55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

市民の皆さんも意識が高く、百歳体操とかいきいきサロンとかさまざまな催しを市民レベルでもやっていただいております。そういった中で、これが啓発できるよう情報提供も努めてまいります。よろしくお願いいたします。 ○議長(金谷文則君) 岡崎議員、よろしいか。               (15番岡崎達義君「はい、結構です。ありがとうございました」と呼ぶ)  以上で15番岡崎議員の一般質問を終わります。  

井原市議会 2018-10-03 10月03日-02号

例えば新体操では、高校までは地元で活動ができていても近くの大学に新体操部がないことから、都市圏へ進学しているのが現状であります。こうしたことへの対応として近隣の大学に新体操部をつくってもらえるよう働きかけをしていきたいと考えております。また、地元で就職して、就職後はみずからの活動はもちろん、後進の指導に当たってもらえるような環境をつくってまいりたいと考えております。

赤磐市議会 2018-08-30 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号

介護予防事業につきましては、平成27年度からいきいき百歳体操の普及活動に力を入れておりまして、平成29年度には27団体が新規に取り組みを始め、平成29年度末で合計70団体が活動に取り組んでいただいております。  また、成果説明書146ページにありますように、個別地域ケア会議、在宅医療介護連携推進事業、生活支援体制整備事業の取り組みも行いました。  

赤磐市議会 2018-06-13 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号

事業といたしましては、いきいき100歳体操普及啓発事業、介護予防支援ボランティア養成講座、認知症予防の講演会、また公民館との共同事業での各種講座を実施しておるところでございます。この中でも特に力を入れている事業は、身近で誰もが実践できる100歳体操の集いでございまして、歩いて行ける集会所や地域の公民館などを活用して実施をしておるところでございます。

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

また、別に芸術だけじゃなく体操のほう、体育でも出てくるかもしれません。ぜひやっていただきたいと思っております。それについて、もう少し突っ込んだ御回答とか答弁をいただきたいと思います。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  藤原財務部長。 ◎財務部長(藤原義昭君) 北川議員の再質問について御回答いたします。  

赤磐市議会 2017-09-27 平成29年 9月第4回定例会-09月27日−07号

委員より、いきいき百歳体操について、28年度の新規が33団体だが、今後もっとふえていくのかとの質疑に、執行部は、きょう現在で57団体にふえているとの答弁。  次に、認第5号平成28年度赤磐市訪問看護ステーション事業特別会計歳入歳出決算の認定について。  

赤磐市議会 2017-08-31 平成29年 9月第4回定例会-08月31日−01号

相談内容を見ますと、介護相談、認知症の件数に伸びがあり、介護予防事業につきましていきいき百歳体操の普及活動に力を入れ、平成28年度には33団体が新規に取り組みを始め、平成28年度末合計44団体が活動に取り組むことができました。また、成果説明書148ページにありますように、個別地域ケア会議、在宅医療介護連携推進事業、生活支援体制整備事業の取り組みも行いました。  

赤磐市議会 2017-02-24 平成29年 3月第1回定例会-02月24日−06号

介護予防の活動であり、自立できた人やいきいき百歳体操の集いへ移った人もいるので、人数が減ったものと考えているとの答弁。  委員より、いきいき百歳体操の集いで行政がかかわるのは最初だけで、後は放置という話を聞くがとの質疑に、執行部は、いきいき百歳体操の集いは65歳以上の人が5人以上集まって毎週1回行っている。

赤磐市議会 2017-02-10 平成29年 3月第1回定例会-02月10日−05号

この事業実施とともにいきいき百歳体操の集いの活動にも取り組み、お達者塾の修了生の次の活動の場として導き、自立支援に取り組んできたものでございます。その結果、半年ごとの評価で目標達成された方もございまして、このたびは当初見込んだ参加数よりかなり少なくなったということでございます。

赤磐市議会 2016-09-29 平成28年 9月第3回定例会-09月29日−06号

委員より、地域支援事業のいきいき百歳体操が新規事業として上がっているが、利用者の評価は。また、今後の計画はとの質疑に、執行部は、介護予防の取り組みとして事業を開始した。27年度は11団体であったが、28年8月には25団体にふえている。今後は、地区ごとに1つできたらいいと考えているとの答弁。  次に、認第5号平成27年度赤磐市訪問看護ステーション事業特別会計歳入歳出決算の認定について。  

赤磐市議会 2016-09-01 平成28年 9月第3回定例会-09月01日−01号

介護予防事業につきましては、新たにいきいき百歳体操の普及活動に力を入れ、11団体が新規に取り組みを始めることができました。また、例年の取り組みであります特定高齢者の通所型介護予防事業、お達者塾でございますが、利用者は115人、一般高齢者の通所型介護予防教室の利用者は21人となっております。支出済合計額は8,944万2,382円、執行率97.2%でございます。  

新見市議会 2016-03-01 平成28年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

運動会の組体操について     │教育部長   │ │  │  │       │ (1) 過去3年間に実施された組体操で│       │ │  │  │       │   の児童、生徒のケガ人の届出の有│       │ │  │  │       │   無は             │       │ │  │  │       │ (2) 過去3年間の年度ごとのケガ人の│       │

赤磐市議会 2015-12-07 平成27年12月第5回定例会-12月07日−04号

例えば、よくあるのが介護予防の体操といったようなものが総合事業の一つのメニューとしてあるわけですけど、今、私が知ってる限りでは、ほほえみの2階がほとんど使われていないという状況だと思いますが、そこでは可能だというふうにお考えなってないのか、それについて教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  岩本保健福祉部参与。

赤磐市議会 2015-12-01 平成27年12月第5回定例会-12月01日−02号

給食費である、修学旅行費である、制服代、体操服、クラブ活動の費用、裁縫箱セット、書道のセット、算数セット等々でございます。保護者の経済状態によって子供が受ける教育の質が変わることを意味します。食べられない、遊ぶ機会がない、勉強できる環境にない子供たちは、成長、発達する機会も奪われていくのです。

総社市議会 2015-08-01 平成27年 8月定例会

次に、認定第4号 平成26年度総社市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、審査の過程において、委員から「いきいき百歳体操への男性の参加状況はどうか」との質疑があり、当局から「男性参加者の割合は1割程度にとどまっている。男性の参加を促し、一層介護予防を進めていきたい」との答弁がなされ、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定いたしました。 

赤磐市議会 2014-12-05 平成26年12月第4回定例会-12月05日−05号

また、3B体操あるいはお花等の文化活動やいきいきサロンなどの福祉活動にも利用されております。また、市の健康診断会場としても利用されております。  御指摘のように、地区の役員会や総会など寄り合いにも使用されておりまして、立地条件から福田区民の方の利用が多くなっております。こういう利用実態から地元移管に向けて調整を行っておりますけれども、現時点では指定管理料の引き下げにとどまっております。

赤磐市議会 2013-09-27 平成25年 9月第4回定例会-09月27日−06号

委員より、教育集会所運営委員報酬の内容説明をとの質疑に、執行部は、赤坂教育集会所と城南ふれあいセンターに各11人の委員がおり、喜楽体操や健康教室などを実施していただいているとの答弁。  委員より、職員の定数が減っても臨時職員がふえているのではとの質疑に、執行部は、給食センターの調理員や学校の校務員など、現業種においては定年退職等の職員補充は行っていない。

赤磐市議会 2013-06-12 平成25年 6月第3回定例会-06月12日−02号

3点目の社会福祉協議会と地域包括支援センターの連携についてですけども、地域で開催されている各地区のサロンへ介護予防、健康体操、認知症予防、介護保険制度の説明などの啓発を通じ、積極的に職員は参加しているところでございます。また、先ほど御説明いたしましたが、小地域ケア会議などを初めとする地域包括支援センターが開催する地域福祉活動にも可能な限り福祉推進委員には御参加いただいてる状況でございます。

新見市議会 2013-03-01 平成25年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

ラジオ体操の普及について    │教育長、教育部│ │  │  │       │                  │長      │ │  │  │       │4. 大佐スマートIC上り線に通じる市│建設部長   │ │  │  │       │  道の改良について        │       │ │  │  │       │5. 

新見市議会 2012-09-01 平成24年9月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

介護予防事業の取り組みについて │市長、福祉部長│ │  │  │       │ (1) 現在の取り組み状況、効果と今後│       │ │  │  │       │   の課題について        │       │ │  │  │       │ (2) 体操とサロン事業を同時に実施す│       │ │  │  │       │   る取り組みについて      │       │