運営者 Bitlet 姉妹サービス
652件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月06日−03号 まず1点目の地域担当職員制度は、地域振興の偏りがちょっとでも少なくなるよう、市長である私の手足となり、また目や耳となり、地域ごとの課題発掘に努めていただくために、また職員研修の一つとして設置した制度でございます。また、その受け皿として、各地域ごとに(仮称)まちづくり会議設立へのお手伝いをさせていただくものでございます。   もっと読む
2018-09-06 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月06日−03号 7月豪雨にて新たに緊急点検として、国それから市の職員合同で点検をした結果、12の池について何らかの対策が必要であるという調査結果が出ております。   もっと読む
2018-06-15 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月15日−05号 それにつきまして、対応するのに副市長の答弁では、委員会を開いて備前市入札等調査委員会というんですかね、それを開いて委員会では事情聴取等の調査に値しないとの結論に至ったと。ただ文書を、参加者の会社に対して入札に際しては厳正に行われたい旨の通知文書を発送したとのことであります。この事情聴取等の調査に値しないと判断をされた根拠についてお尋ねをしたいと思います。  以上の2点でございます。   もっと読む
2018-06-13 赤磐市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号 調査したり皆さんの意見をいただいたり、そういうきちっとした基本条例を、市民の方々と共同でつくっていくべきじゃないかと。それによって判断していけば、今、行政のほうも困ると思うんですよ。いろんなことが起きても判断基準がちょっと曖昧です。 もっと読む
2018-06-13 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−03号 残念ながら昨年度の市民意識調査では、市民の期待度は高いけれども、満足度が十分でないと、そういうような結果も出ておろうかと思っております。 もっと読む
2018-06-13 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−04号 県内の消防本部の調査によりますと、歩行者の転落による死亡者、重傷者は二輪車の2倍以上と極めて多い状況であるとの結果も出ております。 もっと読む
2018-06-11 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月11日−02号 あとは、個人的な人の若干気にさわるようなことなんでお話はできませんけれども、調査改善点はありますが、調査改善の早急な対応をお願いします。冒頭でも述べましたが、調査改善が見られない場合は外部団体に調査を委ねることになります。また、犯人捜しをした場合にも、すぐに外部団体に調査を依頼しますというような文面がございます。 もっと読む
2018-06-04 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月04日−01号 計画認定に基づき、NPO法人が実施する学術調査事業等を支援するため事業費予算を今議会に計上していますので、よろしくお願いします。  環境部関係です。  環境フェスタinせとうちの開催について。  6月10日にゆめトピア長船において環境フェスタinせとうちを瀬戸内市消費生活問題研究協議会、岡山県備前県民局と共催します。 もっと読む
2018-03-08 備前市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月08日−03号 ちょっとお話の中で申し上げましたが、29年度の市民の意識調査、先ほどちょっと順位を出しましたが、この一番最後に、その他自由記述欄ということで、書くところがあるんですよね。そこで、病院のカテゴリーを見させていただいたんです。ちょっと御紹介しておきます。  20代の女性、居住地は日生。市内に病院が3施設あるが、どれも中途半端で、受診しようと思いません。 もっと読む
2018-02-26 真庭市議会 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−01号 明治以来、増加を続け、約4倍にまで膨れ上がった日本人の総人口は、国勢調査が始まった1920年から100年を目前にした平成27年、2015年でございますけども、の第20回の調査で初めて減少に転じました。この現象は日本の歩みを象徴するもので、社会、経済などの構造変化による新しい時代の到来を意味しています。それでも今なお東京圏にだけには人口流入が続いており、人口の偏在化がさらに進んでいます。 もっと読む
2017-12-13 鏡野町議会 平成29年12月会議-12月13日−03号 これにつきましては、災害対策基本法でもうたわれておりまして、鏡野町におきましても現在、集会所ですとかそれから老人憩の家、それからコミュニティハウス、これらを現在調査いたしまして、まず1次的な避難場所として指定をしていく予定にしております。   もっと読む
2017-12-11 美咲町議会 平成29年第 7回(12月)定例会-12月11日−02号 本町におきましては、介護予防、日常生活圏域ニーズ及び在宅介護実態等のアンケート調査も実施されております。この調査をもとに、地域包括ケアシステムの推進も早急に取り組むべきだと考えます。当初より言われておりました地域包括ケアシステムについては、保健福祉課だけの所管のように思われがちでありましたが、現在では内容にも変化が見られ、全課にまたがっての取り組みになりつつあると聞いております。 もっと読む
2017-12-07 瀬戸内市議会 平成29年11月第5回定例会-12月07日−03号 この郷土検定の実施により、観光サポーターやボランティアガイドの発掘や育成につながるものと考えております。  なお、郷土検定等の実施については、実施期間を初めとして慎重な検討が必要であると考えております。  最後に、要旨4についてでございます。   もっと読む
2017-09-26 津山市議会 平成29年 9月定例会-09月26日−08号 昨年度、本市で実施した協議会事業といたしましては、おもてなしプラン発掘&受入環境アドバイス事業において、10月に台湾人ブロガーや旅行エージェントの受け入れを行うとともに、11月に韓国メディアを招請するなど、各種モニターツアー、視察ツアーの受け入れを行いました。   もっと読む
2017-09-14 備前市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月14日−03号 1番、1点目、備前市の子供の貧困率についてですが、国の示した貧困率、平成27年度13.9%は国民生活基礎調査によるものでございます。これと同様の貧困率について、備前市では調査はいたしておりません。参考となるものは、小・中学校の要保護、準要保護の割合で推測するとなると、約13%になるようであります。   もっと読む
2017-09-12 真庭市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月12日−02号 また、上下流の連携の一環として、勝山でのかいぼり調査、先般は余野での川の生き物調査も関係団体が頑張ってやっていただいておりますし、また行政も協力しております。で、岡山市内の市民、子供たちと真庭市民とが交流するというような、そういうこともそういう活動の中でやっております。  今後とも、岡山市もESDをやって、それを続けていきたいということであります。 もっと読む
2017-09-08 真庭市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月08日−01号 岡山連携中枢都市圏の取り組みについてですが、岡山市が認定こども園建築にCLTを採用したこと、また旭川の清流化に向け勝山地区において実施したかいぼり調査や余野地区における生き物、水質調査に子供を含む岡山市民が参加するなど、連携の成果があらわれつつあります。今後、岡山自動車道の4車線化、ハラル圏からのインバウンド、図書館の相互利用など、川上と川下のさらなる連携強化を図ってまいります。   もっと読む
2017-09-07 津山市議会 平成29年 9月定例会-09月07日−05号 次に、第2期計画の進捗状況でございますが、平成28年度から37年度までの10年間を期間として実施しており、二の丸東側石垣落石防止柵設置工事、城跡北側搦手の裏鉄門周辺整備事業、裏下門周辺整備設計、整備事業に伴う発掘調査、説明板の設置などを実施しているところでございます。   もっと読む
2017-09-01 新見市議会 平成29年9月定例会〔一般質問通告者一覧表〕 国土調査の推進には如何なる方策が │市長、産業部 │  │  │  │       │  あるか              │長、建設部長 │  │  │  │       │ (1) 完了まで80年かと言われる要因は │       │  │  │  │       │   何か              │       │  │  │  │       │ (2) 31年度までに整備する林地台帳 もっと読む
2017-08-21 総社市議会 平成29年 8月定例会-08月21日−01号 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名    議会事務局長  三 村  和 久        同   次長  柚 木    均    同   主幹  赤 木  郁 哉        同議事係主査  大 西  玲 子    同庶務調査係主査西 槇  昌 志 5.  もっと読む