81件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高梁市議会 2019-09-12 09月12日-04号

そして、今日の国内に目を向けると、環太平洋連携協定TPP欧州連合EUとの経済連携協定EPAは、本年4月から2年目に突入しました。畜産物乳製品を中心に輸入がふえております。そして、3年目以降は両協定関税削減がさらに進むことで、国産と輸入品との競争はさらに激化します。焦点であります日米貿易協定も今月下旬には署名が行わる見込みのようです。

岡山市議会 2019-06-25 06月25日-09号

昨年の12月30日にTPP──環太平洋パートナーシップ協定の発効に続き,2019年2月1日にはEUとのEPA──経済連携協定が発効されました。今後,16年後には,一部例外はあるものの,ほぼ全ての課税が廃止されるということです。そうなるとますます海外との競争は激しくなっていくことが予想されます。しかし,競争力が強力ならば,世界に岡山の製品を認知,販路拡大につながるチャンスでもあります。

高梁市議会 2019-03-12 03月12日-03号

しかし、国内においては、日本政府環太平洋連携協定TPP11)、日欧経済連携協定(EPA)、日米貿易協定種子法廃止など、家族農業小規模農業後退政策を行っています。家族農業には伝統や文化の継承、地域を元気にする取り組み、風土や家族形態にあった農業技術と農家の創意工夫など、持続可能な世界を展望する上で家族農業役割が欠かせないことが、世界共通認識になっていることを示しています。 

岡山市議会 2018-02-28 02月28日-03号

県はEUとの経済連携協定生産額が最大9億円も減る,TPP11で8.2億円も減るという試算を出しました。農業には安全・安心な食料生産にとどまらず,文化環境を守る役割があります。潰れてもよいとばかりに自由化を進めては,地域は守れません。今年度の学校教育のうち,県産品が占める割合は県内で56.9%と2006年度以降2番目の高さとなりました。

岡山市議会 2016-03-08 03月08日-06号

昨年,10月5日に環太平洋戦略的経済連携協定大筋合意に至りました。TPPは,例外品目がなく,段階的に100%自由化になっていくとのことでございます。関税の撤廃により安い農作物が流入し,消費者は助かりますが,日本農業に大きなダメージを与えるのではないでしょうか。(1)に続いて,いろいろな対策が必要になります。例えば,大農法化効率化法人化特産品等々の対策が必要と考えます。

岡山市議会 2015-12-10 12月10日-06号

1,TPP──環太平洋経済連携協定について。 (1)市として影響調査態度表明を。 10月5日に大筋合意されたTPPについて,政府は国益にかなう最善の結果と言っています。しかし,決してそんなことは言えない経過と内容だと考えます。 2013年に上がった国会決議では,米,麦,牛肉・豚肉,乳製品甘味資源作物の重要5品目は,TPP交渉から除外または再協議の対象とすることとしています。

新見市議会 2015-12-01 平成27年12月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

TPP環太平洋経済連携協定│市長産業部長│ │  │  │       │  ついて             │       │ │  │  │       │ (1) 本市に対する影響は      │       │ └──┴──┴───────┴──────────────────┴───────┘ 新見市議会 Copyright

玉野市議会 2015-09-11 09月11日-05号

TPP環太平洋経済連携協定交渉をめぐる日米協議日本は米、アメリカ自動車分野という互いの聖域で激しい攻防を繰り返してきたが、落としどころは見えつつある。 TPP交渉結果が日本農業危機感を与えて改革を促すようなインパクトをもたらすことはないと私は思いますが、どうでしょう。質問します。 ○議長(広畑耕一君) 産業振興部長。            

備前市議会 2013-12-06 12月06日-04号

;── △一般質問通告事項 順位通告者氏名質問要旨答弁者157番 山本恒道1 備前焼まつりについて市長 (再質問あり)2 防犯灯の設置、維持、防犯カメラ整備について市長 (再質問あり)3 ガソリン2013年問題(GS閉店)について市長 (再質問あり)4 県道穂浪吉永停車場線改良について市長 (再質問あり)5 ブルーラインの側溝の改良について市長 まちづくり部長 (再質問あり)6 TPP環太平洋経済連携協定

鏡野町議会 2013-09-13 09月13日-03号

現在は農業を取り巻く環境といいますのは、環太平洋戦略的経済連携協定、マスコミをにぎわせておりますTPPへの加入を今一生懸命検討をしているといいますか、条約交渉をしている最中であります。政治情勢を鑑みますとこのTPPへの加入というものはもう既に前提でありまして、TPP加入した後、当然日本全体の農業も変革を迫られるわけですが、我が町鏡野町の農業もその海外勢との戦いの大波にさらされるわけであります。 

岡山市議会 2013-09-10 09月10日-04号

ブルネイで環太平洋経済連携協定会合が開かれ,日本参加しておりますが,なかなか会議内容が伝わってまいりません。日本自由化率80%を示したと言われておりますが,果たして日本の主張が通るものでしょうか。その上,報道によりますと,日本での反対派の声は徐々に静まりつつある,半年前ほど深刻でないと日本側交渉団の方が発言したとの報道があります。大変に驚いております。

岡山市議会 2013-06-19 06月19日-04号

環太平洋経済連携協定──TPPに入ればどれだけの影響が出るのかはかり知れません。 南区の千両ナスは,干拓された農地で現地の人たちの長年の努力に支えられ,今や地域ブランドになっています。千両街道広域農道の名前に冠されるに至っています。しかし,現状は後継者不足にあえぎつつも,つくりたいという若い人がいても,余りの経営難なのでやめとけと言わざるを得ない状況です。