190件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山市議会 2019-07-02 07月02日-11号

2014年の消費税8%への増税以降,総務が発表する可処分所得について,物価変動の要素を除いた実質伸び率は,2人以上世帯では2014年に3.8%落ち込んで以降,持ち直しておりません。また,2018年には家計消費は約25万円落ち込み,実質賃金は10万円以上落ち込んでいます。政府もこの間の統計から景気悪化を認めております。 

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

このマイナンバー制度、多くの法律も絡んできますので、非常に複雑な制度でもあるとは感じますけれども、先ほど総務部長のほうからマイキープラットフォーム構想については研究して取り組んでいく、検討していくと、こういうような御答弁いただきましたけれども、総務の資料に、マイキープラットフォーム運用協議会参加自治体一覧というのがあるんですけれども、岡山県では、岡山県を初め井原市、備前市、真庭市、美作市、浅口市、

倉敷市議会 2018-10-02 10月02日-06号

そして、コンビニ交付事業は、証明書交付がマイナンバーとは別のシステムで運営されているにもかかわらず、マイナンバーカードを普及促進させるために、証明書発行システム情報をマイナンバーカードの空き領域にしか搭載できないよう総務が規制をかけているものであります。マイナンバーカード取得促進と一体化したコンビニ交付事業は認められません。

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

そして、総務は2024年までに8,000人を目指しているとお聞きします。これは地域おこし協力隊が地方を元気にする起爆剤として認められている証拠であろうとも考えます。また、地方創生の主役であると専門家からも高い評価もあります。  しかしながら、定住率の問題など多くの課題も指摘をされております。

浅口市議会 2018-09-04 09月04日-04号

本案は、浅口市の下水道事業を地方公営企業法に移行するためのもので、総務からの要請により取り組んだものでございます。この要請の中で都道府県及び人口3万人以上の市町村が対象となっておりまして、県内の他市においても同様の取り組みを行っていることも確認しております。 以上でございます。 ○議長(井上邦男) 桑野議員、どうぞ。

赤磐市議会 2018-06-08 平成30年 6月第2回定例会-06月08日−01号

総務から地方財政の現状と課題や地方税制の動向と課題などについて説明があったほか、議案審議では、各県から提出されました生活基盤の整備促進、都市基盤の整備促進、医療対策福祉施策の充実強化、教育行政の充実強化などの議案について審議を行いました。いずれの議案も原案どおり可決となり、これらを取りまとめて全国市長会へ提出することとなりました。  

赤磐市議会 2018-02-27 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−04号

先ほど1回目の質問でも述べましたけれども、自治体クラウドというのは総務が推奨しております。そうした中で、他都市の例をまた述べるわけでございますけれども、いろんなグループ化というスタイルがあるということでございます。これは、人口30万以上の中核市ということで、愛知県岡崎市と豊橋市の事例が載っております。

赤磐市議会 2018-02-23 平成30年 3月第1回定例会-02月23日−02号

配分方法等、未確定な部分も多いということなどから、前年度の実績や総務の概算要求が2.5%マイナスであることなども勘案いたしまして、また普通交付税につきましては、平成27年度から始まっております段階的縮減分を考慮いたしまして、対前年度比4.6%、2億7,000万円減の56億4,000万円を計上いたしております。

赤磐市議会 2018-02-22 平成30年 3月第1回定例会-02月22日−01号

地方交付税は、前年度実績や総務の概算要求、また普通交付税の段階的縮減分を反映させて、昨年度と比べ2.7%の減となっております。  また、繰入金につきましては、交付税等の減収による厳しさを反映して16億1,235万1,000円となっており、歳入の不足分を財源調整するため、主に財政調整基金を取り崩すものでございます。  

浅口市議会 2017-09-03 09月03日-03号

◎企画財政部長(徳田政太郎) 指定避難場所への公衆無線LANの整備についてですが、現在のところその具体的な計画はございませんが、国等でも、特に総務でも災害時の情報の伝達手段として公衆無線LANは有効であるというような報告書も出ていることは我々も承知しておりまして、その必要性でありますとかということにつきましては研究をしているところでございます。 以上でございます。

赤磐市議会 2017-02-02 平成29年 3月第1回定例会-02月02日−01号

地方交付税は、前年度実績や総務の概算要求、また普通交付税の段階的縮減分を反映させて、昨年度と比べ4.8%の減となっております。  また、繰入金につきましては、交付税等の減収による厳しさを反映して9億6,629万5,000円となっており、歳入の不足分を財源調整するため、主に財政調整基金を取り崩すものでございます。  次に、歳出ですが、1款議会費は昨年とほぼ同額となっております。  

赤磐市議会 2016-11-30 平成28年12月第4回定例会-11月30日−03号

そこで、火災予防についてで、平成16年の消防法改正で義務化されております住宅火災、ここは警報器の設置状況について、総務の発表で設置率が全国では81.2%、岡山県では78.2%となっていると聞いています。現在、赤磐市ではこの設置率のほうはどうなっているのか、お知らせください。また、今後この設置率を上げていくためにどのようにしていくのか、お尋ねをいたします。