運営者 Bitlet 姉妹サービス
638件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月10日−02号 公表された建物は、これはこれ以上の義務はないんですけども、補助制度がありますので補助制度に基づいて耐震診断、それから耐震補強設計、これは義務ですね。耐震の診断と耐震補強設計というのは義務ですけども、それをするということで、市として耐震診断と耐震補強設計というのは既に実施しているということでありますが、その耐震改修というのは義務じゃないんですね。 もっと読む
2018-11-29 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号 まず、市のほうで定めております耐震改修計画につきまして、今後は耐震の補強等を行っていきたいというような計画書でございますが、市のほうで現在耐震診断、耐震補強計画、耐震改修につきまして、一般の市民の方向けに補助制度も設けておりますので、このPR等を今後行っていきまして、耐震の事業のほうの促進を図ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-09-12 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月12日−02号 真庭市立中央図書館は、平成30年7月開館、築37年の旧勝山庁舎をリファイニング、既存建物を活用したもので、耐震補強、用途変更、内外装の一新、機器の更新を行い、新築同様、同等の耐震性と仕上がりを持つ建物にしています。瀬戸内市図書館に負けず劣らずの感でありました。 もっと読む
2018-09-05 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月05日−02号 皆様方の意見といたしましては、長船町公民館の建物に対する愛着というものもありまして、耐震補強はできないのかといったご意見であるとか、3施設をなくすることによる削減の効果であるとかといったご質問もございました。ただ、先ほど議員おっしゃられたとおり、説明の後、熱く訴えられたというのが、長船町公民館の建物がなくなることに対して、避難所機能がなくなることへの不安を訴えられていたと考えております。   もっと読む
2018-08-30 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号 翌年度繰越額2億3,833万2,000円は、吉井中学校プール整備事業、学校施設耐震補強事業に係るものそれぞれ2件及び熊山運動公園整備事業の計5件でございます。翌年度繰越額を差し引いた後の不用額は7,392万8,367円で、率にして3.6%でございます。   もっと読む
2018-06-12 赤磐市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号 今回の調査は、新市建設計画において「本庁舎は山陽町役場を活用し」と定めていることを踏まえ、現庁舎の現状把握と、耐震補強により耐震性の確保及び長寿命化が図れるかどうか、あわせて旧赤磐市消防本部庁舎について活用できるかどうか、長寿命化が可能であるのならば現在の場所への建てかえと比較したらどうなのかなどの総合的な調査を行っております。   もっと読む
2018-06-11 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月11日−02号 それと、2問目の答弁でも申し上げましたとおり、経済の活性化も当然必要なんですけど、そういう耐震補強ですとかバリアフリー、どういった補助金が今後必要なのかというのも踏まえて検討していきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いします。 ○議長(原野健一議員) 厚東晃央議員。              もっと読む
2018-06-08 赤磐市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月08日−01号 次に、同款同項の学校施設耐震補強事業委託料は、山陽小学校校舎及び体育館と高陽中学校校舎の非構造部材耐震補強工事設計施工監理業務委託料で、予算措置が3月補正第6号でなされたため、全額を繰り越したものでございます。完了予定は12月28日となっております。   もっと読む
2018-02-26 赤磐市議会 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−03号 国土交通省が2018年度導入する団地空き家転用補助制度を活用して、特に子育て世帯や高齢者向け施設への住宅のリフォームや耐震補強など、力を入れるべきではないかと思います。その4点について御答弁願いたいと思います。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  友實市長。 ◎市長(友實武則君) それでは、福木議員の質問に順次お答えをさせていただきます。  まず、就学援助についての御質問でございます。   もっと読む
2018-02-22 赤磐市議会 平成30年 3月第1回定例会-02月22日−01号 また、市債では各事業の決算見込みと学校施設の耐震補強事業の実施に伴い、農林水産業債から合併特例事業債までそれぞれ補正をさせていただいております。  次に、歳出の主なものでございますが、今回の補正では各事業の確定見込みによる減額が主なものでございますが、それぞれの費目において人事院勧告による給与改定等に伴う人件費の増減額も計上させていただいております。   もっと読む
2017-11-29 赤磐市議会 平成29年12月第5回定例会-11月29日−02号 また、老人福祉センターは、平成26年に福祉避難所としての指定を行い、平成26年から27年度にかけて耐震補強及び改修工事を行ったところでございます。今後も整備当時の理念を充実発展させて、福祉の拠点として有効に活用してまいりたいと思います。  お尋ねの進入路の整備については、これらの利用目的に沿って利用者の方々の安全・安心を確保できるよう検討が必要と思います。 もっと読む
2017-10-25 総社市議会 平成29年10月(第2回)臨時会-10月25日−01号 なお、議案第57号から第59号までの総社小学校校舎改築工事等は、耐震化対策のため、耐震補強ではなく改築工事として建て替えを行うもので、この工期は平成31年1月31日でございます。  以上でございます。 ○議長(加藤保博君) 以上で、提案理由の説明は終わりました。  この際、私より申し上げます。   もっと読む
2017-09-15 瀬戸内市議会 平成29年 9月第3回定例会-09月15日−04号 その後、どういう方向でいくのかという質問に、耐震補強という方法は現在の基準では困難な状態と考えており、移転を含めた検討を進め、移転先については保護者の意向ばかりではなく、地域の意向も聞き、速やかに協議を始めたいということでありましたけども、その後どのようになったのか、そのあたりについてお伺いをしたいと思います。  以上、1回目といたします。 もっと読む
2017-09-14 備前市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月14日−03号 耐震補強を行わなければならない場所がなかったのかどうか、いかがかお聞きいたします。  次に、いつ起きてもおかしくないと言われている東海・東南海・南海地震に対して十分対策を検討していることと思いますが、市民に十分ハザードマップや避難経路など告知していただくとともに、弱者対策や外国人対策などのマニュアルづくりや実施訓練を実施していただき、手落ちのないようにしていただきたいと思います。 もっと読む
2017-09-14 瀬戸内市議会 平成29年 9月第3回定例会-09月14日−03号 今後も、他市や国、県の動向を踏まえまして、耐震補強を推進するために、防災担当部局と連携をしながら、住宅の耐震化についての啓発並びに補助金制度の周知、こういったものに努めていきたいと考えております。  続きまして、2番でございます。  高潮対策ということで、市内沿岸部では、高潮時に内水排除などができないことによる浸水被害が発生するおそれがある地区が、市内11地区ございます。 もっと読む
2017-09-08 赤磐市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月08日−06号 それから、700万円の耐震診断をしたが、ということでございますが、この結果によりまして耐震性にやや劣るものの耐震補強すれば大丈夫という診断結果をいただいたところでございます。この結果を受けまして、今回の整備につきましては新築もしくは改築、どちらでやるかということは、この次の設計・施工事業者からの提案を受けて決定してまいりたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 もっと読む
2017-08-31 赤磐市議会 平成29年 9月第4回定例会-08月31日−01号 主な支出は、152ページの1項教育総務費、2目事務局費では、職員人件費のほか、外国語指導助手の費用や適応指導教室の運営経費、155ページの13節委託料では、学校施設工事設計監理の委託料、スクールバス運転業務委託料、外国語指導助手業務委託料や、次のページ、157ページでは、15節工事請負費で、磐梨中学校体育館非構造部材耐震補強工事などでございます。   もっと読む
2017-07-28 鏡野町議会 平成29年 7月会議-07月28日−01号 そこでお尋ねするわけですけども、改修工事をしておるということでございますけれども、耐震補強はしてあるのかということと、ただいまの説明の中でテレビの話が出まして、情報通信設備は整かれておるということでした。  2番目に、住宅に併設されております空き地の雑草はどうするのか。ちょっと見に行かせていただきましたが、現在、空き地に雑草がたくさん生えております。   もっと読む
2017-06-29 赤磐市議会 平成29年 6月第3回定例会-06月29日−05号 委員より、本庁舎耐震改修施設調査等委託料について、これは耐震ありきではなく耐震改修、建てかえも含めた中で調査をし、最終的に結論に持っていくということでよいのかとの質疑に、執行部は、劣化調査、施設整備計画策定、建てかえ、耐震補強といった工程計画等の総合的な調査を盛り込んでいる。調査結果を踏まえて耐震化等の改修に向けて最終的な判断をするものであるとの答弁。   もっと読む
2017-06-28 瀬戸内市議会 平成29年 6月第2回定例会-06月28日−05号 この点に関しましては、耐震補強の技術や部材材料の開発というものが日進月歩でありますので、これまで以上に安く、そしてより早く、またより強く補強改修ができるようになってきているのも事実でございます。 もっと読む