運営者 Bitlet 姉妹サービス
9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2007-12-12 津山市議会 平成19年12月定例会-12月12日−04号 作家の堺屋太一さんが一躍有名になった著書「団塊の世代」の表題にちなんだものでありますが、全国でいよいよ2007年から2009年で、この世代の中の約280万人が定年退職期を迎えると言われております。では、津山市においては、団塊世代と言われる人口の割合はどのようになっているのでしょうか。大変経験豊富な人たちが現役の仕事をしなくなる状況が津山にもふえると予想されます。 もっと読む
2005-12-12 岡山市議会 平成17年11月定例会-12月12日−07号 戦後60年たちましたが,大戦後間もない昭和22年から24年のベビーブーム時代に生まれた世代は「団塊の世代」と言われ,その団塊の世代とは,作家の堺屋太一さんが1976年に発表した小説「団塊の世代」によって登場した言葉であります。私も団塊の世代でございますが,議場の皆さんの中にも団塊の世代が多くいらっしゃると思います。  学校時代は,入学試験でほかの世代にはない競争の時代を生き抜いてまいりました。 もっと読む
2004-03-10 高梁市議会 旧高梁市議会 平成16年第1回 3月定例会-03月10日−03号 実は3月5日に放送されました山田方谷先生の番組ですね、私はすごい感動を持ってこの70分間を見たわけでございますが、堺屋太一であるとか童門冬二、また全日空の大橋社長などが山田方谷についていろいろと話をされておりまして、ホテルニューオータニでしたが、そこで山田方谷の財政再建についてのセミナーを吉備国の矢吹先生が講演されている様子ももう満室ですね、放送されておりましたけれども、やはり先ほども市長が言われていました もっと読む
2001-09-13 津山市議会 平成13年 9月定例会-09月13日−05号 さきに前経済企画庁長官で堺屋太一さんが来演されまして、これからは高齢者への対応こそこれからの景気の対策であると言っておりました。 もっと読む
2001-03-15 津山市議会 平成13年 3月定例会-03月15日−05号 日本経済の活性化にも寄与することでありますし、日本型知価社会の創造こそ大切だと堺屋太一さんは言っておられます。これらを含めて答弁をお願いいたします。  松尾教育長、今まで少子化対策で将来の労働力不足、介護を仕事としてやるべきだ、共に働くために働き過ぎ、子育てを妻に任せるな。夫婦の子育て改善、話し合いと精神的不安の環境整備。金を出せば等々の発想ですべて効果はあらわれてきておりません。 もっと読む
1999-12-09 岡山市議会 平成11年11月定例会-12月09日−06号 さらに,商店街などに知恵が出てイベント効果もあった──堺屋太一経済企画庁長官でございます──などと指摘されたように,地域活性化への波及効果も多大でした。特に,各商工団体から大変に助かったと。入学前の小学生・中学生のお子さんを持つお父さん・お母さんからも大変好評でございました。これが現場の実感でございます。   もっと読む
1999-03-01 笠岡市議会 平成11年  第 2回 3月定例会 とりわけ新閣僚として経済企画庁長官に就任をいたしました堺屋太一氏は、入閣の前のみずからの自書に消費税の増税は失政である、このようにはっきりと記しているのであります。そうした矛盾を国会論戦の中で突きました。つまり、政府みずからも消費税増税によって今日の深刻な不況を招いているということは、みずから認めているわけです。 もっと読む
1999-02-01 津山市議会 平成11年 2月臨時会-02月01日−01号 御存じかと思いますけれども、堺屋太一経済企画庁長官は、20年後の日本を描いた小説「平成三十年」の中で、平成20年ごろに自治体絡みの第三セクターが幾つもつぶれたと書いています。小説のことと言いながらも現実に彼の予言に近づいているかのように、今既に多くの第三セクターが破綻あるいは経営危機に直面していると仄聞しています。 もっと読む
1995-06-16 岡山市議会 平成 7年 6月定例会-06月16日−03号 作家の堺屋太一さんは,最近の経済見込みについて右肩上がりの時代はもう終わったと。これからの状況を表現するならば,うつむきかげんであると。いつまでも右肩上がりを前提にして先行投資などに走ってはいけないことを指摘しています。このような情勢を真剣に考えるならば,まずは自重して脇を固め,不要不急のものは先延ばしをし,来るべきときを慎重にうかがうのが本筋ではないかと思います。   もっと読む
  • 1