1836件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

真庭市議会 2024-06-06 06月06日-03号

そういうことで、全国市長会の全市長に、私の名前、森林問題研究の会長というのと、それから経済委員長、たまたま総社市長、その名前全国市長に有効な使い方をしてくださいよというのを出そうということで、今事務局に指示をしてます。 農水省、林野庁のほうが首長へのアンケート調査もしていて、その結果も含めてそういう通知をしかるべき時期に出すということになると思ってます。 

真庭市議会 2023-12-06 12月06日-02号

海外で始まったものでありますが、日本も30年おくれぐらいで、こういう倫理的消費調査研究と、エシカル消費はどうあるべきかという、そういう検討をしているというのが現状であります。国内では、徳島県が消費者庁誘致ということもあったと思うんですが、平成30年10月に徳島消費者市民生活構築に関する条例、いわゆる通称エシカル条例を制定していると。

津山市議会 2022-12-05 12月05日-05号

2学期以降の対策としては、授業改革推進リーダーによる訪問指導や、英語科教員対象として授業研究開催などを行い、教員授業力の向上を図っているところであります。 例えば授業で扱う新たな表現は、話すことから取り入れ、授業の最後にその表現を使って書くことを位置づける等、書くことを意識した授業改善に取り組んでいるところであります。 

津山市議会 2021-09-13 09月13日-06号

先日のおくにじまん研究の席では、トイレの水洗化とも含めて、衆楽園随意契約保証型民間提案制度によるサウンディングを実施し、民間活力導入可能性検討中ですと言われております。衆楽園整備は、まず有識者、専門家の考えを聞き、その中で整備がなされ、民間活力という順番を思いますが、今の谷口市長は全て官民連携を言われ、すぐに民間の意見を聞き、できたらそのまま随意契約でやってもらおう。

真庭市議会 2021-09-03 09月03日-01号

中和地区においても地元住民で構成される研究の協力を得て設置の可能性調査を進めたり、小学校公民館などで小水力発電出前講座実施しています。真庭市全域で地域一体となった小水力発電の普及などを含め、あらゆる自然再生エネルギー可能性を追求し、非常に高い目標ですが、地域エネルギー自給率100%という誇りある真庭を目指してまいりましょう。 

津山市議会 2021-06-25 06月25日-03号

続いて2つ目は、中心市街地歴史文化資源活用であり、津山藩ゆかりの名刀の写し刀の製作や、刀剣企画展実施などの集客企画実施や、全国城跡等石垣整備調査研究全国大会開催郷土博物館展示リニューアル事業などを位置づけております。また、今後の旧津山国際ホテル跡地の利活用やまなびの鉄道館、作州民芸館津山城跡内の鶴山館機能強化などの検討についても対象事業に加えております。 

真庭市議会 2020-12-10 12月10日-04号

全国市長会の中でそれを抑えてます、私が林政問題研究の座長ということで。とにかく今税を徴収することが始まる前に、自治体の中で配分がどうのというような議論をするんじゃなくて、実際に都市部都市部農山村は農山村部で有効な使い方をしていく中で、納税者1人1,000円といっても、納税者の中で納得をしていただけるような、そういう使い方をするというのがまず先決だと。

津山市議会 2020-12-02 12月02日-02号

次に、鳥取智頭との連携した取り組みについて答弁をいただきましたが、鳥取智頭町の9月議会一般質問におきまして、国道53号線黒尾峠高規格バイパス化について質問がされまして、岡山県側3市町鳥取県側2市町研究が発足され、2ルート案をもとに国土交通省道路整備局長などへの要望活動が展開をされています。津山市はかかわっていないと聞きますが、津山市はどのような見解かお尋ねをいたしたいと思います。 

笠岡市議会 2020-09-13 09月13日-05号

そこで,堆肥地域外へ持ち出すことを検討するため,大学,農研機構,県及び市で堆肥流通に関する研究を今年度から行っております。堆肥飼育外へ持ち出すためには,良質堆肥を製作すること,また堆肥流通先を確保し,流通システムを確立する必要があります。市内外の子牛農家連携をとり,耕畜連携推進するとともに,堆肥流通のための組織づくり検討を進めてまいります。 以上でございます。