運営者 Bitlet 姉妹サービス
528件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月21日−05号 次に、陳情第2号黒尾下部落への砂防ダム設置要望書。  陳情書は真庭市久世の黒尾下部落長榎原利徳氏であります。陳情の要旨としては、谷川にある3カ所の小さな堰堤では集中豪雨の際に十分機能していないため、砂防ダムの設置を要望するものであります。  委員会において、現地調査をいたしました。 もっと読む
2018-12-12 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月12日−04号 2号)について  第16 議案第106号 平成30年度真庭市浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)について  第17 議案第107号 平成30年度真庭市農業共済事業特別会計補正予算(第2号)について  第18 議案第108号 平成30年度真庭市水道事業会計補正予算(第2号)について  第19 議案第109号 平成30年度真庭市下水道事業会計補正予算(第1号)について  第20 陳情第  2号 黒尾下部落 もっと読む
2018-12-10 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月10日−02号 この堰堤を設置するために整備された工事用道路が、完成後に地元代表者から要望、意見書といいますか、を提出した後、地元部落が仮設道として管理されている箇所が多くあります。この仮設道の管理は地元部落であり、そのため道路が山からの崩落土砂で通れなくなっても、道路が崩落しても全て部落負担で撤去、補修しなければなりません。 もっと読む
2018-09-11 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月11日−03号 次に、避難場所の件ですけど、大きな単位でやると、どこどこの小学校、どこどこの中学校、公園にということがあるんでしょうけど、小部落といいますか、小字単位で、こういうときにはここが一番いいんじゃないかということは地元の人が一番よくわかっておりますので、そこら辺を地元の人と協議しながら、ひとつ避難場所の設定といいますか、指定場所を今後見直したほうがいいというのが、今回の災害で、指定されたとこに行こうにも、 もっと読む
2018-09-06 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月06日−03号 そうすると、コミュニティ会長は各行政に今の現状を、市からの伝達事項、15地区ありますから15地区の行政委員、部落長に伝えると、そしてそのことを下へおろして、連絡員であるとか、土木委員等に言って、地区のおのおの60世帯があったり100世帯、いろいろありますけども、各地区におろしていくと。そして、当日が来て、台風、大雨が来た。 もっと読む
2018-09-05 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月05日−02号 だから、私が避難場所を各地域の部落でお願いしたらどんなんならという話よ。だから、先ほど言ようたろう。自主防災組織で避難場所を決めて避難していただいたりする言ようたが。それの延長線なんよ、これは。  じゃから、各部落でそういったカードをみんなで認識してやったらどんなんならという話よ。せっかくお金も出る話じゃけえ。まちから金出すというても知れとるが。印刷代だけじゃが。 もっと読む
2018-06-13 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−03号 ただ、鶴海につきましては各小部落の区長がそれぞれ市の担当職員と一緒に歩いたり、要望場所を確認して毎年やっております。そのときに大松屋さんの前の防護柵については要望はありませんでした。鶴海地区について要望のあった防護柵については順番にできておりますが、大松屋の前は要望はなかったということです。 ○議長(立川茂君) 西上議員。 もっと読む
2018-06-12 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月12日−03号 私コミュニティがあるところはいいんですけど、コミュニティを持っていない新しい団地の方とか、古い団地もそうなんですが、結構コミュニティを持っていない方がどこに行ったらいいんだろうっていうような相談も受けるんですが、そういう私が知っているところは旧部落のところにあるところをお借りするようなことができたんですが、一緒に合同でやるっていうような方だったんですが、そういうふうな困っている人たちとか、コミュニティ もっと読む
2017-12-13 鏡野町議会 平成29年12月会議-12月13日−03号 先ほども言いましたけども、やはり孤立する部落とか家があるかもしれないということを考えれば、こういったことは区長さんからの声も出るんでございましょうけども、優先順位をつけられて、そういった本当に安心して暮らせるような仕組みをお考えいただければと思います。まして、これから鏡野町内といえども広うございまして、温度差がかなりあります。雪のシーズンにも入ります。 もっと読む
2017-09-15 瀬戸内市議会 平成29年 9月第3回定例会-09月15日−04号 〔6番 厚東晃央議員 登壇〕 ◆6番(厚東晃央議員) あと、タクシーチケットの400メートルの地域で限定してますよね、先ほど玉津地域と裳掛地域と全域にチラシを配るっていう、配布するって言われてましたけど、よく考えたら、でもほとんどの部落で、部落というか地域でバス路線の地域は除外されるんですよね。 もっと読む
2017-06-29 瀬戸内市議会 平成29年 6月第2回定例会-06月29日−06号 以前のモーモーバスのときにも、小部落単位とかで結構丁寧に説明をしながら、何とか乗る人をふやそうとかモーモーバスの説明をしようということを取り組まれました。 もっと読む
2017-06-26 瀬戸内市議会 平成29年 6月第2回定例会-06月26日−03号 あと、選挙難民対策として一番効果的だと思うのが、期日前投票期間の出張の出前投票、各部落に一度でいいからそういう出張出前の選挙ができるものが来たら、そうしたらきっと行ってくれる人がふえるんじゃないのかなあというような気がしております。   もっと読む
2017-06-20 瀬戸内市議会 平成29年 6月第2回定例会-06月20日−02号 節9消防費雑入は、一般財団法人自治総合センター助成金で百田部落婦人防火クラブへD-1ポンプ一式及びAED、邑久保育園幼年消防クラブへ鼓笛セット、また瀬戸内市少年婦人防火委員会へ防災クイズ装置の購入に充当するものでございます。   もっと読む
2017-06-15 鏡野町議会 平成29年 6月会議-06月15日−03号 耕心村、上齋原地域、そして過去には鏡野町では越畑という地区で農家民宿等々を非常に推進してきた経緯もございますし、もう一つ、富地域には非常に大きな古民家であるとか空き家情報、384件、把握しておられるそうですが、部落から人々がいなくなりつつある、いわゆる可能性ではなくてもう既に消滅しかかっている集落がございます。 もっと読む
2017-03-06 井原市議会 平成29年 2月定例会-03月06日−04号 部落差別の解消の推進に関する法律が成立しました。市は、この法律成立をどう認識され、具体的にどうお考えなのかについて、市長や教育長のお考えをお尋ねいたします。  この法律が成立した結果、自治体で取り組むべき条文が盛り込まれました。ついては、具体的に次の3点をお尋ねいたします。   もっと読む
2017-03-06 総社市議会 平成29年 2月定例会-03月06日−03号 それと、一番私が思って考えておりますのが、そういう中でできている地域はまだいいんですけども、ただ私が一番思うのは、この願いは特にまちの市街地じゃなくって周辺地域の小地域がそれぞれの部落単位、集落単位でどのようにつながっていく、これから社会ができれば、よく聞くのが私たちみたいに年を重ねておりますと、ああ、最後までこの地に住みたいねとか、住めるかなとかという話が出てくるんです。 もっと読む
2017-02-24 真庭市議会 平成29年 3月第1回定例会-02月24日−02号 燃料調達は発電所の稼働前から始まっておりまして、26年4月から28年12月までの部落とかの共有林を含む私有林と真庭市有林の伐採状況を申し上げますと、私有林では皆伐が28ヘクター、搬出間伐が1,389ヘクター、真庭市有林で皆伐が30ヘクター、搬出間伐が148ヘクター、合計で皆伐が58ヘクターしかありません。搬出間伐が1,537ヘクターということで、皆伐は全体の面積の3.6%です。 もっと読む
2016-12-20 津山市議会 平成28年12月定例会-12月20日−資料 問う ③今後の予定とソフト活用について 2.津山圏域定住自立圏形成協定について ①不揃いな足並みをどのように調整していくか 3.防災対策について ①鳥取中部地震からの津山市防災計画の検証について5中 村 聖二郎1.観光振興と今後 ①「観る、食べる、遊ぶ、泊まる」の4要素から考える ②衆楽園の今後 2.教育問題 ①朝ごはん食べた(小・中学生) ②進む夜間中学設置 ③意味なき命はない(ダウン症) 3.部落差別 もっと読む
2016-12-09 高梁市議会 平成28年第8回12月定例会-12月09日−03号 日ごろのまちづくりの活動、長寿会の例会であるとか、小部落ごとの、地鎮様、荒神様、おいなりさん、グラウンドゴルフやコミュニティ活動、郷土史研究会そのものが、お互いの見守りや支え合いになっています。 もっと読む
2016-12-08 津山市議会 平成28年12月定例会-12月08日−05号 今、なぜ部落差別解消法なのか、臨時国会で継続審議となり、衆議院の委員会で可決、参議院へ送られて審議されている自民党、公明党、民進党提出の部落差別解消推進法案、部落差別永久化法案と呼んでおりますが、12月1日現在で参議院審議となっております。法務委員会でのやりとりです。そこでのやりとりを紹介します。   もっと読む