運営者 Bitlet 姉妹サービス
526件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 玉野市議会 平成30年第 6回12月定例会 財政難を理由に、市民センターなどの出先機関に勤務する市職員の駐車場代まで徴収し、職員に痛みを押しつけているもとで、一般職の職員の給与改定に合わせて引き上げるのではなく、みずからもその責任を自覚し、市長等の特別職と市議会議員の期末手当、ボーナスを据え置くべきであると考え、以上の理由からこの議案に反対をするものであります。  もっと読む
2018-09-27 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号 また、哺乳類、人間にとっての毒性については、人に摂取されると、中枢神経、自律神経、骨格筋に関連する多彩な症状を引き起こし、脳の異常、指の震え、発熱、腹痛、胸の痛みなどのほか、短期の記憶障害も起きています。また、胎盤を通過するから妊婦が摂取すれば胎児が影響を受けることになります。子供への脳神経に与える影響は、昨年の9月議会の一般質問で述べたとおりです。 もっと読む
2018-03-09 真庭市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月09日−02号 個人の感想としても、足の痛みがよくなったとか、ペットボトルやドリンクのふたがあけられるようになったとか、笑顔がふえたとかということで、心と体によい効果があらわれてるということが、そういう声が実際にあります。  もっともっとこれを普及していくということにしていきたいというふうに思っております。 もっと読む
2017-12-06 瀬戸内市議会 平成29年11月第5回定例会-12月06日−02号 市民生活に影響を及ぼす大きな改革は、市民の皆さんや市議会に諮り決定していくものですけども、全ての方々に全く痛みのない改革はあり得ないということをご理解をいただいて、最善の市政を行わねばならないというふうなことであります。  市長、まだ今言うた15年たったわけでありません。 もっと読む
2017-12-01 浅口市議会 平成29年第4回12月定例会 ◆6番(岡邊正継) 賛成するんですが、この件ではなしに、一つ市長にお伺いしたいんが、改革をすると、職域改革、意識の改革、機構改革、こういう改革なされるそうなんですが、改革には痛みが伴うわけでございまして、どういうふうに改革なさるんか。一言でいいからお聞かせください。             もっと読む
2017-09-14 備前市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月14日−03号 水道施設のインフラにつきましては、耐用年数を基本とした目安をして、古い順番から手がけるということが基本でありますが、埋設している地域の土質の問題等々から、若干それが前後することがあろうかと思う、痛みぐあいがですね。そういうようなことも含めて老朽化診断により順位を前後する場合もあろうかと思いますが、いずれにしろ財政面もありますので、計画的な整備を積極的に進めてまいりたいと思っております。   もっと読む
2017-09-06 備前市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月06日−01号 雨漏りなど痛みが激しく、再生活用は厳しい状況ではありますけれども、今後どのような選択肢が考えられるのか、建物再生の専門家である弥田先生から引き続き助言をいただくことにしております。  7月26日から4日間、アメリカハーバード大学・スタンフォード大学から学生講師を招いたイングリッシュキャンプ、サマーインジャパンが初めて岡山大学で開催され、備前市からも2名の小学生が参加をしました。 もっと読む
2017-08-24 総社市議会 平成29年 8月定例会-08月24日−02号 そこの、国の制度にはまらないけれどもこういう痛みを感じている、こういう項目、こういう項目、こういう項目で苦労をされている、市独自の台帳を作れないんです。この作り方が本当にこれからどうやってやっていくのかというのが遅々として進んでいない。 もっと読む
2017-06-19 真庭市議会 平成29年 6月第3回定例会-06月19日−03号 これ、それをやらないと、本当に痛みだけが残って、上からのこういった計画こそが、下からのマネジメントをしっかりつくり上げる必要が私はあるんではないかっていうふうに気がいたしますんで、これ以上論議してもなかなか難しいんですが、やはり民主主義の根幹である、それをやはり行政がしっかり守っていく。 もっと読む
2017-06-16 総社市議会 平成29年 6月定例会-06月16日−04号 この経験、私たちが、何万人も亡くなったそのつらさ、痛みというものを総社の子どもたちに見せて、それを語り継いでほしいと。それが私の最後の夢ですというふうに奥山市長に言われたので、私はそれをもとに、やはりこの残金については、総社の子どもたちを東日本に派遣して、それを語り継いでいく事業を展開していきたいと。これがやっぱりひとりよがりでない支援の在り方だというふうに思います。 もっと読む
2017-06-16 総社市議会 平成29年 6月定例会-06月16日−04号 この経験、私たちが、何万人も亡くなったそのつらさ、痛みというものを総社の子どもたちに見せて、それを語り継いでほしいと。それが私の最後の夢ですというふうに奥山市長に言われたので、私はそれをもとに、やはりこの残金については、総社の子どもたちを東日本に派遣して、それを語り継いでいく事業を展開していきたいと。これがやっぱりひとりよがりでない支援の在り方だというふうに思います。 もっと読む
2017-06-12 津山市議会 平成29年 6月定例会-06月12日−02号 性的マイノリティーの人権を保障するために、学校でするべきことは、性的マイノリティーとされる児童・生徒への支援は当然ですが、全ての児童・生徒が性自認や性的指向の多様性について正しく理解し、他者への痛みや感情を共感的に受容できるよう指導することも大切なことと考えられます。  民間団体「いのちリスペクト。 もっと読む
2017-06-05 美咲町議会 平成29年第 5回( 6月)定例会-06月05日−01号 君子的アプローチは、一時的には痛みが伴いますが、結果として物事が早急に改まります。我々議員もそうありたいものです。今後4年間、心して努めてまいりますことを町民の皆様にお約束を申し上げ、私の挨拶とさせていただきます。  それでは、ただいまから平成29年第5回美咲町議会定例会を開会いたします。(午前9時30分)  ただいまの出席議員は14人です。定足数に達していますので、本日の会議を開きます。   もっと読む
2017-06-01 玉野市議会 平成29年第 3回 6月定例会 また、市民に痛みと負担を強いる使用料の値上げ分については本来市の財政に繰り入れなければならないものでありますが、当初提案では考慮されておらず市の財政運営に損害を与えるものであり初歩的なミスというよりも意図的に市外の営利企業に有利に誘導するような提案であったと思えるんですけれども、このあたりの点について協議内容をお聞かせください。  もっと読む
2017-03-08 備前市議会 平成29年 3月第1回定例会-03月08日−02号 病院や薬局の役割は、急病の慢性的な病気を治療することであり、その患者の中には痛みを耐えながら診療時間を待っているといったような方も、また診ていただいたら処方箋が出るまでに時間を非常にかかるというようなことが吉永のほうでお聞きします。   もっと読む
2017-02-24 真庭市議会 平成29年 3月第1回定例会-02月24日−02号 施設の集約化、補助金や使用料の見直しなど、痛みを伴う施策転換については、住民とのコミュニケーションによる説明と合意と納得の関係が欠かせません。この任期におけるこの点での行政姿勢のあり方について市長の見解を伺い、この場からの質問といたします。 ○議長(竹原茂三君) 市長から答弁を求めます。  太田市長。 ◎市長(太田昇君) 岡崎議員の御質問にお答えいたします。   もっと読む
2016-12-20 真庭市議会 平成28年12月第4回定例会-12月20日−05号 であるならば、我々も先行してというんじゃないですけれど、議員みずから痛みを分かち合って早くそういうふうな対応をしていく。先ほども財政の見通しも報告されました。平成33年には赤字にも転落するというようなことが言われております。市民に負担を求める前に議員みずからそうした襟を正して、そして市民の負託に応えていく、これが先じゃないでしょうか。私はそのように思っております。 もっと読む
2016-12-06 瀬戸内市議会 平成28年11月第5回定例会-12月06日−03号 この条例に対して私だったら、いずれやらねばならぬ施策であれば、率先垂範で岡山県下で一番に名乗りを上げますが、我が町の執行部は金額の大きな政治には関心を示しますが、弱者の痛みには余り積極的でないので、私が提言しても前向きに検討するとしか答弁は返ってこないと思いますが、試しに副市長にこれに対する所見を伺いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 ○議長(平原順二議員) 高原副市長。 もっと読む
2016-12-05 瀬戸内市議会 平成28年11月第5回定例会-12月05日−02号 1、予算編成についての質問の要旨といたしましては、中期財政計画の中に全く痛みのない改革はあり得ないと記してあります。この痛みを伴わない改革はあり得ないというのは、もうここずっと中期財政計画出されるたびに書かれていることであります。27年度から段階的に交付税が減らされていく中で何を削減していくのかということをお伺いしたいと思います。   もっと読む
2016-12-05 真庭市議会 平成28年12月第4回定例会-12月05日−02号 市も機構改革とか財政改革、これは懸命にやっておられることと思いますけれども、財政改革で本当に必要なことは、市の職員も議員も含めて全ての市民が痛みを分け合うことではないかというふうに思っているところであります。市長がよく言われますように、将来の真庭市を背負う方々にツケを回さないこと、これが重要で、このことは言うまでもなく共通した認識であろうというふうに思っております。 もっと読む