運営者 Bitlet 姉妹サービス
57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-06-15 津山市議会 平成29年 6月定例会-06月15日−05号 そこで、平成10年10号台風災害後の防水対策、雨水対策の取り組みについてお尋ねいたします。  津山市の防水対策、雨水対策はどのように見直されたのでしょうか。何地域で何カ所、どんな事業が必要となったのか、わかりやすくお知らせください。また、その進捗状況と今後の取り組みについてお聞かせください。   もっと読む
2015-11-17 倉敷市議会 平成27年11月17日 防災体制等整備特別委員会-11月17日−01号 それでは、まず1雨水対策ですが、(1)現有能力は従来と変わりございませんで、①に合流式下水道による整備区域、②に分流式下水道区域の雨水による整備区域についてまとめてございますのでごらんください。  また、(2)施設整備ですが、現在、倉敷駅前東土地区画整理事業地内の公園予定敷地に容量980立方メートルの雨水貯留施設を建設中でございます。   もっと読む
2015-11-02 倉敷市議会 平成27年11月 2日 決算特別委員会-11月02日−01号 その主なものは、17ページ上段の下水道渠、マンホールなどの修繕料3,890余万円などでございます。次に、同じページの3行目の13節、委託料の支出済額は9,650余万円でありまして、その主なものは下水渠等清掃委託料などでございます。 もっと読む
2015-09-10 倉敷市議会 平成27年第5回 9月定例会-09月10日−03号 この組織の取り組みの一つとして、平成25年度から雨水流出解析手法を用いた雨水対策の検討を行い、その結果を去る7月31日に市民環境委員会、8月5日に防災体制等整備特別委員会、それぞれ御報告いたしております。  このたびの検討には、水路、樋門の拡幅、排水機の整備等のハード対策を中心とする中・長期対策とともに、事前排水等ソフト対策を中心とする短期対策も含まれております。 もっと読む
2015-06-23 瀬戸内市議会 平成27年 6月第2回定例会-06月23日−04号 塩田の跡地であることから、海抜がゼロメートル、またそれ以下である点は錦海塩田跡地と同じでありますが、当然この土地に雨水も流れ込むわけでありますから、ポンプで強制排水をしなければ水位はどんどん上がってまいります。つまり今回地主さんがポンプをとめたことによって、現在のような池というより広域な沼地になってしまったわけであります。 もっと読む
2013-12-12 岡山市議会 平成25年11月定例会-12月12日−08号 各都道府県教育委員会,各都道府県知事等宛て通達,文学第543号の趣旨はそうなっているはずです。  そこで質問します。  1,学校給食法では給食の実施に必要な経費の負担区分が示されていますが,公費で補助することは禁じられていますか。文学第543号は生きていますか。  2,校長限りの責任で管理してよいはできる規定であり,義務規定ではないのではありませんか。   もっと読む
2013-09-12 岡山市議会 平成25年 9月定例会-09月12日−06号 ◎南山瑞彦下水道局長  雨水対策について,貯水力を保持するための対策に関するお尋ねでございます。  近年,降雨時の雨水の流出量がふえる傾向にあり,農地の宅地化の進展も原因の一つとされております。このため,雨水貯留等の雨水流出抑制対策を講じることにより,浸水被害の軽減を図ることは重要であると考えております。   もっと読む
2013-06-20 岡山市議会 平成25年 6月定例会-06月20日−05号 包括外部監査の報告は,老朽更新の財源捻出の観点から述べているものであり,職員数につきましては岡山市職員採用中期計画に基づき,水道部門では水道事業総合基本計画アクションプランにおいて目標数値を設定して職員数適正化を図っており,余剰の人員があるとは思っておりません。  水道は市民生活に不可欠な施設であり,極めて公共的性格が強く,安全,安心,安定,持続を最優先に事業運営されるべきものであります。 もっと読む
2013-06-17 岡山市議会 平成25年 6月定例会-06月17日−02号 ゲリラ豪雨対策として,雨水貯留施設の建設や雨水の増強など,ハード面での整備が緊急的にすぐできれば問題ないわけでありますが,現実的に時間や予算なども考えると厳しい面もあると考えます。しかし,いざというときの被害を最小限に抑えるための対策について質問いたします。  ウ,JRなどのガード下道路は冠水しやすい場所です。 もっと読む
2012-12-05 岡山市議会 平成24年11月定例会-12月05日−03号 これ水をもらう側からいうたら給水,配る側からいいますと配水というんでしょうかね,これの接続状況についてなんです。  先日私,非常時における給水訓練と配水復旧工事を見る機会がありまして,参加させていただいた。ようテレビでありますわな。大変なときにタンクローリーみたいなのの後ろに並んでポリ容器でもらいようるやつですわ。 もっと読む
2012-06-08 赤磐市議会 平成24年 6月第4回定例会-06月08日−01号 残りの正崎地区の渠、それから五日市の幹線、正崎マンホール等の工事につきましては、24年度の前倒しで補助内示があったもので、ことし2月以降発注したため繰り越しになったものであります。完成は、正崎渠と五日市幹線が9月末、マンホールポンプが今月末と7月末を予定しております。  次に、3款でございます。 もっと読む
2012-06-01 真庭市議会 平成24年 6月第2回定例会-06月01日−01号 下水道事業の公共下水道工事については、落合浄化センター、久世中継ポンプ場の建設を来年3月末の供用開始に向け進めており、久世、勝山処理区及び落合処理区の路整備工事についても順次発注を予定しております。また、農業集落排水整備工事では、上水田、山田処理区を今年度中完了に向けて整備し、浄化槽整備工事についてはこれまで11基の発注を済ませております。   もっと読む
2011-12-08 岡山市議会 平成23年11月定例会-12月08日−06号 しかし,富山・旭操エリアの雨水の整備は全く進んでいません。雨水対策の整備を進めるには,国から雨水整備区域の事業認可を受けなければならないとお聞きしています。私は,このたびの3回の冠水で,この富山・旭操エリアの内水対策は下水道局が大なたを振るってくれないと解決しない大きな問題であると実感しました。倉安川の下に渠を入れるか,新しくできる平井・神崎線──道ができます。 もっと読む
2011-12-06 岡山市議会 平成23年11月定例会-12月06日−04号 大きい2番,雨水対策について。  次に,雨水対策についてお伺いいたします。  前文で触れましたが,私が住んでいる光南台地域は今紅葉が大変美しく,住んでいてよかったなと思わせるところでございます。しかし,9月に来襲した台風の被害は甚大なものでした。土砂崩れ,倒木,住宅地の浸水と当日はさんざんたるものでした。 もっと読む
2011-12-02 岡山市議会 平成23年11月定例会-12月02日−02号 例えば,水を一時的にためるような地下貯留池の建設であったり,またアスファルトをもっと吸収性のよいものにするというふうなことで苦労をしているところもあります。 もっと読む
2011-09-15 倉敷市議会 平成23年第5回 9月定例会-09月15日−04号 この項の3番目は、雨水流出抑制施設整備促進事業についてお尋ねをいたします。  これは、家庭で雨水流出抑制施設を設置した場合、補助金を出す制度であります。議長のお許しを得まして、そのパンフレットの一部をコピーさせていただいております。   もっと読む
2011-09-12 津山市議会 平成23年 9月定例会-09月12日−02号 そこで、雨水等による施設災害、土砂災害対応についてお尋ねをいたします。  農地災害、土木災害、家屋浸水、宅地災害等について、その災害認定は後日の判定に待つとして、現在までの通報件数は何件あったのか。   もっと読む
2010-09-06 真庭市議会 平成22年 9月第4回定例会-09月06日−04号 河川や下水道整備などで治水対策も一定進んでおりますが、一方で山林の荒廃による保水機能の低下や、土地利用の高度化で宅地化が進み、雨水の遊水機能や貯留機能が失われつつあります。予測が困難なゲリラ豪雨による雨水をどうコントロールするか、防災行政の科学的な取り組みが求められております。   もっと読む
2010-09-03 真庭市議会 平成22年 9月第4回定例会-09月03日−03号 しかしながら、水蒸気がしっかり出ることによって雨水をもたらすという、こういう大きな問題もあると思います。そこら辺が計算上プラス・マイナスしたとき、どういうことになるかはわかりませんが、やはり水張り面積をふやすということが、この地球の温暖化を防ぐということには一番寄与するんではないかと思います。 もっと読む
2009-03-02 瀬戸内市議会 平成21年 2月第1回定例会-03月02日−03号 路の工事は今現在進んでいるところでございますけれども、供用が開始されてるところというのはまだ少ないと思いますけれども、いつ開始されたのか、そしてまたこれから見直しがかなりされると思いますけれども、最終に供用される開始される地域、そしてまた接続される地区、何年、何十年先になるんですか、その辺をお聞かせください。   もっと読む