運営者 Bitlet 姉妹サービス
25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2016-06-17 瀬戸内市議会 平成28年 6月第2回定例会-06月17日−05号 そして、地方議会運営辞典では、議会を招集する時間的余裕がないと明らかであるか否かの認定は長が行うのであるが、その認定には客観性がなければならず、これを誤った場合には当該専決処分は違法であるという行政実例があります。  このたびの案件は、本当に議会を招集する時間的余裕がなかったのでしょうか。安易に時間的余裕がないと判断されたんなら問題だと思います。   もっと読む
2015-09-29 赤磐市議会 平成27年 9月第4回定例会-09月29日−06号 地方自治法第92条の2に該当するかどうかの判断に当たっては、幾つかの検討すべき事項があるが、介護施設や株式会社への聞き取り調査、行政実例等を調査し、審査を行うこととした。  議員本人が役員等に就任していない場合の検討。地方自治法第92条の2の条文は次のとおりである。 もっと読む
2014-06-13 津山市議会 平成26年 6月定例会-06月13日−06号 地方自治法92条の2、議員の兼職規定についてでございますが、判例では地方自治法92条の2の請負とは、民法所定の請負のみならず、営業として地方公共団体に対して物件、労力などを供給することを目的としてなされる契約を全て含むものとされておりますが、一方で行政実例では、下請負は請負に含まれないとされております。 もっと読む
2013-12-05 瀬戸内市議会 平成25年11月第7回定例会-12月05日−03号 ◎副市長(高原家直君) 私のほうも少し研究もしてみましたけれども、行政実例の中で昭和25年…… ○議長(小野田光議員) 残り1分です。 ◎副市長(高原家直君) 6月8日でございますが、この寄附物件の維持管理等につきましては、負担つき寄附というようなところの表現でございますけれども、これは維持管理等の条件がついたとしても議会の議決は要らないというようなところの判例が行政実例として出ております。   もっと読む
2013-03-05 瀬戸内市議会 平成25年 2月第1回定例会-03月05日−06号 行政実例がその第222条の中にありまして、議会が予算を伴うような条例、その他の案件を提出する場合、地方自治法第222条第1項の規定の趣旨に沿ってあらかじめ長との、まあ執行部とのですね、連絡を図って財源の見通しと意見の調整をすることが大切であるというのが、行政実例の中にあるわけなんです。それをあえて出されたのも、あわせてお聞かせください。   もっと読む
2012-06-19 倉敷市議会 平成24年第3回 6月定例会-06月19日−04号 そして、一つの事案なんですけれど、国の出されている行政実例は非常に少ないんですけれど、タンク内で検査中に爆発事故が起きて、2名の方が負傷した事案についての行政実例があります。このことについては機器に破損がなかった事例として、事故に該当しないという行政実例が出ております。このことからも爆発の場合は、機器の破損の有無を判断基準であることが示されております。 もっと読む
2012-03-06 鏡野町議会 平成24年 3月定例会-03月06日−02号 昭和24年1月13日行政実例に出ております。  以上でございます。 ○議長(河田紘君) 3番原 章倫君。 ◆3番(原章倫君) 今お聞きいたしましてありがとうございます。  それに対しまして、地域の区単位とかという法人にされている団体はどのようになるんでしょうか。 ○議長(河田紘君) 財政課長福田君。 もっと読む
2011-03-24 津山市議会 平成23年 3月定例会-03月24日−08号 専門分野の政策担当職員が、議員提案の条例案づくりや執行部提案の議案のチェックをサポートし、議会の先例や行政実例にたけ、常時議員に行政実例を提供するなど、専門の政策担当職員の配置が重要ではないかと思うのであります。   もっと読む
2009-09-10 瀬戸内市議会 平成21年 9月第4回定例会-09月10日−05号 行政実例、昭和26年8月15日です。そこで質問いたします。  今回の補正予算について、緊急を要する理由を示してください。  次、長が議会を招集する時間的余裕がないと認めた理由を示してください。  専決処分は、議会が議決または決定すべき事件について、長が議会にかわって行うものであり、まず議会招集の可能性を最大限検討すべきであります。どのような努力を行いましたか。 もっと読む
2008-02-27 瀬戸内市議会 平成20年 2月第1回定例会-02月27日−01号 なお、公共的団体とは、行政実例により、農業協同組合、漁業協同組合などの産業経済団体、社会福祉協議会、社会福祉団体等の厚生社会事業団、教育団体、文化団体等の教育、文化、スポーツ団体等で公共的な活動を営む者で、法人たると否とを問わないとされております。   もっと読む
2007-11-01 玉野市議会 平成19年第5回11月臨時会 しかも、行政実例によると、議会の議決を経た事項についてはすべて議会の議決を経なければならない。ただし、安易な事項については第180条により措置しておくことが適当であり、また議会の議決を経なければならない契約について、議会には修正権はないとなっております。 財政が夕張化している本市では、この入札を無効にして再度一般競争入札を求めなければ市民の了解は得られないのではないか。 もっと読む
2006-10-23 真庭市議会 平成18年10月第7回臨時会-10月23日−01号 この継続事業といいますのは、16年度に幾ら、17年度に幾ら、18年度に幾らという数字が決められておりまして、その変更があった時点で特に施工時あるいは当初の工事の中にないものにつきましては議会の承認を得るというより議会に説明をして議決案件でありますので、了解を得て進めていくと、このように継続経費としては行政実例で示されております。   もっと読む
2006-09-28 真庭市議会 平成18年 9月第6回定例会-09月28日−06号 ただ、行政実例の中ではこの議決契約要件のさっきの4項目はもちろんなんですが、その4項目の下に等があるんですね、等。それら等。その中に、自治体によっては工期を、または工区を議決要件として入れておくということの中で、例えば契約期間、要するに工期の期間がずれる、変更するときに、この議決要件にないと議会にかからないんですよ、議決要件にならない。 もっと読む
2005-06-17 真庭市議会 平成17年 6月第2回定例会-06月17日−02号 ◆12番(岡崎陽輔君) 行政実例上はどうですか、判断は。違法ではないが、適当ではないというが行政実例上の判断ですよ。これ入っちゃいけないんじゃないですか。違法ではないが適当ではない。我々議決機関ですから、この出された審議というのは、執行部に応じてそれを調査し、審議する機関なんです。我々は議会という場でこれは審議できるんです。私はこれは除外するべきだと思うんですね。 もっと読む
2004-06-15 岡山市議会 平成16年 6月定例会-06月15日−06号 なお,もちろんインターンとしての受け入れとか,あるいは岡山市の行政実例を教えてくれとか,あるいは講師を派遣してくれとかっていう,さまざまな要請もありますんで,そういったことにもしっかりこたえていきたいと思います。   もっと読む
2002-12-06 総社市議会 平成14年12月定例会-12月06日−04号 判断方法につきましては、請負金額と法人の通常の場合における全業務量、これは金額に換算した量でございますが、この比率等によって個々具体的に判断するほかはないと、このようにされておりますが、行政実例では市に対する請負額が法人の全業務量の50%以上を占めるような場合は、法に該当するものと解されております。なお、昭和62年10月20日の最高裁判決にも同様の判断が示されております。 もっと読む
2002-09-10 津山市議会 平成14年 9月定例会-09月10日−03号 行政実例によれば、損失補償については、同法上の規制するところではないとして、会社、その他の法人に対して地方公共団体が損失補償契約を締結することはできると解していると。このようなことから、形式上は禁止されていない損失補償契約に名をかりて、実質上は債務保証を行っているというのが現実の姿であると言われていると。これは明らかに一種の脱法行為と認めざるを得ないと、こういうふうな見解なんです。   もっと読む
2001-09-19 総社市議会 平成13年 9月定例会-09月19日−04号 なお、審議と審査という言葉の意味合いでございますが、この自治法の規定に基づく行政実例にも掲げられておるんでございますが、審議というのは、諮問に応じて調べ、論議することで、論議し、相談するという意味が強い。 もっと読む
2001-09-11 高梁市議会 旧高梁市議会 平成13年第6回 9月定例会-09月11日−03号 このことにつきましては、行政実例等の中で、まず公有財産の範囲及び分類中普通財産の項で、公の施設とならない観光宿泊施設等については普通財産として取り扱うべきという意見と、公の施設でない施設は行政財産として取り扱うのが適当であるかという意見があるが、いずれがよいかという質問に対しましての答えでございますが、施設の性格、種類にもよるが、観光宿泊施設等は公共の利益を増進するというよりは、むしろ公共団体が収益事業 もっと読む
1999-06-15 備前市議会 平成11年 6月第4回定例会-06月15日−04号 その後、行政実例等を研究いたしました結果、家屋の附属物、畳、戸、ドアですね、こういうものは公有財産購入費が適正であると判明いたしましたので、組み替えをお願いをしております。   もっと読む
  • 1
  • 2