64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

瀬戸内市議会 2018-11-27 11月27日-01号

これは日中平和友好条約締結40周年を記念して、かつて牛窓中国への船が出るなど大陸との交流が盛んに行われていたことにちなみ、1,000年以上の歴史を持つ景徳鎮陶磁器の高い技術と洗練された美的感覚を受け継いだ現代中国焼き物界を代表する三人の作家作品を展示します。本展では、景徳鎮焼き物当館所蔵佐竹徳絵画作品をあわせて展示し、海がつないだ縁についてご紹介します。 

備前市議会 2017-12-07 12月07日-03号

今回の訪中につきましては、議員御指摘のように、中国一の陶磁器シェアを誇る宜興市との友好関係を構築するということで訪問させていただきました。今後インバウンドの誘致や日本遺産にも指定された焼き物である備前焼世界へ発信する上で有効なことと考えております。 ただし、やはり備前焼業界備前焼人たちがそれをどう思っているのかということも大切なことじゃないかと思っております。 

備前市議会 2017-11-29 11月29日-01号

次に、25日から27日、中国宜興市からの招聘により、第9回中国宜興国際陶磁器文化芸術祭に参加させていただきました。宜興市は、中国国内での陶磁器シェアトップを誇る陶器の都であり、2年に一度開かれる芸術祭は大変盛大な規模でございました。日本からは六古窯の構成員であります常滑市から常滑焼店も参加されておりました。 

津山市議会 2016-06-13 06月13日-02号

環境福祉部参与友末憲良君)  津山圏域クリーンセンター焼却物中の金属類含有についてのお尋ねでございますが、津山圏域資源循環施設組合の報告では、昨年11月の焼却施設稼働開始から先月末、5月末までのごみ焼却量1万7,861トンのうち、選別設備選別された金属ガラス陶磁器類等不適物は110トンであり、率にして0.6%でございました。 

玉野市議会 2015-03-11 03月11日-07号

あるいは、日本には陶磁器なら備前焼や薩摩焼、九谷焼など素材としてはすばらしい伝統工芸品がありますが、海外では知名度がまだまだ低く、多くの上流家庭食器棚に並べている常備品にはなっていない。 今こそ産地の市町村がイタリアの地方都市のように国家や政府に頼らず、自力で世界化を目指すべきであり、その気になれば高額商品世界中に普及、販売することも不可能ではないはずです。 

岡山市議会 2014-06-19 06月19日-05号

ただ,周辺情報といたしまして,ここの処分場は2種類のみ,瓦れき類ガラスくず陶磁器くずのみの2種類のみを受け入れられていて,先ほど申し上げましたけども,操業当時から非常に良好な浸透水の検査結果がずっと出ていたということはあると思います。 以上です。 ◆24番(河田正一議員)  えっとですね,これ環境省に問い合わせました。

岡山市議会 2010-03-02 03月02日-04号

御津小田地区計画されている最終処分場は,埋立面積4万3,583平方メートル,埋立容量92万1,979立方メートルの安定型最終処分場で,瓦れき類ガラスくずコンクリートくず陶磁器くず金属くずゴムくず廃プラスチック類埋め立て計画となっております。 次に,計画地は現在どのような状況かとのお尋ねでございます。 

岡山市議会 2009-12-14 12月14日-08号

当現場からは,安定型産業廃棄物に該当する廃プラスチック類瓦れき類金属くずガラスくずコンクリートくず陶磁器くずと,管理型産業廃棄物に該当する紙くず,汚泥,木くず繊維くずが確認されました。 次に,水質調査当該地のどこで,その結果は,生活保全上の支障とは何か,その程度はとの御質問でございます。 

津山市議会 2009-09-11 09月11日-07号

じゃけど、100%入れるものは別として、陶磁器くずガラスくずだけになるかもわからんですけど、最終処分場は必ず広域のために要るということで、そういう計画ですから、それが2,000円、持ち出すほうが安いんじゃと、三つ子でもわかるような計算で、分母には19億円をどっちも入れにゃいけませんがな、必ずつくらにゃいけんのですから。

津山市議会 2009-07-02 07月02日-05号

ガラス陶磁器くずがちょろっとですわ。それだったら横山処分場にお願いしたらよろしいがな、はっきり言うて。 そういうことを考えたときには、やはり方式を変えるのか、領家と協定を見直すのか、はたまた横山処分場ごみを全部取るんか、まあよう考えて返事をしてください。 それと、食肉処理公社ですけど、要するに岡山県の産地基地として、食肉流通基地としてどうしても残していただきたい。

岡山市議会 2008-12-10 12月10日-06号

市の許可を見させていただくと,廃油,廃プラスチック紙くず木くず繊維くずゴムくず金属くずガラスくず陶磁器くず等々が処分されているんです。これらの中には,先ほど申し上げましたような硫化水素が発生するようなもとが十分に含まれているわけです。で,埋め立てをしているから,そりゃあ嫌気性環境になるでしょう。この可能性が非常に私は大きいと思いますよ。 

里庄町議会 2008-12-10 12月10日-02号

現在、里庄町では可燃ごみ資源ごみ、非資源ごみ分別で回収しておりますが、植木鉢、ブロック、茶碗などの陶磁器、かわらなどが壊れたもの、いわゆる不燃物の回収を行っておりません。捨て場の確保もできておりません。町民はこのようなものの処分に非常に困っていますが、困っている現状で池、川の堤防あるいは山の中に不法投棄の原因ともなっております。

津山市議会 2008-03-12 03月12日-04号

このため、もう平成19年度の当初の方から埋立物の徹底した分別を行いまして、安定5品目といいます陶磁器類あるいはガラスゴム等の非常に選別をいたしまして、それのみの埋め立てに努めてまいりました。しかしながら、平成21年度からは残容量はなくなるわけでありますので、地区外処理を行わなければなりません。現在、三重県の民間処分場と伊賀市とで事前協議を行っているところであります。