6614件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

美咲町議会 2045-06-04 06月04日-02号

私としても就任以降、県側担当者である県庁道路建設課長美作県民局勝英地域建設部長と面会を重ねるなど、県当局との連携を密にしております。引き続き、地元でさまざまなご意見、お声がある中、地元状況も伝えながら、県と歩調を合わせて事業を推進してまいりますので、町議会としても早期開通に向け、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。 

美咲町議会 2038-09-03 09月03日-02号

総合運動公園では消防団津山圏域消防組合災害支援組織であるピースウィンズ・ジャパンが連携して行方不明者の捜索、救助、搬送を行っていただきました。ヘリコプター、救急車を実際に使い、要救助者を複数の機関が協力して救助する、大変臨場感を持った訓練となりました。役場でも8時半に災害対策本部を設置した後、実際に情報収集や指示、放送等を行う災害対策本部運営訓練を11時半まで行いました。

笠岡市議会 2030-09-11 09月11日-03号

教育長岡田達也君) 今,家庭教育ということで放課後児童クラブ学校がどういうように連携をしていくべきなのかという御質問だというふうに思います。 今,笠岡市のほうでも,学校と,それから放課後児童クラブがどう連携するかというのはとても大事なことというふうに考えておりまして,実はこの4月に教育長と市長が連名で連携依頼を出しております。

総社市議会 2025-12-09 12月09日-04号

残りの方が351人いらっしゃるんですが、こちらにつきましては、今後は特にアパートとかマンションにお住まいの方が多いでございますので、宅建協会連携を行って、どういった形で把握ができるのかというところにつきまして現在協議を行っているところでございます。この結果、今のところ15人の方が気になる方というふうに捉えておりまして、地域包括支援センターの方でさりげなく支援の方を行っているところでございます。 

笠岡市議会 2025-06-06 06月06日-02号

その他の広域連携についてでございますが,一部事務組合以外に現在,笠岡市が構成団体となっている広域連携には,井原市,浅口市,里庄町,矢掛町と3市2町で構成する井笠圏域振興協議会,倉敷市を連携中枢都市として7市3町で構成する高梁川流域連携中枢都市圏,広島県の福山市を連携中枢都市として6市2町で構成する備後圏域連携中枢都市圏などがございます。

赤磐市議会 2024-12-02 12月02日-04号

人数だけではなく、これから進めていく認定こども園形態にもよりますが、保育所型、幼稚園型、幼保連携型、どの形態とするにせよ、対応できる各従事者資質向上も同時に求められているところでございます。 市としましても、現在従事している保育士幼稚園教諭等幼児教育保育への共通理解指導力向上のための研修、交流等を図り、また各施設への適正な人員配置に努めたいと考えております。 

総社市議会 2024-11-29 11月29日-01号

11月25日から新たに被災者寄り添い室を配置し、復興推進室社会福祉協議会とも連携をし、徹底的に被災者に寄り添ってまいりたいと思います。私は、これまで東日本大震災熊本地震など多くの被災地を訪れてまいりました。その場で感じたことは、行政社会福祉協議会に丸投げ状態、任せっ切りという傾向、あるいは住宅再建道路整備などは粛々と行われ、まちは徐々にもとの姿を取り戻している。

笠岡市議会 2024-09-12 09月12日-04号

そういうふうな生涯学習課で行っております放課後子ども教室等との連携を図りながら,先ほどおっしゃっていただいたような大和高田市のような仕組みをより構築していきたいというふうな思いを持っております。 それから,あともう一点,笠岡市のほうでは放課後児童クラブ連携をしてそういうふうな補充学習的なところにも力を入れております。

赤磐市議会 2024-08-30 08月30日-02号

その他の取り組みといたしましては、介護予防のためのいきいき百歳体操地域ケア会議在宅医療介護連携推進事業生活支援体制整備事業認知症の人や地域、家族が気軽に交流できる認知症カフェ等も実施いたしました。特にいきいき百歳体操普及活動には力を入れており、平成30年度末で合計74団体活動に取り組んでおります。地域支援事業合計は2億672万1,703円で、執行率は93.8%となっております。 

真庭市議会 2024-06-21 06月21日-05号

最後に、滞納が生じた場合、債権回収課が担当するのかとの問いがあり、これに対して、債権回収課と情報共有するが、基本的には学校連携し、教育委員会のほうでするとの説明がありました。 採決の結果、全会一致で原案を了とし、可決となりました。 次に、議案第59号落合総合公園指定管理者指定事項の変更についてであります。 

真庭市議会 2024-06-06 06月06日-03号

その方法は、避難行動支援者行動計画地域に出向き、自主防災組織を中心に支援関係者連携を図りながら作成の支援を行うとしています。また、自主防災組織補助金事業の中で個別計画策定支援に対しても新たに助成を行うとしています。ことしも異常気象が続いており、豪雨の危険性が懸念される中で避難行動支援者個別計画策定は急ぐ必要があります。

総社市議会 2024-05-27 05月27日-01号

引き続き、河川管理者である岡山河川事務所や中国電力などと連携を今まで以上に密に図りながら、連絡体制などの具体的な運用方針を定め、出水期、もう既に出水期間近でございますが、出水期までに皆様方にこの対応の在り方について御連絡、御報告を申し上げたいと思っております。 次に、各地に多くの傷跡を残した、市内の復旧復興状況について御報告をさせていただきます。