10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

浅口市議会 2017-06-07 06月07日-04号

続いて、次に燃料電池車の水素ステーションの今後についてお伺いします。 皆様、燃料電池とは御存じでございましょうか。議長に許しをいただきまして資料を配付させていただいております。青い資料でございます。 こちらに燃料電池車の仕組み等々書いてあるんですが、水に電気を通すと水素酸素の泡が出てくるのは、水の電気分解でございます。この反対です。水素酸素を反応させて電気を取り出すのが、燃料電池

浅口市議会 2016-06-08 06月08日-04号

これから今後10年でというと、これはかなり短いスパンで、努力目標の部分もあるとは思うんですが、やはり技術先進国である日本が、確かに今水素自動車電気自動車との両方が普及を競っているところでもありますが、やはりこういった環境技術に力を入れて世界に発信をしていく、その先進にこの浅口市がなれるようにどうか力を入れていただければと思いますが、市長の御所見はいかがでしょうか。

岡山市議会 1987-07-09 07月09日-06号

3つ目は硫化水素,これは卵が腐敗したときのにおいです。4つ目は,メチルメルカプリタンといって,これはLPガスがなくなりかけたときに出るにおいです。この4つがほどよくミックスされてあのかぐわしい田舎の香水となるわけであります。 ところで,私が人手しましたアニコと活性炭の脱臭力比較実験結果のデータによりますと,このデータは既に前もって当局にはお渡ししてありますので研究なさっていらっしゃると思います。

岡山市議会 1987-06-26 06月26日-01号

次に,甲第113号議案は,岡山市青江・豊成土地区画整理事業施行に伴い,事業実施区域内及び一部隣接地の町及び字の区域を変更するものであり,甲第114号議案は,猿場池地区団体営ため池等整備事業及び西祖浦間地区団体土地改良総合整備事業を施行するに当たり,その計画の概要を定めるものであり,また甲第115号議案は,岡山市立財田小学校第2理科教室において,水素が燃える気体であることを示す実験中,水素爆発

岡山市議会 1983-09-11 09月11日-07号

廃プラスチックは,燃やせないごみとして収集していた時期には,排ガス中の塩化水素対策等の問題から埋立処分をいたしておりました。しかし,廃棄物の安定化,適正処理の推進,最終処分場の延命化及び熱エネルギーの回収という観点から,焼却施設の更新や改修を順次行い,プラスチックの焼却処理が可能となったものでございます。 

岡山市議会 1983-09-10 09月10日-06号

その次は,硫化水素対策ですけれども,ことしに入りまして,硫化水素自殺が激増しております。インターネットにより生成方法が紹介されて,簡単に死ねるということであっという間に広がっていきました。ことし1月から5月にかけまして,硫化水素使用いたしました自殺は489件,自殺者は517人にも上っております。硫化水素というのは周囲の人を巻き添えにしてしまいます。

岡山市議会 1983-07-02 07月02日-03号

近年路盤用高炉スラグの製造技術の開発も進みまして,品質管理手法の確立もされてきておるというふうに聞いておる次第でございまして,JISによりますれば,スラグは黄濁水及び硫化水素臭の発生しないことを確認するための試験をすることになっております。 

岡山市議会 1977-02-27 02月27日-06号

ガソリン車ではなく水素電気自動車が町なかを走っている。路面電車公共バスだけではなくモノレール地下鉄が走っている。岡山城や岡山後楽園,吉備・高松エリアなどには,今の京都のように観光客であふれている。幼稚園保育園,認定こども園が閉鎖することなく子どもがあふれている。企業では,男性はもちろん女性も輝きながら仕事をしている。

玉野市議会 1940-09-06 09月06日-02号

塩化物に粘土や砂と卵などに含まれている硫黄酸化物が触媒物質となり、適度な合成温度が備わった環境内で塩化物から塩化水素が生成し、生成した塩化水素が一酸化炭素と結合して初めて生じる現象であり、発生量につきましても微量だと聞いております。

  • 1