34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

岡山市議会 2008-03-26 03月26日-14号

甲第7号議案平成20年度岡山市一般会計予算歳出第3款民生費第1項社会福祉費第15目人権同和施策費中,同和施策補助金917万1,000円は,部落解放同盟の一部組織だけに支出する補助金です。特別措置法がなくなって7年もたちました。人権問題は部落問題だけではなく,障害者在日外国人高齢者,女性,子ども,アイヌハンセン病など,広範な課題があり,さまざまな取り組みが行われています。

岡山市議会 1988-06-25 06月25日-08号

年陳情第10号 障害者小規模作業所に対する国庫補助金制度の改善と充実を求める意見書の提出について 平成8年陳情第43号 「ことばの教室」の設置について 陳情第3号 児童福祉法「改正」にかかわる意見書の提出について 陳情第12号 遺伝子組み換え食品輸入に反対し,食の安全を求める意見書の提出について 陳情第14号 遺伝子組み換え食品輸入に反対し,食の安全を求める意見書の提出について 陳情第16号 部落問題解消

岡山市議会 1987-03-19 03月19日-10号

ここで論議を深める中で委員から,個人施策を含む事業の見直しを図るための審議会を設置すべきではないかと今後の対応を促す意見が出されましたが,この点については,国・県の動向を見きわめながら,とりあえず助役を会長とする部落差別解消対策議会,その下部組織である窓口担当者による幹事会で検討を進めたいということでありました。 以上甚だ簡単でございますが民生消防委員会の報告を終わります。

岡山市議会 1986-12-23 12月23日-10号

について    陳情第35号 岡山市民会館の施設改善について    陳情第43号 極左暴力集団根絶決議について  〇 民生消防委員会    昭和60年請願第5号 同和行政に関する請願について    昭和60年請願第12号 同和事業の完了,自立と融合をめざす新たな時限立法を求めることについて    請願第20号 生活保護の級地差を拡大,細分化に反対する意見書採択について    昭和60年陳情第14号 部落解放基本法制定

岡山市議会 1986-07-17 07月17日-06号

58年陳情第9号 スパイ防止法の法制化について    昭和58年陳情第27号 スパイ防止法制定促進の陳情取扱いについて    昭和59年陳情第5号 核巡航ミサイル・トマホークの配備等について  〇 民生消防委員会    昭和60年請願第5号 同和行政に関する請願について    昭和60年請願第12号 同和事業の完了,自立と融合をめざす新たな時限立法を求めることについて    昭和60年陳情第14号 部落解放基本法制定

高梁市議会 1986-01-13 01月13日-05号

◆6番(小川敬四郎君) 212ページの部落問題研究助成金46万5,000円、これはもう決算だからいいんですが、今後の市長のお考え方をお伺いしたいんですが、先般も三村議員の方から通告質問もありましたが、一般施策へ移行していくという中で、この部落問題研究助成金というのは、組織がいろいろあるわけなんでしょうけれども、一本化したとらまえ方を今後なされていくのか、ハードの部分は今年度で終わるわけでしょうから問題

岡山市議会 1985-12-24 12月24日-10号

めることについて    昭和58年陳情第9号 スパイ防止法の法制化について    昭和58年陳情第27号 スパイ防止法制定促進の陳情取扱いについて    昭和59年陳情第5号 核巡航ミサイル・トマホークの配備等について  〇 民生消防委員会    請願第5号 同和行政に関する請願について    陳情第12号 同和事業の完了,自立と融合をめざす新たな時限立法を求めることについて    陳情第14号 部落解放基本法制定

岡山市議会 1985-10-04 10月04日-07号

固定資産税の減免について    昭和58年陳情第9号 スパイ防止法の法制化について    昭和58年陳情第27号 スパイ防止法制定促進の陳情取扱いについて    昭和59年陳情第5号 核巡航ミサイル・トマホークの配備等について  〇 民生消防委員会    請願第5号 同和行政に関する請願について    請願第12号 同和事業の完了・自立と融合をめざす新たな時限立法を求めることについて    陳情第14号 部落解放基本法制定

岡山市議会 1984-12-24 12月24日-09号

私どもは豊かな日本をここまで築いた反面で,いまなお部落差別が解消されていないことを深く恥じるものであります。国と地方公共団体特別措置法のもとに懸命な取り組みを展開し,一定の成果を上げておりますが,問題はまだまだ残されております。市民の皆様におかれましては,基本的人権にかかわる問題として正しく受けとめ,絶大なる御協力をお寄せくださるようくれぐれもお願いするものであります。

岡山市議会 1984-06-09 06月09日-05号

そこで「岡山市部落差別解消対策議会」において,同和対策事業の全体の見直しに着手しており,地域改善向住宅の一般公募につきましても,国・県・他都市の動向も視野に入れながら,時期等も含め真剣に検討をしているところでございます。 以上でございます。 ◎教育長(戸村彰孝君) 田畑議員の御質問にお答えいたします。 

岡山市議会 1983-09-10 09月10日-06号

部落問題は,行政組織から同和という言葉が消えていいほどに解決されたとお考えなのでしょうか。その根拠は何でしょうか。 5番,岡山市子ども読書活動推進計画についてです。 このたび,岡山市子ども読書活動推進計画の素案が示されました。

岡山市議会 1983-07-11 07月11日-10号

昭和16年12月8日,真珠湾攻撃,まあ全国民戦争に突入をする,思想動員をされていく,戦争戦争へと,こういう状況の中で使われたということでありますが,岡山教育界の先人は,こういう状況の中からすぐれた先見性を持って,33年前民主教育という名称にして,部落問題は基本的人権の問題である,民主主義の問題である,こういうことで取り組んでまいりました。 

岡山市議会 1983-07-11 07月11日-07号

部落差別の解決は,安宅市政にとって深刻かつ重要な課題になっています。部落大衆が被差別部落に生まれたことをもって差別されない。そうした岡山市づくりが早急に求められています。私は障害者解放闘争の項でも触れましたが,人間人間らしい感性を放棄をする,精神と肉体が分離をし,疎外が始まった瞬間から人は唯物主義へと風化を開始します。

岡山市議会 1983-07-01 07月01日-02号

当時すでに「同和教育」の呼称は全国的に一般化しておりましたが,岡山県では憲法教育基本法のもとで,人間尊重と基本的人権擁護の民主主義の崇高な理念のもとに,部落差別の完全解消を目指して「民主教育」と名づけて取り組み,成果を上げてまいりました。ところが県教委は4月8日,突然4月1日付で「同和教育」と変更し,文書で県下の教育機関に一方的に通告し,変更を押しつけてまいりました。

  • 1
  • 2