52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤磐市議会 2016-09-29 平成28年 9月第3回定例会-09月29日−06号

ちょっと忘れちゃったんですけど、その2点……               (7番原田素代君「修正動議、修正動議」と呼ぶ)  うん。               (7番原田素代君「修正動議はけしからん」と呼ぶ)  だから、修正動議はけしからんっていうのは、この当然今の言ったような理由で……               (10番北川勝義君「誰が修正動議けしからん言うたん。

赤磐市議会 2016-03-18 平成28年 3月第1回定例会-03月18日−06号

僕はかえってあえて言ようんのは、働く17歳でも支給すべきだと、やってやるべきだと言いましたが、それは扶養になってないからできないと言うたん。そのことについては本会議で質疑でありましてやっとりますからわかるんですが、厚生常任委員会のほうでは審議があったかなかったか。これは当然、同じように18歳未満というたらその人も結婚しとっても働いとっても含まれるんじゃないかなと思うたん。

赤磐市議会 2015-12-07 平成27年12月第5回定例会-12月07日−04号

そこんとこは僕はそういう意味もあって、ようけえ入り口をぎょうさんせずに、1つのとこがえかったんじゃねえかなということを言いたかったんで、これについては交通規制課等と規制して話ができたということですんじゃったら結構ですが、僕が交通規制課じゃったらという話は、たらというのはねえんですけど、1カ所ょっとそこをしてからこっちへつけるべきじゃなかったかなという。

赤磐市議会 2015-09-09 平成27年 9月第4回定例会-09月09日−05号

聞いたことを答えてくれとらんが、いっこも」と呼ぶ)               (8番行本恭庸君「3遍受けたから済むもんじゃねえ」と呼ぶ)               (14番下山哲司君「聞いたことをメモしてくれとんじゃろ」と呼ぶ)  ょっちょっちょっと、ちょっとお待ちください。               

赤磐市議会 2015-03-09 平成27年 3月第1回定例会-03月09日−05号

僕は赤磐市で生んだ金で赤磐市へ落とすんじゃったらシルバーでも、もしシルバーのほうが、シルバーが巨大組織になっとるからやっゃろうかというてやってもうてもえんじゃねえかということを言いたかったんですよ。今後そういうことも検討してみたいというんじゃったらわかるけど、セントラルでやっとるけえほんならおえん、どうしておえんか説明してん。シルバーじゃできんというのを説明してほしい、社協とか。

赤磐市議会 2014-09-26 平成26年 9月第3回定例会-09月26日−06号

それからもう一点、その中で私もそういうことを絶えず言ようんのは、指定管理を考えていきゃあ、一般の何を指定管理という、私の言いたかったのは、いろいろなアドバイザーでも呼んで検討して、オートキャンプ場じゃったらこういうこともいいんじゃないかと、こういうことを出したらできるという、そういうアイデアを入れるような人を入れてほしいと言ようんですよ。

赤磐市議会 2014-09-05 平成26年 9月第3回定例会-09月05日−04号

だから、苦言になるかもしれませんけども、将来の子供たちを守るんだと言うんであれば、ツケを残さない現在の政策にシフトチェンジしていくこと、その思い切ったドラスチックな方向転換、かじ取りをしていく、この思い切ったかじ取りのところに力強さを感じて、うん、未来の子供たちは大丈夫だとお感じいただけるようなところにつながっていくんではないかなと思うんです。

赤磐市議会 2014-09-02 平成26年 9月第3回定例会-09月02日−01号

どれだけえれえ目したり行かにゃあおえん、産業課のほうがてごを行って、今回は急遽行かにゃあおえんというて、みんなでてごしゃらにゃあおえんというて、産業課自体がてごをしたこともあります。そういなときには農業振興を使やあええんですよ。毎年ずっと何十年もそけえ行かしょうん、農業振興というもんか。ほかの会社じゃったら絶対監査請求やられますよ。

赤磐市議会 2014-06-16 平成26年 6月第2回定例会-06月16日−04号

ょっとそこについてもどねえなっとるか教えてください。  それから、土木費の2の3の道路新設改良費2,050万円。じゃから、どうしてこれをやったんかというのを聞きてえ、実態、道路の通行量調査。前のときに言うたら、行本議員もおられて、空を通っていくような道、交通量がある言うてやられて、実はなかったと。でたらめじゃったと。これ市町村係が認めよんかな、県の市町村道が。

赤磐市議会 2013-09-27 平成25年 9月第4回定例会-09月27日−06号

今言ようんのはそのようなことを委員が出てやられたんじゃねえかと思うとん。本気でやられとんじゃねえかと思うんです。僕はもちろんやり方がこういう流れでこうだからこうなってこうだという明確に、この間のいろいろの中出ております。公開してこういうことでいいんですよというて出さなくてはだめだと言ようんですよ。

赤磐市議会 2013-09-10 平成25年 9月第4回定例会-09月10日−05号

次に、焼却委託料……               (11番北川勝義君「ょっちょっちょっと、藤井さん、ちょっと聞こえにくい、もう一遍言うて」と呼ぶ)  吉井地域の新分別方法移行による本年度末までの収集委託料でございます。  次に、焼却委託料、26年1月から3月までの試運転始動時のクレーンオペレーター、各炉の焼却管理技術員等の焼却に係る費用1,655万7,000円でございます。  

赤磐市議会 2013-06-28 平成25年 6月第3回定例会-06月28日−05号

こういうNPOが指定するのがええから……」と呼ぶ)  うん。               (11番北川勝義君「こういう団体がするのがええから、今後は社協とかせずに、何かそういう話は出たかというのを聞きてえんで……」と呼ぶ)  ああ、それは済いませんでした。               (11番北川勝義君「それが出なんだら出んでええんで」と呼ぶ)  いえ、そういうことも質疑はありませんでした。  

赤磐市議会 2012-09-04 平成24年 9月第5回定例会-09月04日−01号

それから、部長、僕が言ようんのはこれを言ようんですよ。今、何かおかしいことを、委託のが1,101リッターして858残っとんじゃというたら、そりゃあ廃棄が何とかどうのこうの、おかしいこと言うたんじゃけど、違うでしょ、まだ残っとんでしょ、現物が。委託されたとこへ払やあいいんじゃないんですか、そして現金もらやいいんじゃないんですかというて僕は言うたんですよ。

赤磐市議会 2012-03-21 平成24年 3月第3回定例会-03月21日−06号

指定管理料がどのくらいな差が出てきて、やっていったらより一層よくなるとか金額的にも安くなるからやらせていただくというようなことがなかったら、この上げてくるのがねえと思うんで、これは今は言えないと言うたん、それについてはまだここで言うことはできないという、それで終わったのか、その内容をちょっともう少し詳しく教えていただきたいと思うんで、メリットがあるべきじゃないか、ないのにやるはずはないと思うんで、ょっとわかればどねえになったか

赤磐市議会 2012-03-06 平成24年 3月第3回定例会-03月06日−05号

僕はこういうことがあったら、前もちょっとこれ熊山のとこもあったんですけど、公園であったんですけど、どうもあるとこは刈ってもらようんじゃ、あるとこは皆ボランティアで2万円、3万円でやりょうんじゃというたら、これこそ市長いつも言われようる平等性がねえんじゃねえかと思うとんですよ、市長。これが悪いとかというんじゃねえですけど。考え方が市長、どういう考え持たれとるか教えていただきたいと思います。

赤磐市議会 2011-09-27 平成23年 9月第4回定例会-09月27日−06号

採択の仕方が問題があるということをわしは言いたいわけじゃ」と呼ぶ)  問題ないと思いますが……               (5番行本恭庸君「そうですか」と呼ぶ)  委員長……               (5番行本恭庸君「問題がねえなら問題ねえって答弁すりゃあええがん」と呼ぶ)               (10番北川勝義君「議長議長」と呼ぶ)  ょっちょっちょっと待ってください。               

赤磐市議会 2011-09-08 平成23年 9月第4回定例会-09月08日−05号

せえから、市長が言われたこの事業の宝くじ普及広報事業、こういなことは僕は担当しょうたけん教えてもらわんでもわかるんですけど、今言ようんのが市長よりちょっとわかっとるつもりなんですよ。そらあよろしいが、均等にやっていただきょうんでそれについてええんですけど、物を使うた後のことを言ようるんですよ、市長。そういうことも考えてもらわなんだら、めげたり点検してねえところ現在。

赤磐市議会 2011-09-01 平成23年 9月第4回定例会-09月01日−01号

この何を何件行っとるとか県平均とか国平均やこう関係ありません、私の言ようんのは。そして、もしそれが人権問題があったら、その対応の中でどのように今後措置ができたかというのがわかればそういうことをちょっとお聞かせ、幅広い中で今後どのようにやっていくというのを聞かせていただきたかったんです。