568件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山市議会 2021-06-23 06月23日-07号

岡山北斎場に最も近隣部落皆さんは,そこに住んでいたというだけで,この9年間,民主的な手続と暮らしの安全を子々孫々にわたって守るために,火葬場建設の見直しを求めて地元の署名を集めて何度も陳情を行ったり裁判を行うなど時間を費やし,心労を重ねてこられました。 私は何度も言ってきましたが,この問題は,候補地に最も近い地区住民皆さんが知らないままに新斎場という重大なことが決定されたことに端を発します。

瀬戸内市議会 2020-09-03 09月03日-03号

草がぼうぼうと生えて、1か所旧の部落道路が決壊しておりました。それは難波部長に言うたら、県のほうが工事にかかってやるとは申しておりましたけれども、あそこの虫明に抜けるあの道路は県道ですけれども、もう少し、この間も走ってみたんですけど、草がぼうぼうと生えて、やはり…… ○議長日下敏久議員) 残り3分です。

岡山市議会 2020-06-17 06月17日-05号

そうした中,部落差別障害者差別男女共同参画,性の多様性,DV,児童虐待についても法や条例が整備されてきております。さらに,この計画では明確な言及がなかった子どもの貧困は法整備がされましたが,依然大きな課題となっております。最近はSNSによる誹謗中傷が大きな社会問題となっており,法整備課題となっているところでもあります。

瀬戸内市議会 2019-12-05 12月05日-04号

きょうも傍聴の方がいらっしゃいますけども、傍聴の方も一生懸命国体のほうでお世話をしたり、それから小野田議員の近所には服部さんという銀行を定年退職して部落のために一生懸命やられとる方、そういう方がいっぱいいらっしゃるわけですよ。市からの行政委員土木委員さんは何ぼかでも年間に少しでも給料をもらようりますから、私はまだええ思うんですね。福祉委員さんなんかは一銭もないですよ、社協のほうは。

岡山市議会 2019-06-18 06月18日-04号

(2)部落差別解消推進法。 平成28年12月16日,部落差別解消推進に関する法律が公布,施行されました。これを受け,各自治体では,部落差別解消人権確立に関する基本方針計画を見直しております。 ところが,岡山市では,平成14年に策定した今後における同和問題解決基本方針平成15年に策定した岡山人権教育及び人権啓発に関する基本計画がそのまま残されている状況であります。

真庭市議会 2019-06-06 06月06日-03号

勝山地区でも組の地区ですか、柵を部落で全体で頑張ってされております。しかし、猿とかカラスの場合は、なかなかそこら辺が上から来ますんで難しい問題があります。猿は電牧を4,000以上張っとると少しは防げるんではないかなということを聞いております。

赤磐市議会 2019-06-06 06月06日-02号

それからずっとうちの部落のもんが順番で管理しよんですよ。安い金額で一年中。1日に出る日当にしたら何百円ぐらいになるかもしれません。そんな中で責任を負わされてやる。三、四日前も相談に来られたんです。高さが前のと違うから、水位計の問題で、僕はもうよう管理せんでと、こう言うて来られた。

真庭市議会 2019-03-22 03月22日-05号

次に、陳情第1号黒尾下部落への治水ダム設置要望書であります。 陳情者は、真庭市久世の黒尾下部落長、榎原利徳氏であります。 陳情の要旨としては、先般の集中豪雨の際に土砂が用水を埋め尽くし、田畑に流れ込む被害が出たため、治水ダム設置要望するものであります。 委員から、事業の実施は県であり、優先順位を決めてされるようなので、趣旨採択でよいとの意見がありました。

真庭市議会 2019-03-12 03月12日-04号

 第46 議案第33号 平成31年度真庭クリエイト菅谷事業特別会計予算について 第47 議案第34号 平成31年度真庭温泉事業特別会計予算について 第48 議案第35号 平成31年度真庭水道事業会計予算について 第49 議案第36号 平成31年度真庭下水道事業会計予算について 第50 議案第37号 平成31年度真庭国民健康保険湯原温泉病院事業会計予算について 第51 陳情第 1号 黒尾下部落

瀬戸内市議会 2019-02-28 02月28日-04号

だから、そういった面でやはり把握する方法を、もう全ての瀬戸内市の産業建設関係データ化をして、きちっと調べて、そういうものを出して基本的なものがあれば、各部落で、ああ、ここがこういうふうになった、あっこようなったというてもすぐそれで見てすぐできるから。そういった方法をとったらどんなかなという話です。 ○議長原野健一議員) 難波産業建設部長。 ◎産業建設部長難波利光君) ありがとうございます。 

真庭市議会 2018-09-11 09月11日-03号

次に、避難場所の件ですけど、大きな単位でやると、どこどこの小学校、どこどこの中学校、公園にということがあるんでしょうけど、小部落といいますか、小字単位で、こういうときにはここが一番いいんじゃないかということは地元の人が一番よくわかっておりますので、そこら辺を地元の人と協議しながら、ひとつ避難場所の設定といいますか、指定場所を今後見直したほうがいいというのが、今回の災害で、指定されたとこに行こうにも、

瀬戸内市議会 2018-09-06 09月06日-03号

そうすると、コミュニティ会長は各行政に今の現状を、市からの伝達事項、15地区ありますから15地区行政委員部落長に伝えると、そしてそのことを下へおろして、連絡員であるとか、土木委員等に言って、地区のおのおの60世帯があったり100世帯、いろいろありますけども、各地区におろしていくと。そして、当日が来て、台風、大雨が来た。

瀬戸内市議会 2018-09-05 09月05日-02号

だから、私が避難場所を各地域の部落でお願いしたらどんなんならという話よ。だから、先ほど言ようたろう。自主防災組織避難場所を決めて避難していただいたりする言ようたが。それの延長線なんよ、これは。 じゃから、各部落でそういったカードをみんなで認識してやったらどんなんならという話よ。せっかくお金も出る話じゃけえ。まちから金出すというても知れとるが。印刷代だけじゃが。

岡山市議会 2018-06-22 06月22日-06号

◆24番(鬼木のぞみ議員)  そのことがまさに部落差別なんですよ。(「えっ」と呼ぶ者あり)誰にも言えない,誰にも言わないで悩む人が多いのが実情なんです。本当に信頼できる人にしか相談はしません。(「そのとおり」と呼ぶ者あり)岡山市がじゃあそういうふうな相談にきちっと取り組んでいるかどうかということになってくるんです。本当に信頼できる人じゃないとデリケートな結婚問題は相談できないんです。

岡山市議会 2018-06-20 06月20日-04号

部落問題は,一部の人びとが歴史的に住む場所や職業や結婚の自由を奪われ,近代社会においてもなお不当な人権侵害を受けてきたという問題です。戦後,日本国憲法基本的人権を確立する運動や行政施策,特に昭和44年制定の特別措置法により,生活環境など大きく改善されてきたことを受け,一連の特措法は平成14年に廃止されました。現在同和地区は存在しません。 

備前市議会 2018-06-13 06月13日-03号

ただ、鶴海につきましては各小部落の区長がそれぞれ市の担当職員一緒に歩いたり、要望場所を確認して毎年やっております。そのときに大松屋さんの前の防護柵については要望はありませんでした。鶴海地区について要望のあった防護柵については順番にできておりますが、大松屋の前は要望はなかったということです。 ○議長立川茂君) 西上議員

瀬戸内市議会 2018-06-12 06月12日-03号

コミュニティがあるところはいいんですけど、コミュニティを持っていない新しい団地の方とか、古い団地もそうなんですが、結構コミュニティを持っていない方がどこに行ったらいいんだろうっていうような相談も受けるんですが、そういう私が知っているところは旧部落のところにあるところをお借りするようなことができたんですが、一緒に合同でやるっていうような方だったんですが、そういうふうな困っている人たちとか、コミュニティ