運営者 Bitlet 姉妹サービス
2357件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月11日−03号 26人という数字が出ましたが、ちなみに勝山の給食260人食べれますから、そこに出向くとか、それを提案したい。中学に出向いて語りかけるきっかけにしたいとも市長言ってくださってる。きっかけなんで行ってやるとは言われなかったんで、ちょっと言います。  先ほど古南議員が起業する話をしましたけど、私はサラリーマン生活であって起業するということなんか頭になかった。 もっと読む
2018-12-06 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月06日−03号 そういうような中で、本市は学校給食費の助成、保育料の無料化、出産祝い金の支給、高校生までの子供の医療費の助成など、他の自治体に比べても決して劣らない、さまざまな子育て支援を行っていることも御理解をしていただきたいと思います。安心して子供を産み育てることのできるまちづくりが継続でき、持続可能な体制づくりが大切だと思っております。人気取りで自分のときだけして、あとは知らんぞというわけにいきません。 もっと読む
2018-12-05 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号 それとまた、これは通告してあるんじゃないですけど、私立にしても、赤磐市立にしても、市立にしても給食費のことが出てきます。まあ幼稚園もありますけど、特に保育所の中で、この徴収です。お金を出すほう、これがゼロになった場合、まあ国も制度改革やっとると思うし全国市長会でも要望は出されとると思いますけど、わかる範囲で結構ですが、市の持ち出しがどのようになっていくかというのがわかれば教えていただきたい。 もっと読む
2018-12-05 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月05日−02号 ◆5番(石原和人君) その形もいわゆる休園しとるままじゃなくて、分園して何らかの形で利用したらどうですかという提案もたびたびしてきたところなんですけれど、おっしゃったように人的な配置の問題であったり、給食の問題であったりというところでなかなかというところなんですけれども。   もっと読む
2018-12-04 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月04日−01号 また、学校給食共同調理場の整備については、計画どおり来年度の2学期から、勝山共同調理場の給食を美甘と湯原の3校へ提供するため、施設の整備や備品の購入について、今議会に所要の補正予算を提出します。  本の香りのするまちづくりについてですが、今年度、SDGsモデル事業を活用して、森林や林業、バイオマス産業等に関する専門書を備えた木のくに資料センターを中央図書館内に開設します。 もっと読む
2018-12-03 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号 地産地消に関しましては、例えば学校給食において、地域でとれた産品、お米にしても野菜にしても、そういったものを積極的に使用するようなことを進めさせていただいております。そういった中で、学校給食の現場で子供に生産を行っている方の顔が見えるような試みもさせていただいているところでございます。こういったことから、学校給食から地産地消の推進を進めているところでございます。   もっと読む
2018-11-01 玉野市議会 平成30年第 5回11月臨時会 次に、3、公共設備の再編整備である東清掃センター及び学校給食センターの政策に反対します。 公共施設再編整備政策についてであります。 もっと読む
2018-09-27 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号 委員より、就学援助費の補助基準等の説明をとの質疑に、執行部は、生活保護家庭に準ずる家庭の子供を認定し、学用品費、校外活動費、修学旅行費、給食費等について支給しているとの答弁。  委員より、図書館費について所蔵している本のうち紛失、未返却等のものがあるかとの質疑に、執行部は、30年2月の蔵書点検では29年度に紛失等したものは13冊であるとの答弁。   もっと読む
2018-09-14 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月14日−04号 現在、備前市は保育園、幼稚園に続きまして小学校、中学校の義務教育については、給食費の援助を行っております。しかし、中身は第2子が5割、3子以上が無料という非常に私は変則的であり、差別的な援助ではないかというふうに捉えております。   もっと読む
2018-09-12 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月12日−04号 実は、昨年の4月に落合小学校で、2階の教室で給食の時間に牛乳瓶1本180㏄が床にこぼれ落ちて、その牛乳が1階の天井からストレートに滴り落ちたことから、不安な天井ですと保護者からも相談がありました。現場を私は見に行きましたが、教室の床や廊下にとても多くのひびがありまして、1日の大半を過ごしている子どもたちがそのとき、このひび大丈夫かなと不安を訴えておりました。 もっと読む
2018-09-12 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月12日−02号 それは特に生活水であるとか仮設トイレとか、あるいは給食室の炊き出しの拠点としての役割とか、それから奈良市なんかですと、都市ガスをプロパンガスに緊急用に取りかえるというんですか、そういう措置が、設備をしとるというようなのを見たことあります。 もっと読む
2018-09-11 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月11日−03号 私は食育に関しても、これは給食関係者も私はもう一度考え直さなきゃならないと思いますけども、食育は基本的に家庭です。給食に依存するという、そういうのは私はおかしいと思ってます。給食の持つ重要性はもちろん認識した上で申し上げてるわけです。   もっと読む
2018-09-07 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月07日−04号 次に、質問事項4、学校給食についての質問要旨1、学校給食における食育の位置づけとその具体策を明らかにして、さらに積極的に推進すべきではないかについてお尋ねします。  学校給食について、邑久の調理場の業務が今年度から外部委託となり、今後も牛窓、長船の調理場についても外部委託を視野に入れられていることを知らされました。 もっと読む
2018-09-05 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月05日−02号 長船・牛窓の学校給食調理場について。  学校給食調理場については、数年前から邑久学校給食調理場の米飯炊飯の機器にふぐあいが生じているということで、平成26年11月議会に、米飯炊飯器のふぐあいから米飯炊飯を民間に委託する予算が提出をされ、そのとき私は反対討論をしたのを今でも覚えています。議論の末、平成27年度から、邑久学校給食調理場の米飯炊飯が民間委託へとなりました。 もっと読む
2018-09-03 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号 そのときに、私のほうも学校給食とか、庁舎長寿命化のことも出しました。その中で、私のほうは全協で図っていただいた。これも厚生委員会のほうになったらまた詳しく説明すると言われましたが。それで、全協のときにちょっと説明を聞いた中で、たしか地域住民の承諾を得とるというのがありました。これ、勘違いじゃったらこらえて。間違いで削除してください。ありました。しかしながら、答弁は区長1人に説明じゃなかったですか。 もっと読む
2018-08-30 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号 3目学校給食費では、179ページ、18節備品購入費で、中央学校給食センターの食器消毒保管庫2台を老朽化により312万6,600円で更新いたしております。  続きまして、178ページのほうをごらんください。  11款災害復旧費は、農地、農林施設、公共土木施設の災害に係る工事費等を合わせまして9,040万28円を支出しております。執行率は42.2%となっております。   もっと読む
2018-08-29 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-08月29日−01号 邑久学校給食調理場の業務委託の状況についてです。  邑久学校給食調理場については、平成30年4月から調理、配送、洗浄業務の民間委託を実施しています。教育委員会では、7月に邑久町地域の幼・小・中学校の全教職員、小学校高学年の児童及び中学校全生徒の931人に給食アンケートを実施しました。   もっと読む
2018-08-01 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-目次 福里地区の避難所をどう考えるのか (4) 自主防災組織が各地域で発足しているが、これらを連携させ、実際の災害を想定した避難訓練を市を挙げて実施してはどうか市長 副市長 教育長 担当部長2.有害鳥獣対策について(1) 有害鳥獣対策室の現状と、今年度の新たな取り組み及び変更点は (2) 被害防止には捕獲することが重要だが、そのためには捕獲補助金を手厚くすべきではないか市長 担当部長3.長船・牛窓の学校給食調理場 もっと読む
2018-06-29 赤磐市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月29日−05号 視察へ行った津山市の給食センターでは、HACCPの考え方に基づき給食をつくっており、官公庁では考えつかない手法だと思う。外部からも認定されるような基準に基づいてつくる給食、いわゆる民間委託はすべきだと思っているので反対するとの意見。  委員より、基本的には民間がよいとか直営がよいという問題ではないと思う。視察へ行って民間のよさや問題点も理解できた。問題点はこれから話し合っていけばいいと思う。 もっと読む
2018-06-26 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月26日−06号 市民からは、備前市はふるさと納税で学校のトイレの洋式化や給食費の無償化に使っている、瀬戸内市も寄附を集めるなら刀でなく子どものことに使ってほしいという子育て中のお母さんから意見を聞きました。財源を寄附金とすること自体にも市民に対して理解が得られない状況を生み出してしまうのではないでしょうか。  また、山鳥毛を所有することで市の品格を高めると言われます。 もっと読む