運営者 Bitlet 姉妹サービス
803件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月18日−06号 委員より、農地利用最適交付金事業の活動内容の説明をとの質疑に、執行部は、主な活動内容は、担い手への農地集積・集約の推進活動、遊休農地の発生防止・解消活動、農地中間管理機構との連携活動、新規参入の促進活動、その他必要な会議への出席等であるとの答弁。   もっと読む
2018-12-05 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号 近年、農業共済加入者の減少、高齢により事業が著しく減少傾向でございます。国からの運営補助金は、削減を余儀なくされております。また、平成31年からは新たに収入保険制度が始まり、これまで既存の農業共済事業の見直しなど、業務運営の一層の合理、効率が求められている状況でございます。  このような状況から、国も1県1組合を推進しております。 もっと読む
2018-11-01 玉野市議会 平成30年第 5回11月臨時会 項2児童福祉費の児童福祉総務費のうち、子育てファミリー・サポート・センター運営事業において198万6,000円の返還金とあるが、どのような内容のものか、また関連して荘内地区の学童保育について面積など適正な規模の配置となっているのか、ただしました。  もっと読む
2018-09-14 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月14日−04号 なお、保育行政は法に基づいて行われていることから、その改善方法については法の趣旨を踏まえて検討する必要があろうかと思っております。備前市の場合、ゼロ歳児から保育料無料という先進的な政策に取り組んだことにより、各種保育行政の中にアンバランスが生じており、適切な対応について苦慮しているところでございます。そのための財源についても検討するなど、総合的に判断すべきものと考えております。   もっと読む
2018-09-13 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月13日−03号 次に、公共施設等総合管理計画についてでありますが、平成28年度に策定した公共施設等総合管理計画に基づき施設総量の適正や長寿命を図るため個別施策計画の策定を進めているところであります。  この計画では、施設ごとに老朽、耐震性能の有無など建物の健全性や施設の果たす役割、利用状況などを勘案し、更新、複合、集約、廃止、撤去等、具体的な対策方針を定めることといたしております。 もっと読む
2018-09-12 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月12日−02号 解消のためには指導員の待遇改善が必要で、保育の質の低下につながることも懸念されています。有資格指導員を配置することが緩和される可能性がある、残されていることから、保育の質の低下、安全性が保たれないなど懸念され、保護者や指導員から反対の声が上がっています。資格取得、研修のあり方、雇用条件の改善の取り組みについてお伺いします。   もっと読む
2018-09-11 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月11日−03号 災害発生時には、災害対策基本法などに基づき、予防、応急、復旧、復興というあらゆる局面に応じ、国と地方公共団体との権限と責任が明確されています。地域防災計画では防災体制の確立、防災事業の促進、災害復旧の迅速、適切などを定めており、さらに多様な災害発生に備え地域防災マニュアルや避難所運営マニュアルなどを整備することになっている。 もっと読む
2018-09-06 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月06日−03号 また、私の次男が通っている次男の保育室、クラスでは保育室が足りず、ホールをパーテーションで仕切り、ホール保育を余儀なくされています。この前、参観日でしたが、ホールゆえ、先生は普通の声で語りかけるわけにはいかず、大きな声で子どもたちに話さなければならない。ロッカーは近くにない、雨の日に走り回り、遊べるホールは使えない、大変苦労されながら保育している実態を目の当たりにしました。 もっと読む
2018-09-05 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月05日−02号 説明におきましては、第1に老朽が著しい長船支所、長船町公民館、また消防の長船分駐所をそのまま残すことはできませんということ、それから第2に、29年3月に策定をしております公共施設等総合管理計画において、公共施設の総量の削減、複合、また多機能を目指すということを決定しているということを踏まえて、今回の短期構想におきましては、長船町公民館のゆめトピアへの移転、長船支所の移転、保健福祉部の仮庁舎への もっと読む
2018-06-15 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月15日−05号 大きな項目4、幼保無償の効果と課題、国の動向についてであります。  一昨年の4月1日より、本市において幼稚園、保育園の無償がスタートしております。余り時間もたっていないところでありますが、この幼保無償の効果と課題は何か、検証について教えていただきたいと思います。  政府は、来年の10月消費税10%の導入時、幼保料金の無償を前倒しで実施すると言っております。 もっと読む
2018-06-14 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月14日−04号 接する機会も多く、確かに無償、国もそのほうに大きくかじを切って進んでおるようですけれども、備前市はそれに先駆けて無償を始めておりますけれども、一つの検討、今後に向けてですけれども、恐らく国のほうも年長児さんのほうから無償が進んできて、2年後ぐらいですかね、その下の3歳児以下ですか、そこは低所得者層の方に対しての配慮はなされるけれども、完全な無償はその後というようなことで、備前市でもひとつ検討 もっと読む
2018-06-13 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−03号 次に、4点目に給食費の無償についてお聞きします。  第2子半額補助、第3子以降全額補助となっています。将来的にこの制度をどのようにしようとしていますか。子育て支援策としても全員無償にすべきではないかと思いますが、いかがでしょうか。   もっと読む
2018-06-12 真庭市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−03号 まず、消費増税の関連で幼児教育・保育無償に伴う保育士の確保等についてでありますが。   もっと読む
2018-06-12 赤磐市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号 それとまた、昨今、与党案で学校給食を幼稚園、保育所を無償するというのが出ております。無償になったら、その中でどのような対応を、まだ与党だけですから国会の中でどうなるかわかりませんが、ほぼ通るんじゃないか、通ったら、給食費が保育所のほうも措置費の中に給食費も入っております。幼稚園は幼稚園で給食費があります。その中のことをどのような対応をしていくのか。 もっと読む
2018-06-12 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月12日−03号 このセンターは、高齢者の希望に沿って一般法人やNPO法人、またはシルバー人材センター等の職業紹介やボランティアとしての活動の場の紹介など、有償、無償にかかわらず高齢者の方々と雇用事業者をコーディネートする窓口となるものと考えております。   もっと読む
2018-03-23 真庭市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月23日−05号 本議案は、旧美甘中学校の一部を無償または時価より安い価格で貸し付けすることにより、議会の議決を求めるものです。貸し付けの目的は、地域の産品を活用した6次産業拠点施設として貸し付けを行うものです。貸し付ける物件は、平成28年3月に廃校になりました旧美甘中学校の建物、敷地です。貸付方法は賃貸借契約、貸し付けの相手は美甘のもち屋、代表者澤本基兄及び株式会社しげや、代表取締役笹尾充。 もっと読む
2018-03-20 赤磐市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月20日−06号 委員より、経営効率促進業務委託料の内容説明をとの質疑に、執行部は、経営効率促進事業の目的は、民間活力の導入等さまざまな手法により、上下水道会計の財政シミュレーション等による経営診断、施設面の維持管理等の効率に向けた診断、及び上下水道の一体の効果も含めたさまざまな対策の検討を行い、上下水道事業の経営の効率を促進することである。 もっと読む
2018-03-12 真庭市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月12日−03号 この問題点は移送に係るリスクの問題、これは交通事故等による補償制度の問題、責任の所在、あるいはまた単価の問題、無償ボランティアでの運営の限界。有償ボランティア制度の導入など、継続してできる体制の構築が必要ではないかなと、このようなことが上げられるんではないかと思います。 もっと読む
2018-03-09 真庭市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月09日−02号 里山復元を目指す里山整備事業を制度すべきと考えますが、市長の御見解をお伺いをいたします。  次に、子育て支援策と保育士確保策についてお伺いをいたします。  日本の総人口は、明治以来増加を続けてきましたが、2015年の国勢調査で初めて減少に転じることと報道されております。市長も先般の所信表明でもこのように述べられております。   もっと読む
2018-03-08 備前市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月08日−03号 それらを踏まえながら、病院設置者である市長として、備前市の市民病院として大枠の中での一体を目指さなければならないと考えております。   もっと読む