385件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新見市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

  │  │       │  1) 就労支援の状況は、障害者の就 │       │ │  │  │       │    労を積極的に進めるべきと考え │       │ │  │  │       │    るが             │       │ │  │  │       │  2) 新たに、知的障害者・精神障害 │       │ │  │  │       │    者の就労・雇用

美咲町議会 2018-12-27 12月27日-04号

また、委員から巡回バス運行管理費1,000万円の減額で業者の運転手のその後の処遇はわかるのかの質問に、社員の雇用については各企業がタクシー乗務とかその他の業務につき企業で努力をしていただけているとの報告でした。 また、交通安全教育推進費で高齢者先進安全自動車購入費補助金200万円でありますが、40件ほどの追加を見込んでいるということで、住民の安全意識が高まっているようであるとの説明でありました。 

赤磐市議会 2018-12-05 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号

それで、5年以内ということですけど、例えばその5年以内に首を切られることもあるのか、5年以上たって引き続きまた再雇用が可能なのか。要するに、この人たちの働く者としての権利の保障はどういうものになっているのかっていうのが1点。  それから、こういう職種はどういう基準で決めているのか。

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

そういったことから、そういった大規模農家が請け負っていただけない田畑について、今田んぼを持っておられる方またはその後継者がこれを引き継いでいただくのが有効かと思うんですけども、これがなかなか進まないのは、一つには赤磐市内に有効な雇用先がない、勤め先がないということで都市部へ流出している、これも1つの原因かと思います。

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

りされてしまうと困りますので、その前にしっかりとした構想を持って整備を計画していかないといけないと思いますし、今まで利用されていた山陽から吉井に向かう道路、この道路沿いはどうなっていくのかなというのも気になってくることなんですが、平成29年度総合戦略にかかわる重点戦略-戦略プログラムの事業評価一覧表が配付されておりまして、経済・産業に活力があり、ひとが集まるまちを創るの企業誘致による安定的で良質な雇用創出

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

企業誘致により地域に安定的で良質な雇用の場を創出することは、本市の経済、産業や地域を活性化させる有効な手法だと認識しております。現在、市内の公的な工業団地、用地を含めまして、不足している状態となっております。本年度予算におきまして適地調査を実施しているところでございます。年度末には美作岡山道路も開通し、本市の交通利便性はさらに向上することが予想されます。

岡山市議会 2018-11-01 平成30年11月定例会

選挙事務について  〇 保健福祉委員会    福祉行政について    保健行政について    環境衛生行政について    医療行政について    岡山っ子育成について  〇 環境消防水道委員会    廃棄物の処理及び清掃について    環境保全について    消防力の整備充実について    水道事業について  〇 経済委員会    商・工業振興対策について    観光コンベンション対策について    雇用対策

井原市議会 2018-10-03 10月03日-02号

その企業誘致をする中で雇用の促進、雇用の確保というふうに言われております。現在、井原の中では実は雇用は足りているというふうに言われております。逆に言えば人手が不足しています。

赤磐市議会 2018-09-27 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号

委員より、企業誘致に効果はあるのかとの質疑に、執行部は、条例改正による効果としては、市に本社機能を移転する、あるいは市内の本社機能を充実してもらうことにより新たな雇用が生まれ、固定資産税等の増加が期待されるとの答弁。  委員より、平成28年に条例施行してから東京23区から市内への本社機能の移転はあったのかとの質疑に、執行部は、今のところないとの答弁。  

赤磐市議会 2018-09-07 平成30年 9月第3回定例会-09月07日−05号

このたび小瀬木の地区におきます企業の募集に当たりましては、先ほど議員の御質問にもありましたとおり、地元雇用が優先であるという考えを我々も持っております。また、地域の方々からもそうしたお声を聞いておりますので、このたびの募集につきましては、そうした雇用の見込める製造業という分野で立地を考えていただいております企業様への募集という条件をつけております。  以上です。

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

インターネット等による広告を活用しまして、周知を図っているというところではございますが、国が働き方改革を推進している中で、本市における地域おこし協力隊の活動形態が市と雇用契約を締結せず市から委嘱されるというだけで、任期満了後も安定的な収入が得られる保証がないなど、問い合わせはございますが、応募につながらないという一つの要因となっているとも考えております。これが現在のところ課題でございます。  

新見市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

障がい者支援について       │市長、総務部長│ │  │  │       │ (1) 障がい者の雇用について     │福祉部長   │ │  │  │       │  1) 本市職員の雇用状況は     │       │ │  │  │       │  2) 一般企業への就労状況は    │       │ │  │  │       │  3) 就労支援について       │       

赤磐市議会 2018-06-13 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号

基本構想の中でも、町の拠点形成、雇用の場の確保の項目で複合的な施設の誘致などに言及していますが、現状はどのようなものなのでしょうか、御答弁をよろしくお願いいたします。  続きまして、日本遺産認定に伴う今後の取り組みについてお伺いをいたします。  

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

コンセプトとしては、交通の拠点、それから市民あるいは市内外の方々の交流、楽しめる場、そして雇用を創出する場、こういったコンセプトを大事にしましてこれからこの拠点整備についての絵を描いていきたい。力強く進めてまいりますので、市議会の皆様方においても御協力、御理解をお願いしたいと思います。  以上でございます。

赤磐市議会 2018-06-08 平成30年 6月第2回定例会-06月08日−01号

第24条の2の改正は、特例対象被保険者等に係る申告について、マイナンバーによる情報連携により把握できる場合は雇用保険受給資格証明書の提示が不要となる改正を行うものでございます。  附則第1条は、施行日で平成30年4月1日でございます。  第2条は、改正後の適用区分を定めたものでございます。  以上で細部説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

赤磐市議会 2018-03-20 平成30年 3月第1回定例会-03月20日−06号

委員より、あかいわ地域商社による雇用と賑わいの創出プロジェクト事業について、最新の状況はとの質疑に、執行部は、29年5月に地域商社AKAIIWAとして法人化した。事業全体としては2,110万円の予算である。地域商社の支援補助として1,400万円計上している。28年度末から地域商社が市内の農産品のブランド化、販売拡大の活動をしている。

赤磐市議会 2018-03-02 平成30年 3月第1回定例会-03月02日−05号

市営住宅の今後については、将来の人口推移を踏まえ、市内に存在する県営住宅、旧雇用促進住宅、民間の賃貸借物件等々の役割分担を踏まえ、公営住宅の需要予測と供給量を調整し、効率的に改修、用途廃止を進めてまいりたいと考えております。また、公営住宅の果たす役割も、時代とともに変化しており、新たな時代に即した住宅政策を支える制度の見直しが現在国のほうにおいて行われております。

高梁市議会 2018-03-01 平成30年第2回 3月定例会

まず最初に、市長が所信表明の中でまちづくり、人づくりに触れられていましたが、過疎、高齢化と特に若者の非正規雇用などで、高梁市は大きく貧困化も進んでいると私は感じています。地域も個人も大変な中、行財政改革が提案されました、また現在策定中の立地適正化計画も私自身は問題ありと思っています。削減と集中では、市民生活を支えることはできません。

赤磐市議会 2018-02-27 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−04号

具体的な雇用拡大策というのはどういうものなのかということを、ぜひ御説明いただければというふうに思います。  次に、市民ホールについて御質問いたします。  県立高校と同じく、岡山県下で唯一市民ホールがない市が赤磐市です。和気町にも市民ホールはございます、立派な市民ホールが。公民館と市民ホールは違います。機能が全く違います。