162件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

笠岡市議会 2024-09-26 09月26日-07号

近年,子供貧困は16%を超えております,皆さん御存じのとおり。そのうち,大人が1人の世帯の相対的貧困というのは54.5%と大人が2人以上いる世帯に比べまして非常に高い比率となっている,その状況にも変わりはありません。こうしたことを踏まえまして,私たちはこれを全市民子供たち対象にして一般施策として行うべきだと主張してまいりました。

津山市議会 2023-09-09 09月09日-02号

厚生労働省国民生活基礎調査によりますと、平成27年の子供貧困は13.9%で、実に7人に1人が貧困ということであります。さらに、ひとり親家庭では、半数を超える50.8%が貧困に陥っている実態が明らかになりました。懸念される影響の一つとして、貧困世代を超えて親から子へと受け継がれてしまう貧困連鎖という問題が上げられると思います。この連鎖を断ち切るための環境整備が喫緊の課題ではないでしょうか。

高梁市議会 2020-03-12 03月12日-04号

厚生労働省が出されてる平成30年度母子家庭の母及び父子家庭の父の自立支援施策実施状況資料によれば、母子家庭平均年収200万円ということで、母子家庭貧困は50%、先進国の中でも突出していますが、高梁市ではこういう母子家庭に対する支援策っていうのはどういったものがあるんでしょうか。 ○議長小林重樹君) 宮本健康福祉部長

岡山市議会 2020-03-05 03月05日-05号

2015年において日本子どもの7人に1人が貧困状態に陥り,先進国の中でも34カ国中10番目に貧困が高い国です。ひとり親家庭貧困は50.8%であり,大学進学率も低い状況です。 来年度予算で,市民税非課税世帯の高校生に対する奨学金給付就学援助費給食費全額援助がようやく実施されることになりました。 (1)大阪市では,学校給食無償化の検討に入りました。

倉敷市議会 2020-02-27 02月27日-04号

子供貧困は2015年で13.9%。貧困線122万円以下の生活実態子供は7人に1人、ひとり親世帯では50.8%と2人に1人に上ります。岡山県の抽出調査では122万円未満世帯は9.8%でした。本市子供貧困現状対策についてお聞かせください。 次に、子育て中の生活保護世帯における車の保有について、子供貧困という観点からお伺いいたします。 

倉敷市議会 2020-02-26 02月26日-03号

子供貧困とは、相対的貧困状態にある18歳未満子供割合を指します。国民を可処分所得の順に並べ、その真ん中の人の半分以下の所得である状態相対的貧困と呼び、親子2人世帯の場合は月額およそ14万円以下の所得ということになります。こうした世帯で育つ子供は、医療や食事、学習などの面で極めて不利な状況に置かれ、将来も貧困から抜け出せない傾向にあることが明らかになりつつあります。

笠岡市議会 2019-03-22 03月22日-07号

また,低所得者資金等補助金の名目で給付制就学援助特定団体の子弟に対して行うことにつきましても,毎年申し上げていることですが,近年の子供貧困は16%を超えており,そのうち大人が1人の世帯の相対的貧困は54.6%と,大人が2人以上いる世帯に比べて非常に高い水準となっている状況に今も変わりはありません。 

倉敷市議会 2019-02-26 02月26日-04号

親などが貧困状態にある家庭で育つ18歳未満子供割合を示す日本子供貧困は13.9%、約7人に1人の子供貧困ラインを下回っています。中でも深刻なのがひとり親世帯です。貧困は50.8%で、主要国でも最悪の水準となっております。 倉敷市や岡山県が実施した子供貧困に関するアンケート調査の結果を踏まえて、倉敷市としての現状認識をどのように把握しているのか、お答えください。 

総社市議会 2018-12-07 12月07日-04号

といいましても、本当に今全国的な貧困というのは一昨年は7人に1人ということで13.9%ということになっておりますが、先進国の中でいえば35カ国中9位ぐらいだということで、結構いいところいっとる、いいところというより悪いところのいいところいっとるわけでありまして、本当にこの豊かな日本貧困なのかということになるわけですが、ひとり親世帯の場合の収入、特にお母さんが一人になったときの収入というのは本当に

岡山市議会 2018-09-19 09月19日-09号

また,日本は,給付から負担を差し引いたネット給付の再配分所得貧困が,再配分所得より高くなっています。つまり,社会保障制度税制度によって日本子ども貧困は悪化していると言えます。 どのように認識していますか。児童扶養手当の見直しなど,国に意見を上げていきませんか。 就学前の貧困対策として,アメリカのヘッドスタートがあります。

津山市議会 2018-06-13 06月13日-04号

環境福祉部参与飯田早苗君)  国民生活基礎調査からは、貧困の改善は見られるものの、厳しい状況世帯があることがうかがわれます。基礎調査のデータでは、生活保護制度で示しております、所得や資産、扶養義務者などの状況把握までできていない面がありまして、ここから真の保護制度対象者と判別することは適切ではないと考えております。 ○議長河本英敏君)  20番、美見議員

笠岡市議会 2018-03-23 03月23日-07号

近年子供貧困は,国内で16%を超えております。その上,ひとり世帯の相対的貧困は54.5%であり,2人以上大人のいる家庭の中と比べますと非常に高い水準となっていることは皆さん御存じのとおりです。就学援助制度を利用している小学生,中学生の割合も上昇していることなど考えますと,低所得者対策として奨学金制度必要性,ますます重要になってきているのではないでしょうか。

岡山市議会 2018-03-16 03月16日-10号

子ども貧困は約14%。ひとり親世帯子ども貧困は50.8%です。そして,きょうの山陽新聞によりますと,岡山県内の小・中学生がいる世帯のうち約1割が困窮状態にあることが岡山県の生活実態調査でわかりました。このように市民生活が苦しい状況にある中,国に対して生活保護基準の引き下げを中止するよう求める意見書は提出するべきと考えます。 皆様方の御賛同をよろしくお願いします。

備前市議会 2018-03-07 03月07日-02号

2016年に厚生労働省が行った国民生活基準調査によると、子供貧困は12年ぶりにやや改善されるも、いまだ7人に1人が貧困状態であるとされています。しかし、備前では歴代市長による施政方針においても、そして田原市長の就任当初の施政方針においても、子供貧困について触れられることはなかったと記憶しております。