8104件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

美咲町議会 2045-06-04 06月04日-02号

ご指摘のように、現在美咲町には観光協会といったものがなく、行政が幅広く関与し、いわば行政主導型で観光振興を進めているのが現状であります。主担当はしかも役場職員1人であります。 そこで、美咲町では、地方創生交付金事業を活用し、官民などの幅広い連携によって地域観光を積極的に推進するDMOの設立を考えております。

美咲町議会 2038-09-03 09月03日-02号

人口減少や町の財源の縮小など、社会構造の変化に対応するため行政住民も変化していくことが求められています。今後のさらなる高齢化人口減少に対応するため、公共施設等の縮減、再配置最適化は避けては通れない課題であります。複合化や多機能化広域利用を含め、公共施設の適正な配置に取り組み、次の世代へ負担の先送りとならないよう身近な取り組みとして今取り組まなければなりません。

鏡野町議会 2027-12-05 12月05日-02号

そちらのほうで、賃金というものは行政の支出からはなくなるということで廃止ということとなっております。それから、07以降の取り扱いでございますが、繰り上がるということでございます。 以上でございます。 ○議長沖田清明君) 9番水田喜富君。

鏡野町議会 2025-12-13 12月13日-03号

今回の病院の統合、再編につきまして、まず町長公立病院開設者としてまた町民への医療提供を行っていく行政のトップとして、今回の病院再編また統合問題については、11月の広報紙以外でも、例えば鏡野町の有線テレビ鏡野病院のホームページで、今後国の方針や現在の行政のあり方、そして今地域医療構想での問題点等報告していかなければならないと思いますが、今後町長経過説明住民の方が安心して過ごせるための対策、

総社市議会 2025-12-09 12月09日-04号

市長片岡聡一君) 今の時点で総社インターチェンジ出口にということを考えていますが、インターチェンジ出口をおりたら、そもそも見えますので、看板については工夫をして、さっきおっしゃったように、普通の観光客が周遊するあたりにも作れるように工夫して、これは警察行政とも関わったりしますので相談をして、広く知らしめることができるように対応してまいりたいと思います。

笠岡市議会 2025-06-06 06月06日-02号

人口減少社会においては,高齢化人口の低密度化などにより行政コストが増大する一方,財源が限られる中で行政サービスを安定的,持続的,効率的かつ効果的に提供するためには,あらゆる行政サービスを単独の市町だけで提供する自己完結フルセット型では立ち行かなくなることが予想されます。そのため,市町連携交流相互補完により,より効果的な行政サービスを提供していくことがこれまで以上に必要となってきます。 

赤磐市議会 2024-12-02 12月02日-04号

よりよい川を実現する理念のもとに、地域住民行政も、川は地域共有財産であるという共通認識を持ち、連携していくことが不可欠と考えます。 このため、市民行政が協力をし、川を初めとする地域共有財産への愛着心を醸成、快適な生活環境整備に際し、関係団体の支援を継続していきたいと考えます。 また、河川の管理について、小規模な河川では慣行により以前より地域により行われているところがございます。

総社市議会 2024-11-29 11月29日-01号

その場で感じたことは、行政社会福祉協議会に丸投げ状態、任せっ切りという傾向、あるいは住宅再建道路整備などは粛々と行われ、まちは徐々にもとの姿を取り戻している。がしかし、被災者の方々の直接の御意見は、その後の行政への不満、寂しさ、喪失感というものがなくならず、心の復興がなかなか実現できていないと感じてまいりました。

笠岡市議会 2024-09-26 09月26日-07号

────────────────────── △日程第2 議会行政改革特別委員会中間報告議長栗尾順三君) 日程第2,議会行政改革特別委員会中間報告を行います。 議会行政改革特別委員会付託中の調査事項について,会議規則第43条第2項の規定により,同委員会から報告の申し出がありましたので,これを許可します。 議会行政改革特別委員会委員長森岡聰子委員長。            

赤磐市議会 2024-08-30 08月30日-02号

行政官庁の許認可事項職員に関する事項は、資料のとおりでございます。例年どおりとなっております。 次に、水の14ページ、工事に関する事項。 1番の水道管支障移転工事が8件、2番の改良工事が4件、3番の建設工事、これは消火栓などの設置工事であります、これが5件。保存工事が3件となっております。 3の業務に関する事項であります。 

真庭市議会 2024-06-21 06月21日-05号

             真 庭 市 議 会 会 議 録             令和元年6月21日(金曜日)             ───────────────             議  事  日  程(第5号) 第1 委員会付託案件委員長報告 第2 議案第60号 令和元年度(2019年度)真庭市一般会計補正予算(第1号)について 第3 選挙第 3号 岡山県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙 第4 行政視察

真庭市議会 2024-06-06 06月06日-03号

まず、私の考える組織論、というか考えるというよりは、これは選挙で選ばれた者として当然ですけども、日本国憲法のもとに、つまり憲法で言えば国の行政権は第65条で内閣にありますけども、地方行政権は地方にあるということで、第8章の第92条から地方自治規定がありますけども、地方自治の本旨のもとに行っていくということで。そして、具体的には地方自治法規定に根拠を置いて私は仕事をすると。

総社市議会 2024-05-27 05月27日-01号

本日の議事日程   第1 会議録署名議員の指名   第2 会期の決定   第3 行政報告   第4 諸議案一括上程──提案理由説明   第5 議案乙第4号上程──提案理由説明──質疑──討論──採決8. 付議事件及びその結果  議案乙第4号  天皇陛下御即位を祝す賀詞に関する決議について      原 案 可 決9. 

真庭市議会 2023-12-06 12月06日-02号

行政がどうのと言うんじゃなしに。17項目見たら、本当に日常生活でやれることから、もう地球全体で、国連でやらなきゃならないことまでありますけども、身近なところから、できることから取り組むことができる、まさにこれが市民運動だと。そういう中で、地球市民の目も育ってくるという、その場をつくろうということで、プラットホームとして円卓会議という名前にしたわけです。