415件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新見市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

平成31年度市長施政方針について  │市長     │ │  │  │       │ (1) 総合振興計画における市長の構想 │       │ │  │  │       │   は               │       │ │  │  │       │ (2) 長期的なまちづくりについての市 │       │ │  │  │       │   長の構想について        │       

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

また、用水路だけではなくため池もたくさんあり、その堤防の上を生活道路が通っているところもあります。日常何げなく通っている生活道路にも思わぬ危険が潜んでいることは、各自が自覚しなければなりません。行政も危険な箇所を調査し、指摘した上で、鉄柵などを適宜に設置することは必要だと思います。

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

特に本年度末には美作岡山道路が開通します。赤磐市の新たな広域連携軸が誕生することになります。この道路を活用することにより、赤磐市北部地域においても優良な工業用地の確保が可能と思われますが、市長の考えをお伺いしたいと思います。  次に、新たな都市拠点の整備について。  

岡山市議会 2018-11-01 平成30年11月定例会

について    医療行政について    岡山っ子育成について  〇 環境消防水道委員会    廃棄物の処理及び清掃について    環境保全について    消防力の整備充実について    水道事業について  〇 経済委員会    商・工業振興対策について    観光コンベンション対策について    雇用対策について    農林水産業振興対策について    市場事業対策について  〇 建設委員会    都市計画

井原市議会 2018-10-04 10月04日-03号

次に、長期的な改修計画の策定、計画に基づく改修の実施及び補修や改修記録の保管につきましては、学校ごとに施設台帳を作成し、竣工日や改修履歴等の管理を行い、改修時期の目安といたしております。今後は、より計画的に維持管理を進めるため、策定を予定している学校施設長寿命化計画の中で体育館の床についても改修計画を定めることといたしております。 

井原市議会 2018-10-03 10月03日-02号

都市ではなく地方都市にある市内企業に世界的な企業のバイヤーがわざわざ訪れ商談を行っていることも普通に見受けられますが、実は非常に珍しいことであります。しかし、そのような企業が本市にあることの認知度が低いため、市内グローカル企業の情報を強力に発信し、広く周知を図ってまいりたいと考えております。

赤磐市議会 2018-09-27 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号

委員より、美作岡山道路負担金について完了はいつかとの質疑に、執行部は、30年度末完了であるとの答弁。  委員より、吉井地域までの完了という意味かとの質疑に、執行部は、今年度完成予定の吉井地域までの部分の負担金であり、吉井から先の負担金については別途必要となるとの答弁。  

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

住民参加のまちづくりを進めるという観点から、7月初旬には、山陽連合町内会において計画策定の御報告と説明をさせていただきました。そして、8月末からは、各町内においても計画内容等について具体に説明を開始したところでございます。  今後とも、まちづくりを進める上では地域の住民の皆さんにも御協力をいただきながら協議を重ね、具体的な実施計画を策定し、計画的にまちづくりを進めていきたいと考えております。  

赤磐市議会 2018-09-03 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号

また副市長からも、現在都市計画マスタープランを作成中であり、その中で公共交通の結節点として適地選定を行い、公共交通等の計画との整合を図りながら進めていくとの答弁をいただきました。私も全く同感でありますが、いつ完成するのでしょうか。必要があるのであれば、早急に事業を進めるべきです。現在の取り組み状況を教えていただきたい。

高梁市議会 2018-08-01 平成30年第4回 8月臨時会

災害発生からこれまで、自衛隊、警察、消防職団員を初め、友好都市などの13自治体から支援をいただくとともに、ボランティア、企業、事業者、個人の皆様からも多大な御支援をいただきました。さらに、議員の皆様には、災害発生時からこれまで昼夜を問わず市民のために御尽力をいただきました。全ての皆様に心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。 

赤磐市議会 2018-06-13 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号

大きな港をつくったり、飛行場をつくったり、道路をつくったり、産業廃棄物であったり、いろんなものをつくるときに、その建物が、つくるものが、事業自体が環境に悪影響を及ぼす、どんなことがあるだろうかと、それを国の判断だけではなしに行政や市民の皆さんに意見を言ってもらうという。

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

質問内容としましては、河本、岩田地区に計画されている本市の核となる新たな拠点の整備について、これまでも一般質問してまいりましたが、赤磐市には市外から訪れる観光客等に対して拠点となる施設がなく、ランドマークとなるべく道の駅あるいはまちの駅を早急に整備する必要があると考えております。  昨年度、都市計画マスタープランの改定についての素案が発表され、新たな都市拠点として河本、岩田地区周辺が示されました。

赤磐市議会 2018-03-20 平成30年 3月第1回定例会-03月20日−06号

委員より、都市計画総務費の実証実験委託料1,300万円について、今までの流れについて詳細な説明をとの質疑に、執行部は、以前から山陽団地等活性化有識者会議等において、山陽団地で自動運転車両の有用性、有益性を検証するため、新技術を用いた実証実験をしてはどうかという提案があった。その提案を受けて、自動運転車両の機能や実証実験の内容を勉強してきた。

赤磐市議会 2018-03-02 平成30年 3月第1回定例会-03月02日−05号

また、現在計画検討が進んでおります都市計画変更に関し、河本、岩田地区にかかわる内容が含まれるものなのかどうなのかお尋ねを申し上げます。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  直原財務部長。 ◎財務部長(直原平君) それでは、佐々木議員の御質問にお答えしたいと思います。  

新見市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

道路改良について        │市長     │ │  │  │       │ (1) 県道千屋大佐線(16路線)の改良│       │ │  │  │       │   は              │       │ │  │  │       │3. 

赤磐市議会 2018-02-27 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−04号

このような所有者不明不動産の増加によって、河川や道路工事、民間の再開発事業を行う際に一カ所でも所有者不明の土地があると所有者を特定するために思わぬ費用と時間を費やすことになります。そのような事例が高梁市の橋梁工事を含めた県道工事において見られたことが昨年の山陽新聞にも掲載されていました。この工事においては、所有者を確認し最終的に400人からの同意を得るために5年の歳月を要したそうです。