59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

余り言いたくないんだけれども、熊山地区には診療所建設、複合型介護福祉施設建設、オリンピック誘致の運動公園の整備、熊山駅前整備、次々と破格の待遇ですよ。赤坂地区や吉井地区の住民からするとあれは何だと。ここまでしながらまだ理解を得られてない、説明会が開けない、コンセンサスがない。それはできないじゃなくてあなたがしてないだけの話ですよ。あと2年切りましたよ、市長の任期は。

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

続きまして、熊山運動公園改修計画並びに熊山複合型介護福祉施設建設についてということで、熊山運動公園ですけども、不正入札の疑義があるが、どういう調査をするのかということについてお尋ねをいたします。  入札監視委員会など審査の外部第三者化についてということで御質問させていただきます。  

赤磐市議会 2018-09-27 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号

これは熊山運動公園改修計画になりますが、改修計画がほかを退けて優先される理由は、市長や県議会議員からの強い要望で優先順位が上がったのか、それとも市長が副会長を務め会長を西岡県議会議員が務める岡山県ホッケー協会へのそんたくだったのか、あるいは市長や西岡県議の政治活動に対する配慮だったのか。不平等で不誠実な行政が行われたのではないかと疑惑が生じている件のことです。

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

総務委員会の資料によりますと、熊山運動公園施設整備により、ホッケー競技の事前キャンプ誘致に取り組むということであります。出場国数は、リオオリンピックを参考として男子12チーム、女子12チーム、事前交渉相手国はニュージーランドホッケー女子チームとなっていますが、現在まだ出場が決定している国はないというふうにお聞きしております。

赤磐市議会 2018-03-20 平成30年 3月第1回定例会-03月20日−06号

委員より、熊山運動公園整備事業について詳しい説明をとの質疑に、執行部は、スポーツ施設整備推進計画に基づき、熊山運動公園目的広場において人工芝の張りかえ、ナイター照明4基、観客スタンド、防球ネット、選手控室、審判控室、本部棟、救護室を整備する。また、トイレについては合併浄化槽を取りやめ、下水道への接続工事を行うとの答弁。  

赤磐市議会 2018-03-02 平成30年 3月第1回定例会-03月02日−05号

教育次長(藤井和彦君) それでは、21款市債の熊山運動公園の整備事業につきましてお答えをいたします。  本事業の根拠でございますけれども、赤磐市のスポーツ振興を図っていくために、教育委員会におきまして昨年11月に赤磐市スポーツ施設整備計画を策定いたしまして、その中で老朽化が進んでおります熊山運動公園の整備について位置づけたものでございます。  

赤磐市議会 2018-02-27 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−04号

熊山運動公園の多目的広場は県内唯一のウオーターベースでホッケー競技のできるフィールドですが、設置から約15年が経過し、利用とともに老朽化して、人工芝の張りかえが必要な時期になっております。そこで、事前合宿の取り組みとして、この3月補正予算で熊山運動公園の総合的な施設整備事業の実施設計を予算計上し、平成30年度予算には施設整備、東京オリンピック事前キャンプ誘致事業の予算を計上しております。

赤磐市議会 2018-02-26 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−03号

教育次長(藤井和彦君) 熊山運動公園の整備につきまして御答弁させていただきます。  この工事の時期でございますけれども、平成30年度中に工事を実施したいと。多目的広場の人工芝の張りかえでございますとか、照明の設置、また観客席など、総合的な整備をすることによって、この熊山運動公園スポーツ振興の拠点となるような整備をしていきたいというふうに考えているところでございます。  

赤磐市議会 2018-02-23 平成30年 3月第1回定例会-02月23日−02号

13目合併特例事業債は、旧廃棄物処理施設解体事業、赤磐市の複合型介護福祉施設整備事業、熊山駅前周辺整備事業、美作岡山道路負担金、学校施設の空調設備整備事業、熊山運動公園整備事業に合わせまして17億7,970万円を計上いたしております。  14目緊急防災減災事業債は、消防行政無線施設整備事業に640万円の計上でございます。  以上、歳入の説明とさせていただきます。  

赤磐市議会 2018-02-22 平成30年 3月第1回定例会-02月22日−01号

10款教育費は、小中学校幼稚園の管理運営事業、社会教育事業、公民館図書館運営事業などの計上で、新規事業の学校施設空調施設整備事業、熊山運動公園整備事業、東京オリンピック事前キャンプ誘致事業などの増により、前年度に比べ47.4%の増額となっております。  11款災害復旧費は昨年と同額の計上、12款公債費は7.1%の減、14款予備費は従来どおりの計上となっております。  

赤磐市議会 2017-09-05 平成29年 9月第4回定例会-09月05日−04号

◎市長(友實武則君) 東京オリンピック以降のホッケーの取り組みについてお尋ねでございますけども、この熊山の運動公園のホッケー場は県内唯一と言われるウオーターベース、議員の御案内のとおりです。そういった利点を生かしてホッケー競技中国大会や全国大会、こういった大会を誘致し、そしてホッケー競技の振興、普及も図っていきたい。

新見市議会 2017-03-01 平成29年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

遊休財産等の有効活用策に対する市│産業部長教育│ │  │  │       │  長の考えについて        │部長     │ │  │  │       │ (1) 旧唐松小学校の活用について  │       │ │  │  │       │  1) 旧唐松小学校を市内の運動公園│       │ │  │  │       │    と連携させた合宿的な施設とし│       │

総社市議会 2016-04-28 04月28日-01号

これを総社市役所に集結いたしまして、南海トラフプラットホームと称して高知県徳島県とも連動し、丸亀市あるいは備前市とも連動しながら、合同チームで益城町の総合運動公園までテントを運び、益城町の町長との了解事項として総合運動公園、陸上競技場の中ですけれども、今トラックとかが、めためたに壊れている陸上競技場の中にテント120張りを合同チームで張ることができました。 

赤磐市議会 2015-12-01 平成27年12月第5回定例会-12月01日−02号

スポーツ施設の運営実績は、運動公園及びB&G海洋センター、体育館、プール等の指定管理が前社は4施設、後社は6施設ございます。  以上、簡単でありますが、申請団体の概要及び運営実績についての御説明とさせていただきます。よろしくお願いします。 ○議長(金谷文則君) 奥田産業振興部長。 ◎産業振興部長(奥田吉男君) 本年度のワインフェストの概要について御報告をいたします。  

赤磐市議会 2015-09-04 平成27年 9月第4回定例会-09月04日−04号

赤磐市の熊山運動公園目的広場ホッケー場は、県内唯一のウオーターベースの人工芝の競技場でございます。2005年晴れの国おかやま国体の会場として使用されました。その後も全国大会等開催が行われておる状況でございます。2020年東京オリンピック・パラリンピック事前キャンプ等の合宿候補地として現在全国知事会が実施しますスポーツ施設データベースサイトへ掲載を要望しております。

備前市議会 2015-05-26 05月26日-01号

納税寄附金の歳入増加に伴う事務費及び返礼品に係る経費、路線バス運行事業の市営化及びスクールバスの運行確保に係る経費、市内の妊婦、幼児、児童・生徒等に図書購入を奨励するための図書カードに係る経費、高齢者に対し新たに生活応援券として市内で使用できる商品券を発行するための経費、子育て世代に向けて新たにプレミアムつき商品券を発行するための経費、平成28年度に開催される全国高校総体ソフトテニス競技に向け、総合運動公園