運営者 Bitlet 姉妹サービス
3097件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月11日−03号 現在でも、子育て関係など福祉職種を初め、多くの職種において任期付職員の募集を行っても人材確保が厳しい状況にあると認識しており、一時的に臨時雇用で対応していると承知しておりますが、新たな会計年度任用職員制度への移行に当たり、会計年度任用職員の確保は行政サービスを維持する上で極めて重要と考えておりますが、市長の所見をお伺いをいたします。 もっと読む
2018-12-10 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月10日−02号 そのような状況の中、介護予防施策や医療、介護、福祉分野の人材確保、雇用確保等の拡大施策は本当に重要な施策であると考えております。いろいろな政策を打ち出すことで介護保険料や医療費にかかわる経費等がアップする懸念もありますが、その反面、介護予防施策の普及で医療費や介護費の抑制や雇用拡大ができれば税収アップにもつながり、安心して暮らせる真庭ライフスタイルにもつながるのではないかと考えております。 もっと読む
2018-12-06 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月06日−03号 備前市は、依然として有効求人倍率は高く推移していることから、企業にとっての雇用の確保は喫緊の課題と認識しており、労働力不足を解消するためには、優秀な外国人労働者の確保も不可欠な状況であると認識をしております。  御指摘のように、備前市の場合、中小企業も多く、独自でできない場合もありますので、行政としても支援をすることも大事なことであろうと、このように思っております。   もっと読む
2018-12-05 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号 それで、5年以内ということですけど、例えばその5年以内に首を切られることもあるのか、5年以上たって引き続きまた再雇用が可能なのか。要するに、この人たちの働く者としての権利の保障はどういうものになっているのかっていうのが1点。  それから、こういう職種はどういう基準で決めているのか。 もっと読む
2018-12-05 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月05日−02号 また、若者の雇用のための住宅用として整備している特定賃貸住宅の空き家率が高くなっています。この住宅に対して改正により、家賃の改正により所得の高い人が余りにも家賃が高くなっている状況となっています。これらの方々に対して家賃補助を行い、この特定賃貸住宅の居住率を上げるべく、やらなければならないというふうに思っております。 もっと読む
2018-12-04 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月04日−01号 木質バイオマス発電が林業や木材関係事業の振興、地元雇用や経済、地球環境などに貢献していることを今まで以上に発信していかなければなりません。  美甘地区をモデルとした持続可能な森林経営を目指す取り組みについては、来年度から施行される森林経営管理法に基づき、林業集積の方針と森林環境譲与税の使途等について関係者と意見交換を行っております。 もっと読む
2018-12-03 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号 そういったことから、そういった大規模農家が請け負っていただけない田畑について、今田んぼを持っておられる方またはその後継者がこれを引き継いでいただくのが有効かと思うんですけども、これがなかなか進まないのは、一つには赤磐市内に有効な雇用先がない、勤め先がないということで都市部へ流出している、これも1つの原因かと思います。 もっと読む
2018-12-01 笠岡市議会 平成30年  第 6回12月定例会 また,株式会社サラが来年4月から稼働することに対し,障害のある方でもできる作業があるならば積極的に雇用してもらう,行政からの働きかけを求める意見がありました。執行部からは,庁内で連携しながらお願いをしていきたいとの回答がありました。 最後に,建設産業分科会では,林業費の有害鳥獣被害対策事業について特に多くの意見がありました。 もっと読む
2018-12-01 美咲町議会 平成30年第 9回(12月)定例会 また、委員から巡回バス運行管理費1,000万円の減額で業者の運転手のその後の処遇はわかるのかの質問に、社員の雇用については各企業がタクシー乗務とかその他の業務につき企業で努力をしていただけているとの報告でした。 また、交通安全教育推進費で高齢者先進安全自動車購入費補助金200万円でありますが、40件ほどの追加を見込んでいるということで、住民の安全意識が高まっているようであるとの説明でありました。  もっと読む
2018-11-30 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号 りされてしまうと困りますので、その前にしっかりとした構想を持って整備を計画していかないといけないと思いますし、今まで利用されていた山陽から吉井に向かう道路、この道路沿いはどうなっていくのかなというのも気になってくることなんですが、平成29年度総合戦略にかかわる重点戦略-戦略プログラムの事業評価一覧表が配付されておりまして、経済・産業に活力があり、ひとが集まるまちを創るの企業誘致による安定的で良質な雇用創出 もっと読む
2018-11-29 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号 企業誘致により地域に安定的で良質な雇用の場を創出することは、本市の経済、産業や地域を活性化させる有効な手法だと認識しております。現在、市内の公的な工業団地、用地を含めまして、不足している状態となっております。本年度予算におきまして適地調査を実施しているところでございます。年度末には美作岡山道路も開通し、本市の交通利便性はさらに向上することが予想されます。 もっと読む
2018-11-01 玉野市議会 平成30年第 5回11月臨時会 大切なことは市民の願いから出発して市民主役で住民自治を発揮し、防災や福祉を優先する地域の全ての中小企業小企業事業者や農漁業を支援し安定した雇用と社会保障によって人口減少に有効な対策を講じていくこと、市民合意で創意あふれる活動を応援する市政に転換してこそ真の地域再生、元気な地域づくりとなるものと考えます。 次に4点目として、商業施設メルカの耐震性の問題であります。これも何度も指摘をしております。 もっと読む
2018-09-28 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月28日−06号 質疑では、経営状況を示す資料によると、アストピア蒜山は経営状況が思わしくない、3期連続赤字決算、指定管理者として問題ないのか、きちんと評価されているのか、5年前にヒルズの指定管理を失い、快湯館を失い、人員が減ったりいろいろと聞く、今回雇用が復活して、快湯館、津黒高原荘、ここと相乗効果で経営状況の改善が示されたのかとの質疑があり、執行部から、アストピア蒜山については、損失を計上してる、第三セクター自体 もっと読む
2018-09-27 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号 委員より、企業誘致に効果はあるのかとの質疑に、執行部は、条例改正による効果としては、市に本社機能を移転する、あるいは市内の本社機能を充実してもらうことにより新たな雇用が生まれ、固定資産税等の増加が期待されるとの答弁。  委員より、平成28年に条例施行してから東京23区から市内への本社機能の移転はあったのかとの質疑に、執行部は、今のところないとの答弁。   もっと読む
2018-09-21 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月21日−05号 また、委員が、指定管理者の募集に当たり、小規模なクラブについてどのような配慮をしたのかとただしたところ、当局から、定員が10名前後のクラブの場合、指定管理料を国の基準どおりに設定するとかなり低い額になるため、支援員2名を雇用できるように、国基準より100万円から150万円程度高く設定したとの答弁がなされました。   もっと読む
2018-09-13 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月13日−05号 そのために、今年8月に市内134の介護保険事業所で雇用状況のアンケート調査を実施されたということであります。この結果の集計はこれからだと思いますが、このアンケートの結果によって市内の介護、福祉の現場の状況を把握されようとされておられると思いますが、こういう結果によって市も本腰を入れて将来に向けた介護、福祉従事者の人材確保の政策を検討していかれようとされておられるのか、その辺をお伺いいたします。 もっと読む
2018-09-12 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月12日−02号 また、不安定雇用という問題が横たわっていると言われ、なり手不足の問題もあります。解消のためには指導員の待遇改善が必要で、保育の質の低下につながることも懸念されています。有資格指導員を配置することが緩和される可能性がある、残されていることから、保育の質の低下、安全性が保たれないなど懸念され、保護者や指導員から反対の声が上がっています。 もっと読む
2018-09-11 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月11日−03号 それから、場所も問題ですけども、企業等によっていわゆる事業用地として活用をしていくことを促すために、真庭市企業立地雇用促進奨励金制度、企業進出すると土地を買ったりすると補助金を出すという制度ですけども、今の産業団地と同様に最大60%まで補助しようということを決めております。   もっと読む
2018-09-07 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月07日−05号 このたび小瀬木の地区におきます企業の募集に当たりましては、先ほど議員の御質問にもありましたとおり、地元雇用が優先であるという考えを我々も持っております。また、地域の方々からもそうしたお声を聞いておりますので、このたびの募集につきましては、そうした雇用の見込める製造業という分野で立地を考えていただいております企業様への募集という条件をつけております。  以上です。 もっと読む
2018-09-07 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月07日−04号 長船調理場につきましては、臨時調理員の雇用は6カ月ごとの更新であります。長期で安定した人員の確保という点と、牛窓調理場と同じく、今年度末での正規調理員の退職の予定もあり、現場の調理業務での懸念材料となっております。   もっと読む