8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

岡山市議会 2017-08-01 平成29年 8月定例会

しかし,辞職願が提出されなかったために,自ら合意した申し合わせ事項を踏みにじるような議長の下では,公平公正な議事運営は期待できませんなどとして,日本共産党岡山市議団は不信任決議案を提出しました。賛成30,反対11の賛成多数で不信任決議が可決されました。にもかかわらず,宮武博氏は議長辞職願を提出しませんでした。

赤磐市議会 2016-09-29 平成28年 9月第3回定例会-09月29日−06号

そのような出したら、だったら市長不信任を出しなさいよ、先に。それが当たり前だと思っとんです。だから、ちょっと今言うたどういうつもりで出されとんか。赤磐市を騒がすだけ騒がすとか、これは私の正しいことだからいいんだとやられるのか、そのことを、その3点お聞かせください。別に、誹謗中傷しとるわけではありません。よろしくお願いします。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  5番丸山議員

赤磐市議会 2014-03-20 平成26年 3月第1回定例会-03月20日−06号

ですんで、議長不信任の動議を出したいと思います。解任を求めます。 ○議長(小田百合子君) ただいま佐々木議員より議長不信任の動議が出されました。  この動議に賛成の方はおられますか。               〔賛成者挙手〕 ○議長(小田百合子君) 所定の人数がありませんので、動議は成立しませんでした。               

高梁市議会 2010-08-01 平成22年第6回 8月臨時会

この議会がとまるほどお粗末な、あるいは議会からこれだけ大きな指摘を受けて、議員が迷いに迷い、執行部の提案を場合によっちゃあ意に沿わん結果を出さにゃいけんかぐらい悩んで、議員がみんな真剣に取り組んどられる中で、審査の問題、そこへ責任を持っていかんなんだら、まさに近藤市長不信任になる今。下手をすると、全責任は場合によっちゃあ近藤市長にある。

赤磐市議会 2008-12-18 平成20年12月第5回定例会-12月18日−05号

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第8 福木京子副議長不信任決議議長(小引美次君) ここで地方自治法第117条の規定により、福木副議長の退席を求めます。               〔8番 福木京子君 退場〕 ○議長(小引美次君) それでは、福木京子副議長不信任決議について提案理由の説明を求めます。  9番佐藤議員

高梁市議会 2001-03-01 旧高梁市議会 平成13年第3回 3月臨時会

もし無視した場合は、その後の追及はもとより、事と次第によっては長の問責決議不信任決議辞職勧告決議等が発せられないとも限らないので、誠意を持って対処されてしかるべきと考えております。 なお、保留するかしないかは執行権の問題であり、それはそういう議会としての意見は出しておりますが、執行されるのは執行部の方でございます。その後の対応は、また議会が考えればいいことでございます。 

岡山市議会 1989-06-01 平成 1年 6月定例会

(「議長不信任」と呼ぶ者あり) なお,字句の整理及び提出先等につきましては議長に一任願います。    ───────────── ○議長(妹尾達道君) 重ねて議事日程の追加についてをお諮りします。 お配りいたしておりますとおり,寺田和子君外7名から意見書案第2号年金制度改正に反対する意見書が追加提出されました。 つきましては,これを日程に追加し議題といたしたいと思います。 

笠岡市議会 1953-03-14 03月14日-01号

◆14番(園山長次郎君) 議長が壇を下りて金浦病院の内容に質問を発せられたが、あれは監査委員不信任を意味するものである。別途に歳費を出してありながらあれまでに質問せしめたことは不信任である。 教育委員も同様、教育者がストをやるような教員を抱えているような教育委員会に対しこれは反対である。 ◆4番(榊原忠雄君) 細かい数字は記憶していないが、あの支払いに間違いのなかったことをハッキリ申し上げる。

  • 1