運営者 Bitlet 姉妹サービス
258件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月10日−02号 要するに見えない障がいとしての発達障がいを抱えた子どもたちが現場の中で、それは保護者も含めて非常に先生への対応は個々のスキルにかかったり、もちろんとか特別支援体制でコーディネーター中心にきちっとやっていただいてると思いますが、やっぱりそこでいろんな悩みを抱えた子どもたちやその子どもたちに個別的な具体的な合理的な配慮をするのがこの施設だと、意義だと思います。 もっと読む
2018-09-14 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月14日−04号 病院事業管理者147番 沖田 護1 伊部地区幼保一体型施設工事請負契約の変更について市長 副市長 教育部長 (再質問あり)2 備前市の防犯灯のLED普及率は市長 市長公室長 (再質問あり)3 市立3病院の現状と将来について市長 病院事業管理者 (再質問あり)4 防災無線について市長公室長 (再質問あり)5 市営バス事業の現状と今後の課題は市長6 総合運動公園(久々井)に休息や食事の提供できる施設を市長7 IC もっと読む
2018-09-05 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月05日−01号 議案第65号平成30年度備前市一般会計補正予算(第3号)についてでありますが、歳入では普通交付税の交付決定、前年度繰越金の確定など、また、公共施設等の既存不適格ブロック塀改修費、備前焼映画製作協賛負担金、交通系ICカード購入補助金などの計上、人事異動等に伴う人件費の調整などの補正のほか債務負担行為及び地方債の補正をお願いするものであります。 もっと読む
2018-06-14 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月14日−04号 の見直し  ④ 伊部駅の改修~エレベーターの増設等市長3 市民にとって最良の医療政策  ① 備前病院の患者の落ち込みが大きいが、再建策はあるのか  ② 将来の3病院の位置づけは市長 (再質問あり)4 教育について  ① 奥田教育長就任はよかったと評価できる  ② 旭東地区教科用図書採択協議会脱退に伴う県教委の不信感を払拭する取り組みを  ③ 教育長の決意は  ④ 鳴り物入りで導入したタブレット等I教育 もっと読む
2018-06-13 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−04号 テレワークはI、情報通信技術を利用した新しい働き方の一つで、地方で生活しながら都市部の仕事に従事することができ、既に持っているパソコンの能力、スキルを生かして収入が確保できるなど、育児や親の介護で働く時間や場所に制約がある人でも働きやすい仕事として、国も積極的に推進しているものであります。   もっと読む
2018-06-12 赤磐市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号 現在は、議員御指摘のとおり、自動運転技術の進歩は目覚ましいものがあり、人工知能やさまざまなIC技術を活用することで市民が気軽に移動できるようにサポートするため、自宅からバス停や近隣施設などの比較的近距離、ラストワンマイルの移動や、主にバスとなる公共交通等の待ち時間減少、円滑な接続など、実証実験を通じて検証したいと考えております。 もっと読む
2018-06-11 真庭市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月11日−02号 そうした中で、これまで対面診療が難しい離島や僻地の患者に限られていた遠隔診療でございますが、IC機器、スマートフォンとかタブレットでございますが、この発展により診療が容易になったことで平成27年8月に厚生労働省が一般診療でも遠隔診療を認めることになっております。また、本年4月の報酬改定により初めて健康保険の適用対象となったことで今後は多くの医療機関での普及が期待されております。 もっと読む
2018-03-08 備前市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月08日−03号 これも各学校のICリーダーや先生の努力のたまものと感謝されております。  このような賞をいただいた背景と、どのような点が評価されて表彰を受けられたかについて、詳細についてお伺いをいたします。  また、こうした表彰を受け、今後どのような推進を、また取り組みを考えているのか、お伺いをいたします。  2、学びのまち備前を加えていますが、目的、狙いは何でしょうか、お伺いいたします。   もっと読む
2018-03-06 美咲町議会 平成30年第 2回( 3月)定例会-03月06日−03号 また、教育環境の整備として、IC環境の整備、学校施設の修繕、改修整備等についての協議を行っております。  この総合教育会議は、町長と教育委員会の協議調整の場という位置づけになっております。決定機関ではなく、会議において協議がなされ、調整がついた事項については、それぞれが結果を尊重するということになっております。  以上です。 ○議長(貝阿彌幸善君) 再質問ありますか。  13番松島議員。 もっと読む
2018-02-27 備前市議会 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−01号 1月22日、日経パソコン「教育とIC」誌上で毎年発表されております全国市区町村教育情報化ランキングにおいて、インフラ整備そして教員指導力を総合した成績で、備前市が小学校で全国第1位、中学校で全国第4位となりました。これは各校のICリーダーを初め、現場の先生方の努力の成果でありまして、心から感謝を申し上げたいと思います。  1月24日、第3回岡山県都市教育長協議会が赤磐市で開催されました。 もっと読む
2018-02-27 赤磐市議会 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−04号 また、農産物の品質向上と安定を図るためにIC技術を活用し栽培技術の継承を支援するなど、赤磐産農産物のブランド化、国内外への販路拡大を進めているところでございます。  一方、学校給食等における地場産品の活用を進める地産地消の取り組みにつきましても、関係者の御協力をいただきながら進めております。  議員御指摘のように、農家の高齢化を初め平成30年産米から国による生産数量目標の配分が廃止されます。 もっと読む
2017-12-20 備前市議会 平成29年11月第5回定例会-12月20日−05号 本市も機器の更新が迫っていますが、現場の実態に即した機器等の更新を行うとともに、今後導入されるプログラミング教育に向け、IC機器を活用した事業でこれまで以上の効果が出せるように幅広く人材育成を行うことが必要であると考えます。  以上で報告を終わります。ありがとうございました。 ○議長(鵜川晃匠君) 以上で厚生文教委員会からの報告を終わります。  以上で委員会視察報告を終わります。       もっと読む
2017-09-15 瀬戸内市議会 平成29年 9月第3回定例会-09月15日−04号 平成26年度のIC機器の導入以来、市内の小・中学校において教育の情報化を進めているところでございます。教科指導におけるICT活用では、市内の全小・中学校にタブレットPCやプロジェクター、実物投映機、デジタル教科書等のIC機器を導入し、わかる授業の実現に向け、各教科の目標を達成するための指導の充実を図っているところでございます。 もっと読む
2017-09-14 瀬戸内市議会 平成29年 9月第3回定例会-09月14日−03号 ◎市長(武久顕也君) 既にIC、SNSを活用した情報発信というのは積極的に行っておりまして、恐らく議員がご提案の趣旨というのは、実際に見に来られた方々がそこで情報の発信者となってPRをしていったりとかというふうなことも想定されるんではないかなというように思います。 もっと読む
2017-09-07 津山市議会 平成29年 9月定例会-09月07日−05号 また、学習意欲と学力の向上を図るために、小・中学校へのIC環境の整備、あるいはまた空調設備の導入も進めているところでございます。  このほかにも、平成27年4月のつやま産業支援センターの開設や、本年1月に協定を締結した津山圏域定住自立圏の形成も上げられます。 もっと読む
2017-09-06 津山市議会 平成29年 9月定例会-09月06日−04号 平成29年5月に津山市学校IC環境整備計画が策定されております。初年度5校、30年度、来年度16校、31年度14校の計画となっております。各学校の建物の改修等の関連や予算の関係もあると考えますが、児童・生徒にとって2年間のおくれがどのように影響するか、私は懸念をしております。この点について、教育委員会としてはどのように考えているか、お尋ねいたします。   もっと読む
2017-09-05 津山市議会 平成29年 9月定例会-09月05日−03号 特に、新学習指導要領への準備や、学力向上に向けての効果的なIC機器の活用や補充学習プリントの導入、学校体育の充実、子供と向き合う時間の確保など取り組んでいきたいと考えているところです。 ○議長(河本英敏君)   総務部長。 ◎総務部長(山本倫史君)   緊急告知防災ラジオの普及目標についてのお尋ねでございます。   もっと読む
2017-09-04 赤磐市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月04日−03号 そして、小規模校のデメリットとされる、社会性を涵養する機会や多様な意見に触れる機会の不足を補うために、他校との交流活動やIC機器を活用した遠隔合同授業など、具体的な方法について検討しているところでございます。この共有した方向性や具体の取り組み方法等については、保護者等から意見を聞く機会を2学期中に設け、統廃合議論が起こらないような学校づくりを進めていきたいと考えております。   もっと読む
2017-06-28 瀬戸内市議会 平成29年 6月第2回定例会-06月28日−05号 瀬戸内市では、平成27年度からIC機器を活用した授業改善を行っており、教員へのアンケート調査によれば、児童・生徒の関心、意欲、知識の定着、発表する力などが高まったとの回答が得られております。また、教育委員会では教育の情報化についての実践研究校として、今年度は牛窓北小学校を指定し、情報活用能力の育成を狙ったIC機器の効果的活用実践等について実践研究を進めているところです。 もっと読む
2017-06-27 津山市議会 平成29年 6月定例会-06月27日−07号 報告事項は6件ございましたが、第4次つやま男女共同参画さんさんプランの策定について、津山市公共施設等総合管理計画の変更について、軽自動車税課税免除の運用変更について、御当地プレートの交付開始について、地域振興ビジョンの策定について、津山市学校IC環境整備計画の策定についての報告を受けております。  以上が総務文教委員会に付託をされました諸案件の審査結果、またその他の報告であります。 もっと読む