205件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浅口市議会 2021-06-01 06月01日-03号

浅口市では、現在市民皆様への防災情報伝達として緊急速報メールメール配信サービスLINEホームページケーブルテレビFMラジオなどを活用しておりますけれども、防災行政無線網を活用した総合的な防災情報システムの構築も含め災害情報がより確実に伝わるよう情報伝達手段多重化の検討を進めてまいりたいと考えているところでございます。 以上でございます。 ○議長井上邦男) 山下議員、どうぞ。

倉敷市議会 2021-03-08 03月08日-08号

総務局参与山路浩正君) 市では、災害時には倉敷緊急情報提供無線システムによる屋外拡声塔緊急告知FMラジオから、避難情報避難所開設情報放送しています。 また、放送内容と同じものをほとんど同時に携帯電話スマートフォン利用者緊急速報メールを用いて伝達しているほか、広報車等による広報活動テレビラジオなど様々な手段により迅速かつ確実な伝達に取り組んでいます。 

岡山市議会 2020-12-03 12月03日-02号

また,市広報紙12月号をはじめ地元紙への広報記事掲載FMラジオスポットCMなど様々な媒体を活用し,広く市民への周知に努めているところです。 次に,交通安全意識向上についてです。 交通安全意識向上については,これまでも交通安全教室各種交通啓発イベント等を通じて取り組んできているところですが,県警とも連携を図りながら,その内容の充実に努めてまいります。 次に,外国人への対応についてです。 

笠岡市議会 2020-09-13 09月13日-02号

まず,市民皆様に向けた避難行動指示方法ですが,避難勧告などの避難情報を発令する際の主な手段として,市内82か所に設置されているデジタル防災行政無線スピーカー及び緊急告知FMラジオからお知らせするほか,エリアメールと呼ばれる携帯電話をお持ちの方にプッシュ型で情報を知らせる緊急速報メール登録制緊急情報メールでお知らせします。

倉敷市議会 2020-09-08 09月08日-03号

携帯電話への通知緊急告知FMラジオこくっちなどで災害情報をお知らせしていることをお伝えしましたが、インターネットやスマートフォンでの情報収集が苦手な方もいらっしゃることかと思います。 岡山市は、今年度から西日本豪雨を踏まえた防災対策の一環として、台風や地震などの緊急情報を受信すると自動的に起動する緊急告知ラジオを一般発売したと伺います。

赤磐市議会 2020-02-27 02月27日-05号

市長は安全なまちづくりと称して、降ってきて湧いたかのような1億円を使ってFMラジオ整備とかやられてきました。これがどのように民意が生かされているのか、いまだにまだ私はちょっと理解に苦しむんでございますが、これもせっかくお金をかけてつくったんですから、有効に効果が上がるように頑張ってやっていただかなければ。今さらやめるわけにもいかないでしょう、1億円からのお金を投資しとるわけですから。

倉敷市議会 2019-12-10 12月10日-02号

総務局参与梶田英司君) 昨年7月の豪雨災害時に、市では、携帯電話スマートフォン利用者緊急速報メールを用いた伝達を行うとともに、倉敷緊急情報提供無線システムによる屋外拡声塔緊急告知FMラジオからの放送のほか、消防団による広報活動テレビラジオなど、さまざまな手段により避難情報伝達に努めました。 

総社市議会 2019-12-05 12月05日-02号

そして、FMラジオの「こくっち」ですね。これは端末機の個数が限られておりますが、そういうものを是としてやっておりました。ところが、去年、あの有事の際に一番稼働したのが、幸か不幸か、私がやっていたツイッターというのが結構、結果的には即効性があった。これは思いもしなかったことでありました。 そうではいかんということで、その後、LINE登録というものを募集しました。

笠岡市議会 2019-09-11 09月11日-03号

皆さんが御承知のとおり,プル型・プッシュ型と申しておりますけれども,まずプッシュ型,防災行政無線,それと緊急告知FMラジオ,緊急速報メール皆さん携帯へお送りさせていただきます。それと,プル型といいますのは,テレビでの情報,あるいはホームページSNSなどでの情報でしていただいております。それに加えて,地域の広報については,今消防団の御協力をいただきまして,広報で回ってもらっております。

倉敷市議会 2019-09-11 09月11日-04号

避難情報を発令する際には、まず携帯電話スマートフォン緊急速報メール、続いて倉敷緊急情報提供無線システム屋外拡声塔緊急告知FMラジオ、愛称こくっちへの割り込み放送、またこれらと並行して、テレビラジオ岡山防災メールなど、さまざまな手段を用いて市民皆様情報をお伝えすることとしております。 ○議長斎藤武次郎君) 大守 秀行議員

総社市議会 2019-09-04 09月04日-03号

現時点で総社市が行っている情報方法につきまして、広報紙、そしてホームページメールマガジンフェイスブックツイッターケーブルテレビ、そしてケーブルテレビ回覧板チャンネルFMラジオ放送、またそれにまつわる「こくっち」ということでございましたが、昨年の災害を受けて、幾つか思うところがございましてLINEを始めたところであります。 

赤磐市議会 2019-09-03 09月03日-04号

防災用FMラジオ放送設備工事が着々と進んでおられると思いますが、今後の流れについてどのようにお考えなのかをお尋ねします。特に、目の前の半年、1年ということではなくて、中期、長期に対しての考え方、取り組みの仕方はどのように考えておられるか。関連がございますが、AMラジオとの兼ね合いも幾らかは想定をされておられるんでしょうか、御所見をお尋ねいたします。 

総社市議会 2019-09-03 09月03日-02号

残る大きな課題は、高梁川の川底の土砂や砂利の浚渫、撤去ですけれども、行政報告でお聞きをしましたが、国や岡山県への要望に基づいて発注準備が進められているというふうに受けていますので、今回の一般質問から外し、私は今回は緊急告知FMラジオこくっち」について質問をいたします。 まず最初の質問ですが、FMラジオこくっち」の購入状況についてお聞かせください。また、購入価格は、ちなみにお幾らでしょうか。