運営者 Bitlet 姉妹サービス
715件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号 委員より、発達障害者支援体制整備事業実施委託料について取り組み状況はとの質疑に、執行部は、子供も大人も対象として山陽児童館で事業を行っているとの答弁。  委員より、この中に県の補助金は入っているのかとの質疑に、執行部は、26年度まで入っていたが、27年度からは単市で行っているとの答弁。   もっと読む
2018-08-30 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号 主なものといたしましては、5節児童福祉費補助金が前年度から1億212万7,000円減少いたしております。  続きまして、42ページをお願いいたします。  8目災害復旧費県補助金は188万9,000円、対前年度マイナス60万7,000円、24.3%の減。   もっと読む
2018-08-29 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-08月29日−01号 学習状況調査では、学習面においては、自分で計画を立てて家庭学習をしている児童・生徒は増加しています。生活面においては、家で宿題をする児童・生徒の割合は県平均とほぼ同じですが、放課後や週末の過ごし方として、テレビやDVDを見たりゲームやインターネットをしたりすることが多く、家庭と協力した計画的な生活の仕方を身につけさせることが課題です。   もっと読む
2018-06-13 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−04号 それは、昨年3月に千葉県で起きたベトナムの小学3年生児童の殺傷事件、これは現在公判中ですけども、それが起きたからです。しかし、ことしも5月に新潟で小学2年生女子児童が下校途中に事件に巻き込まれ、線路脇に遺棄されるという悲惨な事件が起こりました。さらには、14年前に津山で起きた当時小学校3年生の女子児童殺害事件の容疑者が逮捕されました。 もっと読む
2018-06-11 真庭市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月11日−02号 特に待機児童を生まないように、つくらないように保護者の希望を100%沿えるかどうかというのはありますけども、沿ったこども園、幼稚園等の入園調整をしていくということを目指しております。   もっと読む
2018-06-04 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月04日−01号 産後鬱の予防や新生児への虐待予防等を図る観点から、産後間もない時期の産婦に対する健康診査の重要性が指摘されています。このため、平成30年10月から国の補助事業を活用して、産婦健康診査、産後ケア事業を導入したいと考えています。   もっと読む
2018-03-01 美咲町議会 平成30年第 2回( 3月)定例会 まず、議案第5号美咲町課設置条例の一部を改正する条例については、効率的で効果的な事務執行を推進するため課の設置及び廃止を行い組織機構の構成を改めるものであるとの説明で、今回の改正はこども課を削り、健康福祉課を保険・年金課、健康推進課に改める、こども課は保育園関係は教育委員会、その他の児童虐待などは福祉事務所の各部署に、産業建設観光課を産業観光課及び建設課に改め、政策推進室は削除するものであるとの説明 もっと読む
2018-02-27 瀬戸内市議会 平成30年 2月第1回定例会-02月27日−02号 まず、①要保護児童対策事業についてです。  市では、家庭での虐待や育児放棄、育児怠慢、看護放棄といったネグレクトへの支援を実施する機関として、児童福祉法の規定に基づき瀬戸内市要保護児童対策地域協議会を設置しています。この協議会は、市、教育委員会、警察等の関係機関で構成されており、月一回実務者会議を開催し、対象者の支援方法等を協議しています。 もっと読む
2018-02-27 備前市議会 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−01号 講演に先立ち、伊里小学校、伊里中学校の児童生徒が、論語の朗誦を披露しました。元気に大きな声で発表ができました。これからもこうした教育実践を大切にしていきたいというふうに思っております。  1月28日、先ほども市長からありましたが、晴れの国岡山駅伝に出場する選手の激励に行ってまいりました。 もっと読む
2018-02-21 瀬戸内市議会 平成30年 2月第1回定例会-02月21日−01号 議案第7号瀬戸内市放課後児童クラブ条例の制定について。  瀬戸内市放課後児童クラブ条例を別紙のとおり制定するものとする。  提案理由ですが、放課後児童クラブ施設として市が建設した施設について公の施設であることを明確にし、あわせて指定管理者制度を導入するため、必要な条例を制定するものでございます。  1枚おめくりください。  瀬戸内市放課後児童クラブ条例。   もっと読む
2017-12-13 鏡野町議会 平成29年12月会議-12月13日−03号 2歳児、1歳児につきましては、既に入園されている児童が保育の継続利用が必要であると認められる場合につきましては利用できることになっております。ただ、それぞれ事情がある方がいらっしゃいますので、個別の相談でお受けをいたしております。 もっと読む
2017-12-07 瀬戸内市議会 平成29年11月第5回定例会-12月07日−03号 次に、質問事項3、要旨1の児童・生徒の部分についてでございます。  挨拶は、教育の中でも大切な指導項目と考えております。児童・生徒の挨拶運動については、県下一斉挨拶運動の取り組みとあわせて各学校と相談し、毎月決められた日に校門や学校の周辺で取り組みを行っております。 もっと読む
2017-11-29 赤磐市議会 平成29年12月第5回定例会-11月29日−02号 11月の厚生委員会で山陽児童館の利用のしづらさで原田議員が取り上げられました。そのとき児童館の利用状況がわかりました。平成28年度で児童館での子育て支援センターでは、年間市内が8,321人、市外が5,637人、6対4の割合の利用状況ですね。市外を制限していたり、午前と午後を入れかえたりと制限があります。これだけの利用があるのです。桜が丘の人たちも多いと聞いております。   もっと読む
2017-09-27 赤磐市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月27日−07号 委員より、民生児童委員補助金は何に使うのか。また、人数はとの質疑に、執行部は、1人当たり年間5万8,000円を活動費として民生委員に支給している。また、各地区の協議会の活動費として1人当たり1万1,000円の上乗せをしている。人数は122人であるとの答弁。   もっと読む
2017-09-14 瀬戸内市議会 平成29年 9月第3回定例会-09月14日−03号 今後も園児・児童・生徒の安全を確保するよう、さまざまな災害を想定し、発達段階に応じた避難訓練の実施について取り組んでまいります。  次に、質問事項3、要旨1の②についてでございます。  現在、一部の美術館等について専用アプリの作成、配布がされております。また、説明補助としての専用アプリもあり、画像、音声、動画等で点字を楽しめるようになりつつあります。 もっと読む
2017-09-13 鏡野町議会 平成29年 9月会議-09月13日−03号 ③に、子供の貧困状態にある家庭の中で、就学中等、虐待やいじめ、暴力行為や非行などの動向はどうなのでしょうか。  次に、中項目2、町の対策についてお尋ねをいたします。  小項目①、子供の貧困家庭の担当部署はどちらでしょうか。  ②、福祉制度の中で、どのような制度を講じて支援をしておるのでしょうか。   もっと読む
2017-09-08 津山市議会 平成29年 9月定例会-09月08日−06号 先般の報道によると、全国の児童相談所が昨年度に対応した児童虐待の件数が、12万2,578件と過去最多になったとの発表が、厚生労働省からありました。児童虐待は、子供の人権を著しく侵害し、子供の心身の発育と人格の形成に大きな影響を与えるものであり、最悪の場合、命まで奪ってしまうものであります。しかも、その多くは家庭という密室で起こっており、その発見や対応が非常に難しいと聞いております。   もっと読む
2017-06-26 瀬戸内市議会 平成29年 6月第2回定例会-06月26日−03号 また、当市では、平成27年度から放課後児童クラブの利用料における第3子の減免なども実施しているところであります。さらに、児童手当や児童扶養手当の支給なども生活の安定と自立促進の一助となっているものと考えています。  今後については、限られた財源の中でどういった内容で実施するのが望ましいのかということを不公平感のないように検討し、そして実施の上維持していくことが必要だと思っています。 もっと読む
2017-06-16 津山市議会 平成29年 6月定例会-06月16日−06号 津山市では、現在待機児童はいないようですが、保育士の職場の厳しさは機会あるごとに耳にいたします。このままでは保育士不足が進み、さらには待機児童へもつながっていくのではないでしょうか。こういった保育士の処遇改善について、津山市ではどのような取り組みをされているのか、お尋ねいたします。  それから次に、先ほども触れましたが、子育て世代の多くが共働きです。 もっと読む
2017-06-14 高梁市議会 平成29年第3回 6月定例会-06月14日−02号 依然、新学期を迎え80人を超える、高梁小学校では児童数の4分の1を超えるほど高梁学童の混雑ぶりでございます。中には、おじいさん、おばあさん方が孫を迎えに行くのに、森さん、僕はあの坂が上がれん、とてもじゃないけどあの坂は上がれんというような声も続けて聞かれます。引き続き不満の声が聞こえますが、駐車場の改善を考え直すことはできませんでしょうか。御質問します。 ○議長(森田仲一君) 堀健康福祉部長。 もっと読む