対する国の一部助成みたいなところで、本当に障がい者千人雇用センターみたいなところに大々的に何かというところはなかなか追い付いていかないのが現状だろうと思います。   もっと読む
2015-03-09 総社市議会 平成27年 3月定例会-03月09日−04号 15番塩見議員の一般質問の際に、防犯灯の設置について塩見議員より、電柱のピッチは50間隔だと思うが、40間隔で施行するのかとの趣旨の御質問に対しまして、40と聞いておりますと答弁いたしましたが、電柱のピッチは塩見議員のおっしゃるとおり、基本的に50間隔でございまして、40ピッチで予算は積算しているとの意味で御答弁をいたしました。訂正しておわびを申し上げます。  以上でございます。 もっと読む
2014-09-05 総社市議会 平成26年 9月定例会-09月05日−03号 ◎教育長(山中栄輔君) 現在の市民プールは、市内で唯一の50プールで正式記録会ができるということでありますけれども、これかなり古くて、昭和47年にでき42年目です。かなり老朽化が進んでおりまして、修理しながら使ってるという状態です、水漏れもかなりすると。そういう中で会場は7月20日から8月25日ということで36日間、この中で小学校の水泳記録大会とか、いろいろなことをやっております。 もっと読む
2014-03-05 総社市議会 平成26年 2月定例会-03月05日−02号 この800ぐらい歩く、それ選手のことを考えているかどうか、ちょっと伺いたいんです。 ○議長(劒持堅吾君) 市長。 ◎市長(片岡聡一君) このことは、もう本当に大いに反省しないといけないと思います。これは、もうあえて僕は職員に向かって言いますけれども、大体物事を変えるということを職員は嫌います。なぜかというと、混乱が起こるからというふうに言います。 もっと読む
2013-12-05 総社市議会 平成25年12月定例会-12月05日−02号 で、今事業所別で言うと、これまで型、B型、ゼロだったんですけれども、この2年半の間で型を五つ作りました。それから、B型を七つ作りました。で、型の方々の平均賃金は月給5万円から6万円です。で、これは最低賃金が守られていて、まあまあこれに年金を加えれば生活はやっていけるだろうということです。 もっと読む
2012-12-07 津山市議会 平成24年12月定例会-12月07日−06号 今、日本の企業は、賃金の問題もさることながら、原発に起因する電力料金の値上げによって、ネズミが逃げるごとく東南アジアにアンドも含めて進出しています。いよいよ国内が空洞化し、雇用が失われています。  3月、6月、9月、12月と地域の活性化を願って質問してきましたが、行政には手順があることも段階があることも知っていますが、まあ何にしても遅い。うちの牛より遅いと思います。 もっと読む
2012-03-06 総社市議会 平成24年 2月定例会-03月06日−03号 どれも日羽の水位が1033㎝という実績でございましたけれども、1033㎝クラスではこういう被害状況になるということが目の当たりにされました。  そこで、草田地域においては、今年度の当初予算の中で進入路のかさ上げ工事に約1億円費やしてやっていこうということでございます。 もっと読む
2011-03-04 岡山市議会 平成23年 2月定例会-03月04日−10号 また,字就業で女性が一度育児などで家庭に入ってしまいますが,育児とか地域活動で培った力ですね,培ったこのような経験とかは人間力をつけます。このしっかり人間力をつけた女性が社会進出を願うときに有利な評価になるというふうな政策もとらなければならないというふうに思いますが,御所見をお伺いいたします。  以上で1回目の質問を終わらせていただきます。  ありがとうございました。 もっと読む
2011-03-04 総社市議会 平成23年 2月定例会-03月04日−03号 前年対比にいたしますと5.9億円増ということになっておりますが、子ども手当を載っけた部分が増になっておりまして、これが我々の全体を上げているということを言うんですけれども、その中でもスクラップ・アンド・ビルドというのがございまして、減少分で言いますと、職員手当、さらに総社市広域環境施設組合の我が総社市の負担金が減ったということが大きな二つであります。 もっと読む
2011-03-03 総社市議会 平成23年 2月定例会-03月03日−02号 そういった中でですね、昨年度の22年度の予算編成のことについてちょっと言いましたけども、本当にスクラップ・アンド・ビルドという考え方というのは、限られた財源の中では必要なことだろうと思います。そしてまた、この重点施策をやるためには企業誘致等の新たな財源確保にも努めるというふうなこともおっしゃっています。 もっと読む
2010-09-13 総社市議会 平成22年 9月定例会-09月13日−04号 年間給水量は全体で675万2,5583、前年度、20年度に比べると、20万2,1593減少という傾向にあります。   もっと読む
2008-09-09 総社市議会 平成20年 9月定例会-09月09日−03号 しかし、例えばフルラインナップ構想というのは、50のはしご車が、例えば合体したエリアの中で、中山間地域にそんな高いマンションがあるわけでもございません。宝の持ち腐れになる場合がほとんどだと思います。これはやはり消防庁そのものが東京消防を、都会の消防の広域化というものをイメージして考えた案をそのまま持ってきているという感は、私は否めないというふうに思っておりました。 もっと読む
2008-06-16 岡山市議会 平成20年 6月定例会-06月16日−03号 2,区サテライト案は機構でしょうか。そうでないとしたら,その理由は何かお示しください。  3,区の地域センターには土木技術職は置かないのでしょうか。そのお考えをお示しください。  4,B-1区,B-2区,C区はどうするのですか。区と同じ考えですか。お示しください。  次に,大きな2番目としまして人口減少・少子化対策について,安全・安心な出会い事業についてお伺いいたします。   もっと読む
2008-03-06 総社市議会 平成20年 3月定例会-03月06日−02号 低床路面電車で、600間隔ぐらいの駅をつくって、あれがくしならそれがだんごというて富山市は言ようりますが、だんごのまちを次々たくさんつくって、600間隔で電車の駅をつくろうかと、それも備中高松でとめようかと、こう言う。総社は吉備線が津山へ抜いとったところですから。出発は村木議員方の近くですね。中国鉄道出発ですから。あれは津山にと。岡山市はそりゃあ高松でええかもわかりませんよ。 もっと読む
2007-06-26 岡山市議会 平成19年 6月定例会-06月26日−06号 また,さんは,5月17日午前6時ごろに,田んぼの見守りをしていたら白波が立っていたので,まあ前日雨が7ミリ程度降ったんですが,ぼっけえ雨が降ったんじゃなあというふうに思うただけだそうです。まさか塩水が入っとるとは思わなんだという話でございます。   もっと読む
2007-06-25 岡山市議会 平成19年 6月定例会-06月25日−05号 2006年12月末現在での資本金は,約166億円,総資産は約35兆円,2006年の連結純利益は約825億円でございまして,世界的に有名な格付機関であるムーディーズ社での長期債務格付は3となっておりまして,信用力が高く,信用リスクが極めて低いと判断される上位のランクに位置づけられております。   もっと読む
2005-03-04 岡山市議会 平成17年 2月定例会-03月04日−07号 それから,これは最近の相談事例で申し上げますが,バングラデシュから数カ月前に留学生で来ているさん,この方にはダウン症の5歳のお子さんがいます。少し後から来られたお母さんと子どもさんなんですが,お母さんの体調がすぐれないので保育園で預かってほしいという相談を受けました。障害に対する特別なケアも欲しいし,言葉の教育もしてほしい。そうですね,日本語はわからないわけですから。 もっと読む
  • 1
  • 2