401件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

総社市議会 2025-12-09 12月09日-04号

第2款総務費390万円は、台風19号で被災した福島相馬市にかわって受け入れたふるさと納税寄附金相馬市へ送金するため予算計上するものでございます。 第3款民生費970万円は、岡山県が実施する応急仮設住宅入居者転居費用助成事業対象外の世帯の方に対し、本市独自の施策により、その転居費用を助成するため予算計上するものでございます。 続きまして、歳入でございます。 

笠岡市議会 2025-06-06 06月06日-02号

また,福島郡山市等も増えています。 増えているとこは,それなりに努力はしていますが,だから笠岡も努力はせんといけんのんですけども,今までの答弁の中の努力だけで本当にいいのかな,もっとそういう,実際に成功しているところの情報をもう少し参考にすべきじゃないかと思うんですけども,その点はもう一度お聞かせください。 ○議長栗尾順三君) 高橋政策部長

赤磐市議会 2024-12-02 12月02日-04号

では、まず1つ目福島浪江町との今後の関係についてということで、浪江馬場町長が昨年6月にお亡くなりになられた。新たに就任された吉田町長との関係はどうなっているのかということと、現在も職員派遣をしておりますが、今後の支援はどうするのかということについてですが、この件につきましては2年前に私は一般質問をさせていただいております。市長は、当時の馬場町長と、かたいきずなで結ばれている。

備前市議会 2020-12-20 12月20日-06号

委員会は、委員7名、随行の執行部2名、事務局1名とともに11月14日、福島会津若松市において水道施設のDBO、すなわちデザイン・ビルド・オペレート方式による管理運営についての調査を実施いたしました。調査の詳細につきましては、お手元の報告書に記載しておりますので、ごらんいただきたいと思いますが、まとめを御紹介させていただくことで御報告にかえさせていただきます。 

総社市議会 2020-12-06 12月06日-03号

それから、千葉県君津市に職員派遣し、いわき市にも派遣し、福島、長野市にも派遣しましたが、その派遣した先での対応ぶりなどを聞いてみると、思うところもあります。総社流をやり遂げるというのは非常に難しいということを再認識したこともありますので、これはちょっと前向きに考えてまいりたいと思います。 ○議長劒持堅吾君) 山田雅徳君。

備前市議会 2020-12-06 12月06日-04号

参考までにですが、つい先日視察に行かせていただきました福島会津若松市に関して、こちらもこれから市庁舎の建てかえをされるそうですが、ちょうど備前市の倍ぐらいの規模で工費は69億円とのことでした。総工費は94億円です。 ②番伊部こども園建設の追加契約問題。6,700万円も増額し、工費を浪費。 ③番日生こども園の新設。

赤磐市議会 2020-11-26 11月26日-01号

10月14日には、台風19号により被災した福島相馬市へ総社市と国際医療ボランティアAMDAとともに職員派遣するに当たって出発式を行いました。当市からは2名の職員を1週間派遣し、現地罹災証明書準備業務避難所での支援などを行いました。 11月3日には、赤坂ファミリー公園であかいわ祭りが約1万人もの御来場者を迎えて盛大に開催されました。

浅口市議会 2019-12-02 12月02日-02号

平成23年の東日本大震災においては、全国市長会岡山県からの要請により宮城県多賀城市に被害家屋調査支援として1名、岩手県大船渡市へ相談業務支援として保健師2名を派遣し、福島浪江町には一般事務支援として約1年の期間、延べ21人の職員派遣しております。 また、平成28年の鳥取中部地震においても、岡山県からの依頼により、家屋被害認定業務のため鳥取県倉吉市へ職員1名を派遣しております。 

里庄町議会 2019-09-05 09月05日-02号

福島では、ことし1月時点でも約4万2,000人が避難生活を続け、そのうち約3万人が県外で暮らしているとされています。ただ、これには自主的に避難した人の数は含んでいないので、実際にはもっと多くの人が避難生活をしていることになります。 昨年の豪雨災害真備では、プレハブでは音が漏れるといった問題などもあり、プレハブ以外に木造の仮設住宅も設置をしています。

鏡野町議会 2019-03-14 03月14日-03号

先ほど議長の挨拶あるいは飯綱議員のお話でもありましたように、3月11日をもって8年経過した東日本震災でありますけれども、そのときに大きな災害に遭われました福島鏡石町の職員が、今鏡野町の昨年の7月豪雨の手当てに力をかしていただいているところでありまして先日伺ってまいりましたけれども、町民の方の8年前の鏡野町からの支援、協力に大変町民皆さんが感銘を受けたというふうなことで、いまだに熱い思いを持っているという

玉野市議会 2019-02-27 02月27日-03号

聖火リレー福島からスタートし、最初の競技も福島から行われるということです。岡山県の聖火リレーの27市町村の候補地の決定はいかがでしょうか。前回のオリンピック、聖火ランナー玉野市から始まりました。ぜひ誘致してください。現在の状況含めてお示しください。 次に、石島航路事業についてであります。 石島航路事業運航ダイヤの見直しの方針が出ました。

玉野市議会 2018-12-11 12月11日-02号

この震災から福島2020年3月26日ですか、福島を出発して東北地方、そして東京関係、そして全国47都道府県を回るということです。玉野市に来ていただくような形からすれば、復興五輪といえば、今まさに西日本豪雨岡山県であったということを考えれば、倉敷の真備とか岡山市の西大寺方面とかという形を通られるのは、これはもう仕方がないかなというふうに思うんです。

総社市議会 2018-12-06 12月06日-03号

福島南相馬市、これは目視外飛行ということで、2㎏の物を9㎞先へ持っていきます。新潟市では、水稲の育成状況、この把握や病害虫等々の診断、もちろん松枯れ、こういうふうなものも、海岸の保全プロジェクトをやってます。鹿児島県の指宿市、水難救助山間部での地すべり、さらに地すべり調査ということで、市と消防関係者、やっております。

赤磐市議会 2018-11-29 11月29日-02号

確かに福島浪江町とは震災後、復旧を目指して深い交流をしてきているところでございます。しかしながら、同町はまだ帰町可能になって1年余りということで、復旧復興に対してまだまだ途上にある状況でございます。今はこの浪江町との交流ということでは、復旧復興を目指した交流を継続していくということを優先的に行わさせていただいております。