291件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

瀬戸内市議会 2021-09-01 09月01日-01号

節28繰出金国民健康保険特別会計繰出金は、国民健康保険特別会計計上する職員人件減額により繰出金減額するもの、介護保険特別会計繰出金は、介護保険特別会計計上している職員給与費等減額により減額するもの、介護保険特別会計繰出金過年度所得者保険料軽減分は、過年度所得者保険料軽減分一般会計から繰り出すものでございます。 

里庄町議会 2021-03-11 03月11日-04号

いいますのが、任用職員人件のほうは、昨年よりも予算としては3,000万ぐらい増えています。その理由とか、扶助費、そのあたりは仕方がないのかなあと思って、今回だんだんと増えてきています。人件費のほう、そのあたりを詳しくお願いしたいかなと思います。 ○議長(眞野博文君) 赤木総務課長。 ◎総務課長赤木功君) 〔登壇〕 失礼いたします。

津山市議会 2021-03-08 03月08日-02号

結果としまして、職員人件、公債費を除く一般事務経費施設管理経費は、対前年1億900万円、2.6%の減となっております。普通建設事業費は、対前年1,700万円、0.5%の増となりましたが、公共施設長寿命化等推進基金の活用などにより、建設事業に充当する市債は対前年4億円、22.7%の減とし、後年度公債費抑制に努めております。 

瀬戸内市議会 2021-02-22 02月22日-01号

項4任意事業費、目1介護給付適正化事業費は、会計年度任用職員1名の人件費適正化業務契約額確定による減額、目2その他任意事業費は、職員人件減額と、成年後見制度利用状況実績見込みによる増額です。 款5基金積立金、項1基金積立金、目1介護給付費準備基金積立金は、介護給付費準備基金利子基金へ積み立てるものです。 

津山市議会 2020-12-22 12月22日-07号

続いて、議案第49号「令和年度津山国民健康保険特別会計補正予算(第3次)」及び議案第51号「令和年度津山後期高齢者医療特別会計補正予算(第1次)」については、いずれも今年度人事異動等に伴う職員人件等の補正であり、特に質疑もなく、全員一致原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 さらに、その他議案について御報告をいたします。 

美咲町議会 2020-12-11 12月11日-04号

一般管理費では、会計年度任用職員人件59万2,000円の追加は、令和年度より宿直専門職員にする予定で、3月に専門職員宿直費計上との説明で、3名分報酬共済費等予算計上である。また、町村フェスティバルの中止により減額補正選挙費では、137万円は事務費投票用紙、ビラ、証紙等説明でした。 

里庄町議会 2020-12-10 12月10日-04号

これはもう、当然中の款項目それぞれのところに関係があるわけですから、この職員人件についてはここで総括をしているので、こちらということになるんですが、期末勤勉手当で、2万1,000円だけのこの補正増となっております。ということは、11月25日でしたか、臨時議会をやりまして、期末手当のカットをしましたけれども、これはここに反映されてないということで考えていいのかどうか。

美咲町議会 2020-11-30 11月30日-01号

歳入では訪問介護サービス受託収入2,057万4,243円が主なもので、歳出では訪問介護事業費一般職員人件などが主なもので、1,673万6,502円となっています。 次に、議案第8号令和年度久米老人ホーム組合一般会計補正予算(第1号)では、歳入歳出それぞれ551万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を1億6,698万6,000円とするものです。

美咲町議会 2020-09-01 09月01日-02号

併せまして、職員研修制度の充実、計画的な職員定数の削減と職員人件抑制など、職員意識改革定数等適正化を図ります。 財政運営につきましては、持続可能な財政運営を維持していくために、経常的経費抑制などの内部努力に加えて、公共投資重点化コスト縮減補助金見直し町税等歳入確保負担適正化遊休財産適正管理予算編成方法見直しなどを進め、持続可能な財政基盤の確立を目指します。 

赤磐市議会 2020-08-28 08月28日-02号

まず、1款総務費として、1項総務管理費9,221万2,358円は、職員人件、介護保険電算システム保守や機器の使用料金介護保険事業計画策定委託料国保連合会への負担金等でございます。 306ページに移りまして、2項徴収費935万8,861円は、介護保険料徴収に係る経費でございます。 3項介護認定審査会費3,013万4,192円は、認定審査調査に係る経費でございます。

里庄町議会 2020-03-04 03月04日-01号

一般職員人件に117万9,000円は、災害時の職員手当等計上災害対策一般経費に3億1,415万6,000円で、主なものは、89ページ、地域防災計画策定委託料に756万8,000円、災害情報伝達システム等敷設工事費に2億9,975万円は災害時の避難情報等伝達システムを整備していくものです。自主防災組織活動推進事業に210万円を計上し、自主防災組織組織率向上に努めてまいります。 

赤磐市議会 2020-02-20 02月20日-01号

次に、議第13号令和年度赤磐一般会計補正予算(第5号)についてでございますが、ふるさと納税推進事業では寄附金額の伸びによる返礼品等経費増額、各事業確定または見込みによる増減のほか、それぞれの費目において職員人件実績見込みによる減額計上させていただいております。また、繰越明許費地方債補正をお願いするものであります。