63件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津山市議会 2020-12-10 12月10日-05号

避難所運営、特にペットに関し伺います。 2年前の9月定例会で、ペット等の避難市民の皆様からの要望として把握しているとお答えいただいています。今どのように想定しているのかをお示しください。 続いて、市民サービス向上のための施策についてです。 せんだっての岡山県知事選挙アルネ津山4階の文化展示ホールに期日前投票所が初めて設置されました。

倉敷市議会 2020-06-16 06月16日-02号

先ほども同様の質問がなされたと思っておりますが、国においても今回、災害時の避難所における避難者過密抑制などの観点を取り入れ、ことし5月に国の防災基本計画を修正し、避難所における感染症対策の平時からの検討、実施を自治体に促しております。 本市におきましても、国の防災基本計画見直しにあわせて、地域防災計画見直しも行う必要があると思いますが、お考えをお聞かせください。

倉敷市議会 2019-12-10 12月10日-02号

そもそもヘルプマークが何なのか、障がいや持病のある方だけのものではなく、さまざまな体調不良や病後、術後の方など、一時的に必要な事情がある方にも使用できるのが、つくられた本来の意義ではないのかと考えるならば、障がい者手帳、療育手帳等の有無にかかわらず、誰にでも必要なときに自由に使っていただけるよう、申請手続や制限を設けずに配布するべきではないかと考えます。

里庄町議会 2019-09-05 09月05日-02号

また、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等のいずれかをお持ちの方は、手帳の提示で運賃を半額とさせていただいております。 以上でございます。 ○議長(眞野博文君) 9番高田卓司君。 ◆9番(高田卓司君) 〔登壇〕 今、町内の人、詳しいことはわからないということでありますが、5年前と今はほとんど変わってないと思われます。

玉野市議会 2019-06-18 06月18日-02号

本市におきましては、内閣府の指針により、玉野市地域防災計画の中で、生活の基盤が自宅にある者のうち、要介護認定3から5を受けている者、身体障害者手帳1、2級の第1種を所持する身体障がい者、療育手帳Aを所持する知的障がい者、精神障害者保健福祉手帳1、2級を所持する者で単身世帯の者、県、市の生活支援を受けている難病患者、以上以外で自主防災会、自治会等支援の必要を認めた者を避難行動支援者とし、名簿登録対象者

倉敷市議会 2019-06-17 06月17日-03号

まず、市の体制といたしましては、今年度より防災危機管理室におきまして、これまでは全室で一つの体制でございましたが、防災訓練広報啓発活動自主防災組織防災士の活動促進など、地域防災力の強化に取り組む防災推進課と、地域防災計画ハザードマップ見直し気象台を初めとする関係機関と連携して危機管理体制を行っていくための危機管理課の2課体制強化し、これに伴い職員数についても正規職員8名から15名に増強

倉敷市議会 2019-06-14 06月14日-02号

総務局参与梶田英司君) 本市におきましては、地域防災力の向上に寄与する人材を育成するため、平成25年度から市が防災士の養成講座を開催し、これまでに310名が防災士として認定されております。 今年度から養成方法につきましては、日本防災士機構から養成認定機関に認定された危機管理学部を持つ倉敷芸術科学大学が防災士養成講座を開催することとなり、市として、これを活用していくこととしております。 

総社市議会 2019-06-03 06月03日-03号

そこで、市のホームページに県大とコラボしたアニメーションのものもありますけれども、私はちょっと前に、防災士の研修を定期的に行っておりますが、この間防災士の研修がありまして、様々な展示がありました。この中に、おかやま防災情報メール、それからももたろうの防災という、これは県が作ったんです。いいなと思ったのは、ももたろうの防災で、子ども防災それと要配慮者防災。子ども防災は、全部漫画です。

赤磐市議会 2019-02-25 02月25日-03号

藤原部長に悪いかもしれん、管財課に答えてくれえいうて、どこがどうのこうのという話じゃのうて、僕の言いたかったのは、赤磐全体のこの今、犬のペットブームもあったり、やっぱりドッグランすることはすばらしいことなんで、そういうことを目当てに来られる方もおられるし、犬のために服まで着せちゃれとは言わんけど、来られてやられるんが、そういうことをやったら赤磐へ行ったらこういうとこもある、3カ所ある、3カ所、4カ所

笠岡市議会 2018-12-06 12月06日-02号

本市におきましては,先ほどの検証会議を今後の防災対応に生かしていかなければならないと考えております。例えば,避難所開設の方針や避難情報の出し方など,地域防災計画改定作業に今後着手いたしますので,反省点が改善できるよう作業を進めてまいります。さらに,策定の遅れております受援計画におきましても,早急に策定できますよう努めてまいります。 次に,3点目につきましてお答えいたします。 

玉野市議会 2018-09-12 09月12日-03号

4点目、自主防災組織育成及び活性化について。 本市自主防災組織率は、本年4月の時点で70.5%でありますが、中には形だけで機能していない地域もあると伺っております。地域防災計画では、防災リーダーの育成を行い、組織強化を促す、地域防災計画策定に向けた取り組みの支援を行うとあります。実際に地域で機能していて、防災計画をきちんと策定できている組織はどのくらいあるのでしょうか。

岡山市議会 2018-09-10 09月10日-03号

学校や公園は災害時の集合避難場所としても利用されるため,防災井戸を設置するにはうってつけの場所だと考えます。また,日ごろから目にしやすい場所防災井戸があることで,その防災意識を高めるというメリットもあります。 本市地域防災計画において防災井戸位置づけ──飲料水生活水位置づけですね──はどうなっていますか。防災井戸必要性について所見願います。 

瀬戸内市議会 2018-09-06 09月06日-03号

また、対応変更等で、これまで議論されてきたような、きのう質問ありましたけれどもペットとか女性に優しいとか、あと赤ちゃん子どもに適切に対応できる避難場所の確保ができたとか、ごみ置き場場所等についても情報提供が欠かせないと思いますので、災害が起こった後の市民への情報提供等々についてご答弁をお願いしたいと思います。 事項の2、子どもの安全を守る施策について。 要旨の1、危険箇所に係る対応状況は。 

倉敷市議会 2018-06-13 06月13日-02号

それでは、この項最後になりますが、ペット防災についてお尋ねいたします。 環境省が、熊本地震の教訓を踏まえてペット同行避難について、3月に新たな指針を出しました。飼い主の責任が、より明確になったものと理解しています。 ペット防災対策は、日ごろからの飼い主による備えが重要でございます。本市においても、昨年12月議会ペット同行避難について、市としての見解をお示しいただきました。

岡山市議会 2017-09-07 09月07日-04号

また,自主防災組織には指定避難所一覧防災ハザードマップ避難行動支援者名簿などの災害に関する情報を提供し,各地域で行う避難訓練避難経路安全確認などの防災活動に活用していただくことにしておりますが,さらに各地域が一体となって活動できるよう,自主防災会交流会などで情報を共有し,岡山市と自主防災組織意思疎通を行いながら地域防災力が高まるよう支援してまいりたいと考えております。