運営者 Bitlet 姉妹サービス
369件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-03 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号 市民の皆さんも意識が高く、百歳体操とかいきいきサロンとかさまざまな催しを市民レベルでもやっていただいております。そういった中で、これが啓発できるよう情報提供も努めてまいります。よろしくお願いいたします。 ○議長(金谷文則君) 岡崎議員、よろしいか。               (15番岡崎達義君「はい、結構です。ありがとうございました」と呼ぶ)  以上で15番岡崎議員の一般質問を終わります。   もっと読む
2018-09-13 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月13日−05号 だからそのときそのときの規模とか状況によって異なってくると思いますが、頭の体操は常にしておかなきゃならないと思います。  クリーンセンターが被災する場合もあります。高梁がそうでありますが、それからまた故障で稼働できないとか、処理能力を超えるとか、そういう場合に備えて高梁市を初め、近隣自治体と相互支援協定を締結しております。今回、ごみ焼却場が被災した高梁市、吉備中央町のごみを受け入れております。 もっと読む
2018-09-11 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月11日−03号 また、一部のデイサービスのところにおいても、お口の体操、それからオーラルフレイルの予防の取り組みをしてるということです。また、御存じのとおり、元気はつらつデイサービスだとか、ささえあいデイサービス、あるいはげんき輝き教室の中で真庭独自のげんき☆輝きエクササイズの取り組みをしておりますが、このエクササイズはMITでも1日3回放送して市民の皆様に普及を図ってるということであります。   もっと読む
2018-08-30 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号 介護予防事業につきましては、平成27年度からいきいき百歳体操の普及活動に力を入れておりまして、平成29年度には27団体が新規に取り組みを始め、平成29年度末で合計70団体が活動に取り組んでいただいております。  また、成果説明書146ページにありますように、個別地域ケア会議、在宅医療介護連携推進事業、生活支援体制整備事業の取り組みも行いました。   もっと読む
2018-06-13 赤磐市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号 事業といたしましては、いきいき100歳体操普及啓発事業、介護予防支援ボランティア養成講座、認知症予防の講演会、また公民館との共同事業での各種講座を実施しておるところでございます。この中でも特に力を入れている事業は、身近で誰もが実践できる100歳体操の集いでございまして、歩いて行ける集会所や地域の公民館などを活用して実施をしておるところでございます。 もっと読む
2018-06-13 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−04号 園児がプールに入る前には準備体操を行い、シャワーで体をならすなど、入水前の体調面にも配慮しております。活動中につきましては、保育士もプールに入り、園児と一緒に活動を行いながら周囲の監視を行うとともに、プールの周辺には別途監視業務を行う保育士などを配置し、安全に配慮しながら実施しているところでございます。 もっと読む
2018-06-12 真庭市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−03号 現在どういうことをしているかから申し上げますと、御存じだと思いますけども、岡山大学のほうに監修をしていただいてつくりました介護予防、認知症予防のために意義があるということが証明されてます真庭市独自の体操である「げんき☆輝きエクササイズ」に取り組むということで、地域の集いの広場づくりを推進しております。   もっと読む
2018-06-12 赤磐市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号 また、別に芸術だけじゃなく体操のほう、体育でも出てくるかもしれません。ぜひやっていただきたいと思っております。それについて、もう少し突っ込んだ御回答とか答弁をいただきたいと思います。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  藤原財務部長。 ◎財務部長(藤原義昭君) 北川議員の再質問について御回答いたします。   もっと読む
2018-06-12 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月12日−03号 この事業は、月2回以上五人以上が集まり、1回に30分以上の体操や運動に取り組んでいる団体を活動団体として市のほうへ登録していただき、団体名を入れたスタンプを交付します。参加者にはスタンプを押す元気づくりカードを配布して、スタンプをためると景品と交換できるというものです。5月末現在で活動団体は70カ所、配布した元気づくりカードは1,233枚となっております。 もっと読む
2018-06-04 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月04日−01号 邑久中学校吹奏楽部のオープニング演奏、市民団体による体操や合唱で華を添えていただいた後、院内医療設備の見学ツアーや医療機器操作体験、血管年齢や脚力の測定などに360人の方のご参加をいただきました。   もっと読む
2018-03-09 真庭市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月09日−02号 市長は所信表明で、生活習慣病の予防に真庭版ラジオ体操の積極的な活用を表明されており、結構なことだというふうに思います。  高齢者が増大する中、高齢者が元気で暮らせる健康寿命の延伸と同時に、認知症予防策が喫緊の課題となっています。岡山大学の協力をいただいて作成をいたしました認知症予防体操、げんき☆輝きエクササイズの普及推進が重要ではないかと考えます。   もっと読む
2018-03-08 備前市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月08日−03号 運動会も終盤となり、いよいよ毎年恒例の高学年がはだしになって挑む組み体操、ソーラン節が始まりました。さほど広い運動場ではありませんので、児童との距離も近く、その緊張感や躍動感が余計に伝わり、感動しながら見ておりました。  しばらくすると、隣の席から鼻をすする音が聞こえてきました。見ると、教育長の目から涙がこぼれていました。 もっと読む
2018-02-28 瀬戸内市議会 平成30年 2月第1回定例会-02月28日−03号 その中で、社協がいろいろ委託された中で、地域で元気体操といいますか、はつらつ体操といいますか、地域で市からいえば卒業ですか、卒業された方も含まれて介護予防をしていかないといけないと、要支援1になるのを防ごうということでいろいろ体操をされています。 もっと読む
2018-02-27 備前市議会 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−01号 また、サロンや高齢者憩いの場など、きょう行くところの場で高齢者同士の交流を通じて社会参加を促し、生き粋びぜん体操の普及を進め、高齢者の健康づくりや介護予防に取り組んでまいります。  生涯を通じた健康づくりの推進につきましては、子供から高齢者まであらゆる世代の方が心身ともに健康に暮らしていけるよう、地域の関係機関、愛育委員、栄養委員などと連携して、健康づくりや食育に取り組んでまいります。 もっと読む
2018-02-26 真庭市議会 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−01号 健康づくりについては、生活習慣病の予防に東京都の公式ページにも公開された真庭版ラジオ体操を積極的に活用し、運動習慣の定着を図るとともに、糖尿病予防の普及や啓発を進め、また各種がん検診や精密検査の受診率向上に取り組み「健康長寿 真庭」を目指します。   もっと読む
2018-02-01 瀬戸内市議会 平成30年 2月第1回定例会-目次 3) 要配慮者利用施設は浸水地域や土砂災害警戒区域の実情に応じた避難訓練が重要だが、どのように支援していくのか市長 副市長 担当部長2.介護予防・日常生活支援総合事業への移行について(1) 介護予防・日常生活支援総合事業制度の開始に伴い、今まで受けていたサービスを受けられない方がいると聞くが、その把握と対策ができているか (2) 事業実施をどのような基準でどう評価しているのか (3) 各地区で健康体操 もっと読む
2017-12-13 鏡野町議会 平成29年12月会議-12月13日−03号 視聴率を算出するアンケートの方法、かがみの健康づくり体操の放送時間の短縮等を検討すべきとの意見もございました。  次に、小項目6の10月22日に文化祭を行いました。御来場いただいた方にアンケート用紙を配布し、36名の方から回答をいただきました。 もっと読む
2017-12-07 瀬戸内市議会 平成29年11月第5回定例会-12月07日−03号 この点についても、諸先輩議員がさまざまな質問をされてこられており、歴史や文化という観点から観光ボランティア養成や健康増進活動などについて健康体操講座の普及及び施設におけるボランティア活動によって生活の質の向上の重要性について議論をされてこられました。中には、男女の仲を取り持つ結婚おせっかいをしていただくことでお力を発揮できるように体制整備をという質問もあったように記憶しております。 もっと読む
2017-12-06 瀬戸内市議会 平成29年11月第5回定例会-12月06日−02号 元気アップデイでは、身体介護のサービスがなく、日常生活動作をほぼ自分で行うことが可能な方を対象としていますので、介護予防体操を行うことで筋力アップを図り、デイサービスを利用しなくても自立した生活ができるようにするためのものです。心身機能が向上したことで、当初立てていた目標が達成でき、別の生きがいの持てる居場所があり、自立した生活が可能な方は元気アップデイの利用を卒業することになります。 もっと読む
2017-12-01 真庭市議会 平成29年12月第5回定例会-12月01日−01号 また、真庭版ラジオ体操を普及させるため、市民参加型で作製したプロモーションビデオを使って運動の大切さ、楽しさを伝え、健康に関する意識醸成を図り、健康長寿真庭を目指してまいります。  歯科保健については、体制を強化した真庭市歯科保健関係者会議で取り組みを協議、実践していくことで、3歳児健診時に虫歯がある児の率を昨年度の約30%から3年後には岡山県平均の20%未満にすることを目指してまいります。   もっと読む