運営者 Bitlet 姉妹サービス
11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2016-12-07 総社市議会 平成28年11月定例会-12月07日−03号 この会議の内容でございますけれども、資源エネルギー庁は化学的有望地、候補地ということになるんでしょうか。化学的有望地、これを平成28年中に示していくと、示していきたいというふうな内容でございます。  以上でございます。 ○議長(荒木勝美君) 大熊君。 ◆23番(大熊公平君) この高レベル放射性廃棄物の最終処分場の危険性については、どの程度把握されておりますか、どうですか。 もっと読む
2010-09-21 岡山市議会 平成22年 9月定例会-09月21日−04号 3番目,化学物質過敏の対策について。  化学物質過敏について,昨年10月に病名として認定され,原則自己負担であった治療費も健康保険が適用となり,成人患者が推定約70万人いるとされている患者の救済に大きく前進しました。しかし,発症のメカニズムは解明されておらず,治療方法も確立されていません。この疾患に対する市民の認知度も低く,対策は十分ではありません。   もっと読む
2008-09-11 岡山市議会 平成20年 9月定例会-09月11日−07号 東京都杉並区のごみ処理施設周辺の住民が健康被害を訴えている杉並病問題で,国の公害等調整委員会は2002年6月,施設から出る化学物質と住民被害の因果関係を認定する画期的な裁定を下しています。  杉並区では,不燃ごみを圧縮する杉並中継所が稼働した1996年から,住民がのどや目の痛みなどを訴えてきました。これまでに被害を届け出た人は約120人。 もっと読む
2007-03-05 岡山市議会 平成19年 2月定例会-03月05日−04号 住民らは聞き慣れない化学薬品の影響を心配し,マスクなどを着けて懸命に拡散防止作業を進める署員らの姿を不安そうに見守った。  カセイソーダは,直接触れるとやけどのような症状を引き起こす。消防署員らは手袋とマスクを着け,高架上や側道などに流れ出した液体を吸着シートで覆ったり,土のうを積んで拡散を阻止。ひしゃくですくって回収する姿も見られた。   もっと読む
2004-12-02 倉敷市議会 平成16年第6回11月定例会-12月02日−04号 子供にとって安全であるべき学校の環境が原因で、子供や教員が化学物質過敏になるなど、また、既にアトピー、アレルギーになっている子供や教員の症状が悪化するケースがあります。また、シックスクールの典型的な症状の一つとして、集中力や思考力が欠け、落ちつきがなくなる、感情を制御しづらくなり、怒りやすくなるというものがあります。   もっと読む
2003-12-10 倉敷市議会 平成15年第8回12月定例会-12月10日−03号 その後、本年7月には国土交通省で建築基準法が改正され、新たに着工する住宅に対して原因と考えられる化学物質の使用制限や、居住部分全体を24時間換気する設備の設置の義務化が決定いたしました。  化学物質の規制としては、クロルピリホスは全面禁止となり、ホルムアルデヒドは発散する量に応じ、それを含む材料の使用量が制限されます。しかし、トルエンなどの化学物質については規制がありません。 もっと読む
2003-03-06 倉敷市議会 平成15年第3回 2月定例会-03月06日−08号 花粉で、くしゃみが出たりせき払いをしたり忙しく、お聞き苦しいかもわかりませんが、お許しをいただきたいと思います。  質問の前に、市長さんに一言言わしていただきたいことがあります。それは、我が党の代表質問で田辺議員が平和について市長の認識をお尋ねいたしました。そうすると、市長さんはこのように言われました。 もっと読む
2003-02-14 岡山市議会 平成15年 2月定例会-02月14日−04号 それから,デジタル化に伴う経済効果の関係でございますが,総務省が平成10年10月にまとめられました地上デジタル放送懇談会の報告書によりますと,全国にある1億台のアナログテレビからデジタルテレビへの買いかえ,それから双方向サービス,モバイル向け放送サービスなど,新たなサービスの実現,新しいコンテンツの制作やシステムの開発投資などによりまして,通信や電気機器はもちろん,出版,化学,不動産など幅広い関連産業 もっと読む
2002-12-05 岡山市議会 平成14年11月定例会-12月05日−02号 シックハウス症候群は,建材や内装材に含まれる化学物質による体調不良で,せき,頭痛,目まい,吐き気,しびれなどのさまざまな症状があります。また,不明な点も多く,日本では90年代に問題化し,今の厚生労働省は97年以降ホルムアルデヒド,トルエンなど13物質に指針値を設けております。 もっと読む
2002-06-17 総社市議会 平成14年 6月定例会-06月17日−02号 我が市におきましては、本年既にPTAの方が増改築された教室に入った途端呼吸困難になられた件もあり、この方は化学物質に敏感な方だそうでありますが、どのような計画で実施されるのかをお尋ねいたします。  文部科学省もごく微量な化学物質を接種しただけで頭痛やのどの痛み、めまいなどの健康被害が出る化学物質過敏について、今月8日全国の小・中学校の児童・生徒への実態調査に乗り出すことを決めております。 もっと読む
2001-06-19 総社市議会 山手村議会 平成13年第 5回 6月定例会-06月19日−02号 近年、建物の建材、施工材や生活用品等から拡散する揮発性有機化合物が原因で、化学物質過敏、俗にシックハウス症候群ということが問題になっております。これと同じで、今の新築した建物でシックスクール症候群ということが世間的に、新聞等でも報道されております。これは一度発症すると学校から来た先生の服に着いたにおい等にも反応して発症すると。大変な状況に至っているということを聞いております。 もっと読む
  • 1