8167件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

笠岡市議会 2030-09-11 09月11日-03号

そのうち,超過従量制を採用しているのは,岡山県では本のみ,全国でも37市町村で,割合は3.3%となっております。 なお,ごみ袋を無料としております市区町村の中には,倉敷や福山などのように,ごみ袋として使用できるものを指定している自治体もあるため,ごみ袋を1枚目から購入しなければならないところも含まれております。 次に,5点目につきましてお答えします。 

玉野市議会 2028-09-11 09月11日-03号

平成30年度9月に策定いたしました玉野中期財政試算において、市民病院地方独立行政法人への移行及び新病院建設に係る経費や新たな学校給食センター整備、運営に係る経費、また令和7年度から始まる本市、岡山、久米南町の21町でのごみ処理広域化に係る岡山への負担金中継施設整備等に係る経費を見込み、これら優先度の高い3事業に関し、平成30年度から令和10年度までの10年間に必要となる一般財源所要額をお

総社市議会 2025-12-09 12月09日-04号

それと、今、桃太郎伝説というのもありますから、自転車を使ったコースを国分寺から雪舟生誕地の方へ来ていただいて、また総社駅とかに帰るんではなくて、最寄りの服部駅ですとか、岡山になりますけれども、足守駅、高松駅、場合によっては吉備津の方まで行かれる方がいらっしゃるかも分かりません。そういったコース作りといいますか、来ていただく方を増やしていただく工夫等も今後考えていただけたらなというふうに思います。

総社市議会 2025-09-04 09月04日-03号

あるいは第九を年末にやっておりますが、これはやっているは今岡山総社倉敷だったか、もうそんなにできるものではありませんが、本当に私も第九を毎年聞いておりますが、泣いてる方が結構いらっしゃいます。それぞれについて、これから検証をしながら果たしてどうだったのかということをやっぱりアンケートでもとって、整理する必要があると思っております。

笠岡市議会 2025-06-06 06月06日-02号

笠岡が加入している一部事務組合は,現在,近隣市町で構成する燃えるごみ以外の一般廃棄物共同で処理する岡山西部衛生施設組合,高梁川からの水を水道用水として共同で供給する岡山西南水道企業団消防救急業務共同で広域的に行う笠岡地区消防組合などがございます。 次に,2点目につきましてお答えします。 

瀬戸内市議会 2024-12-03 12月03日-02号

しかし、それにあぐらを組んでおいてはこれもなかなかどうかなと、当市においての傾向が20代から40代の若い世代岡山近隣のほうへ転出が多くなっておると、そしてまたこれもともとの当においての懸案事項でありますけども、県下においても合計特殊出生率が低いと、この問題は相変わらずであるというふうなことはそのままであろうと思うところであります。 資料2であります。

赤磐市議会 2024-12-02 12月02日-04号

当市教育委員会給食配送業務に絡み、勤務実績のない臨時職員に賃金を支払い、に損害を与えたとして岡山県警捜査2課と赤磐警察署に30日、背任の疑いで前教育次長藤井保健福祉部参与が逮捕されました。この事実に私自身大きな衝撃を受けておりますとともに、市民の皆様の市政に対する信頼を著しく失墜させる事態となりましたことに対して、深くおわびを申し上げます。 

総社市議会 2024-11-29 11月29日-01号

現在、総社の全体の人口増加傾向にあります。岡山県下の中でも、数少ない人口増加しているとなっております。当然ながら、税収もそれに比例して増加を続けております。となれば、今こそがさらにこれから総社を発展させていくべく、いけるだけの千載一遇のチャンスを迎えていると言えると思います。まさしく、大いなる変革の時期であると捉え、考えております。

笠岡市議会 2024-09-26 09月26日-07号

説明に対し,ごみ袋有料化ありきの説明で間違っているのではないかとの質問があり,岡山県内の自治体を調査したところ,井原,矢掛町とごみ袋の単価が同額の備前において排出量が多い事例がありました。つまり,1人1日当たりのごみ排出量は,ごみ袋の価格との因果関係はないと判明いたしました。執行部に適切な説明をするよう要望いたします。 以上,簡単ではございますが,委員会審査報告とさせていただきます。

笠岡市議会 2024-09-12 09月12日-04号

岡山県がまとめた2018年度の鳥獣捕獲実績によると,イノシシは2万6,042頭で過去最多を更新。鹿は1万1,536頭で,同5番目に多かった。農作物の被害を防ぐため,県が定めた狩猟期間,11月15日から3月15日以外に市町村の判断で捕らえられる許可捕獲増加が全体を押し上げている。イノシシ捕獲総数は前年度比13.2%増と2年ぶりに増加した。2万頭を超えるのは5年連続。

赤磐市議会 2024-08-30 08月30日-02号

認定について 第3 認第 6号 平成30年度赤磐下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について 第4 認第 7号 平成30年度赤磐宅地等開発事業特別会計歳入歳出決算認定について 第5 認第 8号 平成30年度赤磐竜天オートキャンプ場特別会計歳入歳出決算認定について 第6 認第 9号 平成30年度赤磐財産区特別会計歳入歳出決算認定について 第7 認第10号 平成30年度赤磐水道事業会計決算

真庭市議会 2024-06-21 06月21日-05号

現時点では、今回提案させていただいてる位置がとしては最適と考え、事業を進めさせていただきたいとの答弁がありました。 討論はなく、採決の結果、全員挙手で妥当な計画変更であると認め、原案可決となりました。 次に、議案第54号岡山市町村総合事務組合を組織する地方公共団体数の増減及び岡山市町村総合事務組合規約変更に関する協議についての報告をいたします。 

真庭市議会 2024-06-06 06月06日-03号

福利厚生に関する責任と権限は、任命権者岡山教育委員会にあります。それに基づいて毎年健康診断を義務づけており、人間ドック受診の補助を初めとした各種助成制度があります。また、真庭では、教職員を含む全職員を対象にしたメンタルヘルスチェックを実施しています。また、交通安全につきましては、校長会での指示や各校で校内研修を実施しております。 

真庭市議会 2023-12-06 12月06日-02号

それで、真庭就職氷河期世代に限らず、優秀な人材確保ということで、中途採用にも積極的に取り組んでおります。それから、真庭だけじゃなくて、真庭市内での求職者早期就職支援を図るために、もう平成18年から、ハローワークがありませんので、真庭として岡山労働局連携協定をして、市役所内に真庭地域職業相談室、いわゆる地方版ハローワーク、それを設置して、求職者の便宜を図ってきております。

備前市議会 2023-09-12 09月12日-03号

5番目、備前における外国人観光客受け入れ態勢についてどのように考えられているか教えてください。国が何か4,000万人ぐらいを今目標にしています。そうしたら、岡山県に多分何百万人か来て、そのうち備前に何万から何十万来てもらえると思います。よろしくお願い、これも担当部長答弁をお願いします。 ○議長立川茂君) ただいまの質問に対する答弁を願います。 田原市長。