55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤磐市議会 2018-12-05 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号

現在は弁護士資格を持つ職員2名、これは総務課と秘書企画課、それからスポーツ振興課のほうにスポーツ関係全般の業務推進、またオリンピック誘致等の推進という意味で1名採用いたしております。それから、健康増進課のほうへ1名、医療・保健関係の専門的な見地の立場から1名、それから農林課のほうへ農業政策の推進というようなことで1名ということです。

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

余り言いたくないんだけれども、熊山地区には診療所の建設、複合型介護福祉施設の建設、オリンピック誘致の運動公園の整備、熊山駅前整備、次々と破格の待遇ですよ。赤坂地区や吉井地区の住民からするとあれは何だと。ここまでしながらまだ理解を得られてない、説明会が開けない、コンセンサスがない。それはできないじゃなくてあなたがしてないだけの話ですよ。あと2年切りましたよ、市長の任期は。

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

実は、熊山運動公園の人工芝、これ私、メーカーさんがウオーターベースでオリンピックにも耐え得る、そういったようなものを持っていらっしゃるメーカーさんというのは、たしか日本国内に3者あると聞いてるんですが、済いません、3者以上あるかもしれません。私が知ってるだけで3者あると聞いています。  

岡山市議会 2018-11-01 平成30年11月定例会

この1年間を振り返ってみますと,2月から開催された平昌オリンピック・パラリンピックや6月に開幕したサッカーワールドカップロシア大会での日本人選手の活躍に日本中が湧いたところであります。しかしその一方で,ことしの漢字の「災」に象徴されますように,全国各地で自然災害が発生し甚大な被害に見舞われた年でもありました。

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

さらに、これから2020東京オリンピックの事前キャンプ誘致活動を本格的に進めようとしているときであり、誘致活動に伴って体育館の視察を関係者が希望することがないとは言えないわけでございます。そうしたもろもろの場面を想定したときに、体育館の名称表示を見てどういうふうに思われるのか。私の感覚では、まず赤磐市の住民として恥ずかしいというふうに思ってしまうわけであります。

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

次に、東京2020オリンピック事前キャンプ誘致についてお尋ねいたします。  東京オリンピック開催は2020年7月24日から8月9日、競技種目33競技339種目で鍛え抜かれた選手たちの最高のパフォーマンスが繰り広げられるわけであります。総務委員会の資料によりますと、熊山運動公園の施設整備により、ホッケー競技の事前キャンプ誘致に取り組むということであります。

赤磐市議会 2018-03-02 平成30年 3月第1回定例会-03月02日−05号

ていうのが、聞くと、皆さん熊山を早く整備することが急がれるとしか言わなくて、オリンピックと関連してるっていうこと一言も言われない。これはあくまでオリンピックを意識してホッケー会場を整備したいということで熊山だけを突出して急いでやりたいというふうな説明がないので、私は何で熊山なのかっていうのがわからないわけですよ。

新見市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

       │ │  │  │       │  1) 放課後児童健全育成事業につい│       │ │  │  │       │    て             │       │ │  │  │       │  2) 新たな給食センター建設候補地│       │ │  │  │       │    の早期決定について     │       │ │  │  │       │  3) オリンピックキャンプ

赤磐市議会 2018-02-27 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−04号

続きまして、2年後に控えましたオリンピック・パラリンピックの事前合宿についての御質問にお答えします。  9月議会で御質問いただきました、お答えいたしましたが、2020年の東京オリンピックを赤磐市のさらなる発展の契機としてスポーツ振興、地域の活性化を推進していきたいと考えております。

赤磐市議会 2018-02-26 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−03号

しかしながら、今回は2020年、東京オリンピックがあると。今回は、冬のでも13個、金とかもらって、銀、銅ともらっております。そして、これについて、それがもらえるとかどうこうはないんですが、岡山県の中でも、特にフィールドのホッケーができるのはこの熊山しかありません。その中で、ぜひともこのオリンピックの誘致とか、全国ホッケーの大会とかについて、誘致できるように御努力していただきたいと思うんです。

赤磐市議会 2018-02-23 平成30年 3月第1回定例会-02月23日−02号

次に、6項保健体育費、1目保健体育総務費は、職員人件費、生涯スポーツ推進、生涯スポーツ団体育成などの経費でございまして、東京オリンピック事前キャンプ誘致事業に係る人件費、委託料の増によりまして61.1%増の5,440万4,000円を計上いたしております。主なものは、2節給料から4節共済費までの職員4名分の人件費、はぐっていただき、116ページをお願いいたします。

赤磐市議会 2018-02-22 平成30年 3月第1回定例会-02月22日−01号

10款教育費は、小中学校や幼稚園の管理運営事業、社会教育事業、公民館、図書館運営事業などの計上で、新規事業の学校施設空調施設整備事業、熊山運動公園整備事業、東京オリンピック事前キャンプ誘致事業などの増により、前年度に比べ47.4%の増額となっております。  11款災害復旧費は昨年と同額の計上、12款公債費は7.1%の減、14款予備費は従来どおりの計上となっております。  

岡山市議会 2017-11-01 平成29年11月定例会

東京オリンピックに初採用された3×3のバスケットボールなどの大会ができる屋内スポーツ施設をつくってはどうか。そちらのあたりも地権者,関係者と一緒に計画してはどうかと思います。御所見をお願いいたします。 3つ目,今度は岡山駅の東口になります。 駅前商店街の周辺,ビックカメラさんの隣になりますけれど,今,あそこの駅前商店街の北側エリアと岡ビルエリアの再開発事業が予定されています。

赤磐市議会 2017-09-06 平成29年 9月第4回定例会-09月06日−05号

まず初めに、東京オリンピック・パラリンピックにおけるホッケーの事前合宿の誘致の取り組みについてお伺いをいたします。  この質問は、きのうの同僚議員の御質問とダブりますが、御理解をお願いいたします。  平成25年9月に日本中の歓喜と感動の中決定した東京オリンピック・パラリンピックも開催まであと3年となりました。

赤磐市議会 2017-09-05 平成29年 9月第4回定例会-09月05日−04号

国体試合のあった熊山ホッケー場を活用して、赤磐市も国際大会のオリンピック・パラリンピックに参画してはどうか。2020年の東京オリンピックもあと3年で開幕を迎えます。国を挙げてのオールジャパン体制での取り組みが推進、進められているところですが、県内他市でも東京オリンピックに向けた取り組みをされております。赤磐市としても何か取り組む体制が、予定があるのか。

赤磐市議会 2017-06-29 平成29年 6月第3回定例会-06月29日−05号

委員より、工期について事業開始が平成30年だが、この間に東京オリンピック、築地市場の整備がある。本当に間に合うのか。また、それに関連して資材がなくなる、あるいは資材が高騰する可能性もある。そのあたりをどう考えているのかとの質疑に、執行部は、工期についてはコンサルタントと協議をし、東京オリンピックも考慮して考えている。予算についても物価変動を考慮しているとの答弁。  

赤磐市議会 2016-11-30 平成28年12月第4回定例会-11月30日−03号

加えて、2020年オリンピック・パラリンピックの開催を考えれば、今後ともに増加していくことが予想されます。そのような中、自治体も観光振興の取り組みを推進するに当たりどうしても外国人観光客の誘致に取り組む必要があると考えます。また、赤磐市は岡山空港に近く、地理的に有利であり、外国人観光客の誘致を積極的に行っていく価値もあると考えます。

岡山市議会 2016-11-01 平成28年11月定例会

また,本年はリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが開催され,日本人選手が史上最多のメダルを獲得するなど,2020年の東京オリンピックに向け大きな弾みとなる大会となりました。パラリンピックでは,岡山市在住の佐藤選手が2種目で銀メダルを獲得し,この感動がおかやまマラソンやファジアーノ岡山のプレーオフ決勝進出にも引き継がれ,スポーツの躍動が市民に勇気と一体感を与えた1年でありました。